模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
イエスがサタンの試みを受けたエリコの荒野 ~聖書の大地を行く(14)
2014年 04月 18日 |
エリコ(ジェリコ)は世界最古の町と言われ、死海に注ぐヨルダン川河口から北西約15kmにあり、現在はヨルダン川西岸地区すなわちパレスチナ国に属します。
周辺は荒野ですが、オアシスがあり泉が湧くため、BC8000年紀頃の古くから人が住みついていたようで、多くの遺跡も発掘されています。エリコは古くから栄えた貴重なオアシス都市・交易都市と言えるでしょう。

↓エリコの泉
f0140054_21252216.jpg

↓世界最古であるとともに地球上で最も低い海面下1300フィートの市であると書かれていました。
f0140054_21254811.jpg

ここは旧約聖書の大きな舞台で、東や南の砂漠地帯から来るとカナンの地の入り口に位置することから、出エジプトから荒野を彷徨った民の目標となります。ユダヤの指導者モーセはエリコの攻略を果たせず没し、次の指導者であるヨシュアにより攻略することができました。

・・民はラッパの音を聞くと同時に、みな大声をあげて呼ばわったので、石がきはくずれ落ちた。そこで民はみな、すぐに上って町にはいり、町を攻め取った。そして町にあるものは、男も、女も、若い者も、老いた者も、また牛、羊、ろばをも、ことごとくつるぎにかけて滅ぼした。(ヨシュア記6.20~21)

エリコ(ジェリコ)の戦い、あるいはエリコ大虐殺と呼ばれているものです。はるか紀元前1300年ころの出来事なので、これが史実であったかどうかは分かりませんが、ユダヤ人が先住者を武力で征服して行った過程が反映されているようです。

↓現在のエリコの町(完全にイスラム化されたアラブの町です)
f0140054_21265213.jpg


エリコの戦いからずっと時代は下って、紀元30年ころ、イエスは、ヨハネから洗礼を受けた直後、荒野に行きます。

「それ[受洗]からすぐに御霊がイエスを荒野に追いやった。イエスは四十日のあいだ荒野にいて、サタンの試みにあわれた。」(マルコの福音書1.12~13)

このイエスがサタンの試みに遭った場所が、ここエリコの山(クルントゥル山)であると伝えられます。
クルントゥル山はイエスがサタンの誘惑をしりぞけた山なので「誘惑の山」と称されます。

↓誘惑の山と野鳥
f0140054_21273218.jpg

↑右側の電線のようなものは、ロープウェイ架線で、エリコのテル・アッスルターン遺跡から誘惑の山へ架かっています。
世界で最も低いところにあるロープウェイとしてギネスブックに登録されているとのことです。

↓クルントゥル山のアップ
f0140054_2128444.jpg

↓山に掘られた穴のようなものが見えるでしょうか? 東ローマ帝国時代は、多くの修道士がこのあたりに洞窟を堀ってイエスと同じ瞑想をしたそうです。
f0140054_21284882.jpg

↓イエスが行った荒野のイメージに近いと感じたエリコの無名の山
f0140054_21291138.jpg

イエスは40日のあいだ荒野にいたことになっていますが、この40という数字は厳しい試練を指す定番数字です。(旧約聖書のモーセがシナイ山で40日も神とともに過ごし、出エジプトの民が荒野を彷徨ったのも40年間で、さかのぼればノアの方船の時40日も雨が降り続きます。)


ところで、釈迦は6年の激しい断食苦行の後、断食の無意味を知り、乳かゆを飲み、仏陀伽耶(ブッダガヤ)の菩提樹の下で瞑想し、悪魔の誘惑にあい、それを退け、悟りを開きました。私はイエスの荒野の過ごし方に、釈迦のこの瞑想を強く連想します。


マルコの福音書では、イエスは「荒野にいて、サタンの試みにあわれた。」とあるだけで、断食したとは一言も書かれていません。(私は、ここでイエスはすでに断食の無意味を知っており、瞑想したのだと思います)

これがマタイやルカの福音書になると、余計な解説が加わり、イエスが断食したことになり、こと細かくサタンの誘惑ストーリーが詳しく書かれていますが、サタンの誘惑内容がなぜ細かくイエス以外の人に分かるのでしょうか?これはマタイやルカの考えで付け加えられた脚色だと思います。

それでは、サタンの試みとは何でしょうか?

イエスは、ヨハネの洗礼を受け、救済者となることを決意した後、「心の整理」に静かな荒野に向かったのではないでしょうか。
荒野で静かに瞑想することで、自己の内なるサタンすなわち自分の心の表層意識だけでなく深い潜在意識にまで存在する「迷い」と徹底的に対決したのです。
そしてその「迷い」を克服し、サタンの試みに打ち勝ったのです。

釈迦も瞑想することで悪魔の誘惑を退けています。

私はイエスの荒野の試みは、釈迦の瞑想大悟に極めて近いと考えます。


↓エリコのドライブインで騒ぐ現在のエリコの若者たち
f0140054_2130145.jpg

f0140054_21302031.jpg

↓陽気に騒ぐエリコの若者たちの後方はるかに、誘惑の山が夕陽に輝いていました・・・
f0140054_2131578.jpg

ここエリコは、後にイエスの活動の舞台として再登場します。ザーカイの話や良きサマリア人の話、エリコの盲人の話などです。
それらについては後日また機会があれば書きたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチしていただければ幸いです。御覧いただき、ありがとうございます。
by mokonotabibito | 2014-04-18 21:31 | パレスチナ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/21826491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by captain_spoc at 2014-04-19 00:10
ジョシュアはジェリコの戦いを戦った
と言う黒人霊歌をジャズ風にコーラスをした高校時代を思い出します
Commented at 2014-04-19 10:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by engel777engel at 2014-04-19 19:32
[イエスの荒野の試みは、釈迦の瞑想大悟に極めて近い]に模糊さんの聖書、イエスの理解の深さを知りました。。。。マタイで悪魔をしりぞける話をただ表面的に受け止めていた私などには考えも及ばないことでした。。。。
<< ペトロの首位権教会(召命教会)... PageTop 洗礼者ヨハネとイエス ~聖書の... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon