模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
|
2018年 12月 10日 |

LINEトラベルジェイピーの旅行ガイドで、私の「名著を読んで中国遼寧省・大連をめぐる!旧満州玄関口の昔と今」という記事が公開されました。
瀋陽(奉天)の代表的観光スポットを紹介したものですので、ぜひ↓記事をお読みください。




本ブログでも、タイアップ企画として、しばらく奉天を離れて、大連を紹介することにします。


大連は、ロシア人と日本人が力を入れて造った都会で、港町でもあり、魅力的な町として知られています。


明治以来、多くの文人が大連を旅して文章を書き、そこに暮らした人々は大連を愛し記録を残しました。戦後も多くの大連テーマの書物が刊行され続けています。そうした名著による大連紹介を試みたのが上記の「名著を読んで中国遼寧省・大連をめぐる!旧満州玄関口の昔と今」というトラベルジェイピーの旅行ガイド記事です。

f0140054_09525316.jpg


「ロシア人と、日本人とは、ここに自己流の楽園を築こうとした。」(『大連・旅順はいま』 宇田博)


「大連という都会における、このような矛盾のすべてにもかかわらず、彼は南山麓をはじめとするさまざまな場所を、切ないような苦しさで愛さずにはいられなかった」(『アカシヤの大連』 清岡卓行)


「日本には滅多にない煉瓦づくりの建物や住宅が並び、広場を中心に放射状の道路がひろがり、北海道を除くとあまり日本に見られぬアカシアやポプラの街路樹が植えられ・・・・」(『深い河』 遠藤周作)


↑ 一端を紹介しましたが、このように大連を書いた名著は数え切れません。。。。


私は「なぜ大連がこんなに日本人の心をとらえ続けるのか」という疑問を持っていました。今回、大連を存分に歩き回ってみて、少しその謎が解けたような気がします。確かに、大連は不思議な魅力を持った町でした・・・・


今日は、その大連の中心である中山広場を紹介します。


↓現在の中山広場の航空写真(絵葉書より) この写真はクリックすると横1200ピクセルに拡大されます。

f0140054_12210198.jpg


孫文の号である中山をその名称にした中山広場は、直径およそ200mの大きな円形を成しているが、さらにその外周を幅20数mの道路がめぐっている。そして、その輪状の道路から、今度は放射状に十条の道路が、ほぼ等しい間隔をもって描く方向に発しているのである。(『中山広場』清岡卓行)


↓1920年ころの中山広場(大連賓館こと旧ヤマトホテルの二階のカフェにあった写真を撮影) 当時はビルが無いので奥に海が見えますね・・・

f0140054_09512698.jpg
↑写真中央奥は、旧・横浜正金銀行大連支店。横浜正金銀行は、日本の半官半民の貿易決済・外国為替専門銀行で、後に東京銀行を経て三菱UFJ銀行となりました。


↓現在の横浜正金銀行大連支店の建物、中国銀行遼寧省分行となっています。

f0140054_09523579.jpg
↑3連のバロックドームを持つタイル貼りの美しい建物で中山広場の象徴ともいえます。設計は妻木頼黄と太田毅です。


この中山広場とそこから放射状に発する十条の道路は、かつて確かに日本の管理、資本、技術によって建設されたものであった。用いられた設計はほとんど、ロシアが残していったものであった。その設計に含まれていた主な特徴は、フランスの首都に学んだものであった。(『中山広場』清岡卓行)


ロシア人のパリへのあこがれにより構想された不凍港ダルニーは、日本人によって現実化され、大連と名付けられたのです。


ここは青泥窪という田舎の村でした。それをダルニー(遠大を意味する言葉)と名付けた市長サハロフは、日露戦争の進展に伴い、大連市街をほとんど破壊せず、日本へ引き渡すかのように旅順へと撤退しました。このあたりのサハロフの気持ちを推測して書かれたのが清岡卓行の『サハロフ幻想』です。


サハロフはダルニーを愛しており、日本軍の進駐に際して、愛する街を破壊するに忍びず、旅順要塞司令官ステッセルの破壊命令に反して、形だけ爆破行為を行い、ほぼ無傷のダルニーを日本に譲りました。おそらく、日本軍を押し返し、またダルニー帰ってくるという強い思いがあったのでしょう。しかし、その夢はかなわず、サハロフは旅順で病没しました・・・・



↓旧 大連民政署(大連警察署) 現在は遼寧省対外貿易経済合作庁。

f0140054_09553537.jpg
↑時計塔を持つ建物で、ヨーロッパの市庁舎を参考にした。レンガは大連市内の満州煉瓦会社製、石材は山東省産の薄紅色花崗岩。


↓中山広場に面した旧・ヤマトホテル(現・大連賓館)の一階のテラスから撮影

f0140054_09561835.jpg
↑手前が旧・市役所 奥が旧・東洋拓殖大連支店
 旧・市役所は、真ん中に塔があります。この塔は、京都祇園祭の山車をイメージしたそうです。設計者は関東都督府土木課長の松室重光で、施工は清水建設です。
この建物は戦後、大連市人民政府庁舎として使用され、現在は中国工商銀行大連市分行となっています。


↓戦前の旧・市役所(旧ヤマトホテルの二階のカフェにあった写真を撮影)

f0140054_09575446.jpg

中山広場は、夜はライトアップされます。
以下、夜の中山広場をご覧ください。

↓旧・市役所

f0140054_09583006.jpg

↓旧 英国領事館  

f0140054_09593709.jpg
旧・ 英国領事館は建替えられてCGB銀行の建物になりましたが、高さは抑えられ中山広場の他の建物と調和しています。

f0140054_09595773.jpg
f0140054_10000930.jpg

↓上のほぼ同じ場所からの昼間の写真
f0140054_10035855.jpg
やはり夜の方が綺麗ですね・・・昼間は背後の高層ビルに紛れてしまいがちですが、夜は古い建物だけが照明されて浮き立ちます。

f0140054_10005922.jpg


今日の最後は、与謝野寛・晶子夫妻の大連を詠んだ歌でしめくくります。



与謝野寛・晶子夫妻の大連の歌(『満蒙遊記』より)


 大連のアカシヤの街ただ少しこころを濡らす朝露もがな  寛(鉄幹)

 アカシヤに風の騒げば山の灯もいさり灯のごと心もとなし  晶子






にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2018年 10月 08日 |
前回、モロッコの食事と砂漠の写真を載せたところ、砂漠はどんなところで宿泊するのですか?というご質問をいただきました。
そこで、今日はモロッコの砂漠でのホテル?での写真をアップします。

サハラ砂漠の西の始まりであるモロッコでは、アトラス山脈を越えたメルズーガという村に砂漠体験用のホテルが並んでいます。
ホテルといっても、土で出来た建物とテントを組み合わせた野趣あるもので、一種のグランピングと言えるかもしれません。

↓私の泊まったホテルのテント棟(砂漠側から撮影)
f0140054_08343497.jpg
↑奥左側に見えているのが土でできた建物棟で、私はその建物棟の部屋に宿泊しました。

↓テント棟を建物棟から撮影 後ろに砂漠が見えています
f0140054_08360893.jpg
このように砂漠に近いところにあるので、砂漠に徒歩やラクダで行けるわけです。
こうしたモロッコならではの砂漠体験というのが欧米人に人気で、多くの観光客が訪れます。

↓夜のテント棟の内部
f0140054_08414035.jpg
↓建物棟の前の広場
f0140054_08422864.jpg
↓建物棟の天井は草で編んであります。雨が降らないのでこれで十分だそうですが・・・うーん。
f0140054_08434514.jpg
↓私の泊まった部屋
f0140054_08444622.jpg
↓ベッドは荒々しい木でつくられたもの。壁は土と草を漆喰で固めたもの・・・
f0140054_08455451.jpg
↓これがシャワー(左側)と洗面
f0140054_08474905.jpg
シャワーが使いたくてテントではなく建物棟の部屋にしたのですが、お湯は出ず、水もチョロチョロでした。

↓食堂は建物棟の前にあり、天井は巨大テント風布 バイキング形式
f0140054_08492256.jpg
↓一応綺麗な食器やテーブルで隅っこで食事しましたが・・・・暗いんですよね。
f0140054_08520183.jpg
味はもうひとつでした・・・

イランのキャラバンサライの野趣あるホテルに泊まったことを思い出しましたが、全般的にイランの宿のほうが質が高かったです。詳しくは こちら。

↓食堂の前の広場でも食事ができます。ただ夜は寒くて、焚火を囲む形になります。
f0140054_08540549.jpg

まあ、貴重な砂漠体験ができるのですから、この程度は野趣として楽しめる範囲だと思います。

最後は、ホテルから歩いて砂漠に行って撮ったサハラの写真をご覧ください!

↓昼間
f0140054_08573718.jpg
↓早朝
f0140054_09071911.jpg
↓砂漠の夜明け
f0140054_09073031.jpg








↓LINEトラベルJPの記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2017年 07月 30日 |

トルコ・カッパドキアの朝は、明暗のマジックアワーから、バルーンの浮かぶ不思議な世界へと展開します。

その変化と雄大な景色をご覧ください。

f0140054_08505396.jpg
f0140054_08514610.jpg
f0140054_08521067.jpg
f0140054_08523231.jpg

f0140054_08534510.jpg
f0140054_08545513.jpg
f0140054_08543593.jpg
f0140054_08551937.jpg
f0140054_08560780.jpg
f0140054_08562330.jpg
f0140054_08565352.jpg
f0140054_08572209.jpg


<たびねす記事もよろしく>
f0140054_1803958.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2013年 09月 16日 |
夏のポーランド北部は、緯度が高いのでなかなか陽が落ちません。

トルンの昼間の街歩きを堪能した後、旧市街のレストランで夕食を食べて、ホテルに帰ってくると、まだ明るくて落ち着きません・・・・夜9時頃にやっと夕陽が見られました。

↓ホテル部屋の西側(旧市街と反対側)の窓から落陽を撮影しました。
f0140054_20252411.jpg

その後、トルンの町へまた繰り出し、ナイトスナップをしてみました。
夜間撮影に強いEOS6D一台だけを持って、気軽な夜の散歩です。
いやあ、夏のポーランドは夜更かしになってしまいます(笑)

↓ホテルもライトアップです。
f0140054_2026838.jpg

↓簡易裁判所
f0140054_20263096.jpg

↓聖マリア教会近辺
f0140054_20265880.jpg

f0140054_20271360.jpg

↓トルンの旧市街も人影が少なくなりました・・・
f0140054_20273974.jpg

↓深夜営業の小さなスーパーマーケットがありましたので、軽いショッピング
f0140054_2028299.jpg

↓夜10時を過ぎると日もどっぷり暮れて、賑やかだったオープンカフェも寂しげです・・・
f0140054_20282616.jpg

f0140054_20284695.jpg

↓コペルニクス大学
f0140054_20291014.jpg


昨夜から本日にかけて、台風18号が日本を縦断し、関西地方では数十年ぶりという大雨で河川の氾濫や土砂災害などなどの被害が出ました。
当地では大丈夫でしたが、被害にあわれた方には心より御見舞を申し上げます。
最近は異常気象現象が多発し、台風シーズンでもありますので、皆様もどうぞご注意ください。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。楽しいトルンの夜でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 07月 18日 |
昨日、掲載した最後の写真の続きです。

スカイランタン会場付近は、夜11時前になるとすいてきたので、会場から綺麗に見えるポズナン大聖堂のほうへ行って見ました。

深夜にライトアップされる大聖堂はとても雰囲気があります。
こんな時間に外で撮影する機会もめったにないので、大聖堂の周りを歩いて撮影してみました。

↓この写真は結構気に入っています。
f0140054_2330329.jpg

ポズナンという町は、ポーランド最古の都市の一つで、中世ポーランド王国の最初の首都です。
なかでも、このポズナン大聖堂は、ポズナン発祥(968年)の地といわれ、1000年以上の歴史があるそうです。

戦災を受けたため、現在の大聖堂の建物は第二次世界大戦後に復元されたものですが、ゴシック様式のファサードが見事です。
教会建築撮影というのは私の旅のテーマのひとつですので、嬉々として撮影しました(笑)
全て EOS 6D + EF28mmF2.8 IS によるISO12800の手持ち撮影です。
f0140054_23305948.jpg

f0140054_23313527.jpg

f0140054_23314942.jpg

f0140054_2332710.jpg

f0140054_23324131.jpg

f0140054_2333177.jpg

f0140054_233316100.jpg

↓夜11時30分ころになると、人がいなくなり、燃え尽きたランタンの残骸が落ちてきてちょっと無残な光景が展開します。
f0140054_23335952.jpg

スカイランタン会場からポズナン大聖堂方面に風が吹いたので、大聖堂周辺には沢山の落下ランタン等が散らかっていました。
これから早朝にかけて、ポズナン市の市職員の方が清掃にかかるそうです。
華やかな祭の夢のあとですね・・・


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。大聖堂の深夜スナップでした。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 07月 14日 |
ポズナンの聖ヨハネ祭に行ったら、ぜひ願いを込めて、スカイランタンを飛ばしましょう!

↓飛ばす瞬間(クリックすると横1000ピクセルに拡大されますので大きくしてお楽しみください)
f0140054_2385726.jpg

ということで、今日は、スカイランタンの飛ばせ方です。

スカイランタンは、祭り当日に、会場周辺でたくさん売っています。

いろいろな形や色がありますが、値段は一応どれでも5ズロチ(約150円)です。
一応と書いたのは、中には4ズロチで安売りしているところもあったからです。

ただ注意すべきは、公式認可を受けたランタンでないと、会場に入れてもらえないケースもあるということです。
ごったがえしてくると誰でも入れたようですが、午後8時くらいの段階では会場の入場チェックが行われていました。(河川敷会場への入場自体は無料です)

↓いろいろなランタンを買って入場された方に、写真を撮らせてもらいました。
f0140054_2394110.jpg

どのランタンが公式ランタンなのか判別しにくいのと、飛ばせ方が微妙に難しく失敗もありますので、何個か多めに買ってくるのが良いと思います。売り切れてしまうこともありますので早目に確保しましょう。

どのランタンも、ビニール袋にランタン本体と固形燃料が入っており、組み立て方は同じです。
ランタン本体は、折りたたまれているので、それを広げて固形燃料をセットするだけです。

↓ランタンの袋の裏に書いてある組み立て方の説明
f0140054_23103534.jpg

ポーランド語は読めないのですが、絵で描いてあるので分りやすいですね。絵の番号を参照して以下の手順で組み立て飛ばしてください。

(1)固形燃料をランタンの下部にある交差金具に突き刺します。
(2)金具が突き出たら外側に折り曲げて固形燃料が落ちないようにします。
(3)ランタン本体の布地を広げ空気を入れます。
(4)ランタン布地の上方を持って、下部の固形燃料に火をつけます。
(5)火がついてランタンが膨らんできたら、上方に掲げて、十分に膨らんだら手を離して、ランタンを飛ばせます。

と、手順的には簡単なのですが、(4)~(5)で微妙に難しい点があり、失敗する方も多いので、注意点を解説します。

↓火のつけかた
f0140054_23111922.jpg

↑ランタン上部を手で持って広げて張りをもたせてから、下部にセットした固形燃料に火をつけます。
固形燃料なので少し長めに火をかざす必要があります。
マッチでも良いですが、できればライターのほうが火をつけやすいです。

↓火が横に流れないように注意します。
f0140054_23115390.jpg

↑風が吹くと御覧のように火が横に流れますので、その火がランタンの生地に燃え移らないように、生地を張って大きく広げておくことが肝要です。

この段階で、生地に火がついて、ランタンが燃えてしまって失敗する方もおられました。

↓しばらくこうして注意していると生地の中の空気が膨らんできますので、上に掲げても大丈夫です。
f0140054_23122910.jpg

一番大切なのは、十分に生地を膨らませて浮力を得ることですので、5分くらいはこのまま待ちます。
ほとんどの失敗は、完全に膨らんでいないうちに手を離し飛ばしてしまって、ランタンが上がらず横に流れて落下してしまうことです。

↓膨らんできたら、上に向って徐々に上げていきます。
f0140054_23131930.jpg

↓これくらいパンパンに膨らんで来れば、ランタン自体が浮かぶ感じになり、そうなると飛ばせます。
f0140054_23134336.jpg

↓手を離すと、上に浮かびました!
f0140054_2314412.jpg

↓自分のランタンが空へ吸い込まれていきます。大成功です!
f0140054_23143268.jpg

願いを込めた自分のランタンが高く舞い上がっていくのは感動の瞬間です。

要するに、火が流れて生地に引火しないようにすることと、あわてずに十分に膨らむまで待ってから飛ばすことが、ランタン飛ばしのキーポイントです。


あと注意が必要なのは、他の方が上げたランタンが浮力が十分でなく横に流れて落下してくることで、これはとても危険です。
実際、そんなランタンが後方からすぐ近くに落ちてきて、周りにいた皆で必死に足で踏み潰して消火しました。

スカイランタンはミニ熱気球なので、原理は簡単ですが、微妙な難しさがあり、危険性もあるので、周囲に気を配りながら楽しみましょう。


マジックインキを持ってきて、ランタンに願い事を書いて飛ばせている人もいました。
カップルや仲間で協力し合って飛ばせて、大いに盛り上がっている人もいました。
むろん写真や動画を撮影している人はたくさんいました。
いろいろと楽しめるイベントですね。

↓皆、次々にランタンを飛ばしています。
f0140054_2315391.jpg


昨日は、ブログ村旅行写真ランキングで1位となり、「スカイランタンの概要」の記事がブログ村旅行・海外写真注目記事欄で1位にリストアップされました。
御覧いただき、ポチいただいた皆さんのおかげです。本当に有り難いことです。
心より御礼申し上げます。

次回は、スカイランタンの撮影機材について書く予定です。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。スカイランタンを飛ばせば願いが叶うそうです。御覧いただき、ありがとうございます。
2011年 12月 20日 |
どうも最近拙ブログは、日替わりで「世界あちこち・日本あれこれ」になっていますが、それもまた個性ということで、楽しんでいただければ幸いです。今日はトルコです。

イスタンブール中心部にある古代競馬場跡(ヒッポドローム)は、今は立派な公園になっています。イベント広場として利用されています。
競馬と言っても、古代ローマの映画やドラマでご覧になったことがあると思いますが、戦車競技ですね。

↓古代競馬場跡の広い景観
f0140054_6452296.jpg

↓三日月と泉亭  ドイツから友好の印として贈られた8角形の泉亭です。三日月が輝いて印象的でした。高画質で大きな画は、こちら
f0140054_6455535.jpg

↓「テオドシウス1世のオベリスク」(手前)と「切石積みのオベリスク」(後方) 手前のオベリスクはエジプトのカルナック神殿からローマ皇帝によって運ばれたものです。 <トイフォト>
f0140054_6463699.jpg

↓2本のオベリスクの間にある青銅製の「蛇の柱」 ギリシアのアポロン神殿からコンスタンティヌス1世が持ってきたもの。8mの高さで折られています。
f0140054_6471759.jpg

↓ここは、イスタンブールのデートスポットでもあり、カップルが多いです。ということで、トルコの大人のLOVE。 <ライトトーン>
f0140054_6474531.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD  ISO2000、手持ち撮影

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。イスタンブールはムード満点でした。テシェキュレデリム。 
2011年 11月 04日 |
イスタンブールの夜は深く、とても綺麗でした。

中でも、ライトアップされた、アヤソフィアとブルーモスクは妖しく美しく、何よりまずここを紹介しなければなりません。
もちろん、両方とも世界遺産です。

ただ、暗いので、E-5の限界性能を出す必要があります。
ISO2000にして、手持ち撮影で、頑張って撮影しました。

↓アヤソフィア
360年の創建以来のスゴイ歴史を誇ります。正教会の総本山だった大聖堂であり、イスラムのモスクとしても使われ、現在は博物館です。
横1000ピクセルの拡大版は、こちらをクリックして 御覧ください。(拡大したほうがクリアで綺麗です)
f0140054_7421715.jpg

↓ブルーモスク全景
ブルーモスクは、正式名スルタンアフメト・モスクといい、世界で一番美しいモスクとも言われ、6本のミナレット(塔)を持ちます。
f0140054_742387.jpg

↓ブルーモスクのアップです。 より大きな画は、こちら です。
f0140054_742592.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。イスタンブールの夜の美しさは素敵でした。テシェキュレデリム。 
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon