模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
2018年 10月 31日 ( 1 )
|
2018年 10月 31日 |

皆様、お元気お過ごしでしょうか。
私は、無事、旅から帰還しました。少し前に帰国していましたが、バタバタしており、ブログ更新は今日になりました。

まずは、旅のひとつの目的であったレッドビーチ(紅海灘風景区)の写真の前編をおおくりします。


もう枯れているかと心配したレッドビーチですが、やや色が暗赤色になってはいましたが、幸いにも、まだ赤が十分に残っており目的の写真を撮ることができました。

年によって状況が異なるようですが、今年は10月の上旬が盛期だったようです。当初の予定の9月上旬なら、全く赤くなっていなかったとのこと。
関空被災で一ケ月以上遅れた訪問も、結果的には良かったかも知れません。


↓レッドビーチと石油掘削櫓

f0140054_08162868.jpg

↓鑑賞ポイントの遊歩道

f0140054_08164791.jpg

↑入場料が必要ですが、園内はバスで道路に沿って五か所ある鑑賞ポイントに行くことができます。園内でも総長18kmの赤色の浅瀬が続き、各ポイントでは写真のように遊歩道が整備されており、沖のほうまで見に行けるようになっています。

f0140054_08173068.jpg

このレッドビーチ(紅海灘風景区)は、遼河デルタに広がる大湿地帯。世界最大級で、100平方km超の広さ(東京ドーム約2,000個分!)。
そのスケールの大きさは、日本では考えられないものです。

f0140054_08180963.jpg
f0140054_08184045.jpg

↓ドラゴンのオブジェが・・・

f0140054_08190030.jpg
f0140054_08192419.jpg
↓アップで
f0140054_08195362.jpg

↑赤い大地の正体であるマツナは、アカザ科の一年草で、秋9月~10月に深紅に染まります。近くで見ると葉がぷっくりと膨らんで赤く染まっているのが分かります。

日本の北海道に分布するアツケシソウ(サンゴ草)もアカザ科の植物で近い種類ですが、中国のレッドビーチのほうが色も大きさも圧倒的に凄いですね。

f0140054_08201386.jpg

↓反対側に広がる稲田アート地帯

f0140054_08203367.jpg
レッドビーチは真っ直ぐな道路の海側に広がっているわけですが、陸側は淡水化された中国随一の水田地帯で、秋には黄金色の稲穂がたわわに実ります。田園楽土区とされる場所では、観光客を楽しませるため、稲田アートも作られています。いわば、レッドビーチと対照的なゴールデンビーチがあるわけです。


↓奥のほうまで、遊歩道がありますので、これも楽しめます。

f0140054_08205431.jpg
確かにまっ平で、広大な湿地帯ですから、稲作には最適でしょうね。当然、このあたりは中国随一のコメの産地になっています。


↓ということで 銘柄米「盤錦大米 天満」が売られていました。

f0140054_08211352.jpg







↓LINEトラベルJPの記事もよろしく!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。



PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon