模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
2017年 11月 26日 ( 1 )
|
2017年 11月 26日 |

今日は、前回から引き続いて、モザイクを中心として掲載します。


ヴィーナスの家の横から少し上ると、大きな道へ出ます。これがメインストリートのデクマヌス・マクシムス通り。中央の敷石の下には下水道が完備されていました。

f0140054_09202476.jpg
↑この大通りの北東方面を広角側で撮影したもので、遠く一番奥に小さく見えるアーチが北出口であるタンジェ門です。


↓タンジェ門を望遠でアップ

f0140054_09205518.jpg

↑タンジェ門は両脇に小さな門のついた設えであることが分かります。三連のアーチ門ですね。


↓タンジェ門と反対側の南側を撮影。遠くに見える突き当りが「カラカラ帝の凱旋門」です。

f0140054_09214469.jpg
このデクマヌス・マクシムス通りの両側には豪邸が立ち並んでおり、中庭には多くの見事なモザイクが残されていますので、ゆっくり左右の遺跡を見学しながら、南西側に下っていきます。


ヴィーナスの家から上がったところにある、ひときわ大きな屋敷跡は、ゴルディアヌスの宮殿と呼ばれています。

f0140054_09224169.jpg
↓ゴルディアヌスの標識

f0140054_09230422.jpg
↓屋敷跡には頑丈な石床だけが残っています。

f0140054_09233055.jpg
↓列柱のひとつ

f0140054_09235315.jpg
↓高さ150cmくらいのところに空いた穴。馬をつなぐ仕組みですね。

f0140054_09241380.jpg
↓ゴルディアヌスの近くに、動物がたくさん描かれたモザイク床を見つけました。私はここが気に入り写真を撮りまくりです。

f0140054_09243860.jpg
↓豹(パンサー)のモザイク

f0140054_09250282.jpg
↓虎のモザイク

f0140054_09253243.jpg
↓ライオンのモザイク。獲物を捕らえています。

f0140054_09255310.jpg
↓ハートと結び輪のモザイク・・・これもなかなか良いですね。

f0140054_09262004.jpg
↓ゴルディアヌスから少し南に下った邸宅。ここは中央部分の痛みが激しく詳しくは判別出来ませんでした。

f0140054_09272617.jpg

↓美しい女性のモザイク

f0140054_09312098.jpg

↓さらに進むと、ディオニソスと四季の家があります。ここには、ディオニソス(バッカス)とニンフのモザイクがあり、保存状態の良さに驚かされます。

f0140054_09321991.jpg

↓ここには、丸い枠の中に春夏秋冬の四季の擬人像もあります。写真の「秋の像」が頭につけているのはブドウの葉で、アップに撮影してみると、さらにモザイクの美しさが分かります。

f0140054_09324665.jpg


f0140054_09331393.jpg
ヘラクレス功業の家も有名です。ゼウスの子ヘラクレスは、アポローンの神託により十二の功業を行いましたが、その様子がメダリオン(円枠)にモザイクで残されています。

f0140054_09345401.jpg
↓写真は、ヘラクレス功業の家にあるメデューサの顔のモザイクです。

f0140054_09351428.jpg

まだまだ、モザイクはありますが、ブログの一記事としては、あまりにも長くなりましたので、ここでいったん打ち切ります。モザイクについては、また機会を見ていずれ。



↓ヴォルビリス遺跡(中編)のオマケ「遺跡、クロジョウビタキ飛ぶ!」

f0140054_09354382.jpg


<たびねす記事もよろしくお願いします>



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon