模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
2018年 07月 29日 |

古墳関係写真が続きましたので、今日は話題を変えて、久しぶりの模糊の料理教室です。料理は全くの我流ですが、私の隠れた趣味なのです^^


実は、3月に北陸地方へ小さな旅をして、温泉に浸かったり請負仕事でテーマパークの取材をしていたのですが、その後、足を骨折してしまい、ブログ記事としては日の目をを見ませんでした。また機会があれば、その際の記事を書きたいと思っています。


その北陸行で、思わぬ収穫がありました。ある観光地近くの野原で、土筆が非常にたくさん自生してたのです。現地の方に聞くと誰も採らないから自由に持って帰ってとのことなので、山菜類が大好きな私は、さっそく収穫させてもらいました。


↓つくし発見!

f0140054_09105557.jpg
↓ビニール袋に一杯!

f0140054_09111419.jpg
土筆は、袴を取るのが手間なので現地の人にも人気がないようです。土筆大好きの私は、取り尽くさない範囲で収穫させてもらい、自宅に持ち帰りました。


まず袴を取って、下茹でして冷凍しておけば、随時、野趣ある付け合わせ料理として重宝します。以下、私の調理例をご覧ください。


↓土筆料理(1)おひたし  これは上品なおかずになります。

f0140054_09121566.jpg
↓土筆料理(2)玉子とじ  これは最もポピュラーな食べ方ですね。

f0140054_09134530.jpg
↓土筆料理(2)うす揚げとの煮込み  これは私の一番好きな食べ方です。

f0140054_09140141.jpg

その他も、すき焼きやチャンプルーなどの一素材としても使い、十数回料理して、とうとう先日、3月の土筆を食べ尽くしてしまいました。また来年の春に期待したいものです。


このように、旅先で収穫したリ、現地の売店でゲットできる独特の素材を使う工夫というのが、私の料理の特徴です。旅の思い出の再現になり、旅ライターとしての食リポートにも役立ちます。


海外では、私は最近、中近東へ行くことが多いので、現地スーパーで格安で買えるレンズ豆やひよこ豆を自分へのお土産として持ち帰り、調理素材として愛用しています。


↓一例 イランで買ってきたレンズ豆

f0140054_09144882.jpg
↓私の炊飯器のセット例 コメ、レンズ豆、ひよこ豆、大麦など・・・

f0140054_09150904.jpg
レンズ豆ご飯や、ひよこ豆ご飯について、詳しくは こちらの記事 をご覧ください。






レンズ豆は、放り込むだけで調理可能なので、とても簡単な素材です。レンズ豆ご飯や、カレーなどが定番です。


↓今回は少し変化球で、レンズ豆シチューを作ってみました。

f0140054_09154958.jpg
↓レンズ豆シチューをメインとする私の食卓の一例です。

f0140054_09160570.jpg

逆に、ひよこ豆は硬くて大きいので、調理に手間がかかる素材です。一日以上水に浸してから使う必要があり、ペースト状にすると非常に美味ですが、茹でてからフードプロセッサーで粉砕攪拌する必要があります。


↓ひよこ豆ペーストのフスム ご飯よりパン類に合います。マヨネーズ類とまぜると美味でした。

f0140054_09165647.jpg
↓なんとか和食にしようと工夫した結果の、ひよこ豆の煮物 これは、うーん、まあまあか(笑)

f0140054_09172438.jpg

とはいえ、いつも海外素材や山菜の料理をしているわけではありません。

男の素人料理なので繊細さに欠けます。ただ常に工夫していくというチャレンジ精神は持っているつもりです。海外素材を使うというのもその流れです。そういう探求心がないと、生きるため必須の営為である「料理」が楽しくないですね。

↓今日の料理 暑いので「刺激的味なんちゃってチンジャオロース」 牛肉を片栗粉でコーティングすると美味しくなります!

f0140054_09124252.jpg





Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!






にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2018年 07月 22日 |

Travel.jpの旅行ガイドとして、私の「大阪に世界遺産を!百舌鳥・古市古墳群をめぐり古墳カードを集めよう」という記事が掲載されましたのでお知らせします。

世界遺産登録へ向けて、古墳カードを作り古墳に興味を持ってもらおうという行政の取り組みですが、私も古墳カード記事を書いて、民間から支援しようとするものです。ぜひ、ご覧ください。





拙ブログでも、Travel.jpの旅行ガイド記事公開を機会に、タイアップして、大仙公園の小型古墳について少し詳しく書いてみます。



古墳群の楽しみ方は大きな盟主古墳だけでなく周辺の陪塚など小型古墳を見て回ることにあります。
ただ、むやみに散策するだけでなく、古墳カードを集めて行けば、楽しく歩けます。

いわばスタンプラリーのような形で、たくさんの古墳をカメラに収めていけば、古墳群を制覇した気分になり、その規模や形そして出土した埴輪などを知ることで、古墳に対する理解が深まります。


↓古墳カード MOZU-FURU CARD 全60種あります。

f0140054_09013910.jpg
私は百舌鳥古墳群については全ての古墳カードをコンプリートしていますが、古市古墳群についてはまだ全部に行けていません。古市古墳群の小さな古墳については標識が整備されておらず、住宅街の中に点在することもあり、場所が分かりにくいものが多いからです。


ということで、とりあえずは百舌鳥古墳を小さな古墳を紹介します。


前回~百舌鳥古墳群を歩く(2)~で、大仙陵古墳の陪塚を紹介しましたので、今日は大仙公園内に点在する小さな古墳たちです。



↓前回紹介した長塚古墳の裏側にあたる大仙公園東部にあるのが、鳶塚古墳。ここは古墳というより盛り土という感じです。

f0140054_09033191.jpg
↓鳶塚古墳から南へ歩くと原山古墳があります。これもやや大きな盛り土という感じで目立ちません。

f0140054_09035245.jpg


↓原山古墳の説明:失われた古墳をイメージして造られたものですね。したがってこの古墳には古墳カードはありません。

f0140054_09043615.jpg
f0140054_12401549.jpg

↓大仙公園は生き物の宝庫。美しい蛾も翅を休めていました。

f0140054_09045383.jpg
↓原山古墳から大仙公園を横断した場所にあるのがグワショウ坊古墳(円墳)

f0140054_09051337.jpg
↓「ぐわしょう坊古墳林のすがた」という説明看板 植物の遷移のことがよく分かります

f0140054_09052981.jpg
↓グワショウ坊古墳の西側隣にある旗塚古墳

f0140054_09054439.jpg
↓旗塚古墳の説明板

f0140054_09060051.jpg
↓旗塚古墳の西側を少し歩き、道を渡ったところにある寺山南山古墳(方墳)

f0140054_09061535.jpg
↓寺山南山古墳の説明板 寺山南山古墳はゲートボール場があって近くで見れません。

f0140054_09063680.jpg
↓最後は寺山南山古墳の向かい側にある七観音古墳

f0140054_09070123.jpg
↓七観音古墳の説明板

f0140054_09071907.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2018年 07月 15日 |

豪雨一転、猛暑が続いています。37度を超す中、外を歩き回るのは辛いです。皆さまにおかれましても、熱中症に気を付けてお過ごしください。


足が治り、いろいろ忙しくバタバタしており、ブログ更新も思うように行きません。旅に出ても予約更新や現地からの投稿などを利用して、少なくとも一週間に一度は更新するように努めますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


さて、まだ半分も紹介できていない京都民泊体験シリーズですが、今日は仁和寺周辺の穴場です。


↓仁和寺の五重の塔

f0140054_09233926.jpg
f0140054_09235995.jpg
↓五重の塔の近くで休憩する外国人夫婦

f0140054_09243139.jpg
↓金堂

f0140054_09245040.jpg
↑金堂は国宝に指定されています。1613年に建立された旧皇居の正殿・紫宸殿を移築したもの。近世の寝殿造として非常に重要です。


↓境内スナップ

f0140054_09254747.jpg
↓仁和寺近くの穴場:霊山寺

f0140054_09261195.jpg
↓仁和寺・成就山八十八ヶ所ウオーク

f0140054_09263314.jpg
↓宇多野スナップ

f0140054_09275509.jpg
↓光孝天皇 後田邑陵

f0140054_09282063.jpg
↓住宅街の中を歩いて拝所へ

f0140054_09284259.jpg
f0140054_09284506.jpg
仁和寺を勅願した光孝天皇は、仁和寺のすぐ近くの住宅街の中にある御陵に眠っています。ここは観光客は全くおらず、ひっそりとした場所でした。







↓Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!










にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2018年 07月 08日 |

足が良くなって久しぶりに本格的野鳥撮影に行ってきました。
クルマで20分走ったところにある秘密のスポットへ行き、時おり上空を飛ぶオオタカを撮りました。


飛ぶ鳥を撮るのは久しぶり、なかなか勘が戻らなくてバッチリ撮影とは行きませんでしたが、なんとか証拠写真はゲットできました。
それではオオタカの舞姿5枚をご覧ください。

f0140054_00063797.jpg
f0140054_00062585.jpg
f0140054_00070340.jpg
f0140054_00072329.jpg
f0140054_00073402.jpg


さて、7月5日~8日にかけて記録的大雨が降り続き、西日本各地に大きな被害をもたらしました。134人死亡、60人が行方不明。
長崎・佐賀・福岡・広島・岡山・鳥取・兵庫・京都・愛媛・高知・岐阜各県に大雨特別警報が発令されました。これだけ広い範囲に特別警報が出たのは前例がありません。


交通網もあちこちで寸断され大規模な運休状態となりました。


私は7月6日に大阪市内に仕事で出たのですが、まず駅に着くまで歩道が冠水していました。

f0140054_00083372.jpg
f0140054_00085094.jpg

駅に着くと電車が難波まで動いていません。
地下鉄は大丈夫でしたので、なんとか乗り継いで目的地に辿り着くことは出来ましたが、大幅に予定が遅れました。

f0140054_00091734.jpg
大阪市内では冠水道路が多く見られ、先日歩いた京都の鴨川も↓のようになりました。

f0140054_00094404.jpg
岡山県では、水没した家が多く、屋根に取り残された人がヘリで救助される映像もTVで放送されていました。まさに水びたしの日本列島という感じでした。






Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!






にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



2018年 07月 04日 |

昨日より、12回目のブログの輪写真展が開催されています。
小生も一枚(モロッコの写真)を出品しています。


お時間のある方は、ぜひお越しください。


大阪市北区東天満2-10-16 南森町アートギャラリーMAG

7月3日(火)~8日(日)10時~19時

最終日は10時~12時30分

f0140054_00175841.jpg

↑のポストカードをご希望の方は、メールまたは非公開コメントで送付先をお知らせ下さい。お送りさせていただきます。


また昨日は、ロシアのロストフ・ナ・ドヌーでサッカーW杯の決勝トーナメントが行われ、日本は2-3でベルギーに逆転で敗れました。
残念ですが、よく健闘したと思います。汚い試合ではなく、反則の少ないお互い堂々と渡り合ったクリーンな試合でした。
柴崎選手のスルーパスは本当に素晴らしかったです。乾選手も期待通りの活躍でした。
「ロストフ・ナ・ドヌーの激闘」というべきでしょう。かくしてロストフ・ナ・ドヌーは日本サッカーの新たな無念の地となりました。


↓ロシアの夜

f0140054_00092089.jpg
予選リーグを勝ち抜き16強に進出したのは、8年ぶりですね。
思えば8年前に、南アフリカ大会で決勝トーナメントに進出しパラグアイにPK戦の末に敗れたことを思い出します。この時は「プレトリアの死闘」というべき試合で、私はブログに↓の記事を書いたものです。


残念! サッカーW杯 プレトリアの死闘!



↓「日本サッカーの無念の地」といえばカタールのドーハのアルアリスタジアムが忘れられません。ここに立った時の記事をご覧ください。


ドーハの悲劇



ドーハの悲劇から25年経ったのですが、日本サッカーは強くなりW杯出場の常連国になりました。しかし、予選リーグを勝ち上がり16強になったのは、日韓大会のトルシェジャパン、南ア大会の岡田ジャパン、そして今回の西野ジャパンの3回だけで、決勝トーナメントで勝利したことはありません。
まだサッカー強国になったとは言えません・・・でも今回ロスタイムまで頑張り差は縮まったのを感じます。夢はまた先に託されました・・・今後の進化を楽しみにしたいと思います。


世界の共通言語・・・サッカーは良いものです。平和な世界を平和に旅して、サッカーという共通話題で、世界の人々と話をしたいものです。





↓Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!





にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon