模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2013年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
|
2013年 05月 31日 |
伊勢路の旅に戻ります。

伊勢本街道を寄り道しながらスロードライブして、無事、伊勢の鳥羽温泉郷に到着し、ゆっくり湯に浸かりました。

海の見える温泉に入り、まったりしながら野鳥や景色を満喫できるのは、日本の旅の素晴らしいところですね。

宿から見た景色や野鳥の姿を御覧ください。

↓海上遥か、トビが飛ぶむこうに、鳥羽温泉郷の建物が点在しています。いい景観でした・・・
f0140054_7491729.jpg

↓港の波止では釣りをしている人がいました。
f0140054_749389.jpg

↓波止の向こう側の消波ブロックには、アオサギが羽根を広げています。
f0140054_7495575.jpg

↓海に伸びた木々の上をツバメが飛びます。
f0140054_7501158.jpg

↓やはり一番多いのはトビです。
f0140054_7503032.jpg

↓温泉宿の窓に止まっていた美しい蛾:オオミズアオ
f0140054_7505294.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。何度も温泉に浸かりました(笑)。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展出品中のお知らせ
2013年 05月 30日 |
今日はカイツブリの営巣です。

カイツブリは本州中部以南では留鳥で、周年見られる小型の水鳥としてポピュラーです。
主として水上で生活し、潜水も得意です。キリッ、キリリリリリリと印象的な鳴き声で、すぐに分ります。

先日、近くの巨大ため池に行ったところ、池に仕掛けられた漁網の杭の付近に、カイツブリが営巣し、卵を温めていました。
カップルで藻を集めてきて、網にひっかけ葉や茎を組み合わせた水に浮く巣を作っていました。
夫婦交代で抱卵し、巣を補修しながら鳴き交わしている姿が微笑ましかったです。

それではカイツブリの写真を御覧ください。
f0140054_12362716.jpg

f0140054_12362494.jpg

f0140054_12365847.jpg

f0140054_1236544.jpg

f0140054_12373982.jpg

↓冬羽のカイツブリ
f0140054_12373319.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。雛が生まれて元気に育ってほしいものですね。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展出品中のお知らせ
2013年 05月 29日 |
今日はオオヨシキリです。

オオヨシキリは夏鳥で日本で繁殖し、冬は東南アジアへ渡り越冬するそうです。
ヨシを切り裂いて中にいる昆虫類を食べるとされ、「大葦切」という和名の由来とされています。

巨大ため池のヨシ原で大きな声で鳴いていました。
俳句の夏の季語である 行々子(ぎょうぎょうし)とも書くとおり、騒がしくやかましい感じで、決して綺麗な声ではありませんが、なんだか愛嬌があります。確かに「ギョギョシ、ギョギョシ、ギョギョギギギギギ」と聞こえます。

大きく口を開けて鳴くので、口の中の赤色がよく見えます。
鳴き声といい動作といい、とても元気な野鳥ですね。

それではオオヨシキリの雄の写真を御覧ください。
f0140054_749321.jpg
f0140054_749346.jpg

f0140054_7495613.jpg

f0140054_7494421.jpg

f0140054_7503767.jpg

f0140054_7501586.jpg

f0140054_7511313.jpg

f0140054_7504722.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。オオヨシキリに元気をもらいました。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展出品中のお知らせ
2013年 05月 28日 |
今日はコサメビタキです。

コサメビタキは夏鳥で日本で繁殖し、冬は東南アジアへ渡り越冬するそうです。英名はブラウン・フライキャッチャーです。

公園の少し開けた場所の枝を、あっちへ行ったりこっちへ来たり、いろいろ飛び回っていました。
サンコウチョウより明るい場所にいるので撮影はしやすかったですが、小型で地味な色合いなので、見失いやすいです。

可愛い奴という感じの野鳥で、こちらを見ながら、からかうように梢を行き来します・・・
私はエゾビタキと見分けがつかなくて、多分コサメビタキかなあと思案しながら撮影していると、途中で超ベテランの方が来られて、コサメビタキに間違いないと教えていただきました。

それではコサメビタキの雌の写真を10枚、お楽しみください。
f0140054_7363182.jpg

f0140054_7365311.jpg

f0140054_7371149.jpg

f0140054_737311.jpg

f0140054_7374618.jpg

f0140054_738329.jpg

f0140054_7382279.jpg

f0140054_7384235.jpg

f0140054_7385763.jpg

f0140054_7391270.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。キュートな野鳥でした。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展出品中のお知らせ
2013年 05月 27日 |
伊勢路の旅ばかり続きましたので、少し中断して、タイムリーな公園の野鳥をアップしてみます。

今日はサンコウチョウです。

サンコウチョウは夏鳥で日本で繁殖し、冬は中国南部~スマトラ方面で越冬するそうです。
囀り声が「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」月・日・星、と聞えることから三光鳥と呼ばれていますが、先日、都市公園で見かけたサンコウチョウは雌でしたので、囀り声は聞こえませんでした。

バサバサと音を立てて、公園の暗い林の中を飛び回っていました。
存在感がある野鳥なので確認は出来るのですが、緑葉が茂った場所ばかりを飛ぶので、撮影は非常に難しかったです。うまく撮れませんでしたが証拠写真をアップすることにします。

青いアイリングが印象的な尾の長い鳥で、一度見ると忘れられない姿をしています。静岡県の県鳥で、ジュビロ磐田のマスコットでもありエンブレムにも描かれていますね。

それではサンコウチョウの雌の写真を三枚ご覧ください。
f0140054_7463333.jpg

f0140054_7465448.jpg

f0140054_7471264.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。なんだか幻想的な野鳥でした。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展出品中のお知らせ
2013年 05月 26日 |
伊勢奥津(いせおきつ)駅の駅舎は、とても綺麗で、人の気配がなく静かでした。。。
f0140054_8141922.jpg

f0140054_8152432.jpg

↓松阪方面・・・草の中に途切れる線路(トイフォト適用)
f0140054_8145247.jpg

↓JR代行バスが人待ちをしていましたが、誰も乗っていませんでした・・・
f0140054_816986.jpg

↓伊勢本街道とJR名松線の説明看板
f0140054_8153565.jpg

↓道の駅多気に貼ってあった伊勢本街道のれん
f0140054_8164081.jpg


この後、伊勢本街道を、仁柿峠の難所を抜けて、伊勢へとクルマを走らせました。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。長閑な田舎の駅の姿でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 05月 24日 |
伊勢本街道を辿り三重県に入りました。いよいよ伊勢の国です。

伊勢湾に注ぐ雲出川の源流地帯で、昔は三重県一志郡美杉村と呼ばれ、ローカル線が走る村として有名でした。
市町村合併の結果、現在の行政区画では三重県津市美杉町となります。

伊勢奥津(いせおきつ)駅は、1935年に開通したJR名松線の終着駅です。

2009年の台風18号による風水害で名松線全線が全面運休となり、松阪~家城間は復旧したものの、家城~伊勢奥津の五つの駅間は現在も運休のままで、バスによる代行運転となっています。家城~伊勢奥津間が廃線になるかどうか、まだ最終決定はされていないようです。

↓草むした線路とプラットホーム・・・
f0140054_21471269.jpg

f0140054_2148783.jpg

↓錆びた線路の終点
f0140054_21474048.jpg

↓蒸気機関車時代の給水塔がまだ残っています。
f0140054_2148481.jpg

f0140054_2148236.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。静かに駅が佇んでいました。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 05月 23日 |
屏風岩でBORGをセッティングして日がな一日野鳥の撮影を楽しみたかったのですが、伊勢まで行かねばなりません。
そこで昼食後、後ろ髪を引かれる思いで屏風岩公苑をあとにしました。

屏風岩公苑での野鳥写真を一枚。
↓真上の枝に止まったコイカルの雄です。
f0140054_2235532.jpg

↓公苑で屏風岩と反対側の南の景色です。
f0140054_2244849.jpg

↓屏風岩公苑から降りて来ると、兜岳(左)と鎧岳(右)が曽爾村の田んぼに映えていました。
f0140054_2244472.jpg

f0140054_2253853.jpg

↓道路前面にそそり立つ鎧岳です。
f0140054_2253728.jpg

西行法師の歌
「葛なる 鎧が岳にきてみれば そよ吹く風の くさずりの音」


兜岳と鎧岳の写真を撮って、曽爾村に別れを告げ、伊勢本街道を三重県に向いました

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。曽爾村の景観を楽しみました。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 05月 22日 |
伊勢本街道は曽爾村を通っています。
そこで、曽爾村の名所である、屏風岩公苑に立ち寄ってみることにしました。

屏風岩公苑へは狭い山岳ルートなのでクルマの運転が怖かったですが、なんとかたどり着きました。

屏風岩は壮大な絶壁で、目の前にすると圧倒的な存在感があります。
近畿では随一の岩壁で、見事としか言いようがありません。

屏風岩に向って駆け上がって行くように深い緑があふれ、「ホーホー」という竹笛を吹くようなツツドリの声、「コンコンコン」と深く響くオオアカゲラのドラミング、「ジャージャー」というカケスの声・・・などが静かな場所にこだまし、景観の雰囲気を高めていました。
ここで昼食にし、ゆっくりと自然の素晴らしさを満喫しました。

それでは、屏風岩の写真を御覧ください。
f0140054_21273917.jpg

↓公苑から高さ200m、長さ1500mにわたる柱状節理の岩壁との説明がありました。
f0140054_21273635.jpg

f0140054_21281647.jpg

f0140054_2128538.jpg

f0140054_21284956.jpg

↓広角ズームを望遠ズームに換えての一枚です。
f0140054_21283994.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。絶景を存分に楽しみました。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 05月 21日 |
来週の火曜日から日曜日まで、ブログの輪写真展 2013 が開催されます。

私も一枚出展させていただいております。

場所は、大阪市北区東天満2丁目10-16にある「MAG南森町アートギャラリー」さんです。

皆様、お近くに来られた際は、ぜひ覗いてみてください。

世話人のhirosiさんからDMデータが送られてきましたので、掲載します。
f0140054_2011089.jpg

f0140054_20103711.jpg

最終日の6月2日お昼12時より、参加者及びその関係者の交流会となっているそうです。


なお、上のDMハガキを御希望の方は、非公開コメントで御住所・御名前をお知らせください。お送りさせていただきます。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。写真展どうぞよろしくお願いします。御覧いただき、ありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon