模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
タグ:PEN E-P1 ( 49 ) タグの人気記事
|
2009年 08月 28日 |
今月中に礼文島を終わりたいので、最後にちょっとスピードアップして、花を沢山載せますね。

イワギキョウ
地面に這いつくばるように花を咲かす印象的なキキョウです。
f0140054_20431698.jpg

キンミズヒキ
バラ科ワレモコウ属の花で、小さな花のついた穂を、熨斗袋につける金色の水引にみたてたものです。
f0140054_204494.jpg

チシマアザミ
アザミの仲間も北方に適応しています。
f0140054_20445553.jpg

カンチコウゾリナ
地味なキクの花ですが寒い地方に適応した種類です。
f0140054_20461550.jpg

ハマナス
タカネバラと区別が難しいですが、海岸に生えていたので多分ハマナスだと思います。
f0140054_20474987.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。礼文の夏の花の集大成です。ありがとうございます。
2009年 08月 25日 |
礼文島は、花に興味のない人には、全く何もないところです。
高い山もなく、繁華街もなく、観光地もなく、リゾートホテルもありません。その、何もないところを味わうのが良いのかも知れません・・・
ただ、いくつか港があり、漁業が行われています。

西上泊港・・・山に木が生えてないなあと実感しました。
f0140054_196962.jpg

香深港・・・フェリーの着く港です。
f0140054_1965099.jpg

最北の港の漁船
f0140054_1972522.jpg

海鳥舞う(ポップアート)
f0140054_1975625.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with M.ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。最果ての港たちです。ありがとうございます。
2009年 08月 22日 |
久しぶりに下町パサージュ・シリーズです。
尼崎は、大阪市に隣接した市で、下町の雰囲気があります。
最近は、選挙で、公明党王国に、元長野県知事の某作家が殴りこんできたということで話題になっていますね。
私が撮影に訪れた際も、お互いの選挙カーがやかましかったです(笑)

阪神尼崎駅前
f0140054_17521227.jpg

尼崎は、アーケード王国でもあります。
f0140054_1753717.jpg

コテコテは、ポップアートで(笑)
f0140054_17545442.jpg

シャッターを押して撮るシャッターの芸術・・・
f0140054_17564324.jpg

もったいない食品??・・・・
f0140054_17581341.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with M.ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。下町シリーズもよろしく。ありがとうございます。
2009年 08月 19日 |
「須古頓岬」は礼文島で唯一&随一の観光地で、ここは観光客で溢れていました。
天候絶佳ならば樺太が見られるそうです。トド肉の缶詰とソフトクリームが名物です。

スコトンとはアイヌ語で「ス-コタン」すなわち「夏-集落」という意味です。スカタンではありませんよ(笑)。北海道本土にある積丹(シャコタン)と全く同じ意味で、アイヌ語を聞き取った際に違う表現・表記になったのですね。

正確に言うとスコトン岬は、北海道本土の宗谷岬のほうがわずかに北にあるので、日本最北端の岬ではありません。したがって、「最北端」ではなく「最北限」と名乗っているとのこと・・・
「須古頓岬」
f0140054_19401514.jpg

f0140054_19413850.jpg

礼文島では、ゴミの本土への持ち帰りも大切なことですが、問題は生理的な現象です。お花畑地帯では、排泄行為は禁止なので、ガマンして山道を歩いてきて、ここの最北限のトイレをお借りしました。
「最北限のトイレ」
f0140054_19423314.jpg

スコトン岬のさらに1・5キロ北に、灯台のある無人島、「トド島」があります。
ここは、日本領土なので、漁船をチャーターすれば渡れるそうです。ただ、漁船の都合に、天候の加減と、さらに、ある程度の人数が集まって交渉しなければならないので、なかなか困難です。
トド島では、アザラシ等の海獣や、一面のお花畑が見られるということで、行きたかったのですが、今回は、その夢は果たせませんでした。
「トド島をのぞむ」
f0140054_19454749.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with M.ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。いかにも最北限という雰囲気でした。ありがとうございます。
2009年 08月 11日 |
この花は、今回の礼文島で一番よく見かけた花でした。
ただ、タカネナデシコやカワラナデシコとの分類は難しく、専門家である礼文島の花ガイドさんにお聞きすると、ほとんどは、エゾカワラナデシコだそうです。

私は、昆虫(特に蝶)や植物(特に高山植物)の分類同定は、図鑑を見ながら推理するクイズのようで、結構好きなのですが、このナデシコ類の同定は無理でした(笑)
f0140054_1854275.jpg

f0140054_18551435.jpg

OLYMPUS E-520 with ZUIKO Digital ED40-150mmF4.0-5.6

こちらは背丈が低かったので、ひょっとしてタカネナデシコかもしれません。
f0140054_1856583.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with M.ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ナデシコ類は可愛いですね。ありがとうございます。
2009年 08月 08日 |
礼文島を代表する花のひとつがこの、レブンウスユキソウです。
いわゆるエーデルワイスの仲間ですが、レブンウスユキソウは、花びら(苞葉)の幅はかなり太くてエーデルワイス(ウスユキソウ属)の中でも特に見事な花だと思います。絶滅危惧種です。

何より礼文島では、海岸近くでも自生しているのが、世界に例をみません。
礼文島南部に多く分布し結構見られましたが、なぜか北部では見られませんでした。不思議です。
f0140054_17334468.jpg

余談ですが、エーデルワイスとは、ドイツ語で、Edelweisすなわち「高貴な白」という意味です。
f0140054_17344912.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with M.ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。レブンウスユキソウは、礼文町の町の花として指定されています。ありがとうございます。
2009年 08月 06日 |
旅から帰ってまいりました。また、これからも宜しく御願いします。

今回の旅の最大の目的は、礼文島の高山植物の写真を撮ることでした。
なにしろ、礼文島は、冷涼な気候で、風が強く年中霧が発生するため、海抜0mから高山植物が自生する、花の浮島なのです。
かかとを痛めている私にとって、日本アルプスの高山に登ることなく、野生の高山植物を見ることができる礼文島は、夢のような島でした(笑)

最高気温17度だった礼文島では、暖流と寒流が出あう関係で、天候が刻々と変わり、霧がいつも発生し、風も強く、高山植物を見るため低い山を歩き回るだけでもウィンドヤッケなどの防風着が必要でした。まさに、日本アルプスの高山帯を歩いているような気分でした・・・

「花咲き乱れる澄海岬」(礼文島)
f0140054_19422729.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with M.ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

そして、礼文島を楽しんだ後は、美しい山を擁する利尻島や、最果ての都市である稚内、サロベツ原生花園など北海道最北部の大自然も満喫してきました。徐々に写真をアップしていく予定です。

機材は最低限に絞り、E-P1+M.ZUIKOの14-42mmF3.5-5.6と、E-520+ED40-150mmF4.0-5.6という軽量コンビにしました。
これは、スナップや風景はE-P1の標準ズームにまかせて、花を小梅望遠ズームで撮ろうという目的でした。

というのも、礼文島では高山植物が厳重に保護されており、花を取ったり触ったりするのはもちろん駄目で、歩道から植物帯に「踏み込む」ことも禁止されています。高山植物の根が痛むのと、我々が無意識に運んでくる靴底の外来植物の種が生態系に悪影響を及ぼすからです。草むらに三脚を立てるなど、厳禁です。

踏み込めないということは、当然、望遠系が必須です。さらに、普通なら近づいたり遠ざかったりする人間ズームも出来ないので、望遠ズームが最適なのです。
換算80m~300mmで撮れる小梅望遠ズームは、超軽量でもあり、とても活躍してくれました。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。これからブログを再開します。ありがとうございます。
2009年 07月 26日 |
今日は、ちょっとシリアスに、アートフィルターを使ってみました。
ラフモノクロームは、人間の営みに最適なような気がします。

アートフィルターは、露出・WB・ISO等を変えられるところがミソです。組み合わせは、いろいろ広がりますね。
1枚目はISOを400に上げ、2枚目は露出を+1にして撮ってみました。
f0140054_9212816.jpg

f0140054_9222965.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with M.ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6 ROUGH MONOCHROME

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。西日本では長梅雨が続きますね。おおきに。
2009年 07月 24日 |
今日で、なんばパークスの、E-P1+50mmF2マクロで撮った夏の花、最終回にします。

50mmF2マクロは、描写に関しては、ほとんど文句ないのですが、唯一の欠点(?)とも思えるのが、絞った時の丸ボケが、六~七角形気味になることです。
まあこれも、このレンズの個性とも言えるので、私は結構好きですが・・・
一枚目は、その愛嬌のあるF5.6での絞りボケを楽しんでください。
f0140054_20265669.jpg

f0140054_19584731.jpg

f0140054_200997.jpg

f0140054_2004813.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。いいレンズです。おおきに。
2009年 07月 23日 |
なんばパークスの夏の花には、なぜか黄色い花が多いようです。
ダリアやゼンテイカなどの、黄色い花を撮ってみました。
黄色い太陽に輝く花を、お楽しみください!
f0140054_20375128.jpg

f0140054_20394174.jpg

f0140054_20405236.jpg

OLYMPUS PEN E-P1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。夏を楽しみましょう。おおきに。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon