模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
写真展での人気作品は? 記念撮影と感想や深度合成試写など・・・
2018年 03月 01日 |

写真展の余韻に浸っております・・・
予想以上の多くの方々に見ていただき感謝するばかりです。


今は溜まっていたに日常仕事に励んでおりますが、気分は放心状態。最後の写真展ということで頑張りました。それが終わった後は、ちょっと腑抜けのようになっています。


そこで、思い出を整理すべく、写真展に来ていただいた皆様のうち何人かのスナップを載せてみます、

↓会場風景

f0140054_08461320.jpg
写真展の後半に思いついたのが、私の写真を見ていただいた方に「どの作品がお好きですか?」とお聞きして、指し示してもらった姿を記念撮影するということです。前半に来ていただいた方の写真はありませんので、お許しください。


以下、顔出しOKの方はそのまま、それ以外の方は顔にモザイクをかけております。


↓京都から来ていただいたNご夫妻。ご主人は『千の足跡』、奥様は『ストリート・フォトグラファー』

f0140054_09041720.jpg


↓以前の仕事仲間のIさんと、Sさん。Iさんは『トラムに乗ってトラムを撮る』、Sさんは『店先の大猫』

f0140054_08473353.jpg

↓写真関係の友人のKFさんは『ストリート・フォトグラファー』

f0140054_08475812.jpg

↓ブログの輪写真展の主宰のhirosiさんは『砂漠の夜明け』

f0140054_08481891.jpg

↓プロ写真家:クキモトノリコ先生は『トラムに乗ってトラムを撮る』
f0140054_22541605.jpg

↓プロ写真家:三田崇博先生は『砂漠の夜明け』

f0140054_08490644.jpg

↓三田カメラマンに同行されたミャンマー女性の方は『モザイクタイルと猫』

f0140054_08492262.jpg

↓奈良から来られたhappykotaさんご夫妻。ご主人は『トラムに乗ってトラムを撮る』、奥様は『店先の大猫』

f0140054_14462828.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の写真展では、ご感想投函箱を設けていたのですが、そこに書かれていた内容を抜粋して紹介します。


↓残されていたコメントの一部です。


それぞれの個性が光り構成も見事な素晴らしい写真展でした・・・」(llさん)


「・・・『モザイクタイルと猫』のバックの色がとても好きです。タイルのボケ感がなんともいえない・・・」(isさん)


「・・・日本で見られない乾いた絶景『カスバ朽ちゆく』が良かったです・・・」(Oさん)


「・・・『カスバの猫』に感動しました」(Kさん)


「・・・特に4枚組にまとめられたぺロッシリーズ『日の没する国の猫たち』が可愛いです。」(松浦さん)


「・・・マルタの猫がかわいいね!・・・」(藤田さん)


「・・・毎年、楽しませていただきました。ありがとうございます・・・」(林さん)


「・・・どのお写真も個性が出ていて素敵でした・・・」(mintさん)


三人のそれぞれのカラーに合った写真が素敵でした・・・次回場所を変えて是非開催してください・・・」(畑中さん)


猫ちゃんのお写真もさることながら、ラクダの写真、私はとても好きです・・・」(佳後さん)


たいへん刺激を受けました」(今村さん)


クリアー!の一言です」(中野さん)


「・・・『バブーシュと猫』のカラフルなスナップが印象に残りました。」(repardさん)


「・・・優しげで穏やかな表情の『カスバの猫』が好きです・・・」(中村さん)


「・・・モロッコ、やっぱり写真ってすごいなと思ったのは、撮る人の視線で全然違う風景に見えちゃうんですよね。」(榎木さん)


「・・・『早春の原生花園』の黄花群の中の岩がきいているね・・・」(松本さん)



他にも多くの感想をいただきましたが、割愛させていただきます。



傾向としては、猫関係では『モザイクタイルの猫』が良いとの意見が多く、『店先の大猫』は特に男性に支持され、女性には『カスバの猫』が人気がありました。
風土関係では、『ストリート・フォトグラファー』と『トラムに乗ってトラムを撮る』そして『千の足跡』が多く支持され、『砂漠の夜明け』も良いと言っていただきました。


感想をいただいた皆さん、本当にありがとうございました。これを励みにこれからも写真撮影に頑張っていこうと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<深度合成試写>


オリンパスプラザで写真展開催中、空いた時間に深度合成を試写してみました。


深度合成とは、オリンパスの新しい技術で、手持ち接写で連続して8枚の写真を撮り、カメラ内で合成して対象の深度のある写真を生成するものです。


↓まず普通に接写で造花を撮ってみます。M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mmF2.8 レンズで、F2.8の開放ですが、もう少し花びら全体に焦点が合ってほしいです。

f0140054_08501112.jpg

↓F22に絞って撮ると、後景までピントが合ってしまいます。後景はボケて花だけが浮き立ってほしいですね・・・(厳密には「小絞りボケ」や「回折現象」もおこっています)

f0140054_08542771.jpg

↓そこで、深度合成で撮影すると、綺麗に花全体にピントが合い、後景はボケてくれました。

f0140054_08545809.jpg
↑少しトリミングされ被写体が大きくなる(上下左右でそれぞれ約7%画角が狭くなる)のが注意点です。F22より質感も良好ですね。


この深度合成は、カメラのメニューから選択し、簡単に撮影することができます。(撮影メニュー2→ブラケット撮影→Focus BKT→深度合成ON」)


「深度合成がブツ撮りを変える」とも言われており、とても便利な技法です。
この深度合成は、これまでは、三脚使用・マニュアルフォーカスでピント位置を変えながら何枚も撮影した後、フォトショップで合成加工処理をする必要がありました。いわばプロカメラマン向きのテクニックであったのですが、オリンパスの技術により手間が大幅に省け非常に簡単になったわけです。


ネーチャーフォトのみならず料理やテーブルフォトにも使えそうですね。


現在のところ、この深度合成処理が出来るレンズについては、こちら をご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



<たびねす記事もよろしくお願いします>


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村 ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2018-03-01 08:56 | カメラ | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/29621103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by LLサイズ at 2018-03-01 21:50 x
こんばんはポチ。
Commented by L Lサイズ at 2018-03-02 23:56 x
お疲れ様でした。ポチ。
Commented by Lago at 2018-03-03 17:06 x
写真展では、大勢の方々との出会いがあり、
嬉しい思い出が残せてよかったですね。
後半に、お気に入りを示していただく試みは貴重だったと思います。

一押しや好みは人それぞれなれど多彩なるこそ作者冥利ぞ
Commented at 2018-03-04 19:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by LLサイズ at 2018-03-05 23:52 x
ポチ
こんばんは。
Commented by LLサイズ at 2018-03-07 09:12 x
おはようございます
Commented by LLサイズ at 2018-03-07 09:13 x
おはようございます
<< 荒山公園の梅  ~今年の梅だよ... PageTop 写真展 無事 終了しました! ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon