模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
2019年 02月 26日 |

シディ・ユセフ・モスクの東裏側あたりの曲がり角に、CAFE LA MEDINA という看板があります。景色が良いので有名なカフェです。看板デザインが ファティマの手 なのが素敵ですね。

f0140054_12302112.jpg

そこを入って三階へ上ってみましょう。位置関係をつかむのとカフェでの休憩に最適です。


↓カフェに上がる途中に多くの装飾があります。なかなか見事で、これも見ものです。

f0140054_12313961.jpg
f0140054_12315083.jpg
f0140054_12320070.jpg

↓屋上にはテーブルと椅子が並べられカフェになっています。

f0140054_12321473.jpg
↑休憩しながらチュニスのパノラマを楽しめます。写真正面下にあるのはグランド・モスクで、左側に四角柱のチュニジアスタイルのミナレットが見えています。正面奥には新市街が広がっており、右側遠くにそびえる青い高層ビルは目的地のアフリカ・ホテルです。


↓ミナレットのアップ

f0140054_12323947.jpg
↓チュニスを代表する双耳峰(ヤギの角という名前)と市街

f0140054_12330095.jpg
↓隣の建物の屋上も「パノラマ」として開放されています。

f0140054_12331413.jpg
眼下のグランド・モスクは、698年から建設が始まったチュニジアで二番目に古いモスクで、国内全土の信仰を集め、ジャーミア・ズィトーナ・モスク(オリーブの木のモスク)という別名を持っています。


カフェを降りて路地を回ればグランド・モスク前広場に出ます。

f0140054_12333336.jpg
f0140054_12340812.jpg

↑ここはメディナの中心地で、路地やスークが四方に広がり、多くの人で賑わっています。

↓チュニスのメディナが世界遺産に指定された際の銘板もここにあります。

f0140054_12344058.jpg

f0140054_12352851.jpg







↓トラベルJP旅行ガイド記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2019年 02月 18日 |

LINEトラベルジェイピーの旅行ガイドで、私の「美しきチュニジアの首都チュニスを歩く!」という記事が公開されました。
チュニジアの首都の街歩きを紹介したガイド記事ですので、ぜひ↓お読みください。







当ブログでもこの旅行ガイド記事とタイアップして、より詳しくチュニスを紹介していきます。


カスバ広場の東からメディナ(旧市街)へ入ると、まず目立つのがシディ・ユセフ・モスク。これは1616年にオスマン帝国のユセフ王によって建てられたもので、八角形のトルコスタイルのミナレットが特徴です。
王冠のような頂端部も綺麗です。

f0140054_08265207.jpg
チュニジアの街が、モロッコの街と異なるのは、この八角形の塔がある点です。

これは歴史に原因があります。オスマン帝国は、15世紀に東ローマ帝国を滅ぼし、現アゼルバイジャンから現アルジェリアまで征服しました。
したがって、このトルコスタイルの八角形ミナレットは、オスマン帝国の版図に分布しています。
いっぽう、オスマン帝国に飲み込まれなかった現イランや現モロッコには分布していません。

f0140054_08271742.jpg
↓確かに無骨な感じのする四角形のミナレットに比べて、洗練された雰囲気があります。

f0140054_12202593.jpg

もちろん、チュニジアでも、オスマン帝国の支配以前につくられたミナレットは四角柱スタイルです。
↓その例(旧市街のあちこちから垣間見られるグランドモスクのミナレット・・・・チュニジアで二番目に古いもの)

f0140054_08281293.jpg
↓スーク街へ入ります。

f0140054_08282812.jpg
旧市街は道が錯綜しています。特にスーク(市場)の中は屋根があるので薄暗く圧迫感があります。様々な店が並んでおり、歩き回ると、ちょっとした迷宮のようです。

ただ、規模はそんなに大きくないので実は迷宮というほどのことはありません。そこがモロッコのフェズやマラケシュとは違います。


f0140054_08290346.jpg


彷徨っても迷子になることはありません・・・

f0140054_08292935.jpg

f0140054_08314371.jpg
f0140054_08292274.jpg

店のおじさんたちは濃い顔で目つきが鋭いので怖い感じがしますが、話してみると陽気で、日本人が少ないので「ニーハオ」とまず声をかけられます。
f0140054_08320898.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2019年 02月 12日 |
チュニジア北部にある首都チュニスは海に近い二つの湖の間の低地に位置する大都会で、西側が旧市街で東側が新市街です。

そこで、チュニスの散策観光は、西から東へ、すなわち旧市街の西外側にあるカスバ広場からはじめ、そこから旧市街へ入り新市街中心地へ抜けていくという、西→東という徒歩ルートをとることにします。


f0140054_08585478.jpg
中央にモニュメントがあり、チュニジアの国旗が四方に翻っています。
f0140054_08502746.jpg
このカスバ広場は独立を記念するため再開発された大きな空間で、昔はチュニジアの政治の中心地として、高官の屋敷などがあった場所です。

f0140054_08532531.jpg
カスバ広場の横には、チュニス市庁舎の美しい建物があります。イスラム的造形が素晴らしい建築美を鑑賞することにしました。
f0140054_08544601.jpg
網目の組み合わせのような壁面が見事です。
f0140054_08554078.jpg
↓家族連れ
f0140054_08580014.jpg
↓市庁舎の門
f0140054_08555702.jpg
↓市庁舎の中庭
f0140054_08564471.jpg

カスバ広場の東からメディナ(旧市街)へ入ります。

↓地図表示がありましたので撮影。左中央の矢印で示される赤丸が入り口です。

f0140054_09033608.jpg
↑私はアラビア語は全く読めないので、フランス語表示は有り難いです。(チュニジアでは、アラビア語が主で、フランス語も通じます。むしろ英語が通じません)


↓夕日に輝くカスバモスクのミナレット
f0140054_09051180.jpg








↓トラベルJP旅行ガイド記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2019年 02月 04日 |

少し前に帰国しておりました。
帰ると用事が多く、なかなかブログ更新ができなかったことをお詫びいたします。今日はチュニジアの印象を簡単に述べます。

f0140054_09222887.jpg
チュニジアは、これまで私が訪問した中近東のイスラム圏では最も開明的で、人物の写真撮影もお願いするとたいてい承知してもらえ、カメラマンとしては居心地の良い国でした。


↓マトマタ(映画スターウォーズのロケ地):タトウィン星の酒場

f0140054_09225053.jpg
↓水タバコ

f0140054_09231687.jpg
また、これまで必要だった観光地でのカメラチケット制度(観光地を撮影するのにお金が必要なシステム)が廃止され、自由に撮影できるようになったのも好印象でした。(ただ政府・軍用施設だけは撮影禁止です)


↓聖地カイロワンのグランドモスク(アフリカ最古のモスク)

f0140054_09234304.jpg
さらに物価が安いのも過ごしやすい点です。
1チュニジア・ディナールが現地では、日本の100円感覚なのは10年前とさほど変化していなかったですが、ディナール安と円高という為替相場の関係から、今の1チュニジア・ディナール=36円というのは、とても安く感じます。


チュニジアは、石油資源が少なく、経済的には苦しい状況にあります。しかし、独裁体制からアラブの春と言われるジャスミン革命を経て、民主的な国家運営になり、国民の表情は明るく、平和な生活を楽しんでいるという印象を受けました。


治安の面でも、ジャスミン革命後の混乱期には不安定となり、イスラム原理主義者のテロもあり、観光客が撤退したことがありました。
現在では、警察の取り締まりが厳しくなったことから、治安が非常に良くなり、観光客も復活しています。


気候も温暖で、1月でも日中は15度くらいで、快適でした。花もちらほら咲いていました。

f0140054_09253503.jpg
カルタゴやローマ時代の遺跡をはじめ、イスラム信仰の根拠地となったカイロアンなどの歴史的見どころが多く、最近では映画スターウォーズのロケ地(タトウィン星など)が観光スポットとして注目されています。

イランの絨毯やトルコの貴金属類のような高級品は無いですが、リーズナブルな雑貨が多いので、B級品の買い物が好きな方には最適です。私的には、モロッコより安く感じました。
国が小さいので観光スポット間の移動時間が短いのも利点で、リゾート・避寒地・冬の観光地としても、おススメです。
機会があれば、ぜひ行って見てください。







↓トラベルJP旅行ガイド記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon