模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
2018年 05月 28日 |

ご心配をかけました骨折事故の件ですが、ようやくギプスが取れ、サポーターを巻いてのリハビリとなりました。あと三週間もすれば、サポーターもはずして、普通の生活に戻れそうです。

f0140054_09124293.jpg
皆様からいただきましたお見舞いや励ましの声に元気づけられ頑張れました。本当にありがとうございました。感謝いたします。これからも、トラベルジェイピーの旅行ガイド記事や当ブログをご愛顧いただきますようお願い申し上げます。



さて、冬のマルタの記事は、マルタ考古学博物館の三回目で、青銅器時代とカートラッツの謎です。


マルタの巨石文明はなぜか紀元前2500年ごろ突然滅亡しました。これも大きなミステリーです。
紀元前2500年ごろに何があったのか?
地中海の古代文明のマルタ中心時代は幕を閉じます。やがて文明の中心は東へ移り、古代オリエント、エジプト、ヒッタイトといった文明が勃興してきます。


その後はマルタでは普通の青銅器時代となります。これについては、考古学博物館の三階に BRONZE AGE として、紀元前2500年頃から紀元前1000年頃の出土品が展示されています。

f0140054_09132692.jpg
青銅器時代といっても金属製品だけではなく甕や壺などの陶器類が多く見られます。やはり農業主体の文化があったようです。同じ農業文明でありながら、巨石神殿時代とこの青銅器時代の断絶も謎のひとつです。滅亡した巨石神殿文明の担い手ではなく、新たにマルタに渡って来た人々が青銅器時代の遺跡を残したとする学説が主流のようです。

以下、青銅器時代の発掘遺物展示の写真を9枚、ごらんください。

f0140054_09135173.jpg
f0140054_09135701.jpg
f0140054_09140111.jpg
f0140054_09140546.jpg
f0140054_09140984.jpg
f0140054_09141333.jpg
f0140054_09141646.jpg
f0140054_09141984.jpg
f0140054_09142164.jpg


マルタの古代の謎の一つとしてカート・ラッツがあります。これは、岩の上にレールのように平行に穿たれた溝のような遺物で島内各所にあります。車輪の轍跡にしては崖の上に多くあるのが理解に苦しみます。おそらく青銅器時代に出来たと思われることから、考古学博物館の三階に展示されています。これも本当に不思議な遺跡です。


↓カートラッツ展示室入り口

f0140054_09161679.jpg
↓上に乗って見れるようになっています。

f0140054_09164974.jpg
↓カートラッツのアップ

f0140054_09165302.jpg
↓カートラッツの分布

f0140054_09165639.jpg







↓Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2018年 05月 22日 |

マルタ考古学博物館の二回目の今日は、博物館の目玉であるマルタのビーナスとスリーピングレディーです。


マルタ巨石文明使役から出土した女神像で驚くのはその豊満なフォルムです。特に通称マルタのビーナスと呼ばれる像は、ハジャーイム神殿から発掘された約4500年前のもの。古代の女性女神像は豊かな身体つきのものが多いのですが、特にマルタでは巨大で印象的な体形の像が多く、当時の美意識を感じさせます。マルタに伝わる伝説では、こうした巨女が巨石を運んで神殿を造ったとされています。


↓マルタのビーナス

f0140054_08180205.jpg
このボリューム感がすごいですね。日本の土偶に比べると、リアルな表現でモデルがいたことを思わせます。

f0140054_08180500.jpg

女神像は多数ありますが、顔がないものが多いのが不思議です。別に顔だけの像も多数発見されていることから、顔の部分は嵌め込み式であったと思われます。でも、なぜ嵌め込み式の像が多いのかは諸説あり解明されていません。

f0140054_08190493.jpg

↓顔の部分

f0140054_08192722.jpg
こうした豊かな女神像は、豊穣の祈りと関係しているようで農業主体の文明であったのは確かです。ひょっとして、地中海沿岸に広く見られる大地母神のルーツとなったのかも知れません。

f0140054_08195630.jpg

一階の最奥には、眠れる女神像一体だけがある展示室があります。小さく暗い部屋ですが神秘的なムードいっぱい。ここにあるのが博物館の至宝、一番人気の通称スリーピングレディーです。

f0140054_08204021.jpg
実に洗練された曲線で構成されており、マルタの古代芸術の最高傑作です。この女神像は、ハイポジューム地下神殿から発見されたもので、なぜ横たわっているかについては諸説あり、これもミステリーです。

f0140054_08210292.jpg
f0140054_08212068.jpg

装身具などの小物も出土しており、巨石だけでなく繊細な部分の芸術性も感じました。


↓角か牙のペンダント

f0140054_08241224.jpg
f0140054_08241726.jpg

f0140054_08250048.jpg
f0140054_08251095.jpg
f0140054_08251322.jpg
↓貝でつくられた鳥のペンダント

f0140054_08255326.jpg
↓牛の角に挟まれた鳥

f0140054_08255724.jpg
↓物差しと思われます。

f0140054_08260179.jpg
↓レリーフに残されている動物は、山羊と豚と羊です。これらは犠牲獣でもあるので、宗教的な意味合いがあるのかも知れません。

f0140054_08264504.jpg






↓Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。

2018年 05月 16日 |

Travel.jpの旅行ガイドとして、私の「驚きのマルタ国立考古学博物館で世界最古の巨石文明の謎に迫る!」という記事が掲載されましたのでお知らせします。
世界最古の巨石文明の遺跡から発掘された本物の出土品が見られる考古学博物館を紹介したものです。ぜひ、ご覧ください。





本ブログでも、「たびねす」とタイアップして、マルタ国立考古学博物館をより詳しく紹介します。


マルタはリゾートと騎士団の城塞都市観光が人気ですが、実は先史時代の圧倒的な巨石神殿が素晴らしく、世界遺産として尽きせぬ魅力があります。その神殿出土品の実物展示があるのが首都バレッタにあるマルタ国立考古学博物館です。


マルタ国立考古学博物館があるのは、首都バレッタの中心にあるレバブリック通り。古く歴史を感じさせる建物に、印象的な Archaeology という幟が下がっているのが目印です。

f0140054_08114791.jpg

決して大きなミュージアムではないですが、中は意外にも多くの展示物が並んでいます。遺跡現場ではレプリカが多いのですが、この博物館にあるのは全て本物。入場料も決して高くありませんので、気軽に訪れることができます。


ここは聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)のプロヴァンス出身者の宿舎であったオーベルジュ・ド・プロヴァンスという建物を博物館として改装したものです。とはいえ、騎士の館の雰囲気は残しており、入場すると一階玄関屋根の美しいフレスコ画が迎えてくれます。


↓一階玄関天井のフレスコ画

f0140054_08130313.jpg

f0140054_08131550.jpg

二階廊下と二階中央の大広間は展示室として使われず騎士団時代の装飾がそのまま残されており 華麗なものです。

↓大広間

f0140054_08142082.jpg
f0140054_08142498.jpg
f0140054_08142871.jpg

一階は魅力の巨石文化時代の展示コーナー!

f0140054_08153241.jpg

↓巨石の各パーツで重要なものが展示されています。

f0140054_08160047.jpg
f0140054_08155343.jpg
f0140054_08155667.jpg

↓巨石を運んだと思われる丸い石

f0140054_08163650.jpg
巨石神殿は巨大な石を積み上げてクローバー型に部屋が配置された不思議な構造をしています。どのような目的でこのような神殿が造られたのか謎は深まるばかりです。

↓巨石神殿の構造模型(ジュガンティーヤ神殿)

f0140054_08170416.jpg
↓参考にジュガンティーヤ神殿の現地で撮った写真も載せておきます。

f0140054_08174036.jpg
マルタには、イムナイドラ、ハジャーイム、ジュガンティーヤ、タルシーン、ハイポジュームなどの巨石神殿があり、「マルタの巨石神殿群」として世界遺産に登録されています。

これらの現場に行くと、巨石文化巨大なスケールを感じることができます。ただし、現地の出土物等はレプリカが置いてあり、本物はこの考古学博物館でないと見ることができません。


マルタの巨石神殿で最古のものはゴゾ島のジュガンティーヤ神殿で紀元前3600年前(今から約5600年前)に築かれました。これはエジプトの大ピラミッドより1000年ほど古く驚異的な建造物。考古学博物館でもこのことを示したパネルがあり、世界最古の巨石文明であることが強調されています。

f0140054_08180827.jpg

とにかく、エジプトのピラミッドより遥か昔に、このような巨石文明が栄えたことは驚異的です。トータルするとマルタには巨石神殿が30カ所以上残されており、なぜこの小さな島にこんな神殿が多いのか、まさに大きな謎です。世界最古の宗教遺跡群ともいえ、ひょっとして、地中海を広範囲に支配していた宗教的文明の中心地であったのかも知れません。




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2018年 05月 10日 |

嵐電で仁和寺に到着です。

f0140054_09213905.jpg
御室仁和寺は、京都での遅咲きの桜の名所です。ソメイヨシノは終わっていましたが、各種の遅咲き桜の品種がまだ見られました。
そこで今日は、仁和寺の桜特集です。去り行く春をお楽しみください。

↓まずは有名な黄緑っぽい色の桜「御衣黄」です。

f0140054_09220465.jpg

この「御衣黄」は、江戸時代に仁和寺で生み出されのがはじまりとされています。まさにここから全国に広がった桜の品種ですね。
開化時は黄緑色で、徐々に中心部がピンク色に変化して行く開花時期の長い桜です。

↓「御衣黄」開化したばかりの時は黄緑色です。

f0140054_09225317.jpg

↓熟すとこんな色になります。

f0140054_09231964.jpg

↓華やかな八重桜「関山」三景

f0140054_09235740.jpg
f0140054_09241066.jpg
f0140054_09242101.jpg

↓清楚な「一葉」

f0140054_09244053.jpg
f0140054_09245708.jpg
↓御室桜
f0140054_09252340.jpg

↓五重の塔をバックに各種の仁和寺桜

f0140054_09255086.jpg
f0140054_09260450.jpg
f0140054_09261673.jpg

↓無名の可憐な桜も塀に映えます。

f0140054_09264005.jpg

↓最後は御口直しに白い石楠花です。

f0140054_09270044.jpg







↓Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!





にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2018年 05月 04日 |

余談を少し。
先日(4/28)、『世界ふしぎ発見』というTV番組で、「大英博物館に秘められた卑弥呼の謎!」というのがあり、箸墓古墳が卑弥呼の墓の可能性が高いと紹介され、私のリスペクトする考古学者:白石太一郎氏(前・近つ飛鳥博物館長)が出演しておられました。


そこで白石氏は「時期や規模から考えて、箸墓古墳の被葬者は、卑弥呼以外には考えられない」と述べておられました。私は、30年ほど前から「箸墓古墳は卑弥呼の墓」と公言してきましたので、この言葉は嬉しい限りです。


また、次の台与の墓の可能性の高い西殿塚古墳の映像もあり、赤色立体地図で明確に分かる特徴的な二つの方形壇について女王と男弟という二人の統治者が埋葬されているのではないかと紹介していました。


このあたりは、私もだいぶ以前に、ブログの「箸墓古墳は卑弥呼の墓か?」という記事で書いており、内容がかぶりますので、ちょっと複雑な気持ちでした。番組としては、割と信頼できる主流学説を取り入れたオーソドックスな内容で、要領よく制作されていました。
そこで、これは良い機会だと、改めて考え続けてきたことを盛り込んで、古いブログ記事を追加修正してみました。それについては、以下の記事をお読みください。



さて、京都民泊利用取材シリーズは、嵐山はんなりほっこりスクエアから嵐電に乗ります。


↓嵯峨野のたまごやさん

f0140054_09444152.jpg
嵐山のメインストリートに戻ってきました。

↓印象的な路地

f0140054_09455618.jpg
↓売店も新製品売り出し中

f0140054_09462084.jpg
↓店先飾りも綺麗です。

f0140054_09474040.jpg
↓もう一枚

f0140054_09475862.jpg
↓はんなりほっこりスクエア

f0140054_09485493.jpg
↑ここの赤い床机に腰かけて軽い昼食を済ませました。


↓駅の周りをぐるりと見てみます。

f0140054_09491716.jpg
↓友禅の林「キモノフォレスト」

f0140054_09493781.jpg
↓龍の愛宕池

f0140054_09495807.jpg
↓駅の足湯もあります

f0140054_09502432.jpg

f0140054_09505803.jpg
↓電車が入ってきました。

f0140054_09512357.jpg
↓嵐電に乗って帷子ノ辻駅で乗り換え御室仁和寺へ向かいます。

f0140054_09514188.jpg
↓車窓からは満開の八重桜が見えました。

f0140054_09522656.jpg




↓Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!





にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon