模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
|
2019年 05月 12日 |

今日は、日常に見られる田んぼの野鳥:ケリです。

田起こしがはじまると、ケリの季節がやってきます。

田や畦などの地面に藁を敷いて巣をつくり子育てを行うので、田んぼの風物詩になっています。

f0140054_08410658.jpg
f0140054_08410904.jpg
f0140054_08411234.jpg
f0140054_08411942.jpg
f0140054_08412244.jpg


身体の下部・羽の裏部は白くて綺麗です。

その羽が見えた写真を3枚、ご覧ください。

f0140054_08432296.jpg
f0140054_08432409.jpg
f0140054_08432751.jpg

ちょと巣に近づきすぎたのでしょうか、カップルで鳴きあって「キリッ、キリッ」と大きな声で警戒しはじめました。

f0140054_08440366.jpg
↓「出ていけ!」と言っているかのように、こちらを見ながら鋭く鳴いています。

f0140054_08440507.jpg
とうとう私の周りを飛翔しだし、「キリッ、キリッ」と鳴きながら、ぶつかるかのように追い出しにかかります。

ケリは、羽を広げると、結構大きいので、近くを飛び回られると怖いです。

これは申し訳ないことをしました。もう帰りますよ、ケリさん。

↓飛翔姿を一枚撮ってから、退散しました。

f0140054_08440839.jpg











↓LINEトラベルジェイピーの旅行ガイド記事もよろしく!







にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


2019年 05月 06日 |

前回紹介したヤツガシラ以外のチュニジアの野鳥も教えてほしいとのリクエストがありましたので、今日はチュニジアの野鳥特集です。

それでは、よく見かける順に紹介していきます。


チュニジアで最も多い野鳥は日本と同じくスズメ類です。
ただし、日本のスズメ(学名 P. montanus )とは同種ではなく、スズメよりやや大きい イエスズメ(学名 P. domesticus )になります。
イエスズメの中でも北西アフリカ亜種(学名 P. domesticus tingitanus )が分布しています。

↓北西アフリカ亜種のイエスズメ 雄の眉が独特の特徴があります。日本のスズメとは印象が違います。

f0140054_16304214.jpg
f0140054_16304580.jpg
イエスズメ(俗称 House Sparrow) はアフリカ原産で、人類の発展とともに分布を広げていった典型的なシナントロープで、農耕環境や都市環境に適応しています。
現在は南極大陸を除く世界中に広がり、世界一分布域の広い鳥類となっています。

面白いのは、大きな空白域として朝鮮、日本、台湾、フィリピンがあり、ここには代替種としてスズメ(俗称 Tree sparrow)が分布しています。

スズメも分布の広い鳥ですが、イエスズメと競合する地域では、英俗称の Tree sparrow どおり、森に棲んでいます。
これは、多分、餌の多い都市や村では、より大きくて強いイエスズメに駆逐されるためと思われます。
ただ、日本のような東アジアでは、状況が逆転しており、スズメが優勢なのは謎です。
スズメひとつとっても自然界の不思議がありますね。



次にチュニジアで多いのは、タイリクハクセキレイ(学名 Motacilla alba )です。

f0140054_16321239.jpg
日本のハクセキレイのほうが、この種の亜種とされています。
この種も人間の住む様々な環境に適応しており、世界中でよく見られる野鳥です。

↓タイリクハクセキレイ(White Wagtail)は、日本亜種(Japanese Pied Wagtail)のような過眼線がなく、背中が灰色なのがよく分かる特徴です。

f0140054_16323104.jpg

三番目によく見る鳥は、クロウタドリ(学名 Turdus merula 俗称 Blackbird)です。

この鳥も分布が広くユ-ラシア~アフリカでよく見られます。
何より鳴き声が美しく、高い樹木や建築物の上で囀るので、すぐに分かります。

f0140054_16330273.jpg
↓地上に降りて虫などをついばみ、その際観察すると、黄色い嘴と、目の周りのアイリングが意外に可愛らしいです。

f0140054_16332004.jpg
↓クロウタドリ飛ぶ!

f0140054_16433297.jpg

以下は、アフリカらしい鳥をいくつか紹介します。


まずは、アフリカヒヨドリ(学名 Pycnonotus barbatus 俗称 Black-eyed Bulbul)です。

f0140054_16342741.jpg
f0140054_16344017.jpg

この鳥は強勢でたくましく人家にも近づき分布を広げています。日本でいえばヒヨドリ(Brown-eared Bulbul)とムクドリ(White-cheeked Starling)を合わせた感じの位置をしめています。

f0140054_16345934.jpg
f0140054_16350206.jpg
f0140054_16350601.jpg
私の限られた経験では、モロッコ、チュニジア、エジプトではこのアフリカヒヨドリが優勢で、イスラエルに行くとこの種に代わって カバイロハッカ が多く荒野では トリストラム が分布し、ドバイでは シリアカヒヨドリ が多かったです。



次にいかにも砂漠の荒野にふさわし野鳥で、シロガシラクロサバクヒタキ です。
長い名前ですが、和名を漢字で書くと「白頭黒砂漠鶲」、学名は Oenanthe leucopyga 、俗称は White-crowned Black Wheater となります。

↓シロガシラクロサバクヒタキ 雄の白い頭が非常に特徴的で一度見ると忘れられません。

f0140054_16361885.jpg
私はこの鳥を、やはりモロッコ、チュニジア、エジプトで観察しており、それも半砂漠地帯や遺跡、荒野のカスバなどで目撃しました。
f0140054_18121728.jpg
下の写真は、上の写真が逆光で空が白く飛びシロガシラクロサバクヒタキの白頭が目立たなく写ったので、空を青くHDRなどの技術を使って修正したものです。

f0140054_16372003.jpg


最後に、多分 サバクヒタキ(学名 Oenanthe deserti )の雌と思われる写真を掲載します。

f0140054_16374747.jpg
f0140054_16374410.jpg
↑この写真はチュニジアの土漠地帯の人家の軒先で撮影したものです。撮影場所の環境と色合いからしてサバクヒタキの雌ではないかと思われるのですが同定に自信はありません。
もしこの野鳥の正体をご存知の方がおられたらご教示ください。よろしくお願いいたします。








↓LINEトラベルジェイピーの旅行ガイド記事もよろしく!







にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


2019年 04月 30日 |

カルタゴのローマ時代の遺跡と野鳥ヤツガシラの話です。平成最後の更新になります。


ピュルサの丘から、海に降りていく途中に、ローマ時代のカルタゴ遺跡「ローマ人の住居 Villas Romainers」があります。

f0140054_08072892.jpg
ここは、ローマ時代の裕福な住民の住居遺跡で、階段状に住居跡が見られます。

f0140054_08075058.jpg
f0140054_08075266.jpg
f0140054_08075418.jpg

古代ローマ人の上流家庭の生活が垣間見られる必見の遺跡でしょう。

丘の中腹のなだらかな傾斜地にあり、いわば古代の山手の住宅街といった雰囲気。現在もこのあたりは高級住宅街で、はるか古代から連綿と人々が暮らしてきた長い歴史の重みを実感できます。


花に埋もれた所もあります。

f0140054_08082227.jpg
f0140054_08082868.jpg

ローマ人の住居跡には、現場に残された像やモザイクもあり、とても興味深いです。

↓海も望めます。

f0140054_13012581.jpg


特にモザイクは列柱回廊のあるヴォリエールの別荘と呼ばれる屋敷のものが一番。今でも現場に色合いが残る素敵な遺物で、古代ローマ人の優れた芸術感覚がそこにあります。

f0140054_08105859.jpg
f0140054_08105672.jpg
現場に残されているモザイクという意味では、モロッコのヴォルビリス遺跡 ほど大規模ではありませんが、私が気に入ったのは、野鳥のモザイクがとても多いという点です。

以下、鳥関係のモザイクをご覧ください。

f0140054_08120421.jpg
f0140054_08120726.jpg
f0140054_08121041.jpg
f0140054_08121200.jpg


↓中でも、私が感動したのは野鳥ヤツガシラのモザイクがあった点です。

f0140054_08130827.jpg

ヤツガシラは、個体数は多くないものの世界的に分布する綺麗な野鳥で、イスラエルの国鳥でもあります。英語でフープー、イランでフドフド、中国でフーポーポーと俗称されますが、これらは、ヤツガシラの「ポポーポー」と言う鳴き声から来ています。
そのヤツガシラの鳴き声は、こちらの日本野鳥の会のページ でお聞きください。

日本では、旅鳥としてまれに見られる珍鳥で、昭和天皇が皇居の庭で発見し、侍従に「双眼鏡を持ってこい」と命じたところ、侍従が「お芋を見るのに双眼鏡が何故いるのですか?」と聞き返したという有名なエピソードがあります。里芋類にヤツガシラというのがあるので侍従が勘違いしたわけです。


↓そのヤツガシラの写真です。

f0140054_08135409.jpg
↑ヤツガシラの特徴である冠羽(頭の上の飾り羽根)が閉じたものしか撮れなかったので、以下にウイキペディアより写真をお借りして、冠羽の開いた状態のヤツガシラの姿を掲載します。

f0140054_08143693.jpg
↑冠羽が八つあるように見えることから「ヤツガシラ」という和名がついたそうです。


↓この後、お土産店を回った際、ヤツガシラの意匠のモザイクを見つけましたので、自分への土産として購入しました。

f0140054_08151111.jpg
↑モザイクは、チュニジア土産のひとつとして人気があります。ファティマの手や駱駝などの動物意匠のものが多いのですが、ヤツガシラ模様を見つけて嬉しかったです(笑)


チュニジアで注目されてきたヤツガシラは、古来、はるか日本でも注目されてきた野鳥で、正倉院の宝物の中にも、ヤツガシラが描かれたものが多数あります。もし今後、正倉院展に行かれたら、ぜひ注意してご覧ください。

↓ヤツガシラが描かれた正倉院宝物の一例

f0140054_08160845.jpg

↓イスラエルの記念コイン:国鳥のヤツガシラ(Hoopoe)
f0140054_12423163.jpg
古代ギリシアのアリストパネスは『鳥』で冠羽=王冠連想からヤツガシラを「鳥の王」としています。『旧約聖書』の「エステル記」にも登場します。このヤツガシラについては、まだまだ書きたいことがありますが、いささか話が脱線してきましたので、このあたりで終わります。







↓LINEトラベルジェイピーの旅行ガイド記事もよろしく!







にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


2018年 12月 03日 |

家族ぐるみで満州に移住した祖父・・・・私の祖父はどんな人物だっかのか?・・・・それが私の知りたい疑問でした。


祖父は戦前に死去しましたので、私は祖父を全く知りません。「飲む打つ買う」は全くしない実直な人だったと聞いているだけです。
ただ、父のおかげで写真は残されています。

↓実直な雰囲気で写る祖父(父のアルバムより)

f0140054_08083822.jpg
↓祖父が撮影した家族 (ソフトフォーカス処理しました)

f0140054_08085416.jpg
↑後列左から私の祖母、父、曾祖母、叔父、伯父
 前列左から私の叔母たち(つまり祖父の次女、三女、長女)
 この9人の家族は、満州で仲良く暮らしました。



やがて、この満州に移り住んだ一家では、曾祖母がまず亡くなり、ついで祖父が脳溢血で急逝しました。そして、学徒出陣した父の弟(私の叔父)は戦死しました。
9人家族が6人になってしまったわけです。


戦後しばらくして父の家族は苦心惨憺して京都に引揚げ、内地でも苦労したようです。


戦後の家族史は、すべての日本人のそれぞれの個人の歩みの重要な一ページとして、別の物語になるでしょう。
その年月の中で、やがて父は、私の母とめぐりあい、結婚し私が生まれたわけです。(面白いことに父の家族より一世代若い母の家族は、ブラジル移民というのが重要な位置を占めることになります)


したがって今、私が祖父のことを知るのは、父が残した、この満州アルバムしかありません。
そこには、辛い話よりも、家族の楽しい思い出がつづられているのが嬉しいです。


では、祖父は、なぜ満州へ行ったのでしょうか?


日露戦争以降、大正から昭和にかけて、日本のやる気のある若者は満州へ行くというのが大きな夢でした。


----狭い日本で何をする? 男児骨を埋むる天地は支那だ。満蒙だ。(『満鉄外史』菊池寛 原書房 2011.6.16 124頁)


「馬賊の唄」
僕も行くから君も行け
狭い日本に住みあいた
(永清文二『満洲奉天の写真屋物語』ほかの資料より)


このような風潮はあったでしょうが、祖父は真面目な性格であったはず・・・そのような堅物も満州に夢を描いたのだろうか・・?


政府の帝国主義的政策に乗せられたというのは今だから言えますが、当時、真摯に生きようとする日本人は、誰しも満州進出を日本の希望と考えていたのではないでしょうか?

「ロシア人と、日本人とは、ここに自己流の楽園を築こうとした。」(『大連・旅順はいま』宇田博 54頁)


堅実で真面目であったからこそ、政府の言葉を信じ、祖父は日本の国のためと思い、満州へ行ったのではないかというのが私の推測です。



仕事に懸命に取り組んだ祖父は、休みの日には息子たちを連れ、奉天の街を歩き、周辺の自然に親しむ事にも取り組みました。


↓父の絵日記より

f0140054_08105587.jpg
「お父さんに城内に連れて行って貰うのが たのしみだった
 冬は志那靴にゴムバンドをつけて、はき、マントの裏に羊の皮をつけた」


男三人兄弟は、休日はお父さん(私の祖父)にくっついて一緒に過ごしたのです。仲の良い親子でした。


よく行った城内とは、奉天旧市街の中にさらに四角い城壁に囲まれた故宮の一帯で、出店や大道芸人などで賑わっていました。
中国の歴史を学び、庶民の屋台などを見学するのが楽しみだったようです。


↓現在の瀋陽故宮付近

f0140054_08114124.jpg
f0140054_08115241.jpg

このあたりは、昔とさほど変わっていないと思います。


また祖父は、特に男の子たちに、自然に親しむ事も教えました。


特に熱心だったのは昆虫採集。


↓父のイラストより

f0140054_08121764.jpg
父は後に、昆虫採集に熱中し、満州で新種の昆虫を発見し日本の学者に標本を送り、自分の名前のついたハゴロモ(セミの近縁種)が図鑑に載ることになります。


奉天のすぐ近くを流れる渾河(コンガ)の河畔は、野鳥や昆虫が多く、日曜日は親子で通ったようです。


↓渾河の採集地の詳細図(何枚も細かい図が残されていますが、そのひとつです)

f0140054_08125666.jpg
渾河といえば、太祖ヌルハチの「瀋陽は形成の地である。西、明国を征し、北、蒙古を征し、南、朝鮮を征するのに絶好の位置である。山岳地帯で木を伐り渾河に流せば財となり、野に猟し河に漁すればたらふく食うことができる」という有名な宣布を思い出します。

やがて、ヌルハチはここに後金国の都を建設し奉天府となづけ、その子ホンタイジは明国を倒し中国に満州民族の国家「清」を打ち立てるのです。



事実、この要衝の地、渾河一帯は、ヌルハチが建国してから約300年後、日露戦争の決戦「奉天会戦」の舞台となります。



児玉は、口述した。
「敵ハ、渾河ノ左岸ニ集結シツツアリ」

             司馬遼太郎『坂の上の雲 四』 文春文庫 268頁



↓父の少しふざけた渾河の詩

f0140054_08131521.jpg
↓父が撮影したコーリャン畑の写真

f0140054_08132876.jpg


祖父自身は野鳥が大好きで、家に野鳥を飼っていました。


↓父のイラストより 当時は野鳥を自由に飼うことが可能でした。

f0140054_08134730.jpg
「二階の小部屋はお父さんによって数十羽の小鳥の室となった
 ノゴマ オガワコマドリ カワリサンコウチョウ トラツグミ マミジロ ウソ 等々
 お父さんは あらゆる鳥を飼った」

上記の祖父が飼った野鳥のうち、私が撮影した最近の鳥をいくつか・・


↓トラツグミ

f0140054_08141488.jpg
↓マミジロ

f0140054_08142789.jpg
↓ウソ

f0140054_08144395.jpg
オガワコマドリ カワリサンコウチョウ は日本内地では珍しい野鳥で私はまだ撮影に成功していません・・・この点は、祖父がうらやましいです。


この祖父の自然志向は、父を通じて、私にも受け継がれています。私も昆虫と野鳥は大好きです(笑)



↓現在の瀋陽の市街と南を流れる渾河(絵葉書より)

f0140054_08150999.jpg


「おい、渾河(コンガ)じゃないか」
鉄橋を渡れば奉天、いや現在は瀋陽とよばれているわたしたちの故郷である。
                         宇田博『落葉の市街図』 42頁








↓LINEトラベルJPの記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2018年 11月 06日 |

LINEトラベルジェイピーの旅行ガイドで、私の「中国遼寧省『レッドビーチ』で野鳥と蟹を楽しむ!」という記事が公開されました。

中国遼寧省の紅海灘風景区はレッドビーチと言われ、秋に河口デルタ地帯が紅葉に染まる姿が見られます。まさにスケールの大きな絶景ですので、ぜひ記事をお読みください。






本ブログでもタイアップして記事を書いております。
今日は、レッドビーチでの野鳥と蟹の話です。


レッドビーチは大湿地帯ですので、野鳥たちの楽園でもあります。

紅海灘風景区は、約260種類の野鳥の生息地で、国際湿地条約(ラムサール条約)の「世界重要湿地カタログ」に登録され、「東アジアとオーストラリア間の渡り鳥生息地保護域ネットワーク」と「北東アジア鶴生息地ネットワーク」に加入しています。

まず一番多く見られるのがズグロカモメなどのカモメ科の鳥たちです。赤く点々と生えるマツナの中に、白いカモメが佇む姿は綺麗なものです。
f0140054_13010888.jpg
カモメの飛翔写真を撮るのも楽しいもの。背景がレッドビーチなので、他では見られないユニークな写真が撮れます。

↓高速シャッターで飛び回るカモメを止めて、背景の赤い湿地帯や道路の景色も分かるようにしました。
f0140054_13031891.jpg

本格的な水鳥の類ではシギの仲間が見られます。長くて曲がった嘴が特徴的なダイシャクシギは特に印象的で、干潟の穴に嘴を突っ込んで蟹などを食しており、ここの湿地帯にうまく適応した野鳥であることが分かります。
f0140054_13050304.jpg
シギの写真を撮る場合、やはりここならではの赤いマツナの中に佇む姿が良いものです。
f0140054_13061893.jpg
f0140054_13063672.jpg
小さいチドリ類も多いのですが、警戒心が強いので、遠くに見つけても超望遠レンズでなければ、思うように撮れず難しいです。海外旅には、三脚は持っていきませんので、もちろん全て手持ち撮影です・

↓コチドリですが、遠くて小さいので、等倍拡大。
f0140054_13095924.jpg
まれにタンチョウやソデグロヅルも飛来することがあるそうです。今回は残念ながら見つけられませんでした。


湿地帯の中に突き出た遊歩道は赤いマツナの観察に最適であるとともに、足下に湿地の魚や蟹類を見ることができます。写真にたくさんある穴は盤錦蟹の棲息穴で、じっくり観察すると蟹が出入りしているのが見られます。

↓蟹穴
f0140054_13115745.jpg
特に海洋牧場区では、海鮮狩りの魅力を体験できます。蟹釣りの道具もレンタルでき、家族連れが楽しんでいます。コツがあり、ちょっと難しいのが実情。

↓家族連れが蟹釣りに挑戦していました。
f0140054_13133239.jpg
↓その成果を撮影させてもらいました。
f0140054_13133644.jpg

レッドビーチの田園楽土区では屋台があり、盤錦蟹の串揚げの実演販売が人気です。

↓生きている蟹を串で突き刺すのは新鮮で良いですが、懸命に動いているのでちょっと可哀そう。

f0140054_13151907.jpg
屋台で売っているのは小さい盤錦蟹の串揚げで、飛ぶように売れています。小さい蟹なので、豪快にそのままかじり付けば良いのです。なかなか美味でリーズナブル。

↓ここならではの野趣ある食べもので、美味しかったです。
f0140054_13152680.jpg
f0140054_13153176.jpg
蟹丸ごと食するのは苦手という人でも、園内の食堂で盤錦蟹の蒸し料理を注文することができます。

こちらは養殖の盤錦蟹で、やや大きめ。そのため丸ごととはいかず甲羅を外して食べますが、黄色い蟹味噌が美味しいものの食べる部分が少ないのが欠点。

↓昼食として食べましたが、中身の食べる部分がが少なくてちょっと、がっかりでした・・・
f0140054_13192495.jpg
f0140054_13192908.jpg
↓このような列車型カートバスもあり、園内を走っています。
f0140054_13202202.jpg
写真撮影とカニを満喫して、レッドビーチを後にしました

↓さらばレッドビーチ!

f0140054_13202717.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2018年 09月 24日 |

台風で被災した関西空港の修復が進んでおり、タンカーがぶつかり大きく破損した連絡橋以外は、ほぼ元にもどったようです。関係者の皆様の努力に感謝します。
そこで、いったん中止した、中国東北地方への旅に、再チャレンジしようと思います。


ただ、仕事などの調整が難しく、来月中旬から末くらいの期間しかありません。
レッドビーチが時期的にぎりぎりで、枯れていないか心配です。そこで、先にレッドビーチに行って、その後、父の育った満州をめぐるという計画を練ってみます。スケジュールがタイトになりそうですが、あまり欲張らず余裕を持った旅にするつもりです。


さて、今日は、ホテイアオイに住んでいるカルガモさんの写真です。


前回お見せした本薬師寺付近のホテイアオイの咲くポイントでは、カルガモさんの一家が見られました。
もう親と見分けがつきにくくなった雛鳥ですが、ここの居心地が良いようで、家族で仲良くホテイアオイの群落の中で、姿を隠しながら過ごしていました。


↓ホテイアオイの群落の中に動くものが!

f0140054_11244635.jpg
↓カルガモさんですね。

f0140054_11250799.jpg

f0140054_11252662.jpg
f0140054_11254971.jpg
↓家族もいるようです。

f0140054_11263120.jpg
f0140054_11265931.jpg
f0140054_11273179.jpg
f0140054_11284418.jpg

↓ホテイアオイの花の中に見え隠れするので撮影しにくいですが、なんとか一羽を全身アップで

f0140054_11292121.jpg
↓最後はホテイアオイの花で吸蜜するミツバチを撮影

f0140054_11300105.jpg





↓LINEトラベルJPの記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2018年 08月 22日 |

古墳シリーズが続きますので、今日は趣向を変えて、二年前のトルコの写真からセレクトしてお送りします。


トルコの春は花ざかりでした。原種アネモネをはじめとする野草や樹木の花が開き、生命の息吹を感じさせます。

f0140054_07302884.jpg
f0140054_07304406.jpg
f0140054_07310361.jpg
f0140054_07312373.jpg
f0140054_07313991.jpg
f0140054_07315932.jpg
f0140054_07321395.jpg
f0140054_07323151.jpg

野鳥も多く、クロウタドリは美しい声を聴かせてくれました。

f0140054_07330466.jpg

f0140054_07333270.jpg


猫も結構多く見かけました。

f0140054_07344650.jpg
田舎に行くと人々は素朴で、少女たちも気楽に写真撮影に応じてくれました。

↓自然な感じで

f0140054_07351592.jpg

↓Vサインで

f0140054_07353957.jpg




Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!







にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。

2018年 07月 08日 |

足が良くなって久しぶりに本格的野鳥撮影に行ってきました。
クルマで20分走ったところにある秘密のスポットへ行き、時おり上空を飛ぶオオタカを撮りました。


飛ぶ鳥を撮るのは久しぶり、なかなか勘が戻らなくてバッチリ撮影とは行きませんでしたが、なんとか証拠写真はゲットできました。
それではオオタカの舞姿5枚をご覧ください。

f0140054_00063797.jpg
f0140054_00062585.jpg
f0140054_00070340.jpg
f0140054_00072329.jpg
f0140054_00073402.jpg


さて、7月5日~8日にかけて記録的大雨が降り続き、西日本各地に大きな被害をもたらしました。134人死亡、60人が行方不明。
長崎・佐賀・福岡・広島・岡山・鳥取・兵庫・京都・愛媛・高知・岐阜各県に大雨特別警報が発令されました。これだけ広い範囲に特別警報が出たのは前例がありません。


交通網もあちこちで寸断され大規模な運休状態となりました。


私は7月6日に大阪市内に仕事で出たのですが、まず駅に着くまで歩道が冠水していました。

f0140054_00083372.jpg
f0140054_00085094.jpg

駅に着くと電車が難波まで動いていません。
地下鉄は大丈夫でしたので、なんとか乗り継いで目的地に辿り着くことは出来ましたが、大幅に予定が遅れました。

f0140054_00091734.jpg
大阪市内では冠水道路が多く見られ、先日歩いた京都の鴨川も↓のようになりました。

f0140054_00094404.jpg
岡山県では、水没した家が多く、屋根に取り残された人がヘリで救助される映像もTVで放送されていました。まさに水びたしの日本列島という感じでした。






Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!






にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2018年 04月 23日 |

骨折した記事を載せたところ、多くの方々からお見舞いのコメントやメールを賜り、本当にありがとうございました。
皆様の暖かいお言葉に感謝するばかりです。深く御礼申し上げます。


歩き回ることは出来ませんが、在宅仕事をはじめパソコンで文章を打ったり読書することは可能ですので、無為に過ごさないよう、それなりに頑張っております。
痛みはなくなりましたので、気分的には相当楽になりました。でも骨がくっつくまで安静にせねばなりませんね。花爛漫の季節でうずうずしますが、快癒するまで用心しながらもポジティブに過ごすつもりです。


さて、今日は、今年の梅や桜の見学した際に撮影した花以外のスナップ写真を載せてみます。骨折事故が無ければ在庫写真として埋もれてしまったかも知れない作品たちです。ゆっくりとご覧ください。


↓動き出した春の蝶たち 

f0140054_11113583.jpg
f0140054_11120279.jpg

↓野鳥も元気だ

f0140054_11122764.jpg
f0140054_11124084.jpg
f0140054_11125485.jpg

↓花見の犬

f0140054_11142660.jpg
f0140054_11144022.jpg

↓犬と人間

f0140054_11145606.jpg
↓猫は自由だ!!

f0140054_11151860.jpg
↓幼稚園児の集団も絵になります。

f0140054_11153306.jpg
↓梅撮る人

f0140054_11160597.jpg
↓桜と花嫁さん?
f0140054_11203040.jpg
↓これはコスプレさんでしょうか・・・

f0140054_11164764.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


2017年 12月 26日 |

温泉滞在中のある日、田沢高原温泉郷を雪の中、歩いてみました。
このあたりは、少し前までは原生林が広がっていたそうで、大自然の息吹が感じられます。


少し散策していると林辺に野鳥の姿が横切りました。

よく見ると、雪化粧をした樹木の枝に、カケスが止まっています!

↓カケス発見

f0140054_19563041.jpg

枝の中で少し見にくいですが、青い羽根が分かります・・・・爪が枝に積もった雪に食い込んでいますね。

↓しばらく観察していると雪道に降りてきました。

f0140054_19570295.jpg

↓水場に近づいていきます。

f0140054_19580710.jpg

↓水を飲みにきたようです。(ひょっとして餌の川虫を探していたのかも知れません)

f0140054_19583899.jpg

↓冷たくないのかなあと思わず心配します。

f0140054_19590764.jpg
私の様子をうかがいながらも怖がるそぶりは見せません。

↓そして飲み終わったのか、しばらくすると、泰然たる態度で悠々と向こうへ飛んでいきました。

f0140054_20001593.jpg

今回、秋田では大型望遠レンズを持っていかなかったので、大きくは撮れませんでしたが、宿の近くでカケスと遭遇出来て、とても嬉しかったです。ここのカケスはさほど人を怖がらないのですね。


カケスは大阪では金剛山系などの深い山中でしか見られません。
大きく撮影した大阪のカケスは、こちら をご覧ください。






<たびねす記事もよろしくお願いします>




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon