模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
2018年 04月 12日 ( 1 )
|
2018年 04月 12日 |

今の時期は、イベントや行事が多く、取材依頼の仕事で、いろいろ狩りだされて忙しくています。

そうしたもののひとつですが、先日、新しい桜の品種「与謝野晶子」の開花イベントの取材がありましたので、そこからお伝えします。


平成30年2月20日付けで(公財)日本花の会より「与謝野晶子」として品種認定されたそうです。

公開された木は、まだ小さい幼木ですが、花を精一杯咲かせて、けなげな雰囲気でした。

↓公開された幼木

f0140054_08461588.jpg

花色が濃く、繊細な雰囲気なので、アップで撮るとまた魅力的です。

↓以下四枚、アップで撮影した晶子桜

f0140054_08472837.jpg
f0140054_08475225.jpg
f0140054_08481950.jpg
f0140054_08483726.jpg

↓晶子桜の説明

f0140054_08502714.jpg

この晶子桜は、品種としては、大島桜や河津桜をかけ合わせてつくられたもののようで、早咲き品種で、ソメイヨシノよりは一週間ばかり早く咲くそうです。ただし、今年はソメイヨシノの開花が早く、晶子桜のほうがやや早い程度で、ほとんど同時に満開を迎えていました。


↓大仙公園の晶子の歌碑の横にも晶子桜が植えられていました。

f0140054_08520937.jpg

↑右側に1本、左側に2本植えられています。まだ、両脇で小さいので目立ちませんが、これからここで大きくなっていくのが楽しみですね。


 花の名は一年草もある故に忘れず星は忘れやすかり

この歌碑は、季節に応じて花が植え替えられています。以前の様子も二枚ご覧ください。

↓(1)

f0140054_08524746.jpg

↓(2)

f0140054_08531087.jpg

↓図書館前の有名な歌碑
f0140054_08533445.jpg

↑有名な歌碑の左側横にも植えられていました。右側から歌碑を覆うように茂っているのが大島桜で、左横の小木が晶子桜です。
これも、今後どのように大きくなるか楽しみなので、これからも見守っていきたいと思います。

 堺の津南蛮船の行き交へば春秋いかに入りまじりけむ

↓左側から斜めに撮影 晶子桜はまだ小さくて可愛いですね。

f0140054_08541650.jpg

↓歌碑のアップ

f0140054_08543728.jpg

↓与謝野晶子の桜の歌といえば、この桜月夜の作品ですね。堺市の山之口商店街のアーケードで撮影しました。
f0140054_11325549.jpg







なお、与謝野晶子のふるさと堺市での歌碑巡りについては、私の書いた以下の二本の旅行ガイド記事をご覧いただければ幸いです。







にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon