模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
流鏑馬まつり 美多彌神社
2018年 03月 25日 |

先日、近くの美多彌神社(みたみじんじゃ)で「流鏑馬まつり」が行われました。
天気も良く、写真撮影が楽しめるので、行って見ました。


美多彌神社は、和泉国大鳥郡和田郷(にきたのさと)に鎮座する古社で、中臣氏(藤原氏)の祖先神:天児屋根命(あめのこやねのみこと)を祭神としています。多分、中臣氏系の氏族集団が飛鳥時代に創建したもので、その後、平安時代の延喜式にも登場します。
その鎮守の森には大阪府天然記念物であるシリブカガシが自生し「いっちんの木」として親しまれています。私は以前からこの木の調査に訪れ、近いので初詣などでも親しんでいます。くわしくは、こちら をご覧ください。


↓空にパンフレットをかざして撮影

f0140054_08394883.jpg
「流鏑馬まつり」は、和田郷の在地領主である和田氏が武士団を形成し、流鏑馬などの訓練を行ったことにはじまり、近世には悪疫退散・五穀豊穣を祈る神事として行われていました。その後、明治以来の近代化の中で失われていたものを、復活させようという機運が高まり、関係者の努力により再開されたものです。今回の新「流鏑馬まつり」はその復活後の第2回目で、約3500人の来場を見て催行されました。


↓いよいよ始まります。会場風景です。

f0140054_08402405.jpg
↓登場者には、きらびやかな平安衣装を纏った方もおられます。

f0140054_08404364.jpg
↓流鏑馬をする方の盛装

f0140054_08410143.jpg
↓ベテランの方のようです

f0140054_08412078.jpg
↓女性も乗り手もおられます。

f0140054_08413843.jpg
↓しずしずと進みます。

f0140054_08415788.jpg
↓馬も雰囲気があります。

f0140054_08421667.jpg
↓流鏑馬が開始です。なかなか撮影は難しいです。

f0140054_08423357.jpg
↓馬を駆けさせながら、引き絞って・・・・

f0140054_08430036.jpg
↓射る!!

f0140054_08431836.jpg
↓スピードに乗って、引き絞り・・・

f0140054_08433646.jpg
↓的に当たった瞬間を撮ったのですが、的板は割れず、矢は跳ね返り、逆方向を向いたところが撮れました。

f0140054_08440162.jpg
↓次の射手も上手で、馬を駆ります・・・

f0140054_08442295.jpg
↓射た瞬間を撮影しました。良い具合に矢が当たる寸前で止まっています・・・・ただ向かい側のカメラマンが邪魔(笑)

f0140054_08450640.jpg
はじめての流鏑馬撮影でしたので、このくらい撮影出来れば満足ですが、難しいものですね。
野鳥飛翔撮影よりさらに難易度が上がり、0.01秒の瞬間が勝負です。それでもスピード感があり迫力満点で、非常に楽しいので、またチャレンジしたいものです。



流鏑馬は、人馬一体のアトラクションとも言え、乗り手には馬術と弓術の両方の優れた技が必要で、たいしたものです。


ダイナミックな躍動感があり、フォトジェニックな祭りですので、今後も続けてほしいものですね。
私も、ブログで発信し、微力ながら応援していきます。





<たびねす記事もよろしくお願いします>


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2018-03-25 08:46 | 大阪 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/29674192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by travelertsubotomo at 2018-03-25 11:54
流鏑馬まつりですか!めずらしい祭りですね。
駆け抜ける馬と、一緒んで弓を射る乗り手と、撮影がかなり難しそうだなぁと思いました。
さすが模糊さんですね!臨場感のある写真がたくさんです。
馬術と弓道、どちらも長けていないとできない、難しいスポーツ(と言っていいのか)ですね。

第二回のお祭りのようですので、これから継続されると良いですね。
Commented by Lago at 2018-03-25 13:22 x
流鏑馬は、テレビニュースで見るくらいで、本物を見たことはないですね。
今日では神事として行なわれ、このような地方都市に本格的な流鏑馬があるとは驚きです。
やはり歴史が関わっているようですね。

衣装その他見るものすべてが興深いのですが、
一種のスポーツでもあり、フォト的にはそのスピード感との勝負が生命線でしょうね。
作品は少しのブレもなく、何れも躍動感溢れるショットで、感嘆してしまいました。
資料的にも貴重なトライです。

流鏑馬は古式ゆかしき神事にて人馬一体放つ矢みごと
Commented by youshow882hh at 2018-03-25 19:36
こんばんは。ゆーしょーです。
4年ぶりに流鏑馬まつりが行われたのですね。
この日は和歌山もよい天気でした。
美多彌神社1000年以上も歴史がある
由緒ある神社なのですね。
望遠レンズが活躍していますね。
すばらしい写真ばかりです。
ポチ♪
Commented by LLサイズ at 2018-03-27 18:39 x
こんばんはLLサイズです。
由緒あるお祭りと由緒ある神社、
素晴らしいですね!
ぽち。
Commented by センスオブワンダー at 2018-03-29 21:23 x
ラストの矢が写るショットがお見事です。
この瞬間を一発でとらえるとは感嘆しました。これからも多方面に渡る高度な記事内容と素敵な写真を楽しみにしています。
<< 冬の野鳥いろいろ PageTop マルタ共和国版「路線バス乗り継... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon