模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
2018年 03月 31日 |
当地ではもう桜が満開で、例年より早い春がやってきました。

そこで、あわてて、今冬に大阪で撮影した野鳥たちの写真をアップしておきます。野鳥は継続して地道に撮影しているのですが、なかなかブログにアップする機会がなかったので、今冬の記録としてまとめてお見せします。

↓かわいいニシオジロビタキ4景
f0140054_16030848.jpg

f0140054_16024634.jpg

f0140054_16035174.jpg

f0140054_16040566.jpg

↓当地では珍しいソウシチョウ
f0140054_16065263.jpg

↓子首かしげるセキレイ
f0140054_16092098.jpg

↓アオサギ

f0140054_16095720.jpg

↓ヒドリガモ
f0140054_16112927.jpg

↓コガモ(雄)
f0140054_16115935.jpg

↓コガモ(雌)
f0140054_16123075.jpg

↓マガモ夫婦
f0140054_16132060.jpg

↓オナガガモ
f0140054_16134427.jpg

↓孤独なウ
f0140054_16141533.jpg
↓飛び立つゥ
f0140054_17185110.jpg
↓ヤマガラ
f0140054_16173890.jpg
↓イカルの群れ
f0140054_17125842.jpg
↓カワセミ啼く
f0140054_17452905.jpg
↓カワセミ飛ぶ

f0140054_17454696.jpg

↓白眉きりり、ルリビタキはやはり最高
f0140054_18510006.jpg



<たびねす記事もよろしくお願いします>


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。

2018年 03月 25日 |

先日、近くの美多彌神社(みたみじんじゃ)で「流鏑馬まつり」が行われました。
天気も良く、写真撮影が楽しめるので、行って見ました。


美多彌神社は、和泉国大鳥郡和田郷(にきたのさと)に鎮座する古社で、中臣氏(藤原氏)の祖先神:天児屋根命(あめのこやねのみこと)を祭神としています。多分、中臣氏系の氏族集団が飛鳥時代に創建したもので、その後、平安時代の延喜式にも登場します。
その鎮守の森には大阪府天然記念物であるシリブカガシが自生し「いっちんの木」として親しまれています。私は以前からこの木の調査に訪れ、近いので初詣などでも親しんでいます。くわしくは、こちら をご覧ください。


↓空にパンフレットをかざして撮影

f0140054_08394883.jpg
「流鏑馬まつり」は、和田郷の在地領主である和田氏が武士団を形成し、流鏑馬などの訓練を行ったことにはじまり、近世には悪疫退散・五穀豊穣を祈る神事として行われていました。その後、明治以来の近代化の中で失われていたものを、復活させようという機運が高まり、関係者の努力により再開されたものです。今回の新「流鏑馬まつり」はその復活後の第2回目で、約3500人の来場を見て催行されました。


↓いよいよ始まります。会場風景です。

f0140054_08402405.jpg
↓登場者には、きらびやかな平安衣装を纏った方もおられます。

f0140054_08404364.jpg
↓流鏑馬をする方の盛装

f0140054_08410143.jpg
↓ベテランの方のようです

f0140054_08412078.jpg
↓女性も乗り手もおられます。

f0140054_08413843.jpg
↓しずしずと進みます。

f0140054_08415788.jpg
↓馬も雰囲気があります。

f0140054_08421667.jpg
↓流鏑馬が開始です。なかなか撮影は難しいです。

f0140054_08423357.jpg
↓馬を駆けさせながら、引き絞って・・・・

f0140054_08430036.jpg
↓射る!!

f0140054_08431836.jpg
↓スピードに乗って、引き絞り・・・

f0140054_08433646.jpg
↓的に当たった瞬間を撮ったのですが、的板は割れず、矢は跳ね返り、逆方向を向いたところが撮れました。

f0140054_08440162.jpg
↓次の射手も上手で、馬を駆ります・・・

f0140054_08442295.jpg
↓射た瞬間を撮影しました。良い具合に矢が当たる寸前で止まっています・・・・ただ向かい側のカメラマンが邪魔(笑)

f0140054_08450640.jpg
はじめての流鏑馬撮影でしたので、このくらい撮影出来れば満足ですが、難しいものですね。
野鳥飛翔撮影よりさらに難易度が上がり、0.01秒の瞬間が勝負です。それでもスピード感があり迫力満点で、非常に楽しいので、またチャレンジしたいものです。



流鏑馬は、人馬一体のアトラクションとも言え、乗り手には馬術と弓術の両方の優れた技が必要で、たいしたものです。


ダイナミックな躍動感があり、フォトジェニックな祭りですので、今後も続けてほしいものですね。
私も、ブログで発信し、微力ながら応援していきます。





<たびねす記事もよろしくお願いします>


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon