模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
2018年 05月 16日 ( 1 )
|
2018年 05月 16日 |

Travel.jpの旅行ガイドとして、私の「驚きのマルタ国立考古学博物館で世界最古の巨石文明の謎に迫る!」という記事が掲載されましたのでお知らせします。
世界最古の巨石文明の遺跡から発掘された本物の出土品が見られる考古学博物館を紹介したものです。ぜひ、ご覧ください。





本ブログでも、「たびねす」とタイアップして、マルタ国立考古学博物館をより詳しく紹介します。


マルタはリゾートと騎士団の城塞都市観光が人気ですが、実は先史時代の圧倒的な巨石神殿が素晴らしく、世界遺産として尽きせぬ魅力があります。その神殿出土品の実物展示があるのが首都バレッタにあるマルタ国立考古学博物館です。


マルタ国立考古学博物館があるのは、首都バレッタの中心にあるレバブリック通り。古く歴史を感じさせる建物に、印象的な Archaeology という幟が下がっているのが目印です。

f0140054_08114791.jpg

決して大きなミュージアムではないですが、中は意外にも多くの展示物が並んでいます。遺跡現場ではレプリカが多いのですが、この博物館にあるのは全て本物。入場料も決して高くありませんので、気軽に訪れることができます。


ここは聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)のプロヴァンス出身者の宿舎であったオーベルジュ・ド・プロヴァンスという建物を博物館として改装したものです。とはいえ、騎士の館の雰囲気は残しており、入場すると一階玄関屋根の美しいフレスコ画が迎えてくれます。


↓一階玄関天井のフレスコ画

f0140054_08130313.jpg

f0140054_08131550.jpg

二階廊下と二階中央の大広間は展示室として使われず騎士団時代の装飾がそのまま残されており 華麗なものです。

↓大広間

f0140054_08142082.jpg
f0140054_08142498.jpg
f0140054_08142871.jpg

一階は魅力の巨石文化時代の展示コーナー!

f0140054_08153241.jpg

↓巨石の各パーツで重要なものが展示されています。

f0140054_08160047.jpg
f0140054_08155343.jpg
f0140054_08155667.jpg

↓巨石を運んだと思われる丸い石

f0140054_08163650.jpg
巨石神殿は巨大な石を積み上げてクローバー型に部屋が配置された不思議な構造をしています。どのような目的でこのような神殿が造られたのか謎は深まるばかりです。

↓巨石神殿の構造模型(ジュガンティーヤ神殿)

f0140054_08170416.jpg
↓参考にジュガンティーヤ神殿の現地で撮った写真も載せておきます。

f0140054_08174036.jpg
マルタには、イムナイドラ、ハジャーイム、ジュガンティーヤ、タルシーン、ハイポジュームなどの巨石神殿があり、「マルタの巨石神殿群」として世界遺産に登録されています。

これらの現場に行くと、巨石文化巨大なスケールを感じることができます。ただし、現地の出土物等はレプリカが置いてあり、本物はこの考古学博物館でないと見ることができません。


マルタの巨石神殿で最古のものはゴゾ島のジュガンティーヤ神殿で紀元前3600年前(今から約5600年前)に築かれました。これはエジプトの大ピラミッドより1000年ほど古く驚異的な建造物。考古学博物館でもこのことを示したパネルがあり、世界最古の巨石文明であることが強調されています。

f0140054_08180827.jpg

とにかく、エジプトのピラミッドより遥か昔に、このような巨石文明が栄えたことは驚異的です。トータルするとマルタには巨石神殿が30カ所以上残されており、なぜこの小さな島にこんな神殿が多いのか、まさに大きな謎です。世界最古の宗教遺跡群ともいえ、ひょっとして、地中海を広範囲に支配していた宗教的文明の中心地であったのかも知れません。




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon