模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
仁和寺の御殿を拝観 ~京都民泊の体験取材で穴場スポットを巡る(4)
2018年 06月 27日 |

京都のシリーズ記事も併行して進めます。


仁和寺の本坊は御殿と呼ばれ、宇多法皇の御所があった場所に建つことから「旧御室御所」とも呼ばれます。御所を移築したもので、火事にあい再建された経緯を持っています。


御殿だけは有料ですが写真撮影自由なので、拝観することにしました。もちろん世界遺産です。


白書院、宸殿、黒書院、霊明殿などが渡り廊下で結ばれており、御所そのものの雰囲気が味わえます。


↓南庭の白砂 奥が宸殿 宸殿は、御所の紫宸殿と同じで、檜皮葺、入母屋造です。

f0140054_14304786.jpg
↓白書院

f0140054_14311010.jpg
↓宸殿への渡り廊下

f0140054_14313199.jpg
f0140054_14314710.jpg

↓庭園説明

f0140054_14321228.jpg
↓左近の桜と右近の橘を配した宸殿より南庭を見る 奥が勅使門

f0140054_14323485.jpg
↓宸殿内部 三室よりなり、襖絵や壁には四季の風物が描かれています。

f0140054_14330064.jpg
f0140054_14330333.jpg
f0140054_14330512.jpg

↓黒書院

f0140054_14333876.jpg

↓北庭

f0140054_14340138.jpg
f0140054_14340489.jpg

↓霊明殿

f0140054_14343444.jpg

↓印象に残った襖絵

f0140054_14345108.jpg
f0140054_14345460.jpg

↓御殿より見る仁王門

f0140054_14352546.jpg





↓Travel.jpの旅行ガイド記事もよろしく!








にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2018-06-27 14:36 | 京都 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/29899612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-06-28 18:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2018-06-28 20:05
こんばんは。ゆーしょーです。
御室の桜と仁和寺の石庭は有名ですね。
内部も撮影できるのですね。
40年ほど昔、一度行ったことがあります。
ポチ♪
Commented by Lago at 2018-06-30 19:14 x
仁和寺は、京都民泊の紹介ブログの折にも登場しましたね。
お庭に心惹かれましたが、今回は建物、就中、内部の芸術性高い襖絵がメインで、圧巻ですね。
それにしても建物のどこからでも眺められる庭園の魅力は、やはり素晴らしいです。
どの写真も素敵なアングルで撮られていて、仁和寺本坊:御殿の全貌がよく分かりました。

天皇 ( すめらぎ ) の由緒正しき寺なればなべて高貴な設ひに充つ
<< 「ブログの輪写真展」開催のお知... PageTop アジサイの季節の近況ニュース(... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon