模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
ガクアジサイの群生 ~6月の長居植物園(4)
2011年 06月 23日 |
アジサイ園の一角にガクアジサイの群生があり、なかなか見事でした。
昨日は望遠系の写真でしたが、今日は広角28mm相当の画角になります。
f0140054_21383485.jpg

f0140054_2139644.jpg

f0140054_21394218.jpg

今日の写真は、友人から譲り受けた中古カメラで撮ったものです。
カメラ好きの方のためのマニアックな話は、下のMoreを御覧ください。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。蒸し暑くなりましたね。ありがとうございます。



More コンパクトデジカメの経過報告です・・・

コンデジに関しては、昨年チェコ旅行前にキヤノンのS95を購入してからは、しばらく動いていませんでした。
巷で話題のオリンパスのXZ-1や、フジのX100が出ましたので、さっそくカメラ店で触ってみましたが・・・。確かに画質は良さそうで秀逸な両カメラですが、S95よりも随分大きくて、マイクロフォーサーズと被るような気がして、どうも決断ができませんでした。

カメラ馬鹿の私の場合、ほっておくと次々話題のカメラが欲しくなりますので、どこかで理由をつけてセーブする必要があるのです・・・(笑)
ポケットに入れておき、いつでもサッと撮れるというのがコンデジのメリットですが、それには今のところ、S95で十分だと自分を納得させておりました・・・

そんな折、友人から連絡があり、「DP1sを使いこなせないので、欲しければどう?」という提案を受けました。
その友人によると、DP1sの新古品を買ったものの、JPGがいまいちで、RAW現像が難しくて使いこなせないというものでした。

DP1sは、フォビオン撮像素子を搭載した最初のコンパクト機DP1のマイナーチェンジ版で、現在はDP1xが出ているので旧型になります。
私はフォビオンの撮像素子のカメラを以前から使ってみたいと思っており、以前、中古のE-420とL10とDP1sを安く店頭に見つけて迷いに迷って、結局E-420を買ったという経過があります。
ということで因縁のあるカメラなので、よろこんで使わせていただくことにしました。
f0140054_21405219.jpg

ただ、いただきっぱなしというのは申し訳ないので、GX100と交換することにしました。
私の場合、S95導入以来すっかり出番がなくなったGX100ですが、JPG画質は安定して綺麗なので有効に使っていただける場所に行くほうが良いでしょう。友人も、24mmからのコンデジは使ってみたいとのことでした。

DP1sのデザインは、なかなか良く気に入りました。
動作は遅く、特にメディアへの買い込みが非常にトロいのですが、これはあらかじめ覚悟していたので、想定の範囲内でした。

このカメラは、RAWとJPGの同時記録が出来ないので、私はもっぱらRAWだけで使ってみました。
RAWで撮らないと能力の半分も生かせないと言われるカメラなので、この点も想定の範囲内です(笑)

RAW現像すると画像の精細感はとても良いです。
1406万画素と称されるものの、結果的にはJPGで2640×1760の464万画素になってしまいます。でも、460万画素のカメラと考えれば非常に高精細で驚く画質であるのは確かです。

ただ問題はやはり、発色です。
基本的には画像が黄緑かぶりしています。現像時いろいろ補正は出来ますが、状況により発色の具合いが変わるので難しいです。
多分、DP1が光源撮影で画面が赤くなる欠点があったのでそれを修正したせいだと思います。

hiro_cloverさんによると、最新型のDP1xは、マゼンタかぶりだそうです。
なんか新機種にアップするたびに、左右に揺れていますね・・・
f0140054_21413412.jpg

DP1sは、うまく現像すると素晴らしいカメラですが、なかなか暴れ馬のようです。私は、まだまだ使いこなせていません。シグマ純正のRAW現像ソフトSPPもちょっと使い難いです。
総合的に見て、このカメラは、やはりマニア向けのクセのあるカメラと言えるでしょう。
ただ、私のようなカメラ馬鹿には中々面白く、今後もいろいろ試行錯誤しながら楽しんで使っていきたいと思います。

私的な感想ですが、比較して、オリンパスのカメラの安定感はやはり信頼性が高く使いやすいですわ。
やっぱり今度、発売されるPENデジタルが楽しみだなあ(爆)



↓あと、こんなカメラを親戚からいただきました。
親戚中にも私がカメラ馬鹿であることは知れ渡っており、不要なカメラが回ってきました(笑)
f0140054_2142845.jpg

カシオの EXILIM EX-G1 というコンパクト・デジタルカメラです。
ヘビーデューティー・カメラのようで、防水機能があり、独特のフォルムです。

「過激に撮るギア」というキャッチフレーズで、[耐衝撃][防水][防塵][耐低温]というタフネス性能が売りのようです。
まるで、G-SHOCKのデジカメ版といったところでしょうか・・・

少し触っただけですが、密閉度が高く水や埃が入りにくいかわりに、バッテリーやメディアも非常にセットしにくいです。メディアが小さすぎるmicroSDカードというのも使いにくそうです。
f0140054_21425541.jpg

奇抜なデザインといい、派手な赤色といい、私のような人品卑しからぬ(汗)おっさんには似合わないような気がしますが、逆に言えば自分では決して買わないであろうタイプのカメラであり、かえって面白いかも知れません。

まだ撮影していないのですが、私の場合、どういうシチュエーションで使うかが問題です。
うーん、そうですね。
登山か旅行で雨に降られたケースなどは使うかな?

まあ、来週、梅雨時の国内温泉旅行に行ってみようかと思っていますので、はじめての撮影を試みてみます・・・
by mokonotabibito | 2011-06-23 21:44 | 長居植物園 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : https://mokotabi.exblog.jp/tb/16173632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youshow882hh at 2011-06-23 22:18
こんばんは。 ゆーしょーです。
見事に咲きましたね。
私は広角の写真が好きですから、この写真を見ますと心が和みます。
我が家にも同じ花がありますが、2~3輪咲いただけです。
カメラにもシグマー製があるのですね。
シャッターボタンが懐かしいです。
Commented by miyatannaotan at 2011-06-23 22:35
おお、何か違うなあと思ったら、こういう事だったのですね。
好きな人の所には色々集まってくるものですね。いや、模糊さんの人徳ですね^^
僕もDP2とかに興味はあり中古などはいつもチェックしたりはしていますが
踏ん切りが
付くところまでには至っていません。こういう形で譲って頂けるのはうらやましい限りです。
G1のデザイン、僕は結構好きですよ^^ 川に半分浸けての撮影なども楽しそうですね。
ガクアジサイの群生、見事です。長居植物園にもこういう場所があるのですね。
Commented by vimalakirti at 2011-06-23 22:56
こんばんは。
ガクアジサイは山道の木陰などにひっそり咲いているのが似合う、
というイメージをもっていたのですが、こんなふうに群生している
のも、また楽しいですね。
三枚目の写真は絵画のように見えます。カメラのことはまったく
分かりませんが、私も「今日の写真はなんか違うなぁ」と一枚目
から思いました。私には落ち着ける感じです。
Commented by kujirax1 at 2011-06-23 23:10
ガクアジサイの世界~。
見事に旬をとらえましたね。
私もまた撮りにいかなくちゃ
Commented by らちあに at 2011-06-23 23:43 x
いらっしゃいませFoveonワールド(笑)
嵌ると抜け出られなくなりますよ〜。
SPPはX3FillLightの使い加減がキモだと思います。
楽しんでくださいね〜
Commented by youshow882hh at 2011-06-24 00:25
ポチ♪
Commented by hiro_clover at 2011-06-24 00:39
こんばんは。
ガクアジサイの群生、見事に咲いてますね~!
DP1sは2640×1760というのがちょっと物足りないんですけど、
それでも等倍画質は凄いですよね。
SPPの現像ですが、個人的にはシャープネス0でもちょっとシャープがキツイ感じで、
少しマイナスにしたほうが良いのかなぁと、最近思ってるんですけど、
模糊さんはどう感じられましたか?
Commented by mokonotabibito at 2011-06-24 09:33
【ゆーしょーさん】
広角の写真がお好きなのですね。
心が和むと言っていただいて嬉しいです。
こういう群生のガクアジサイも良いものですね。
シグマのカメラは、フォビオンという独特の撮像素子を使っており、とてもユニークです。
使い方に独特のクセがあり、一般向けではないようです。
再コメント&ポチも感謝です。
Commented by mokonotabibito at 2011-06-24 09:33
【miyatannaotanさん】
いやあ最近は中古カメラ回収業みたいですわ(笑)
あまり増えてもなんですので、GX100と交換という形になりました。
フォビオンはクセがあるので、試行錯誤を楽しみます・・・
G1のデザインお好きですか、これはまだどんな使い方をするか悩み中です。
まあ来週使ってみますが、雨天用カメラになりそうです。
長居植物園もなかなか面白かったです。
Commented by mokonotabibito at 2011-06-24 09:33
【vimalakirtiさん】
そのとおりですね。
私もこのような大群生のガクアジサイは珍しいと思います。
三枚目の写真は絵画のように見えますか。
ありがとうございます。落ち着ける感じと言っていただいて嬉しいです。
とてもクセのある中古カメラをいただいたのですが、苦労しています。
まあ、カメラ馬鹿はそれがまた楽しみではありますので(笑)
Commented by mokonotabibito at 2011-06-24 09:33
【kujirax1さん】
ガクアジサイの世界~これもまた良いものですね。
見事に旬をとらえたと言っていただいて嬉しいです。
ぜひkujirax1さんも撮りに行ってください。
まだ間に合いますね。
Commented by mokonotabibito at 2011-06-24 09:34
【らちあにさん】
とうとうFoveonワールドにやってきました(笑)
嵌ると抜け出られなくなりますか。それは困ったですわ。
確かに、X3FillLightのパラメータ触ると画の印象が変わりますね・・・
どうもまだ使いこなせません。
いろいろ御教示ください。よろしくお願いします。
Commented by mokonotabibito at 2011-06-24 09:34
【hiro_cloverさん】
見事に咲いてますか。
ありがとうございます。
DP1sはおっしゃるとおりですね。
私には十分な画質です。
ただ現像難しいですわ(笑)
シャープネス、まだ納得できる設定に達していません。
当面はシャープネス0にして、他のパラメータを試しています。
特にX3FillLightパラメータの使い方を迷っています。
hiro_cloverさんは、X3FillLightはどのように設定されておられますか?
Commented by hiro_clover at 2011-06-25 07:39
おはようございます。
X3FillLightですが、これは弄る時もあったりまったく弄らない時もあったりで、
一枚一枚写真によって変えています。
あんまりやり過ぎても不自然な感じになっちゃうので、
トーン補正として、暗部を持ち上げたい時に使う程度でしょうか。
DP1xはハイライトがかなり粘る感じというか、白とびしちゃってるように見える画像でも、
ハイライトをマイナスに調整してやると、救えるようなことが多いですね。

まだまだこちらも試行錯誤を重ねてる最中ですけど、
こうやって情報交換ができるというのは助かります。(^_^)
Commented by mokonotabibito at 2011-06-25 22:56
【hiro_cloverさん】
御教示ありがとうございます。
X3FillLight、難しいですよね。
御指摘のように、強く使うと不自然感があるのですが、アートフィルターと考えると面白いので、判断が迷います。
「ハイライトをマイナスに調整」なるほど、それですね。
来週少し国内放浪旅行を画策していますので、写真撮って来て現像いろいろ試してみます。
こちらこそ、情報交換ありがたいです。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
Commented by bjiman at 2011-06-26 01:33
こんばんは。
先日は当ブログへ訪問ありがとうございました。
ずいぶん色んな外国に行かれているんですね。
これから楽しみに拝見させていただこうと思います。
さて、DP1sについてですが、ずいぶん既に試されていることと
思いますのでご参考になるかわかりませんが、コメントいただいた
記事の下(MORE欄)に考え方を書いてみましたのでよろしかったら
お暇な時にでも見てください。
では。
Commented by mokonotabibito at 2011-06-26 07:55
【bjimanさん】
わざわざコメント&More欄を書いていただき、本当にありがとうございます。
非常に参考になりました。
私はなんでもカメラ関係でしたら興味があるカメラ馬鹿です。とは言ってもコレクターではなく、あくまで使えるカメラで実際に旅や自然の被写体でいろいろ撮影して、楽しむタイプです。
最近はデジタルカメラの発展が著しく、ブログなどの発表手段も増えて、さらに楽しみが増しました。
雑然としたブログですが、楽しんで見ていただければ幸いです。
どうぞ今後とも、いろいろ御教示のほど、どうぞよろしくお願いします。
<< Probably the be... PageTop アジサイの花 ~6月の長居植物... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon