模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
500mmミラーレンズの思い出
2008年 02月 03日 |
昔、銀塩カメラを使っていた時代、タムロンから500mmミラーレンズというのが出ていました。
反射望遠というやつで、小型で色収差の少ない500mmの世界が楽しめました。
ただ欠点は、露出がF8固定であることと、ボケがリング状になることでした。
したがって常用はしませんでしたが、時に面白い写真が撮れました。

欠点とされたリングボケを逆に生かした、思い出の写真をアップしてみます。
カタバミの花です。
f0140054_13215411.jpg

野生の菊と海の景色です。
f0140054_13221173.jpg
f0140054_1322412.jpg

今はもう手元にありませんが、個性の強い思い出のレンズです。
現在はケンコーから似たレンズが出ているようですね。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。現在2位です。いつも、ご協力いただき、ありがとうございます。
by mokonotabibito | 2008-02-03 13:23 | 日常 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/7399571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kujirax1 at 2008-02-03 20:54
おぉ、こういう世界観なんですか、ミラーレンズ。こういうレンズと今回のファームで・・・はっ、いけないいけない。
こういうちょっと幻想的な世界は好きですね。
Commented by tear_drop_0617 at 2008-02-03 21:46
こんばんは♪
ちんぷんかんぷんですが・・・(>▽<;;
面白いアイテムがいろいろあるんですね~~
創作写真とでもいうのかしら。
ぽち♪
Commented by maribell1225 at 2008-02-03 22:54
見た瞬間なんて綺麗なレンズがあったんだと感動しました。
mokonotabibitoさんも色々なレンズを試していたのですね。
このレンズは今はレフレックスレンズですね。
今もあるようですが特殊なレンズなので一般では使いませんよね。
今日も昔の素敵な写真にカンパーイポチ。
ついでに昨日のカタールの写真にもポチ。
オーストリアのブログ楽しみにしています。
(姪っ子の写真を見ましたが、mokonotabibitoさんと違い建物の前で記念写真がほとんどでした)
Commented by maribell1225 at 2008-02-03 23:34
mokonotabibitoさんごめんなさい。
他のブロガーさんに送ったときに、誤って開いたらこんな変なコメントがポチしたら前に付いてくるのです。
どうやって消したらいいのか教えてください。

Commented by 100-400IS at 2008-02-03 23:37
こんにちは。
ミラーレンズですか。
ボケをとても上手に利用されていますね。

私もフイルムMFカメラを使っているときに、
友人から借り手、数回使ったことがあります。
このボケは独特でしたね。(^^ゞ
私は上手く利用できませんでしたので、あまり良い印象は・・・ありません。
500mmがこれだけ小さく軽い、と言うほうが利点でした。
ポチっと。
Commented by らちあに at 2008-02-04 02:00 x
我が家にはNikonの1000mmF11という超ド級レンズが有ります。フィルム時代は本当に「使えない」レンズでした。
でも、高感度が常用できるデジタルではなにかと日の目を見てます。
そんなレンズも探してみると結構ありますね〜。
フォーサーズは焦点距離2倍になる「アドバンテージ」が有りますから、そんな点を考えてオールドレンズを楽しんでみるのもイイかもですね!
Commented by paposuke at 2008-02-04 02:11
ミラーレンズ、独特の描写ですね。
こういうオールドレンズはデジイチから写真を始めた私は全く知りません。
模糊さんの奥深さを垣間見たような気がします。
これからも勉強させて頂きます。
ポチッと。
Commented by NIMITZ at 2008-02-04 05:43 x
こんにちは。
カメラに詳しくないのでミラーレンズとはどういうものか分かりません。(;><)
なんだか面白いというか、綺麗な写真が撮れますね。
これは模糊さんの腕によるところが大きそうですね。
最後の写真の海のキラキラは、あとで書いたような不思議さがあります。
Commented by imhotep123 at 2008-02-04 08:01
ミラーレンズってこんなボケ味なんですか~勉強になりました。
どんなレンズか気にはなっていたのですが....銀塩カメラの奥深い歴史は楽しいです!!
Commented by saka_hama at 2008-02-04 10:06
おはようございます。
へー、リング状のぼけ、初めて見ました!
写真の中でも、いろいろな世界を旅されてるのですね!
Commented by meteortrain at 2008-02-04 18:23
バタバタしてまして、mokoさんの写真をじっくり鑑賞できなくて(汗
コメント残せなくとも応援しています!

デジタルカメラは撮ったらすぐに見られる良さがありますね。
デジタル対応のレンズは性能的に優等生が望まれると思いますが
くせのあるレンズも使い方次第で新鮮な表現になり得るのですね!
・・・ということは往年のレンズを見つけて使ってみるのも・・・
妄想失礼しました〜(汗
ぽちっ!
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:42
【kujirax1さん】
幻想的ですか。
ありがとうございます。
建物などは線ボケになって汚いのですが、小さな花はリングにボケさせられるので面白かったです。
こういった特殊なレンズも、今回のファームアップで、手ぶれ補正が効くようになって。。。おっとっと。。。また古レンズ沼に引き込まないでくださいよ(笑)
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:43
【tear_drop_0617さん】
創作写真ですか。
ありがとうございます。
表現が良いですね。
洒落たレストランの創作料理みたいです(笑)
こんな写真も、たまにはいかがでしょうか?
ポチ感謝です。
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:45
【フクロウままさん】
>見た瞬間なんて綺麗なレンズがあったんだと感動しました。
ありがとうございます。
そのとおりレフレックス・レンズですね。
ごくたまにしか綺麗に撮れないじゃじゃ馬レンズでしたね。
ポチ感謝です。

それから迷惑コメントは、
Commented by ○○ at 2008-02-03 22:47 x
といったところの右端の x をクリックすれば、自分のブログであれば削除できますよ。
迷惑コメントは、フクロウままさんのせいではないと思います。気にしないでください。
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:45
【100-400ISさん】
さすが100-400ISさんですね。経験おありでしたか。
私も使っていたのですが、結局うまく使いこなせず手放しました。
手ぶれ補正もなく、高感度もない時代は難しかったです。
超望遠を手持ちで使うのは、当時、至難の技でしたね。
ボケが独特で、広がらなかったですね。
ポチ感謝です。
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:46
【らちあにさん】
Nikonの1000mmF11ですか!
ものすごいレンズですね。
手ぶれ補正もなく、高感度もない時代は、難しいレンズだったでしょうね。
なるほど今、時代が変わりましたので、使えるかもしれませんね。
おっしゃるとおりですが、オールドレンズ沼には引き込まないでくださいよ(笑)
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:48
【paposukeさん】
>模糊さんの奥深さを垣間見たような気がします。
ありがとうございます。
古く子どもの頃からカメラをいじっているだけで、大したことはないんですよ(汗。。)
おすすめしにくいレンズですが、たまにはこんな写真もおかがでしょうか。
ポチ感謝です。
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:49
【NIMITZさん】
お褒めいただき、ありがとうございます。
この反射望遠レンズというのは、原理的にはパロマ山天文台とかにあるような、例のあのでかい反射望遠鏡と同じなのですよ。
今は、天文台すばる、かな。。。
小型で超望遠にできるので、天体観測には最適です。
ただ、ボケが悪いので一般写真用レンズとしては普及しなかったですね。
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:53
【imhotep123さん】
面白いレンズでしたが、結局使いこなせませんでした。。。
これはうまく撮れたほうの写真で、普通の背景では線ボケになって汚くなります。
銀塩道まっしぐらのimhotep123なら使いこなせるかもしれません。いかがですか?
スナップには向きませんが(笑)
Commented by mokonotabibito at 2008-02-04 18:58
【meteortrainさん】
お忙しそうですね。
応援有難うございます。
>くせのあるレンズも使い方次第で新鮮な表現になり得るのですね!
そのとおりだと思います。
このレンズは、まさにクセの強いレンズそのものですが、普通のレンズでは表現できない世界を味わえます。
>ということは往年のレンズを見つけて使ってみるのも・・・
うわっつ、それはまさにオールドレンズ沼ではありませんか!!
底なし沼ですよ。。。(笑)
Commented by engel777engel at 2008-02-04 23:32
とても味のある描写ですね。。
背景のボケが抽象化されているようにみえて、独特の雰囲気が出ているように思います。
先だって幕張に出かけた時、友達が一眼二台とレンズ三本携えていましたが、そのうちの一本がたしか500mmのミラーレンズでした。鏡銅が太いわりに長さが短いレンズでしたが。。
試しに撮らせてもらいましたが、ピントあわせに苦労しました。手持ちで、マニュアルフォーカス、ファインダーのぞいているだけで、これはブレているなと思いつつ撮りましたが後でみたら殆どボケボケでしたが、撮っていて楽しいレンズでした。
Commented by mokonotabibito at 2008-02-05 18:26
【engel777engelさん】
好意的な感想をいただき、ありがとうございます。
へえ、ご友人も銀塩の古いレンズを沢山お持ちなのですね。
そうなんです、このレンズは開放も何も露出がF8固定なので、ファインダーが暗くピントあわせが一苦労します。
うまくボケをコントロールできれば面白い写真が撮れるのですが、ほとんどが失敗写真でした。
そのうち使わなくなってしまい、結局、処分しました。
私はコレクターではないので機材は使わなくなると乗り換えてしまいます。でも時々、あのレンズのあの味が懐かしくなります。500mmは、そんなレンズですね。
<< フランス  古き良きパリ(銀塩... PageTop 続・カタール散策  静寂の街と... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon