模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
龍野城 ~播磨・美作ちいさな旅(6)
2016年 07月 20日 |
再び三木露風生家に戻ってきて、そのすぐ北にある龍野城を見学します。

↓これが龍野城の本丸御殿・・・ぱっと見、お城とは思えません。
f0140054_7464759.jpg

龍野城は、天守閣を持たず平屋の陣屋形式であることが特徴です。城の門や隅櫓は城郭的ですが、城壁内部の本丸御殿は城というより大きな屋敷という感じです。

↓本丸御殿の正面
f0140054_747541.jpg

龍野城は、16世紀はじめに播磨の守護大名であった赤松政則の子の赤松村秀によって鶏籠山の上に築かれました。現在の本丸御殿の後ろにそびえる山の上にあったわけです。

その後、豊臣秀吉の勢力下となり、蜂須賀氏などが置かれましたが、江戸時代になって一度、破却されました。これは、徳川幕府の一国一城という定めによるものです。播磨の国は姫路城があるため、龍野城は改築されず無用とされたのです。

寛文12年(1672年)、信州飯田藩主であった脇坂安政が播磨龍野藩主(揖東・揖西・三木の三郡)として転封され、幕府の許可を得て再建されました。この際、天守閣はつくらず山麓にある陣屋形式の城となり霞城と呼ばれました。時代は太平の世で、幕府の政策もあり、城壁に囲まれた大きな邸宅といったもので十分だったのです。

当時、江戸においては、明暦の大火(1657年)で江戸城天守閣が焼失しましたが、4代将軍徳川家綱と保科正之の意により「天守は実用的な意味がない」として、再建しないことになりました。以来、江戸城は天守閣のない城になりました。いわんや、転封当時まだ外様大名だった脇坂安政の龍野城においておやですね。

脇坂氏は10代・200年にわたり龍野を治めましたが、明治維新の廃藩置県により龍野城は取り壊されました。現在の龍野城の建物は、昭和50年(1975年)から絵図に基づき順次再建されてきたもので、木造土壁造りで往時の姿を彷彿とさせるものです。

↓本丸玄関付近
f0140054_7481841.jpg

脇坂氏は本来は賤ヶ岳の七本槍として名をあげた外様大名ですが、(龍野に転封してきた)脇坂安政の出自が老中堀田正盛の次男で脇坂氏の養子となったことから、幕府に申請して譜代大名となった「願譜代」です。
その後、脇坂氏は徳川幕府の有力ブレーンとして寺社奉行・老中などを歴任し活躍しました。


↓屋敷的といってもさすが本丸御殿で、内部のつくりは本格的です。
f0140054_7483819.jpg

↓たくさんの部屋があります。(12室あり)
f0140054_7485780.jpg

↓中庭
f0140054_7491210.jpg

↓ここにも赤とんぼの歌がありました。
f0140054_7492697.jpg

↓中央付近の和室
f0140054_7494425.jpg

↓龍の襖絵「龍煌々志」がありました。
f0140054_7495910.jpg

↑この襖絵は、たつの市出身の画家:出口龍憲氏より昭和59年に制作・寄贈されたものだそうです。

↓上には槍がかざってありました。
f0140054_7501864.jpg

↓一番奥に上段の間というのがあり、金色に輝いていました。
f0140054_7503790.jpg

↓ちょっと派手目に写ったので、渋目に撮影してみました。
f0140054_7505199.jpg

↓控えの間にある説明看板
f0140054_751463.jpg

この説明によると、金泥引・金砂子打の豪華な障壁画で、ヒガシマル醤油株式会社の寄贈とのことです。

脇坂の殿様はここで政務をとったのかと思わせる雰囲気ですね。

龍野城内部の印象は、政庁や藩主の住まいとしては、合理的な構造で、江戸幕府の有力ブレーンとして活躍した脇坂氏の英知を感じました。

↓お城の前の庭は公園となっています。
f0140054_7513962.jpg

↑お昼を過ぎていたので、私はここのベンチに座って、自作レーズンパンを食べて昼食としました。

↓お城を囲む打込ハギの石垣は城壁的です。ここを降りると埋門(うずみもん)です。
f0140054_7521219.jpg

↓復興整備された埋門は、現在の龍野城の正門です。
f0140054_7522916.jpg

↓ちいさな隅櫓で、背景が鶏籠山です。
f0140054_7525981.jpg

↑龍野城というとこの隅櫓が示されることがありますが、実際は古くは無かった建物のようで、私的には龍野城のイメージと少し違います。


山紫水明の龍野城を満喫して、龍野の町を後にしました。

播磨から、次は美作方面へ向かうことにします・・・


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2016-07-20 07:53 | 兵庫 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/25467685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lago at 2016-07-20 15:10 x
龍野城は、城にして城らしからぬ点が面白いです。
廃藩置県の犠牲で取り壊されたとは勿体ない。
でもよくぞここまで再建されましたね。
木造土壁造りというのが魅力のポイントになっています。
お城といえば、通常天守閣に注目が集まりますが、私は石垣に興味があります。
積みには色々な手法があり、ここは「打込みハギ」とのこと。
規模の小さいお城なので、こじんまりとした石垣ですが、
紹介フォトでしっかりと確かめることが出来ました。

木造且つ土壁造りの龍野城端正にして品格にじむ
Commented at 2016-07-21 15:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2016-07-21 20:36
こんばんは。ゆーしょーです。
龍野城の本丸御殿は、どう見てもお城とは思えませんね。
和歌山城を見慣れた私には普通の御殿の感じです。
内部は立派ですね。
撮影が可なのですね。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2016-07-22 17:38
こんにちは。
今日は 「大暑」 です。
暑いですね。
ポチ♪
<< 神庭の滝へ  ~播磨・美作ちい... PageTop 龍野ぶらり街歩き・如来寺~醤油... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon