模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
野鳥エジプトガンとマイン川風景 ~フランクフルト教会めぐり(5)
2017年 01月 16日 |
フランクフルト教会めぐりシリーズは、今日は寄り道して、教会の映るマイン川風景や野鳥写真をおおくりします。


フランクルフルトは正式名を「フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) 」といい、由来は「フランク族のマイン川渡渉点」という意味から来ています

現在も、旧市街の南側すぐのマイン川には、浅い場所があり、なるほどフランク族がここを昔に渡ったのかと思わせます。それがマイン川の中州原生林で、そこは人が入れないので、野鳥の楽園となっています。

私はマイン川南側に宿をとったこともあり、毎朝このあたりを散策し、野鳥観察をしてから旧市街に通いました。


↓マイン川南側の遊歩道から見た中州ですが、川向う(北側)に バルトロメウス大聖堂(カイザードーム) が美しく見えます。
f0140054_8263912.jpg

↓遊歩道から西側を見た早朝風景。奥にフランクフルトの現代的な摩天楼が聳え、その手前に歩行者専用のアイゼルナー小橋が架かっています。
f0140054_827361.jpg
↑空には大きな鳥が飛んでおり、右側に写っている中州に舞い降りてきました。それが以下に大きく掲載しますエジプトガンです!


↓上の写真とちょうど逆にアイゼルナー小橋から、中州原生林方面を撮った写真です。
f0140054_8281682.jpg

↑この写真は たびねす記事 のサムネイル画像として掲載したものですが、この場所はフランクフルト随一のフォトスポットです。
右側の大きな教会がドライケーニヒ教会で、中央奥に小さく天辺が写っているのがドイツ騎士団教会です。そして、左側の岸辺の森のように見えるのが中州原生林です。


この中州原生林には多くの野鳥が棲息し、マイン川南側遊歩道からでも、じゅうぶんに観察できます。
ハクチョウ、エジプトガン、カナダガン、マガモ、カワウ、カイツブリ、ズグロカモメなど、たくさんの種類が見られました。

中でもエジプトガンは、日本では見られないので、いろいろ撮影してみました。

エジプトガンは大きな鴨という感じで、眼の周辺が特徴的です。元は名前のとおりアフリカの野生種でしたが、最近はヨーロッパに進出しています。警戒心が弱いのか、誰も野鳥を襲わないからか、人が近づいても逃げないので、じっくり撮影できました。

以下、6枚、川辺のエジプトガンの写真をお楽しみください。
f0140054_831834.jpg

f0140054_8313169.jpg

↓カップルが寄り添っています。
f0140054_8315242.jpg

f0140054_8321581.jpg

↓羽を少し広げた瞬間ですが、なかなか綺麗です。
f0140054_8404799.jpg

↓大きさが分かりにくいので、最後に白鳥と一緒に写った写真も掲載しておきます。
f0140054_8325032.jpg


フランクフルトの中心を流れるマイン川の河畔で、このような野鳥の楽園があることは思ってもみなかったので嬉しかったです。大都会の真ん中にあるオアシスですね。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2017-01-16 08:33 | ドイツ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/27450202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-01-16 14:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2017-01-16 23:09
こんばんは。ゆーしょーです。
遅くなったので取りあえず応援だけ。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-01-17 21:44
こんばんは。ゆーしょーです。
1枚目の手前右は浮き島ですね。
素晴らしい風景写真です。
4枚目以降の6枚のカモですが、
エジプトガンと言うのですね。
初めて見ました。
ポチ♪
Commented by Lago at 2017-01-17 22:29 x
川のある風景って、やはり素敵で大好きです。
それに都会の川なのに、中州原生林があるとは珍しいですね。
エジプトガンって、ガンではなく鴨科に属するようで、どう見ても鴨っぽいです。
但し、名は体を表すで、いかにもエジプトっぽい、つまり日本の鴨の趣きとはかなり違うということ。
始めて見る珍しい鴨です。

エジプトガン足の赤きが目立つなり番は生涯添ひ遂げるとか
Commented by youshow882hh at 2017-01-18 10:58
おはようございます。
今日の和歌山は上天気です。
ポチ♪

エジプトガンのつがいは生涯添ひ遂げるのですね。
去年、結婚55年を祝った私も、今のところは。
<< ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち PageTop クリヴェッリ『マグダラのマリア... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon