模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
|
2017年 10月 16日 |

「たびねす」に緑化センターの紹介記事が掲載されましたたのでお知らせします。
無料で見学できるミニ植物園というべき場所の紹介記事ですので、ぜひご覧ください。どうぞよろしくお願いいたします。






以前から花の撮影によく通っていた緑化センターですが、秋の花の写真がなかったので、先日撮影に行きそをれを加えて「たびねす」の記事にしたものです。ようやく宿題を終えた気分です・・・

そこで、今日は、緑化センターの全体については「たびねす記事」にまかせて、タイムリーな秋の花を中心にお見せします。


↓入り口のコスモス

f0140054_08260518.jpg

↓キバナコスモス

f0140054_08263736.jpg

↓スイフヨウ

f0140054_08270425.jpg

↓ホトトギス

f0140054_08273441.jpg

↓ガウラ

f0140054_08280340.jpg

↓シュウメイギク(縦構図)

f0140054_08283777.jpg

↓シュウメイギク(横構図)

f0140054_08285933.jpg

↓温室の中のコチョウラン

f0140054_08293179.jpg

↓イソトマ

f0140054_08300327.jpg

↓一番多かったアメジストセージ

f0140054_08303069.jpg

↓コキア

f0140054_08393180.jpg
↓モミジバフウ
f0140054_08314169.jpg

↓コムラサキシキブ・・・くっきり系に撮影

f0140054_08320450.jpg

↓コムラサキシキブ・・・ソフト系に撮影(写真をクリックすると横1200ピクセルに拡大されます)

f0140054_08323791.jpg

↓セキレイ飛ぶ水辺(写真をクリックすると横1200ピクセルに拡大されます)

f0140054_08330248.jpg





<たびねす記事もよろしく>


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 10月 10日 |

伊吹山の自然シリーズの最終回です。

伊吹山は自然が豊かですので、花以外にも多数の生き物が見られます。今日は動物系の生き物をさらっと紹介してみます。


伊吹山では、多くの昆虫たちが見られます。蝶、天道虫、蜂、飛蝗、葉虫、天牛、蜻蛉、螽蟖・・・

みんな、小さな命を輝かせて、生きているのです。詳しい説明は省きますが、生命の輝きをお楽しみください。


f0140054_07452917.jpg
f0140054_07454738.jpg
f0140054_07464234.jpg
f0140054_07471367.jpg
f0140054_07485123.jpg
f0140054_07505913.jpg
f0140054_07512791.jpg
f0140054_07514737.jpg

f0140054_07522443.jpg
f0140054_07524775.jpg
f0140054_07531723.jpg
f0140054_07533888.jpg
f0140054_07535593.jpg

昆虫以外も・・・

↓野生のキジ

f0140054_07544761.jpg

↓大きな声で囀るホオジロ

f0140054_07551736.jpg

↓野生の鹿の家族

f0140054_07554672.jpg


↑最後の鹿だけは解説しておきます。

伊吹山では野生の鹿が増え、植物を食い荒らすということで、頂上付近の一帯を取り囲んで鹿よけフェンスが設置されました。

確かに以前は、鹿の食害がひどく、特に鹿が好むシモツケソウ、シシウド、コオニユリは激減しました。逆に鹿の好まないキオン、アカソ、フジテンニンソウ、サラシナショウマが増えています。


鹿が増えすぎる問題は全国的であることから、原因として地球温暖化・天敵のニホンオオカミ絶滅などがあげられますが、最も影響の大きいのは「人間の土地利用の変化」だと思われます。もともと平地にも住んでいた鹿は奈良や厳島を除いて山間地に追いやられ、一部の生態系を壊し畑などを食い荒らすという現象が起こったのです。
鹿にとってみれば、環境の変化に適応して必死に生きているわけです。


鹿よけフェンス(防護網)の設置やアカソの選択的駆除の努力により、徐々に伊吹山頂上付近の天然のお花畑の生態系が復活し、美しいシモツケソウも再生してきました。
しかし、伊吹山の下からの夜間登山をすれば分かるように、鹿よけフェンスの外側の山麓周辺は鹿だらけになっています。防護網というのは、鹿の群れを外に追いやるだけで、結局、他の土地で害をもたらすのです。ことほどさように、自然保護の問題は複雑で難しい面があります。







<たびねす記事もよろしく>




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 05月 10日 |
恐竜博物館の記事が続きましたので、少し巻き戻して、桜と野鳥の写真をアップしてみます。

今春は足の調子が悪く、本格的なフィールド撮影ができませんでした。とはいえ、近所の公園散歩くらいは出来ますので、桜の時期は、おなじみの小さな野鳥をからめた写真を撮影しました。
重い撮影機材を持ち歩けないので、あまり大きく撮れなかったですが、なんとか今年も出会えて嬉しかったです。


↓メジロ
f0140054_8244690.jpg

↓ヒヨドリ
f0140054_825132.jpg

↓エナガ2景
f0140054_826129.jpg

f0140054_826193.jpg

↓ヤマガラ
f0140054_8263875.jpg

↓シジュウカラ
f0140054_8265094.jpg

↓桜まつり
f0140054_827850.jpg

↓紅枝垂れ2景
f0140054_8272771.jpg

f0140054_8274393.jpg

↓落桜有情
f0140054_828725.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 04月 05日 |
北陸地方への旅から帰ってきました。
ちょっとアクシデントがあり、持病のヒールストライクを再発し、かかとが痛いです。
旅の前半はのんびり温泉に浸かったり博物館を見たりしてゆっくりしたのですが、その後、どうしても山に登りたくなり、きつめの登山をしたところ山の下り道で、古傷のヒールストライクが発症してしまいました。山が好きなので、つい無理をしてしまったようです。
帰宅後、毎朝の野鳥観察公園散歩にもさしつかえる状態です。かかと部分以外は万全の健康体なのですが、歩く際に身体の重さを支える場所が痛いというのは困りものです。。。うーん




さて、前回のブログ記事が~ポルトガルのクロジョウビタキ~だったので、今日は ~日本のジョウビタキ~を掲載させていただきます。
今冬に近くの公園の朝散歩で撮影してきたものです。ヒタキつながりということで、良い機会だとアップします。


ヒタキの仲間の習性でしょうか、あまり人を怖がらず、チラチラと私を見ながら周辺を飛び回ります。存分に被写体として楽しませてくれました。
今回は雄のジョウビタキですが、雌については こちら をご覧ください。
f0140054_7492128.jpg

f0140054_7493844.jpg

f0140054_7495431.jpg

f0140054_7509100.jpg

f0140054_7502942.jpg

f0140054_7504153.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 03月 27日 |
明日より、しばらく国内旅行に出ます。
ネットを忘れてゆっくりしたいので、一週間ほど、ブログ更新を休ませていただきます。また来週中頃には更新を再開しますので、どうぞよろしくお願いします。




さて、今日の写真は、ポルトガルで撮影した野鳥クロジョウビタキです。

ポルトガルの田舎町を散策していると、目の前に可愛い小鳥が現れました。
私の周辺を好奇心旺盛に飛び回ってくれました。ちょうど日本で見かけるルリビタキのような仕草で、こちらを意識しながら割と近くに止まってくれるので、楽しく撮影しました。後日調べてみると、やはりヒタキの仲間でクロジョウビタキの雌タイプ(雌か若鳥)と判明しました。
f0140054_7272890.jpg

↓飛ぶと下部が赤茶色で綺麗です。
f0140054_727451.jpg

ヒタキの仲間は、人懐っこくて可愛いですね。ポルトガルで癒されたひとときでした。
クロジョウビタキはクロアチアなどで観察したことがあり、ポルトガルでも普通に見られるようですが、日本では迷鳥的存在で、ほとんど見かけない野鳥ですので、嬉しかったです。
f0140054_728754.jpg





それでは、皆さん、しばらくの間、ごきげんよう!


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 03月 19日 |
今回の旅では、あちこちでコウノトリを見かけました。
ヨーロッパ種コウノトリ(Stork)は、ヨーロッパで春~秋に繁殖し、アフリカ方面で越冬する渡り鳥です。


昨年は、3月に トルコで 大空を飛翔するコウノトリを撮影 したのですが、今年のスペインは、2月に渡ってきているかどうか難しいところだと考えていました。実際に行って見ると、幸い多くのコウノトリがすでに渡ってきており巣作りに励んでいました。

中でも、サラマンカのコウノトリは印象的でした。
サン・エステバン修道院など、世界遺産の建物の屋根上にコウノトリが営巣しているのです!
f0140054_8424353.jpg

修道院の屋根の上には、何組ものコウノトリの夫婦が巣を守っており、その巣が落ちないように保護している人工的な籠状の構造物もあります。
f0140054_8342415.jpg

f0140054_8344685.jpg

世界遺産の建物の上でコウノトリが営巣するのを大切にしている光景は非常に感動的で、日本ではとても考えらません。
f0140054_835331.jpg

↓巣作りの材料を運ぶコウノトリの飛翔姿のシルエット
f0140054_8352912.jpg


西ヨーロッパのコウノトリは、冬はアフリカで越冬し、初春に地中海を渡ってきて、高い建造物か大木の樹冠に巣をつくり子育てをします。
スペインやポルトガルで見られるコウノトリは、多分、ジブラルタル海峡を渡ってきたものでしょう。

まだ、巣作りの時期で、雛の姿は見られませんでしたが、これから抱卵し子育てをするようです。

日本でのコウノトリ絶滅要因の一つは、巣を架ける木の伐採だと言われています。ヨーロッパでも、大木は少なくなってきていますが、建物の屋根や煙突を提供し、コウノトリとの共存を図っているのは素晴らしいことですね。

<たびねす記事もよろしく>
f0140054_1316810.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 02月 16日 |
<お知らせ>

しばらく、日本語ネット環境の無い場所を旅しますので、ブログ更新を休ませていただきます。
主にスペイン~ポルトガル方面の田舎を回ります。

来月上旬には帰国して、ブログを再開する予定ですので、その節は、またよろしくお願いいたします。




さて、フランクフルトのマイン川沿いのベンチに座って休憩していると、大きな鴨のような野鳥が集団で舞い降りてきて、目の前に寄ってきました。
トラムのレールの上を餌をさがして歩き回っています。

最初エジプトガンかと思ったのですが、よく見ると地味な顔をした大きな鴈です。これは間違いなく、ハイイロガンです!
このハイイロガンは、日本ではめったに見られないので、あわてて撮影しました。以下、4枚の写真をご覧ください。
f0140054_8302914.jpg

f0140054_8305944.jpg

f0140054_831224.jpg

f0140054_8315217.jpg

ハイイロガンは、先般お見せしました エジプトガン より、さらに大きくがっしりした体形の鴈で、ロシア方面で夏に繁殖し、冬はアフリカ北部に渡って越冬します。
ドイツ南部で初冬に居たわけですが、渡りの途中であったのかも知れません。

なお。家畜のヨーロッパ系ガチョウ(goose)は、このハイイロガンを飼いならしたものです。(ちなみに、中国系ガチョウはサカツラガンを、アヒルはマガモを家畜化したもの。)

フォアグラをはじめ、ダウンジャケット、羽根布団、『マザーグース』、『ニルスのふしぎな旅』、シャトルコックなど人間の文化に大きく貢献してきた生き物の元の姿が、この野鳥なのです。





それでは、皆さん、しばらくの間、ごきげんよう!


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 01月 16日 |
フランクフルト教会めぐりシリーズは、今日は寄り道して、教会の映るマイン川風景や野鳥写真をおおくりします。


フランクルフルトは正式名を「フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) 」といい、由来は「フランク族のマイン川渡渉点」という意味から来ています

現在も、旧市街の南側すぐのマイン川には、浅い場所があり、なるほどフランク族がここを昔に渡ったのかと思わせます。それがマイン川の中州原生林で、そこは人が入れないので、野鳥の楽園となっています。

私はマイン川南側に宿をとったこともあり、毎朝このあたりを散策し、野鳥観察をしてから旧市街に通いました。


↓マイン川南側の遊歩道から見た中州ですが、川向う(北側)に バルトロメウス大聖堂(カイザードーム) が美しく見えます。
f0140054_8263912.jpg

↓遊歩道から西側を見た早朝風景。奥にフランクフルトの現代的な摩天楼が聳え、その手前に歩行者専用のアイゼルナー小橋が架かっています。
f0140054_827361.jpg
↑空には大きな鳥が飛んでおり、右側に写っている中州に舞い降りてきました。それが以下に大きく掲載しますエジプトガンです!


↓上の写真とちょうど逆にアイゼルナー小橋から、中州原生林方面を撮った写真です。
f0140054_8281682.jpg

↑この写真は たびねす記事 のサムネイル画像として掲載したものですが、この場所はフランクフルト随一のフォトスポットです。
右側の大きな教会がドライケーニヒ教会で、中央奥に小さく天辺が写っているのがドイツ騎士団教会です。そして、左側の岸辺の森のように見えるのが中州原生林です。


この中州原生林には多くの野鳥が棲息し、マイン川南側遊歩道からでも、じゅうぶんに観察できます。
ハクチョウ、エジプトガン、カナダガン、マガモ、カワウ、カイツブリ、ズグロカモメなど、たくさんの種類が見られました。

中でもエジプトガンは、日本では見られないので、いろいろ撮影してみました。

エジプトガンは大きな鴨という感じで、眼の周辺が特徴的です。元は名前のとおりアフリカの野生種でしたが、最近はヨーロッパに進出しています。警戒心が弱いのか、誰も野鳥を襲わないからか、人が近づいても逃げないので、じっくり撮影できました。

以下、6枚、川辺のエジプトガンの写真をお楽しみください。
f0140054_831834.jpg

f0140054_8313169.jpg

↓カップルが寄り添っています。
f0140054_8315242.jpg

f0140054_8321581.jpg

↓羽を少し広げた瞬間ですが、なかなか綺麗です。
f0140054_8404799.jpg

↓大きさが分かりにくいので、最後に白鳥と一緒に写った写真も掲載しておきます。
f0140054_8325032.jpg


フランクフルトの中心を流れるマイン川の河畔で、このような野鳥の楽園があることは思ってもみなかったので嬉しかったです。大都会の真ん中にあるオアシスですね。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2016年 12月 12日 |
皆さんお元気ですか?
私は無事旅から帰ってきました。

今回はドイツを中心として、オランダ、ベルギーなどを回ってきました。クリスマスマーケット、教会、美術館、街並みなどを見学し、冬のヨーロッパを楽しんできました。

まだ写真の整理が出来ていないので、今日は2枚だけアップさせていただきます。

空の景色
f0140054_8404641.jpg

↑エコノミークラスの安いチケットで行きましたが、気流も安定して、空の旅は快適でした。

ヨーロッパでは全般的に天候に恵まれて、各地を予定通り順調に回り目的を達することができました。寒かったですが雪はなく、今冬のヨーロッパはまだ穏やかな気候のようでした。
そこで、晴れた日の公園や河岸では野鳥も撮影しました。


オオアカゲラの姿を撮影!
f0140054_8422216.jpg

↑ドイツ中部で珍しいオオアカゲラを撮影しました。超望遠レンズを持っていなかったので単なる証拠写真になりますが、頭の鮮やかな赤帽子が確認できました。撮影出来て嬉しかったです。



今週末頃から本格的に旅の報告をさせていただきます。旅でお世話になった方々に深く御礼申し上げます。

ブログランキングも上位を維持したおり驚きました。留守中も応援ポチしていただいた拙ブログ読者の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2016年 10月 15日 |
春に大阪平野を通過し、山地や北へ繁殖に行った夏鳥たちが、9月下旬から10月にかけて、再び大阪平野を通過して南の国へ帰っていきます。
短期間の滞在ですが、地元の公園の秋は、こうした渡り途中の鳥たちを見るチャンスです。(そして、もうすぐ北から越冬するために冬鳥たちも帰ってくるのです・・・)

今日は、そうした旅の途中に地元公園で一休みしてくれた、夏鳥たちの秋の姿を三種ごらんいただきます。

↓キビタキ(雌)
f0140054_825111.jpg

↓キビタキ(雄)・・・二枚
f0140054_831792.jpg

f0140054_834930.jpg

↓コサメビタキ
f0140054_84733.jpg

↓ツツドリ・・・二枚
f0140054_84429.jpg

f0140054_845736.jpg

↑ツツドリは、ホトトギスやカッコウに近い中型の野鳥で、東南アジアで越冬し、日本には夏鳥としてやってきて、山地の森林で繁殖します。
繁殖と言っても、カッコウと同じように他の鳥類の巣に卵を産み付け雛を育ててもらう「托卵」という習性があります。

晩春から初夏にかけて、山で「ポポ、ポポ」と鳴くツツドリは印象的で、遠くから撮影したことがありますが、今日の写真のように近くで大きく撮れたのは初めてでした。後姿的なポーズでしたが、地元の公園で、間近に観察出来て嬉しかったです。





さて、以下のとおり、来月11日より、写真展を開催することになりました。
もう6回目を迎えた、手作りの小さな写真展ですが、皆様のお越しをお待ち申し上げております。

なお、写真展案内ハガキ(ダイレクトメール)をご希望の方は、ブログの非公開コメントかメールで送付先をご連絡ください。至急、案内ハガキを送らせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。


================================================================


第6回 グループ温故斬新 写真展


場所:オリンパスプラザ大阪 オープンフォトスペース
            (大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル 1階)

開催日:2016年11月11日(金)~11月17日(木) <但し日曜は休み>

開催時:午前10時~午後6時  <但し最終日は午後3時まで>


場所の 地図は こちら  

地下鉄本町22・23番出口すぐです。(四つ橋線本町駅が便利です)




4人の仲間による個性豊かな手作りの写真展です。

温故知新ではなく温故斬新ですよ(笑)。
古いものをリスペクトするとともに、現代の斬新な感覚も大切する意です。

皆さまのお越しを心よりお持ち申し上げています。


================================================================



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon