模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
鎮守の森のアオバズク
2015年 07月 14日 |
昨日は、天気が良かったので、梅雨の幕間のひととき、撮影を楽しみました。
写友から情報をいただいた奈良県の昆虫撮影に行きたかったのですが、そこまでの時間が捻出できなかったことから、近場の野鳥:アオバズクを撮りに行きました。

アオバズクは、夏鳥で、春に飛来し、日本で繁殖・子育てをして、秋になるとフィリピンや中国南部方面に帰っていきます。(ちょうど冬鳥の コミミズク とは逆ですね)

市街地の神社境内の森でも見られるので、アオバズクは割とポピュラーな野鳥です。
大きな木の穴があり、夏に子育ての餌となるセミが多量に発生する場所が必要なので、いわゆる鎮守の森が最適なのです。

↓今回の撮影ポイントも小さな神社でした。
f0140054_6544145.jpg

↓この木の洞が繁殖場所で、現在、アオバズクの雌が中で抱卵しています。(すでに雛が生まれている可能性が高いです)
f0140054_6562457.jpg

↓雄は、昼間は近くの木の枝に止まって休んでいるようです。
f0140054_6565752.jpg

↓大きな目を見開いて・・・
f0140054_6571781.jpg

↓ズームアップしてみると瞳に何か映り込んでいるような・・・
f0140054_6574938.jpg

↓少し目を閉じ気味で・・・
f0140054_6582928.jpg

↓完全に目を閉じて・・・
f0140054_702999.jpg

↓右を向いて・・・
f0140054_763210.jpg

↓左を向いて・・・
f0140054_71218.jpg

↓片目を閉じて・・・
f0140054_713425.jpg

↓眠たそうな表情ですね・・・
f0140054_724276.jpg

被写体が木の枝から動かないので、こちらが動き回り、顔の方向と目の表情の変化を撮ってみました。
全て100-400Ⅱでの手持ち撮影です。アオバズクは顔が黒っぽいのと鎮守の森なので案外昼間でも暗いということで、感度を上げて絞り開放、露出は+1~+1.5補正です。

来週末から信州へ山ごもりに行く予定ですので、しばらく観察に来られませんが、来月中旬頃にはまた来て、できれば雛の姿を見たいものです。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2015-07-14 07:03 | 大阪 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/24245706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-07-14 09:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Jupiter at 2015-07-14 12:39 x
ご近所にフクロウがいるなんて、すごいですね^^
家の近所にも、実はいるのでしょうか???

信州、お気をつけて楽しんでらしてくださいね。
とても涼しそうで、うらやましいです。
Commented by 時計好き at 2015-07-14 12:49 x
こんにちは~
模糊さんもアオバズク撮られたんですね!
僕も先週末に行ってきました。
平地から鳥がいなくなるこの時期、山奥に遠征する気力もなくアオバズクばかりになってしまいます(笑)
Commented by youshow882hh at 2015-07-14 13:32
先ポチ♪。
こんにちは、ゆーしょーです。
アオバズクは渡り鳥なのですね。
年中日本に棲んでいるとばかり思っていました。
近場でアオバズクを見られるとはいいですね。
Commented by youshow882hh at 2015-07-15 12:09
ポチ♪
Commented by Lago at 2015-07-15 15:10 x
アオバズク:青葉木菟・・・漢字で書くとそのものずばりで分かり易いですね。
木菟はフクロウの事ですから、青葉の頃のフクロウという訳で、このフォトはそれを見事に捉えた作品になります。
フクロウの中でも青葉木菟は割と身近で、また親しく感じられるのは、その鳴声のせいでは?
私も姿は見た記憶がありませんが、鳴声は夏の信州の山荘で、夕方や夜更けにしばしば耳にしました。
また俳句の句材として人気があり、佳句も結構あるのです。
昼間、9態もの静止画像を撮影出来たのは、お手柄ですよね。
撮り手が動き回って、とありますが、美しい青葉をバックに青葉木菟の生態を見せて頂けたのは嬉しい幸運です。

青葉木菟神社の森に住まひして洞(うろ)で子育て夜はホゥホゥ

瑞々しき青葉を背(せな)に青葉木菟縞なす羽の姿映えたり
Commented by youshow882hh at 2015-07-16 22:43
ポチ♪
Commented at 2015-07-21 07:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ゾロアスター教の鳥葬の地:沈黙... PageTop イランの野鳥:カササギ! ペル... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon