模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
カテゴリ:ルーマニア( 38 )
|
2011年 09月 16日 |
ルーマニアのトランシルヴァニア地方の深部に、三重の壁に囲まれた、ビエルタン城塞教会があります。
城塞教会は、オスマン帝国の脅威に備えて築かれたもので、世界遺産に指定されています。

その要塞教会の裏手に、中世の世界そのままの田園風景が広がっていました。
時間が止まったように長閑でした。
f0140054_2221546.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4


実は、この連休に、結婚式のメイン撮影を頼まれており、アルバム作成その他のこともあって、4~5日ブログの更新を休ませていただきます。
精神を集中して頑張って撮影してきたいと思います。
また、来週には再開しますので、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。皆さん、しばらく、ごきげんよう。ありがとうございます。 
2011年 09月 01日 |
雨が止みましたので、ドラキュラ城を後にすることにしました。

↓道を下って行くと、ルーマニアの小学生の遠足の集団とすれ違いました。
この城は遠足の定番のようです。日本で言えば、大阪の小学生が、大阪城に行くようなものなのでしょうね。
f0140054_18212872.jpg

↓この城の周辺は、ルーマニアの古民家を移築した公園になっており、古い茅葺の家がありました。日本と似た感じですね。
f0140054_18214617.jpg

↓下に降りると、土産物屋が並んでおり、ドラキュラなどにちなんだものをいろいろ売っていました。私も記念に土産をひとつ選び、ルーマニアの観光業に貢献してきました(笑)
f0140054_1822928.jpg

↓このあたりは酪農が盛んなので、チーズも名物のようです。
f0140054_18222565.jpg

↓ドラキュラワイン。もちろん血の色をした赤ワインです。。。
f0140054_18225338.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4


最後に存分に撮影を楽しんだドラキュラ城を振り返り、望遠で一枚写真を撮りました。
↓さらば、ドラキュラ城!
f0140054_18234248.jpg

OLYMPUS PEN Lite E-PL2 with M.ZUIKO Digital ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。楽しいドラキュラ城への遠足も終了しました。ありがとうございます。 
2011年 08月 31日 |
今日はドラキュラ城の中庭です。

城の中庭から、上を見上げると、城の建物が四方にそびえ、その複雑な構造が見て取れます。
f0140054_17522680.jpg

城の中庭には、井戸があり、敵に囲まれた時にも、水が補給できるようになっていました。現在は、ここにコインを投げ込むと願いが叶うということで、賽銭箱のようになっています。
f0140054_17525464.jpg

城の内部を見学していると、急に天候が変わり雨が降ってきました。
f0140054_175374.jpg

雷鳴が轟き大雨になりました。雨の中庭の同じような写真を何枚も撮りながら、雨が止むのをしばし待ちました。
f0140054_1753555.jpg

f0140054_17541029.jpg

f0140054_17543844.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。雨のドラキュラ城もなかな乙なものです。ありがとうございます。 
2011年 08月 30日 |
今日はドラキュラ城の内装や家具などです。

ここは、ルーマニア王妃マリアが改修したことと、その娘である王女イレアナが最後の城主であったこともあり、穏やで洒落た内装が特徴です。
ルーマニアには豪華絢爛という感じのペレシュ城(後日紹介予定)というのがあるのですが、それに比べるとこのブラン城は、簡素な感じがします。
内部は、ドラキュラの城というより、ルーマニア王室の夏の離宮という感じでした。
f0140054_20135210.jpg

f0140054_20141335.jpg

f0140054_20144635.jpg

f0140054_2015068.jpg

f0140054_20151888.jpg

↓家具も繊細でルーマニアの工芸技術の確かさがうかがえます。王女の写真がありました。
f0140054_20153744.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。素敵な内装でした。ありがとうございます。 
2011年 08月 29日 |
今日はドラキュラ城の照明と階段です。

照明は意外にシンプルで、ここは宮殿ではなく城であることが分かります。
それでもレトロな雰囲気が漂い、ムードを高めています。
f0140054_19481446.jpg

f0140054_19483245.jpg

f0140054_19485860.jpg

階段はところどころ非常に狭く、暗く、重苦しいです。
これは、攻め込んできた敵が、長い槍などを持って通り抜けないように、わざと部分的に狭くしているそうです。

↓私もその狭い階段を登りながら、真っ暗な中で写真を撮ってみましたが、前を登る方がぶれて幽霊のように写ってしまいました(汗)
f0140054_19495225.jpg

f0140054_1950860.jpg

f0140054_19502582.jpg
OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。照明と階段は必ず撮ります(笑)。ありがとうございます。 
2011年 08月 28日 |
ちょっと窓にこだわってみました。

窓は外界との境界で、太陽の光を撮り入れる重要な場所でもあります。

この城には、いろいろな形の窓があり、明暗差が写欲をそそります。
窓に浮かぶ外の景色も、額縁の中の絵のように趣を高めてくれました。
f0140054_1811498.jpg

f0140054_18113761.jpg

f0140054_18115399.jpg

f0140054_1812728.jpg

f0140054_18144035.jpg

f0140054_18123144.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4


今日の大阪は、34度をこえて非常に暑かったです。先日一度涼しくなって安心したら、また暑くなって身体にこたえます。日曜ということで少し撮影に出たのですが、暑さで気分が悪くなり、早々に切り上げて帰ってきました。
予報ではもうすぐ暑い日々は終わるとのことですが、本格的に屋外撮影が出来るのは、来週くらいからでしょうか・・・
うーん、今日は、食欲もなく、ゴーヤサラダくらいしか口に入りませんわ(汗)

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。昨日、総アクセス数が、61万件を突破しました。皆さんの御愛顧のおかげです。ありがとうございます。 
2011年 08月 27日 |
ドラキュラ城とはいうものの、城の内部は、普通の中規模の古城という感じでした。
恐ろしい不気味さを予想された方には、ご期待に添えなくて申し訳ありません(笑)

ここは、オスマン帝国からの侵略に対するため、ドラキュラ公の祖父にあたるワラキア公国のミルチャ老公が所有していた城です。ドラキュラ公ヴラド3世自身は、ここを訪れたことはあるものの、居城とはしていなかったようです。ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』に登場するドラキュラ城のモデルとなったために、世界的に有名になりました。

その後、いろいろ歴史が流れ、、ルーマニア王妃マリアの住居となり、ルーマニアの伝統的な家具などの装飾品で飾られました。マリアの娘である王女イレアナも居住しましたが、王政崩壊と共産主義政権の樹立の中で、国有財産となりました。現在は、所有権はイレアナの子供たちに返還されたそうです。

意外にシンプルな内装です。
f0140054_14101188.jpg

f0140054_148318.jpg

f0140054_1482354.jpg

↓さすが、本物の甲冑は迫力がありました。
f0140054_148543.jpg

↓ファンタジックフォーカスで幻想的に・・
f0140054_14103396.jpg

↓十字軍に参加した際の貴重なキリスト者のマントです。こちらのほうが、怖かったりして・・・(笑)
f0140054_14105091.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。シックで雰囲気のある内部でした。ありがとうございます。
2011年 08月 26日 |
ドラキュラ城のモデルであるブラン城ですが、昨日アートフィルター各種でお見せしたところ、やはりドラマチックトーンが良いという御意見が多かったです。
そこで、昨日と同じ場所から撮った縦位置写真を、ドラマチックトーンを基本に、私自身の好きなライトトーンのテイストを加えて、やや抑え気味の雰囲気で現像し、決定版とします。
f0140054_15283867.jpg

次に、引いた視点からの写真も一枚。
f0140054_205444.jpg

近づいて、別視点からのドラキュラ城の外観です。
f0140054_1529113.jpg

テーマパークではありません、本物の古城です(笑)
f0140054_15313618.jpg

いよいよドラキュラ城の入り口が見えてきました・・・
f0140054_15315237.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。いよいよ中に入ります・・・。ありがとうございます。 
2011年 08月 25日 |
ルーマニア紀行シリーズも、まだまだ継続しております。
しばらくは、ドラキュラ城のモデルとされる、ルーマニアのブラン城をおおくりします。

ブラン城は、トランシルヴァニアのブラショフ県南部の山中にあり、ルーマニアを代表する観光地です。
ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』に登場するドラキュラ城のモデルです。
ただし、史実では、ドラキュラ公ヴラド3世が住んだわけではなく訪問しただけで、ここを居城としていたのは彼の祖父であるミルチャ老公だそうです。


ところで、実は、本日、オリンパスの純正現像ソフトOLYMPUS Viewer2が、アップデートされました。
その中身は、PEN以降のカメラで、RAW現像時に適用する「あとからアートフィルター」の範囲が大幅に広まったことです。
「あとからアートフィルター」の拡大については、私は 以前から要望してしていました が、全部とはいかないものの拡大されたことは嬉しく思います。(将来的には、現像時のアートフィルターについて機種依存は、完全にはずしてほしいものです。)

ということで、さっそく更新して使ってみました。
ドラマチックトーンのフレーム効果なんかは、ドラキュラ城にピッタリだと思いつきましたので、E-5でRAW撮影したデータに新効果などを適用してみることにしました。

皆さんどれがお好みでしょうか? ぜひ御意見をお聞かせください。

↓まずは、ノーマル現像(アートフィルター不使用)
f0140054_15511437.jpg

↓ライトトーン適用
f0140054_15514486.jpg

以下、今日からE-5で使えるようになった新効果をプラスしています。

↓ドラマチックトーン+フレーム効果
f0140054_15581117.jpg

↓トイフォト+フレーム効果
f0140054_15583167.jpg

↓ポップアート・タイプ1+フレーム効果+ピンホール効果
f0140054_15584988.jpg

↓ラフモノクローム・タイプ2+フレーム効果
f0140054_1559848.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。アートフィルターの楽しみが増えましたね。ありがとうございます。 
2011年 06月 26日 |
明日から国内放浪旅にでようかと画策していますので、ブラショフ旧市街のスナップは今回で最終回になります。
アトランダムに一挙7枚を載せてみますが、お好きなものがありましたらコメントでもいただければ嬉しいです。
f0140054_732443.jpg

f0140054_733114.jpg

f0140054_7334125.jpg

f0140054_734204.jpg

f0140054_7344289.jpg

f0140054_73537.jpg

f0140054_7352725.jpg

なお、ブラショフ郊外のスナップは、別にいろいろありますので、また機会を見てアップしたいと思います。

余談ですが、昨日の「世界ふしぎ発見」というTVで、ルーマニアの田舎が紹介され、郷土料理であるママリガやロールキャベツの作り方もありました。実際に食べたものばかりでしたので、非常に懐かしく感じました(笑)・・・田舎料理も良いものです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ルーマニアは好きな国になりました。ムルツメスク。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon