模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
カテゴリ:フランス( 37 )
|
2019年 07月 01日 |

ピレネーの自然シリーズ、山岳・野鳥ときましたので、今回は「蝶」を紹介します。

ピレネーの6月は花が多いので、蝶もたくさん飛んでいました。中でも、撮影して嬉しかったのは、キベリタテハ(学名:Nymphalis antiopa)です。

f0140054_08013617.jpg
f0140054_08014096.jpg
キベリタテハは、ヨーロッパから日本まで、北半球の冷涼な地域に分布する蝶です。日本の長野県~岐阜県では、亜高山帯より高いところに分布する蝶の一つで、若き日に山や高原に登って追いかけまわした思い出があります。東北地方から北海道では低山でも見られ、冷涼な気候を好む北方系の蝶として知られています。

アジアの東の果てに浮かぶ島国:日本から来た蝶好きの旅人が、ユーラシア大陸の西の果てのピレネー山脈の中で、美しい蝶キベリタテハに再会するとは、なんとも感慨深いものがあります・・・・

f0140054_08024601.jpg
f0140054_08025081.jpg

厳密に言うと、当然のことながら同じキベリタテハであっても日本のものとヨーロッパのものでは亜種が違います。
キベリタテハのヨーロッパ亜種は、俗称 Camberwell Beauty と言い、やはり美しい蝶のひとつとして評価されています。

f0140054_08032259.jpg

撮影した個体は、少し翅が痛んでいます。これは、成虫越冬し一年近く生きてきた個体だからです。苦労して生きてきたんだね、キベリタテハ君!

キベリタテハは、越冬した成虫が、晩春から初夏に繁殖し、成虫は8~9月頃にやっと発生します。つまり6月くらいに見られるキベリタテハの成虫はすべて冬を越して生きてきたものばかりです。

高山や北の大地という冬が長く非常に厳しい場所で、成虫越冬するとは・・・何か月も雪で埋もれるような環境に耐えるとは・・・どのように過ごしたのだろうか?

f0140054_08032634.jpg
f0140054_16432446.jpg
キベリタテハの幼虫は、ダケカンバやシラカバのカバノキ類を主たる食草としています。日本でもそうですが、ヨーロッパでも亜高山帯や冷涼な山地に多い樹木ですね。ヨーロッパで「バーチ birch」と呼ばれる木の仲間で、成虫を撮影した6月の時点ではキベリタテハの幼虫が必死でバーチの葉を食べているところでしょう。


飽きずに観察していると、日本のキベリタテハと、ピレネーのキベリタテハの違いも分かってきました。
ピレネーのキベリタテハは日本の亜種よりは、やや色合いが薄く、特に青い斑紋が地味なように思えました。キベリタテハという名のゆえんである、黄色の縁も白っぽく裏側から見ると透き通った感じです。

生態ですが、日本のキベリタテハは、あまり花で吸蜜せず、樹液や熟した果実・糞などに止まることが多いのですが、ピレネーの亜種は、もっぱら花(マツムシソウ)に止まり吸蜜していました。



ついでに、マツムシソウについても書いておきます。

ピレネーのマツムシソウは、非常にポピュラーな花で、ピレネー山中のどこでも咲いていました。
花が目立ち、上に止まりやすいせいか、多くの昆虫が吸蜜に訪れてくるので、よく撮影しました。

f0140054_08061207.jpg


日本のマツムシソウは夏から秋へかけてよく見かけますが、ピレネーでは6月上旬に満開でした。花期が早いです。
色は、ピンク系から青紫系まで幅がありました。


日本のマツムシソウ(学名:Scabiosa japonica)とは、亜種というより種が違うのです。
ヨーロッパのマツムシソウは、英名は Bachelor's Button バチェラーズボタンすなわち「学士のボタン」、俗名は Pincushion flower ピンクッションフラワー すなわち「(裁縫用の)針山の花」 ということで、なるほどどちらも雰囲気が出ている名前ですね。。。


↓まさに、針山の花ですね。

f0140054_08054839.jpg






LINEトラベルジェイピーの旅行ガイド記事もよろしく!



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



More 写真展のお知らせ  ここをクリックしてください
2019年 06月 21日 |

ピレネーの山岳写真を続けます。

↓フレンチ・ピレネーの最高峰 グラン・ヴィニュマール(3,298m)右端の尖った峰です。

f0140054_09073124.jpg
初級ハイキングで行ける景勝地コーブ湖では、奥にヴィニュマール山塊(Massif-du-Vignemale)が見えます。
なんとも絵のように美しい場所で高山植物も豊富でまるで天国のよう。登山家でなくとも、スニーカーでも行けるので、誰にでもおすすめです。
f0140054_09083056.jpg
私の行ったときは6月上旬でしたので、人も少なくとても快適でした。夏のバカンス・シーズンは混むようです。


さて、山好きとしては、せっかくここまで来たのでフレンチ・ピレネーの最高峰を望みたいところ。
コーブ湖の正面では、下の写真のようにヴィニュマール山塊は見えるものの、主峰が見えません。

f0140054_09260495.jpg

そこで、湖畔を少し左側(東側)に登って、主峰が見える場所まで行ってみました。

すると見えました。とんがったグラン・ヴィニュマール!(3,298m)
これは、嬉しかったです。

↓望遠レンズで主峰をアップに

f0140054_09093769.jpg
すごい山ですね。北壁がズバッと切り落ちています。ド泊力! 高度差800mの岩壁!
ちょっと険しすぎるので、登山コースとしては、横のプティ・ヴィニュマール(3,032m)へ登頂するのが一般的だそうです。


↓雪を抱えた左下の渓谷(氷河)も入れてヴィニュマール(Vignemale)連山

f0140054_09102265.jpg
↑山名ですが、中央の台形の山が Pointe Chausenque(3,204m)、その右のピークが Piton carre、そして一番右の切り立った高い峰が主峰のグラン・ヴィニュマールで別名を Pique longue と言います。

主峰以外の山もアップで写しましたが、それぞれ素晴らしい山でした。

f0140054_09105807.jpg
f0140054_09110284.jpg
f0140054_13000825.jpg
f0140054_09110709.jpg

↓コーブ湖自身は1725mの標高にある氷河湖です。日本でいえば、大峰山の稲村ヶ岳と同じ標高。信州なら蓼科高原・乗鞍高原といったところでしょうか。上高地(1500m)より少し高い場所になります。

f0140054_09133211.jpg
↑したがって高山病の心配もなく、高さに弱い人でも問題なく景観を楽しめます。
 

↓湖畔の枯れ木がオブジェのように・・・

f0140054_09140101.jpg
↓湖畔に咲くヒメリュウキンカの群生(高山植物については整理がついてからまたいずれ)

f0140054_09142450.jpg

↓周辺の山も写しました。

f0140054_09145471.jpg
f0140054_09145914.jpg
↑有名な山ではないそうですが、周辺の山も素晴らしい。日本に持ってくれば名山として人気が出そうです。



ピレネーについて一言

ピレネーは日本アルプスより高く大きく見事な山が非常に多いのですが、スイスのアルプスと比べると低いので、アルピニストにはやや人気がありません。マッターホルンやユングフラウやアイガー といった大スターにまず会いに行きたいわけです。
でもスイスアルプスを見たら、次にはピレネーが良いと思います。

最近は、為替の関係で、外国人からするとスイスは非常に物価が高く感じます。その点、スペインやアンドラなどは物価が安く、フレンチ・ピレネーでもスイスより過ごしやすいです。

スイスアルプスについて日本語で書かれた本は、たくさんありますが、ピレネーの自然について書かれた本は、まったくありません。つまり、ピレネーは日本人にとって穴場なのです。

のんびりした長期滞在からラッシュアタックの登山まで、高山植物や野鳥観察・地質探勝・山岳写真・聖地巡礼・ロマネスク教会・山村風景などなど・・・各人の体力や興味に応じた様々な過ごし方が可能です。ピレネーはとても懐が深く、その割に気楽に行けます。
スイスほど人が多くなく、ひなびた感じもあり、大自然の中でゆっくりとした時間を楽しめるのです。


そうしたことから、ピレネーの自然と歴史探勝の旅を強くおすすめする次第です。




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


2019年 06月 17日 |

LINEトラベルジェイピーの旅行ガイドで、私の「チュニジア随一の聖都カイルアン 史跡ホテルとメディナを満喫! 」という記事が公開されました。
チュニジア随一の聖なる古都で史跡ホテルの紹介もありますので、ぜひ↓お読みください。






さて、今日のメインブログ記事は、フレンチ・ピレネーの山の超望遠レンズによる写真をお送りします。
これは、最初に今回の旅で撮影した主な山岳の名前を確認し、続いて野鳥の名前を同定し、次に高山植物の花の名前を判明させるという順番で大量に撮影した写真を整理しつつあるからです。


まずは、ピレネー=アトランティック県にあるPau(ポー)の街のピレネー通りから見たピック・デュ・ミディ・ドソーの遠望写真です。

f0140054_23562746.jpg
↑ピック・デュ・ミディ・ドソー(ドッソとも言う)、フレンチ西ピレネーを代表する山です(Pic du Midi D`Ossau 2885m)。北側55kmも離れたポーからでもその特徴的な形状を見ることができます。山姿が魁偉で、遠方からでも容易に識別できますね。

なんとか晴れてピック・デュ・ミディ・ドソーを撮影できたので嬉しかったです。
ただ、ここからのピレネー山脈はやはりまだ遠いですね・・・


↓引いて撮ったピレネー山脈の一部(ピック・デュ・ミディ・ドソーに少し雲がかかっています)

f0140054_23572048.jpg
このピック・デュ・ミディ・ドソーと間違えられやすいのが、ピック・デュ・ミディ・ド・ビゴールです。このビゴールのほうが有名で、一般的には、ピック・デュ・ミディというと、こちらを指します(Pic du Midi de Bigorre 2877m)。

それは、こちらには天文台や多くの人が訪れる展望台があるからです。フランスのオート=ピレネー県にあります。
このピック・デュ・ミディまで来るとピレネーの山々は近く、素晴らしい景観が広がっていました。


ちなみに、フランス語で Pic は鋭く尖った山(尖峰)・頂点のことを意味しますので山名として多用されます。


では、その有名なほうのピック・デュ・ミディ山頂にある展望台から超望遠レンズで撮影した「ローランの裂け目」

f0140054_00000515.jpg
↑「ローランの裂け目(Breach de Roland)」とは、フランスとスペインの国境のシルクと呼ばれる山岳稜線にある世にも不思議な地形で、ピレネー山脈を踏破する登山家の人気のスポットです。
2807mの峠で、幅約100m・高さ約60mが垂直に切り立ち稜線が裂けており、ピレネー山脈に開いた窓のようです。


これを撮影するのが旅の目的の一つだったので、達成できて感激しました。
わざわざ小型超望遠レンズを持ってきた甲斐がありました(笑)


この撮影は、超望遠ズームレンズ75-300mmの望遠端で、マイクロフォーサーズのレンズですから換算600mmで、さらにデジタルテレコンで1200mmで、さらにトリミングしていますので換算約1900mm相当です。


遠方を目いっぱい拡大していますので、いささかのっぺりとなり、雪部分の諧調が失われていますが、2000mm近い手持ち撮影なのに手振れ無く、ここまで撮影できれば私的には満足です。


↓この望遠レンズのワイド側で撮ったローランの裂け目(写真の真ん中)。約300m相当になります、普通の望遠レンズならこういう感じです。これでも肉眼よりはずいぶん拡大してローランの裂け目が写っています。

f0140054_00010871.jpg
↑写真の左側、ローランの裂け目に続くミルフィーユのような地層の稜線の上に乗った帽子のような山が、La Tour峰(3009m) です。


↓また、ガヴァルニー渓谷に向かったバスの中から撮影した「ローランの裂け目」もご覧ください。下側の谷から見る裂け目ですね・・・上の写真で真っ白な雪が光っている手前の斜面が、下の写真では裂け目のすぐ下右に写っています。

f0140054_00013800.jpg
↑バスの運転手さんが、わざわざこのローランの裂け目が見える谷間の場所でストップしてくれました。ガヴァルニー渓谷まで行ってしまうとローランの裂け目が見えなくなるからという運転手さんの気遣い・・・感謝感謝です。
ちなみに反対側を見ると民宿のような宿があり、ローランの裂け目(Breach de Roland)という名前でした。なるほど。



以上の写真の撮影機材は
オリンパス OM-D EM-5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
で、長年愛用している旅用小型撮影機材です。サブシステムとして、手軽な海外旅行での遠景山岳や野鳥の撮影には、このコンビが一番です(後日、野鳥の作品もアップする予定ですのでお楽しみに!)。




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


2019年 06月 11日 |
ピレネー・ハイキングをはじめると、幸い天候が回復し、美しい山々と湖を満喫しました。
花も多くピレネーの自然は素晴らしかったです。
f0140054_16551438.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


2019年 06月 07日 |
現在、聖地ルルドに滞在中です。肝心のピレネーに入ってから、あまり天気が良くありません。
でも、とても元気で旅を楽しんでいます。
f0140054_10034749.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


2014年 12月 06日 |
無事、ヨーロッパから帰国しました。
いろいろありましたが、とても楽しい旅でした。

まだ、写真の整理が全くできていないので、今日は一枚だけアップします。

↓「霧の恋人たち」
f0140054_10481249.jpg


今回の旅は、ドーハ経由でまずフランスに行き数日過ごした後、ベルギーに長めに8日間ほど滞在し、最後にオランダで数日過ごして、またドーハ経由で帰るという形になりました。

旅の中心はベルギーでしたので、今後「フランドル紀行」という新シリーズをはじめる予定です。


また、12月12日(金)より一週間、オリンパスプラザ大阪で、「第4回 グループ温故斬新 写真展」を実施します。
これからその写真展の準備にかかりますので、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチしていただければ幸いです。御覧いただき、ありがとうございます。
2010年 11月 02日 |
オルセーには、モネの作品が88点も収蔵されています。
モネの作品はどれも好きなのですが、全てを紹介することは出来ませんので、特に私のお気に入りの作品をアップします。今日は、モネが、人工的な被写体を描いたものです。

数あるモネの作品の中でも、特に印象的なのは、「ルーアン大聖堂」の連作シリーズです。本当に印象派らしい見事な作品ですね。

モネは、創作のためルーアン大聖堂の前に面した部屋に一時的に入居し、大聖堂を描き続けました。
最終的には、このルーアン大聖堂のシリーズは、30点も描いたそうです。

鮮明でないように思われるかもしれませんが、今回のモネの絵自体が、もやっとしているのです(笑)

『ルーアン大聖堂 陽光、青と金のハーモニー』(La cathedrale de Rouen. plein soleil,Harmonie blrue et or)
f0140054_19414654.jpg

『ルーアン大聖堂 曇天、灰色のハーモニー』(La cathedrale de Rouen. temps gris,Harmonie gris)
f0140054_1942147.jpg

『サン・ラザール駅』(La gare Saint-Lazare)印象派展に出品され、話題を呼んだ作品です。
f0140054_19424038.jpg

『アパートの隅』(Un coin d'appartement)モネには珍しく室内を描いた作品ですが、とても素敵だと思います。
f0140054_19433099.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。光と影ですね。メルシーボク。
2010年 10月 23日 |
↓『地獄の門』(「考える人」を含む。) 石膏 

オルセーにある『地獄の門』は、ロダンのオリジナル石膏原型です。
ブロンズ彫刻は石膏原型から鋳型を取りブロンズに鋳造するため、複製が可能です。東京国立西洋美術館にもブロンズの『地獄の門』があります。
f0140054_18275158.jpg

↑ 中央上方に見える、有名な「考える人」は、この『地獄の門』の中のものが本来めざされた完成作ですが、ロダンは『地獄の門』から気に入った像を、単体にして独立した作品にもしました。
そこで「考える人」の拡大像や縮小像も作られ、世界中に「考える人」が存在することになりました。

この『地獄の門』は、新しい装飾美術館のため国からロダンが製作依頼を受けて取り掛かったものです。現在、オルセー美術館がある場所が装飾美術館に予定されていたのですが、結局その計画は頓挫し、ロダン自身も創作に時間がかかり、終生手元に置いたものの未完に終わりました。

ダンテ「神曲 地獄篇」からテーマを取り作られはじめたこの大作は、その後、ボードレール文学の影響も受け、200体もの大小の人物がひしめき合うものとなりました。ロダンにとって、『地獄の門』は、彫刻創造の坩堝、実験場であったようです。


↓『バルザック』 石膏
f0140054_18282694.jpg

フランス文芸家協会から依頼された文豪バルザックの記念像を、ロダンは苦労して七年もの歳月をかけ、最後の大作として完成させました。ロダンはこの作品を完成するために、日本の達磨の陶器立像も研究したそうです。

しかし、この彫刻は非常に評判が悪く、世間から失敗作と酷評され、文芸家協会はバルザックの名誉を損なうとの理由で引き取りを拒否しました。当時のスキャンダルであるドレフィス事件にも重なっていたため、ロダンはこの作品を自邸に持ち帰りました。

ロダンは、このバルザック像を「私の生涯の帰結であり、美学の根本だ」と語りました。
ロダンの死から19年後、再評価され、パリ市民の募金によりブロンズに鋳造され、モンパルナスの中心に、このバルザック像が設置されました。台座には、「バルザックに捧ぐ、ロダンに捧ぐ」とあります。

今は、このバルザック像は、「最初の近代彫刻」と呼ばれています。ブロンズ像は、「ロダン美術館」にもあります。
日本では、箱根の「彫刻の森美術館」にあります。engel777engelさん から情報をいただきました。ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ロダンの彫刻は、すごい迫力ですね。メルシーボク。
2010年 10月 22日 |
好評につき、今日も、モネをアップします。

モネにとって、一瞬のうちに捉えた空気と光を捉えることが重要でした。
太陽の光が織りなす美の中で、千変する瞬間的な風景の様相を、絵の中に印象的に再現することをめざしました。
まさにモネは、大地と空気の画家でした。

以下、どれも名作です。

『外光における人物の試み、左向きの日傘の女』
f0140054_18155194.jpg

『外光における人物の試み、右向きの日傘の女』
f0140054_18162831.jpg

『積み藁、夏の終わり』
f0140054_1817870.jpg

『ひなげし』
f0140054_18174014.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。モネは大好きな画家です。メルシーボク。
2010年 10月 21日 |
オルセーで無意識に撮影していると、モネの作品ばかり撮っている自分に気づきます。
やはり、モネの作品は一番印象派らしく、しかも上質で癒されるからでしょう。

特に睡蓮の絵は、そのモデルになったジヴェルニーまで行って現場を見てきたので、親しみが湧き、大好きです。
そこで、今日はその睡蓮の絵を中心に載せてみます。

『睡蓮の池、緑のハーモニー』
f0140054_18253399.jpg

『睡蓮の池、バラ色のハーモニー』
f0140054_18261100.jpg

『青い睡蓮』
f0140054_18263329.jpg

『ジヴェルニーの画家の庭』
f0140054_182707.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。約一ヶ月ぶりに2位に落ちました。1位という重圧から解放されましたが・・(笑)。メルシーボク。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon