模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
タグ:食べ物 ( 92 ) タグの人気記事
|
2016年 12月 27日 |
「たびねす」の、年間アワードが発表され、私の下の記事が、「海外記事賞」を受賞しました。海外記事の中でアクセス数が最多であったとのことです。

「何と無料!ソウル・仁川国際空港のトランジットツアーが面白い」
http://guide.travel.co.jp/article/14257/


記事の作成にご協力いただいた方々、並びに、たびねす関係者の方々に、深く御礼申し上げます。
そして何より、アクセスして記事を読んでいただいた皆様に心より感謝いたします。ありがとうございました。

↓受賞のお知らせと賞品など
f0140054_853572.jpg

多くの方に読んでいただいたことは、とても嬉しいことです。私にとって、今年の最後を締めくくる良いニュースになりました。

これを励みにして、これからも旅ライターとして精進したいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


なお、今回また、仁川国際空港を利用しましたので、当該記事の無料工芸体験について最新情報を追加しました。ご興味のある方は、ぜひお読みください。



せっかくですので、この記事に関連して、2016年・関空海外便事情と、最新のソウル・仁川国際空港のトランジット状況を記録として書いておきます。

大阪からヨーロッパに行く安い航空機便としては、かつて頻繁に利用した深夜発の カタール航空 がありましたが、2016/4より運休(実質的に撤退)しました。これは、私のような格安チケットで海外に行く者にとっては、とても残念なことです。


カタール航空は、お世辞にも食事は美味しいとはいえないものの、サービスは良く、ロストバゲージもなく信頼できる航空会社です。最近は、関空深夜便としては、すいている方で、私にとってエコノミークラスで2~3席を独占できる「エコノミーフラット」実現可能性のある有難いエアラインでした。しかし、そのことは裏を返せば、空席が目立ち、もうかっていないことを示しています、カタール航空にとって成田・羽田・関空と日本便を三つも維持するのは営業的に難しかったようです。

巨大なハブ空港を持つ国では、世界各国への便を出し、コネクティビティ(乗継の利便性)を高めることで、利用客を増やそうと努めています。とはいえ、ドーハから日本へは相当の距離があり、何種類もの便を運営するのは非効率的です。その点、近距離にある韓国のエアラインは有利で、日本各地へ飛行機を飛ばして、仁川空港に客を集め、まとめてヨーロッパなどへ運ぶという手法がうまく機能します。(例えば、福岡→成田→パリより、福岡→ソウル→パリのほうがはるかに便利です)



ということで、カタール航空が運休になってしまった今、残っている安めの関空発の中東・欧州行き便としては、大韓航空・トルコ航空・エミレーツ航空の三つになります。今回は、フランクフルトに連絡の良い大韓航空を利用しています。
 <追記>2017年1月末より、トルコ航空(ターキッシュエアラインズ)も撤退することになりました。
f0140054_872915.jpg

さて、仁川国際空港のトランジットの時間は、今回は短かったので、飛行場の外の出るトランジットツアーは無理でした。そこで1時間ほどで出来る無料工芸体験を、行きも帰りもやってみました。、


無料工芸体験は、お面の作成 は終了しており、現在は、まるでモザイクタイルのような、しっかりした紙製の四角い材料に絵の具で花模様の色付けをするというものになっていました。

↓作成中の様子
f0140054_884816.jpg

これは、なかなか面白く、モザイクを作っている気分になれます(笑)
もちろん、出来上がった作品や、筆や絵の具も持って帰ることが出来るので、良いお土産にもなります。

↓私の最初の作品(左側)と二回目の作品(右側)・・・ヨーロッパ往還の楽しみのひとつです。
f0140054_891753.jpg

↓「王家の散歩」は、前回 とメンバーが違っていました。
f0140054_14543427.jpg

f0140054_14545793.jpg

ついでに、大韓航空の機内食も紹介しておきます。

今回、関空←→ソウル間については、飛行時間が短く機内食も軽食一種類とのことなので、私がアレルギーの鶏肉なら困ると、飛行機予約時にヴェジタリアンメニューを頼んでおきました。

↓一回目のヴェジタリアン軽食(野菜サンドでこれは想定の範囲内でした・・・)
f0140054_8114981.jpg

↓二回目のヴェジタリアン軽食(これは冷麺とは少し違う春雨に似た麺で驚きました。はじめて食べたのですが、水準以上でした)
f0140054_8121445.jpg

↓珍しいので注意書きも撮影。
f0140054_8123418.jpg

ソウル←→ヨーロッパ間の航路では、メニューを選択できます。大韓航空ですから、なんといっても韓国料理に力を入れています。

↓ビビンバ(これは文句なく美味でした)
f0140054_813079.jpg

↑ナムル類の入った中央の大きな皿に、左側のご飯をかけ、チューブに入ったコチュジャンや漬物をのせてスプーンで混ぜて食べます。隣席の韓国人青年の食べ方を見ていると、右側のワカメスープも一緒に混ぜておられました。



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2016年 11月 08日 |
トルコ記事では遺跡案内が続きましたので、今日はトルコの食べ物の話を。

私は魚介が好きなので、世界各国でよくシーフード料理を食べます。
トルコでも、いろいろ食べましたので、まとめて紹介してみます。

日本人なので世界の魚料理にはどうしても辛口評価になりがちですが、トルコは中近東ではベターというか、まずまず魚料理がいけると感じました。

↓トルコで一番美味しかった魚料理。アンタルヤの豪華ホテルのバイキングスタイルの夕食 で食したフエダイ
f0140054_7252640.jpg

↑これは料理が秀逸というよりフエダイという魚自体が非常に美味なので、素材の良さが出ていると思いました。
とはいえ。ここは評判のシェフがいるだけあって全般的に水準が高く、例えば、フエダイの左下がトルコピザで、右下がパプリカの肉詰め(ドルマ)ですが、ともに文句なく非常に美味でした。

↓アンタルヤで味をしめてパムッカレで注文した魚料理・・・うーんいまいち。身が柔らか過ぎうまみが出ていません。
f0140054_7261533.jpg

イスタンブールでは、ちょっと高級なレストランにも一度だけ行ってみたのですが・・・

↓前菜は豪華でした。
f0140054_7264345.jpg

↓メインはサバなんですが・・・・残念、期待外れ。揚げ過ぎパサパサ感・・・
f0140054_72775.jpg

そこで、別の小さなレストランで再挑戦。

↓ここの前菜サラダはマリーネ風で美味でした。
f0140054_7273393.jpg

↓メインの魚は・・・うーんまあまあ普通でした。
f0140054_727489.jpg

レストランの魚料理はあきらめて、安いサバサンドを食べてみると・・・

↓自撮りサバサンド。これは行ける!
f0140054_7281026.jpg

結局、イスタンブールの魚料理では、一番安いサバサンドが一番美味しかったという結果でした(汗)

もちろん味は人それぞれの好みに左右されますので、以上の結果はあくまで私の個人的な評価です。

私には全般的に、トルコでは調理過剰気味で、肉類は非常に良いのですが魚はいまいちに感じます。これは、日本人の私は魚の素材の味の良さを知っているので、シンプルな味付けを欲してしまうからでしょう。
あえて言わせてもらえれば、サバはシンプルな塩焼きが一番です(笑)


<補遺>

↓トルコの魚屋さんの店先ディスプレイ。なかなか綺麗です。
f0140054_7284899.jpg

↓これはオコゼ系だと思いますが、何もここまでしなくともと思ってしまいました。
f0140054_729892.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。

More  写真展のお知らせ
2016年 05月 09日 |
「たびねす」に、私の天保山大観覧車の記事が掲載されました。
この大観覧車は大阪の天保山ハーバービレッジのシンボルですですので、ぜひ、ご覧ください。
どうぞよろしくお願いします。

(32)並んでも乗りたい!シースルーキャビン「天保山大観覧車」でドキドキの大阪湾岸空中散歩
http://guide.travel.co.jp/article/18107/






さて、ブログ記事のほうは、模糊の料理教室特別編です(笑)

最近、中東方面への旅行が多いので、必ず現地の食材も購入してきて、時間がある時に、自分で調理して、さまざまな料理にチャレンジしています。

イスラエルで、ひよこ豆とレンズ豆の美味しさに開眼し、自分でも料理したくなったのが大きなきっかけです。
イスラエル、イラン、ロシアでは、ひよこ豆やレンズ豆をスーパーで買い込み、ストックも存分に確保しています。
いずれも半乾燥地帯に適した作物なので、日本では手に入りにくく高価ですが、現地では超格安で、非常に庶民的な食材です。
保存もきくので、自己流料理の材料として長きに渡り使っています。


今回のトルコ旅行でも、帰国当日の午前中にはホテル近くのスーパーに行って、いろいろ仕入れて、スーツケースに詰めて帰ってきました。

↓カルフール・ミニ
f0140054_1521211.jpg

↓NAMLIハイパーマーケット
f0140054_15212648.jpg

f0140054_15215433.jpg

↓超巨大ショッピングセンター:ジェヴァーヒルSC(この中にはミグロスというスーパーが入っていました)
f0140054_15221859.jpg

その他、トルコではスーパーが街中に多く、とても便利です。

今回は、製粉前の小麦があったので、これも購入しました。
食物繊維豊富な小麦襖がまだ付いており、とても身体に良さそうです。

↓トルコで購入してきた、ひよこ豆(左側)と、小麦(右側)、下は大きさ比較用のクッキーの大
f0140054_1523655.jpg

↑右の袋に書かれている asurelik bugday (アシュレリックブーダイ)というのは、ひきつぶしていない小麦という意味です。


↓ロシアで購入した黄色レンズ豆(左側)、イランで購入した緑色レンズ豆(中央)、トルコで購入した胚芽押大麦(右側)
f0140054_15234156.jpg


↓左から、レンズ豆、小麦アシュレリックブーダイ、ひよこ豆 と並べて撮影しました。大きさがだいぶ違います。
f0140054_15242164.jpg

↓小麦アシュレリックブーダイの拡大写真 
f0140054_15244415.jpg

↑ご覧のように、各粒に筋のようなものが見えます。これは繊維質と栄養価の高い胚乳胚芽部分です。
これが外皮にぴったりと密着しているのが小麦の特徴で、 簡単には分離できないところから、製粉段階で胚乳胚芽を除いて、細かく砕いて白い小麦粉にして使うことが主流になっているのです。

でも、白くしてしまった小麦粉なら日本でも普通ですし、真似するだけでは面白くないので、小麦アシュレリックブーダイの粒食にチャレンジ!

確かに小麦粒食100%というのは噛むのが大変で、麦粥か小麦スープにするしかないようですが、わがアジアの粒食穀物の王者であるコメに混ぜて食べるのは、可能なのでは? と挑戦してみます。

ほぼ一晩水につけておいた小麦アシュレリックブーダイを、洗ったコメに混ぜて炊飯器で炊きます。
調理というよりボタン押すだけですが(笑)

↓小麦ごはんの出来上がり
f0140054_15262457.jpg

さて、その味ですが、いけます!!
もっちりプッチンという感じで、噛みごたえがありますが、なかなか美味しいのです。
この弾力性は、人によると思いますが、私は好きですねえ。。。

ただ、一晩水に浸けておくのが手間といえば手間です。


歴史的には小麦は世界最古の穀物で、西アジアで1万5千年以上前から栽培されてきました。
小麦は大麦と同様に、最初は粥として煮て食べるものでしたが、碾き臼が登場し製粉技術が進歩しすると、パンをはじめとする様々な料理の材料となりました。小麦粉としていろいろ加工応用しやすい小麦は、文明を支える最重要作物となっていったわけです。


次に、おなじようコメに混ぜ炊飯器で炊く方法で、ひよこ豆とレンズ豆も比較してみます。

↓ひよこ豆ごはん
f0140054_15265913.jpg

ひよこ豆は、大きいので半日ほど水につけてから炊飯器に入れましたが、まるで栗ご飯のようになりました。
ホクホクとして、とても美味しいのですが、柔らかい米と食感が違いすぎて、ちょっと違和感があり、食べにくい気もします。

とはいえ、美味なので、チャレンジ二度目以降は、炊飯器の隅っこに、ひよこ豆を置いて、炊き上がったら、別皿にとって豆サラダとして食べることにしました。
わざわざ、ひよこ豆を、別に料理する手間も省けますので、模糊流手抜き調理となります(汗)

ひよこ豆は、西アジア原産で、古来より栽培されてきました。
安価で美味なので、世界に広がり、インドなどでは菜食主義者(ヴェジタリアン)の重要なタンパク質源となっています。


↓レンズ豆ごはん
f0140054_15275169.jpg

レンズ豆は一番簡単で、黄色のレンズ豆ならそのまま米に混ぜて調理できます。
私は少し柔らか目のレンズ豆ごはんが好きなので、一時間ほど水に浸けてから炊飯器に入れます。

レンズ豆は、ひよこ豆ほど大きくないので、違和感が少なく、米と合います。これも、クセのないホクホクした食感で、美味しいごはんになります。
色合いも良いので、レギュラーに使える雑穀ごはんの素材です。

もちろん、レンズ豆は、カレーやハヤシ、シチューにも合い、スープにも使えます。つぶして混ぜることもでき、スイーツなどにも使用可です。多分、一番応用のきく食材でしょう。

レンズ豆はレンティルと呼ばれ、黄色や緑色、赤色などいろいろな種類があります。西アジア原産で、旧約聖書にも登場する歴史のある作物です。
ちなみに光学カメラのレンズの語源は、凸レンズがレンズマメの形状に似ていたからです。レンズ豆のほうが元祖なのです。


押大麦については日本と同じなので、解説は省略しますが、いつも愛用しています。


↓実際に平常コンスタントに食べているのは、各種雑穀類に押大麦、レンズ豆を入れた私独特の十六穀米ごはんです。
f0140054_1529451.jpg

ときおり食感を変えるため、小麦アシュレリックブーダイや、ひよこ豆も入れて、飽きないように工夫しています。
私のような関西人は、春に、えんどう豆(グリーンピースではなく和歌山産ウスイエンドウ)をごはんに入れて食べる習慣があるので、豆ごはんに違和感がありません。


以上のような、繊維質やビタミンが豊富で、血糖値の上昇を抑えることができる、雑穀米ごはんをオススメします。

もちろん、上記の食材は、カレーやシチュー系の煮込み料理にも多用しています。


中東では、小麦アシュレリックブーダイ、ひよこ豆、レンズ豆をスープに入れたのがレストランでよく出てきます。
さらに、小麦アシュレリックブーダイは、今でも、粥にして食べる方もいます。ケシュケキという麦のリゾットのような料理もあります。

いっぽう、ひよこ豆、レンズ豆は、中東ではペースト状にして食べるのが最もポピュラーでしょう。

↓ひよこ豆のペースト「フムス」(美味しく味付けがしてあり、ピタパンなどにつけて食べます)
f0140054_15301015.jpg

ひよこ豆などをペーストにしたものも売っていましたが、日持ちがしませんので買ってきませんでした。
自宅でペーストにするには一晩水に浸けた後に茹でて煮て、さらにフードプロセッサーでの粉砕攪拌が必要ですし、味付けにも工夫しなけらばならず、手間がかかるというのが難点です。

ペーストはパンには良いですが、ご飯のおかずとしては、ちょっと合わない気がして、これまで、私はペースト料理は、やりませんでした。
ただ、たびねす記事ライター仲間である、ろぼたんさんが、クリームチーズと納豆を使った豆乗せトーストをブログで紹介されていましたので、なるほど!と思いました。予断があったなあと反省しました。
今後は、パンで食べる豆料理というのにも挑戦してみようと思います。


現地の食材を、現地と全く同じ方法で使用しなければならないという理由はありません。
料理は創意と工夫です。
上で載せましたように、日本の料理の中に取り込んで、手間をかけずに中東の食材を使うというのが、現実的で長続きする道です。
それこそ、海外のものをうまく取り入れ、日本風のカレーやラーメンや餃子やナポリタンを発明してきた、日本人ならではのやり方ではないでしょうか。

最後にひと言「チアシードやキヌアだけが、スーパーフードではありません!」


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2016年 05月 04日 |
「たびねす」に、私のサフランボルの記事が掲載されました。
世界遺産に指定された古き良きトルコを感じる木造古民家の町ですので、ぜひ、ご覧ください。
どうぞよろしくお願いします。

(31)世界遺産サフランボルでトルコの古民家の街並みと生活展示を楽しもう!
http://guide.travel.co.jp/article/17966/






上記の、たびねす記事とタイアップして、当ブログでもサフランボルの案内を前後2回に渡って載せることにします。

私がサフランボルを訪ねた日は、アンカラでテロがあった翌日で、涙雨が降っていました・・・


サフランボルは、トルコの首都アンカラから北150kmの山間に広がる小さな町です。
黒海沿岸から近く、昔は香料サフランの集積地であったことから「サフランの町」という意味でサフランボルと名付けられました。
f0140054_8412952.jpg

↓大きな木造家屋が多く、しっとりとした良いムードの田舎町でした。
f0140054_84441.jpg

ここは、非常に古くからシルクロードの中継点であり、オスマン帝国の時代は宿場町として栄えました。
しかし、鉄道の路線からはずれたことから、20世紀の近代化の波に取り残されたのです。
過疎化した寂れた田舎町となりましたが、最近は古い街並みが貴重な観光資源として再評価され、木造の伝統的古民家集落の町として注目されるようになりました。そして、1994年にはサフランボル旧市街全体がユネスコの世界遺産に登録されました。
f0140054_8461322.jpg

現在のサフランボルでは、修復された2~3階建ての木造家屋が連なり、独特の景観を形作っています。
大都市や遺跡の多いトルコの観光地としては、こうした古民家集落は珍しく、重要伝統的建造物群保存地区として保全されています。
f0140054_847226.jpg

↓確かにサフランボルには、近代的な建物は無く、アートフィルター「ヴィンテージ」が似合う街並みが揃っています。中央に咲いている白い花木は梅です。
f0140054_8484100.jpg

↓こちらは、ドラマチックトーンで
f0140054_9239.jpg

↓サフランボルの建物のミニチュアを売る店が印象的でした。
f0140054_8491221.jpg

↓修復されていない家屋は、ボロボロの感じですが、なんともいえない不思議な魅力があります・・・で、ヴィンテージ風に
f0140054_8502196.jpg


サフランボル旧市街の真ん中にかわいいバザールがあります。
17世紀から続いている伝統のある商店街で、アラスタバザールと呼ばれています。

↓アラスタバザールの門
f0140054_851504.jpg

↓門から、バザール内部を撮影
f0140054_8522032.jpg

↑中央に人が集まっているのは簡易チャイハネです。炭火で湯を沸かしてチャイを露天販売しており、お馴染みさんが集まり談笑しているようです。
古い葡萄棚が上部にあり、冬は太陽が降り注ぎ、夏には葉が茂って日よけアーケードとなり、素敵な雰囲気を醸し出しています。

↓簡易チャイハネの炭火
f0140054_8525421.jpg

アラスタバザールでは、食品・衣類・玩具・理髪店・土産物店などが立ち並び、小さいながらも市民の生活を支えていることが分かります。
f0140054_85347100.jpg

↓靴屋さんはハンドメイドの店として長い歴史があり有名です。
f0140054_8541030.jpg

↓ここで作られている木製のおもちゃは、暖かみががあり懐かしさを感じるものです。どこか日本の木製品にも似ています。
f0140054_856399.jpg

サフラン入りのロクムというお菓子で、これぞサフランボルならではの名物です。
f0140054_8572435.jpg

* ロクムをもう少し詳しく説明ておきます。

ロクムはトルコを代表するお土産です。砂糖とデンプンを使った餅状の菓子で、日本の「ゆべし」あるいは「求肥(ぎゅうひ)」に近いもちもちした食感です。「朝鮮飴」や「ボンタンアメ」にも通じる味です。

ロクムは、非常に古くから作られていたようで、その原型はササン朝ペルシアの菓子「アブヒサ」に遡ります。15世紀からトルコでも作られるようになり、オスマン帝国ではトルコ語で「喉に優しい」という意味の「ラハット・ウル・フルクム」と名づけられ、その後「ロクム」と略されて広がりました。

英語では「ターキッシュ・デライト(トルコのよろこび)」と呼ばれ、欧米で人気を博し、例えば映画『ナルニア国物語』で、少年が魔女からもらって食べるお菓子としても登場します。

サフランボルは、このロクムの名産地で、ヘーゼルナッツやピスタチオ、クルミなどを入れたものが多いですが、サフラン入りのものが特にサフランボルならではの名物です。

トルコは世界最大のヘーゼルナッツの生産国で、黒海沿岸地方が産地です。
地中海沿岸では、ピスタチオがたくさん生産されています。ピスタチオは、イランが最大の生産国で、トルコは第3位です。
ロクムに関しては、ピスタチオ入りのものが一番人気があるようです。

↓ヘーゼルナッツとピスタチオが入った、定番のロクム
f0140054_133576.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2016年 04月 17日 |
熊本で大きな地震がありました。一昨日の夜は、TVをつけながら徹夜仕事をしていたのですが、何度も余震の情報が報道され続けたことから、これは甚大な災害だと思い、午前2時半ころ前回のブログ記事をアップしました。
その後、昨日未明に、さらに大きな地震があり被害が広がりました。
前回記事に、【追記】【再追記】【再々追記】を加え、地震関連情報を簡単にフォローしています。
この熊本地震は、1995年の阪神淡路大震災と同じ規模だそうです。本当に、被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。




さて、今日は明るい話題もと考え、アンタルヤで宿泊したホテルの食事などを紹介します。

コンヤアルトゥ・ビーチの背後の崖の上にある「アンタルヤ・ダウンタウン」というリゾートホテルに宿泊しました。
今回のトルコ旅行では一番高級なホテルでした。私にしては珍しい良いホテルなので(汗)、ここは記念にとホテルの外観や夕食風景などもたくさん撮影しました・・・

↓夕刻、海岸の公園散歩から帰ってくると、ホテルのフジの花が盛りで綺麗でした。3月中旬開花とは日本より時期的に早いですね。
f0140054_1358233.jpg

↓ホテルの屋外プールもアンタルヤの海賊船をイメージ
f0140054_8542540.jpg

↓な、なんと夕闇迫るの寒い中、冷たい屋外プールで泳いでいる人がいました。
f0140054_8545826.jpg

この時期、晴れた昼間は暖かいものの、夜ははけっこう寒く、私などは温水プールでないと、とても泳げません。

↓私の部屋はオーシャンビューではないのですが、エレベーターで最上階に上がって、海側テラスを撮影。
f0140054_8555016.jpg

↓いよいよ高級ホテルの夕食を体験します。ビュッフェ形式(バイキング)です。奥まで料理が並んでいます。
f0140054_8562335.jpg

↓うーん、メインデッシュもデザートも種類が多くて、なかなか決めきれません。
f0140054_8564796.jpg

f0140054_857999.jpg

f0140054_8574854.jpg

迷ったすえに、せっかくなので珍しいものをと、なるべく食べた経験のないものをセレクトしました。

↓ということで、私の一回目のメニュー。まずはメイン、パン系、サラダ類と三皿取ってきました。
f0140054_8583484.jpg

↑右大皿上部にドーンと乗っているのが、私の選んだメインディッシュ高級魚:フエダイです。
同じ皿の魚の左下の四角いのは、珍しい具がいろいろ入ったトルコピザ各種です。魚の右下はパプリカの肉詰め(ドルマ)です。どれも美味!

メインのフエダイは白身で素晴らしい味。トルコでこんな美味しい魚が食べられるとは思わなかった・・・
ちなみに、フエダイの仲間は種類が多いですが、どれも美味な魚として知られ、日本でも千年鯛とも呼ばれ、千年に一度しか食する機会がないと表現されるくらいです。
沖縄でも超高級魚とされ、細かい種類によってイクナー、サンバナー、ビタローなどと呼ばれます。

↓更に数皿食べた後に、デザートを・・
f0140054_8594987.jpg

↑左上の茶色容器に入っているのが豆やナッツ&フルーツたっぷりで、日本の善哉(ぜんざい)蜜豆のようなもの。大麦等各種穀物、各種豆類、各種ベリー類、杏、レーズン・無花果等各種ドライフルーツ、へーゼルナッツ、胡桃、アーモンド等々・・・数え切れないほどいろいろなものが入っており、とても美味でした。

これはアシュレあるいは「ノアの方舟」と呼ばれるデザートの一種です。
旧約聖書で、ノアの方舟が大洪水の後に、現在のトルコ東部にあるアララト山に漂着し、船に残ったドライフルーツなど食材すべてにより作った祝い菓子に由来します。
アシュレはペルシア語ではアーシュラーで、(スンニ派とシーア派では意味合いが大きく異なりますが)イスラム圏ではユダヤ教時代から伝わる重要な日または祭りのことです。以前、イランのヤズドの記事で少しだけ紹介しました

トルコのデザート・菓子類は蜜風味が多くとても美味しいのですが、、、、糖分の摂り過ぎになりそう(汗)


このホテルの厨房には有名な賞を受けたシェフがいるとのことで、どの料理も素晴らしかったです。今回のトルコ旅行の中では一番美味な夕食でした。
世界三大料理のひとつとされるトルコ料理ですが、この夕食をいただいて、なるほどと納得しました。


トルコ料理というのは、いささか調理過剰気味で、シンプルに食材の風味を大切にする日本料理とは方向性が違いますが、トルコの料理やデザートのあり方というのは、これはこれで大いに評価できると感じました。
とにかくトルコの食は手が込んでいて、とても奥が深いです。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2015年 08月 29日 |
長野県で最も人口の少ない村である平谷村について少し書いてみます。

平谷村の中心部には、三州街道(R153)が村を縦断しており、北は飯田方面、南は足助方面から簡単にアクセスできます。
その昔は、三州街道の宿場町、行商人が行き来する場所として栄えたそうです。

今は、村の中心部には道の駅「信州平谷」があり、隣接する大型の日帰り温泉施設「ひまわりの湯」が賑わいを見せています。
f0140054_8212992.jpg

「ひまわりの湯」は、ナトリウム炭酸水素塩温泉(重曹泉)で、美肌効果のある日帰り温泉です。別名「美人の湯」と呼ばれており、実際に浸かると少しぬるっとした感触の湯で確かに肌がスベスベになるようです。
内湯、露天風呂のほかサウナ、低温湯、打たせ湯などもあります。特に南信州最大の露天風呂は快適で開放感があり時を忘れてリフレッシュできます。
f0140054_8215647.jpg

この「ひまわりの湯」が平谷村唯一の集客スポットです。わざわざここまで足を伸ばした人は、何度も温泉につかって、休憩室で昼寝をしたりして、ゆっくり過ごしている人が多かったです。
私は貸別荘に泊まっていたので、いつも「ひまわりの湯」は、すいている夕刻に利用しまた。
f0140054_826245.jpg

道の駅「信州平谷」ではお土産物などを売っており簡単な食事もできます。

↓信州そば定食。ざるそばと五平餅のセットですね。まあまあ美味しかったです。
f0140054_82354100.jpg

↓農産物直売所では、信州らしい昆虫食(いなご、蚕のさなぎ、蜂の子)も売っていました。
f0140054_82419100.jpg

↓山村体験宿泊施設「けいしょう館」スポーツ団体などの合宿用施設とのことです。
f0140054_8244048.jpg

↓近くにある平谷村の鎮守である諏訪神社
f0140054_825871.jpg

↓諏訪神社にはトチノキの巨木がありました。樹齢300年だそうです。
f0140054_8253435.jpg

↓資料館「夢ひらや」という施設もありました。
f0140054_827139.jpg

特別無料展示中ということで入ってみましたが、「夢ひらや」は平谷村の小さな歴史博物館という感じでした。

↓「平谷の大柳」が展示されていました。樹齢560年で全国第四位の巨木だったそうですが平成9年に倒伏し資料館に保存展示されました。
f0140054_8313481.jpg

↓大柳に棲息していたというフクロウ(剥製)
f0140054_8321670.jpg

この他「夢ひらや」には、平谷村の歴史説明パネルや、農具・家屋施設の詳しい展示がありました。それらについては、また次回に掲載します。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2015年 08月 23日 |
今日は趣向を変えて、いつもと違った話題を載せてみます。それは機内食のことです。

私は菜食主義者というわけではないのですが、食物アレルギーがあります。子供時代は大好きだった鶏肉が、20才過ぎから全身に蕁麻疹が出る食材になってしまいました。好きなものが食べられないのは残念ですが、それより辛いのは海外旅行の機内食です。

機内食はたいてい選択できるのですが、路線によっては強制的に1メニューということがあります。その場合、中近東~南アジアの航空会社ではチキンということが多いのです。(イスラム教では豚肉が禁忌で、ヒンズー教では牛肉が禁忌のため)

今回のイラン旅行では、おなじみのカタール航空を利用しました。
関空~ドーハ間では、三つも選択メニューがあり問題なく鶏肉を避けることができました。

↓関空~ドーハ間の食事例:オムレツ(私は鶏肉がダメですが玉子は大丈夫なのです)
f0140054_113629.jpg

とはいえ、うーん、カタール航空の食事はどうも私の口には合わないようです。正直言って美味しいとは思えません。ただ、最近は中近東に行くことが多く、便利な関空深夜便のあるカタール航空かトルコ航空かエミレーツ航空のどれかになります・・・(この中ではトルコ航空が機内食に関しては私のお気に入りですが、機体が小さいので座席数が少ないのです。カタール航空は最近すいている事が多く、座席を二席使えたりしてゆっくり休めるのがメリットです)

今回の機内食の問題は、ドーハ~テヘラン間でした。ここは食事は1メニューなのです。
予感は的中し、帰りの便は、鶏肉でした。

私のような鶏肉がダメ(あるいは嫌い)という人もいるらしく、隣席の韓国人男性乗客がアテンダントにいろいろ注文をつけていました。
そこで、私もダメ元と、つたない英語で鶏肉アレルギーのことを伝えてみました・・・

 I am allergic to chicken.
 Please prepare the meal without chicken.

↓すると、しばらくして、こんなものが出てきました!
f0140054_1137283.jpg

いやあ、これははじめての経験です。以前はカップヌードルのようなものやベジタリアン料理が出てきた経験がありますが、大きな果物ぎっしりプレートだけというのは驚きました。
ひょっとして、ファーストクラスやビジネスクラスの果物材料ストックかも知れませんね(笑)

これは結構、美味しかったです。特にメロンが最高でした。
チャレンジしてみるものですね。
CAさん、ありがとう!


閑話休題。
以下、飛行機の窓から撮った写真を二枚御覧ください。

往路、ドーハからペルシア湾をこえてイラン高原へ、、、

↓イランの荒野が見えてきました。
f0140054_11373958.jpg

復路、夜の帳が降りはじめました。

↓雲の上のマジックアワー
f0140054_1138281.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2015年 07月 02日 |
ヤズド案内が続きます。前回は旧市街のベージュ色の古い住宅街でしたが、今回は町の中心のビルやバザール・商店街の品物などを紹介します。
これもまた、現在のヤズドの姿なのです。

↓現在の町の中心付近
f0140054_7262692.jpg

↓銀行のビル
f0140054_7264572.jpg

↓印象的だった建物の入口
f0140054_7271082.jpg

↓店の看板がなかなか理解できません・・・
f0140054_727429.jpg

↓ヤズドの織物類を売っています。
f0140054_728127.jpg

↓ヤズド名産の陶器店です。
f0140054_729394.jpg

↓とても素敵なものが多かったです。
f0140054_7371398.jpg

↓女性の衣類は、スカーフと丈の長いものがセットで売っていました。
f0140054_729452.jpg

↓トマトなどを売っています。気候が合っているのか、ここのトマトはとても美味しいのです。
f0140054_7302147.jpg

↓八百屋さん
f0140054_7304072.jpg

↓ウリやメロン類も多いです。
f0140054_731756.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2015年 06月 26日 |
久しぶりの模糊の料理教室で、「ペルシアの旅」特別編でもあります。

ペルシア各地で、レンズマメの料理を食しました。レンズマメはペルシア料理の必須アイテムです。
なかなか美味しくて気に入ったのですが、調理も簡単と聞いて、テヘランのスーパーマーケットで「乾燥レンズマメ袋入り」をたくさん買って帰ってきました。

↓これがレンズマメです。とても安くて応用のきく食材です。
f0140054_8121839.jpg

煮込む場合や蒸す場合は、そのまま調理できます。実に簡単です。
柔らかな食感がお好みの場合は、水で戻してから使います。

↓適量を水に浸します。
f0140054_8131298.jpg

↓小一時間ほどすると・・・倍くらいに膨れます。
f0140054_8133249.jpg

↓下の小さいのが元のレンズマメで、水に浸すと上のようになります。
f0140054_8141018.jpg

↓水戻しせず、ただ炊飯器に入れて米と一緒に炊いたレンズマメ御飯。なかなかいけます。
f0140054_8145115.jpg

↑大阪人の好きなウスイエンドウの豆御飯ほどの香りの良さはありませんが、五穀米御飯より美味しい感じで、まあまあです。

一番合うのは、シチューや煮込みなどかな・・ということでハヤシライスに挑戦。

↓市販のハヤシのルーを使いました。
f0140054_815138.jpg

↓出来上がったハヤシです。これは最高に美味しかったです。
f0140054_8153684.jpg

↑ペルシア料理のレンズマメのスープを濃くした感じで、適度なレンズマメの食感がピッタリです。
デミグラス系のソースには、とても合うようです。


次にカレーライスもやってみたのですが、ちょっと失敗しました。
不味くはないのですが、カレーはソースが辛く強い味なので、いささかレンズマメの存在感が無いのです・・・
豆カレーというのがありますが、確かに肉や他の野菜を控えてレンズマメを主にしたほうが良かったかな。

また今回は水に浸してから使ったのですが、ちょっと柔らかくなりすぎた感がありました。
食感も硬めに残っていたほうがレンズマメの存在感が出るので、水戻しはカレーの場合は必要ないようです。

↓失敗作のカレーです。
f0140054_8182336.jpg


まだ、料理としては3~4品ですが、さらに各種挑戦してみようと思います。
レンズマメは栄養学的にも、鉄分、ナイアシンなどビタミンB群の含有量が多く、糖分は控えめなので、ジャガイモ料理のジャガイモをレンズマメに置き換えてみれば、良いでしょう。



なお、レンズマメは、マメ科の一年草で、和名はヒラマメです。カメラや光学機器の「レンズ」の語源は、このレンズマメなのです!
ペルシアからトルコにかけての西アジア原産で、コムギやオオムギ、エンドウなどと同時に人類が古くから栽培化した植物です。


旅先の文化を知るためには、料理も重要な要素です。
現地の食材を買ってきて、帰ってから調理すれば、さらに理解も深まります。これぞ旅の醍醐味のひとつですね(^-^)V

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2015年 05月 29日 |
現在、たびねす記事でも、旅ナビゲーターとして、ペルシアの旅の紹介をはじめました。
まずは、以下の記事をアップしましたので、ブログと併行して、お読みいただければ幸いです。

(12)イランのヤズドでゾロアスター教の聖火と鳥葬の地「沈黙の塔」を見よう!
http://guide.travel.co.jp/article/10619/




さて、カーシャーンは世界遺産フィーン庭園の町だけに観光客が多く、お土産物屋がたくさんありました。

↓まず驚いたのは、薔薇の花弁を売っている露店でした。
f0140054_7322581.jpg

さすが、薔薇の原産国であるイランですね、中でもカーシャーンは世界有数の薔薇の産地なのです。

↓薔薇の蕾も売っていました。
f0140054_7323937.jpg

↓薔薇の花からつくる薔薇水が、一番の名物のようです・・・たくさんの種類があります。
f0140054_733087.jpg

イランでは、薔薇の花を天然水で蒸留して、ローズオイルとローズウォーターを精製します。
ローズオイルは、ごくわずかしか精製できないので高価ですが、副産物としてできるローズウォーターは、安価なので日常的に使われています。
その薔薇水は、リラックス効果があるので、飲んでも良いのですが、スキンケアとして身体に振りかけることが多く、風呂、エアフレッシュナー、口臭予防などにも使われます。

↓よく売れていました。
f0140054_7331665.jpg


↓土産物屋の立ち並ぶ街角風景
f0140054_7334564.jpg

f0140054_7335911.jpg

↓露店も多いです。
f0140054_7341638.jpg

↓チャーイハネ(喫茶)で休憩する家族
f0140054_7343252.jpg

↓ホテルの前でも薔薇が咲いていました。
f0140054_734568.jpg

↓ホテルの部屋に入って引き出しを開けると、コーランとメッカの方向を示す表示がありました。
f0140054_7351397.jpg

↓ホテルの部屋から見るカーシャーンの町の風景です。
f0140054_7352812.jpg

↓ホテルのトイレです。
f0140054_7354773.jpg

↑ペルシア式ではなく椅子式で、トイレットペーパーもありましたが、紙はトイレには流さずゴミ箱に入れるように言われました。
左側にあるシャワー器具のようなものが、水の出る洗浄ホースです。イランの人は、これで洗うようです。(紙は濡れを取る目的で少量使うだけなのでゴミ箱ポイで良いわけです)
いわば手動式ウオッシュレットでしょうか。インドなどのバケツ如露方式より洗練されていますが日本人には馴染めませんね。


↓ホテルのTVをつけてみましたが、ペルシア語なのでさっぱり分かりません・・・
f0140054_7362752.jpg

↓ホテルの夕食(バイキング形式)です。魚フライ、コロッケ、ラム肉のケバブなどです。肉の下に敷かれてるようなハーブは西洋パセリです。
f0140054_7364469.jpg

↓イランではアルコール禁止なので、ノンアルコールビールを飲んでみました。なかなか美味かったです。
f0140054_737131.jpg

↓ホテルの朝食(バイキング形式)です。ヨーグルト、トマト、デーツ(ナツメヤシ)、薔薇ジャムが美味しいです。
f0140054_7372543.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon