模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
堺市博物館記事のアップと海外旅のお知らせ
2019年 07月 12日 |
LINEトラベルJPの旅行ガイドで、私の「仁徳天皇陵の目の前!堺市博物館で歴史ロマンを体験しよう!」という記事が公開されました。
百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録に関連した記事の集大成でもありますので、ぜひ↓お読みください。





9月23日までは「百舌鳥古墳群ー巨大墓の時代ー」という特別展を実施中です。世界遺産登録により仁徳天皇陵に来られる方は多いでしょう。せっかくの機会ですので、ぜひ博物館も訪問してください。


ブログでは上記のLINEトラベルJP記事に載せられなかった博物館の写真を紹介することにします。

↓堺市博物館
f0140054_08192095.jpg
f0140054_08192427.jpg
↓博物館の展示コース案内図
f0140054_08311297.jpg
↓博物館の観覧券
f0140054_08213941.jpg
この地図は「オルテリウスの日本地図」と言われるもので、16世紀ヨーロッパ人の日本に対する知識を表しています。

↓博物館に展示されている地図中央部 Sacay=堺 は中央に書かれていますが、大阪はありません。
f0140054_08272519.jpg
 
↓百舌鳥古墳群の航空写真大パネル クリックすると拡大します
f0140054_08290966.jpg
↓おなじみの百舌鳥・古市古墳群の編年図
f0140054_08330174.jpg
↓中世堺のコーナー 鉄砲展示など
f0140054_08344086.jpg
↓近代堺 堺県の図
f0140054_08365948.jpg
↓堺県の話
f0140054_08380455.jpg
つまり、天領だった堺は慶応年間に堺県となり、地域を広げて現在の奈良県を含む大きな県となったわけです。やがて地域が小さく財政力がなかった大阪府を補強するため、堺は県治14年で廃県となり、大阪府へ編入されてしまいます。

大和川水系というのは、古代より繋がっており、一体感がありましたので、堺県という発想は、あながち不自然ではありません。竹内街道の世界ですね・・・
堺県時代に、堺で幼少期を過ごした偉人に、河口慧海や与謝野晶子がいます。偉大な人々を生む素地のある文化的地域だったと思います。


さて、堺県の話のついでに、古墳関連の余談をひとつ

堺県令(知事)を約10年間も務めたのは、維新の功労者である税所篤(さいしょあつし)で、能吏として評判も高く、文化財への造詣も深かったのです。堺燈台や浜寺公園、奈良公園、県師範学校・医学校・病院・女紅場(女学校のことで与謝野晶子が通った)などをつくり、伝統文化の保護育成行政に携わり、西郷隆盛、大久保利通と共に薩南の三傑と評され、子爵を授けられています。

税所篤個人は、文化的な素養が高く、古美術骨董品のコレクターでもありました。ただ、それゆえ、堺県令時代に仁徳陵を無断で発掘したのではないかとの疑惑があります。確かに、明治5年、仁徳陵の清掃を政府から命じられた際、陵内に小屋を設け一年に渡り作業しています。

ボストン美術館に仁徳陵発掘とされる装飾品がありますが、この国外流出は税所篤が横流ししたものという噂もあります。ただし、この説は、藩閥政治に対し批判的な尾佐竹猛の発言をもとにしており、明確な証拠があるわけではありません。
最近の調査では、ボストン美術館中国・日本美術部に迎えられた岡倉天心が、明治39年の関西出張の際に一括購入したもののようです。ただ、その本来の出所は分かりません・・・

堺県令:税所篤は、石棺の記録を残し文化財の保護と歴史探求に貴重な足跡を残した人物だったのか? 、それとも無断で仁徳陵を発掘し盗掘まがいのことを行った人物だったのか?・・・見方は分かれており、真相はまだ分かりません・・・皆さんは、どう考えられるでしょうか?


上記の税所篤による仁徳陵の清掃は、大雨で御陵前方部の南端斜面の埋蔵物が露土したため、清掃し大きさを測り埋め戻したということです。

↓その際のスケッチ

f0140054_15255201.jpg
↓スケッチをもとに制作したレプリカが現在、堺市博物館内に展示されています。迫力がありました。

f0140054_15120004.jpg
後円部には、さらに大きな石棺があったとの江戸時代の記録があります。前方後円墳では後円部にメインの被葬者が葬られていることが一般的なのでうなずける話です。
ただ、私が不思議に思うのは、前方部の南斜面という古墳の端部に上記の大きな石棺があったことです。いわば南の端っこにあったわけで、そうなると前方部中央などにもさらに大きな石棺がありそうです。ひょっとしてこの巨大古墳には、たくさんの人が葬られているのかも知れません・・・・。

いったい誰が葬られているのでしょうか? 今後の発掘調査が待たれるところですね。


↓中庭に展示されている石棺・・・これも本来の出所は不明です。どの古墳から出たものだろうか?

f0140054_08403329.jpg
↓博物館の休憩コーナーと館前の池
f0140054_08392304.jpg



さて、また旅に出ることになりました。
お隣の国ですが、激安海外旅行ツアーの体験取材です。
そのため、しばらくブログ更新ができませんが、ご了承ください。
来週末頃には、また更新を開始する予定です。

それでは、皆さん、ごきげんよう!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。


by mokonotabibito | 2019-07-12 08:47 | 大阪 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/30690015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 5sayori at 2019-07-12 09:47 x
お隣さんというと韓国ですか?
この時期、韓国はないかしら・・
Commented at 2019-07-12 17:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Lago-7 at 2019-07-13 15:52
堺市博物館、さすがに充実してますね。
堺市の歴史を知ることもできて貴重です。
昔は大阪より栄えていたんですね・・・

その昔「堺県」とふ県ありきその経緯に興味津々
Commented by youshow882hh at 2019-07-14 21:16
こんばんは。ゆーしょーです。
奈良県全域が堺県だったというのをはじめて知りました。
ポチ♪
Commented at 2019-07-18 11:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-07-23 08:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 奈良県立美術館記事の公開のお知... PageTop 百舌鳥・古市古墳群 世界遺産へ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon