模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
2017年 07月 04日 |
善福寺から東へ少し歩くと宰相山西公園があります。南側背後は高い丘が東西に連なり、現在は旧陸軍の墓地で真田山陸軍墓地維持会が管理しています。このあたりが、宰相山あるいは真田山と呼ばれていたことが分かります。
f0140054_11295231.jpg

宰相とは加賀宰相(前田利常)か京極宰相(京極忠高)ですので徳川方になります。いっぽう、真田とは真田信繁を意味しますので真田丸があった場所になります。果たして、どちらが正しいのか? 真田丸の謎がここにあります。


↓宰相山西公園のアジサイ

f0140054_11305153.jpg

↓上記の公園と墓地の東側に「三光神社」があります。

f0140054_06334256.jpg

↑鳥居手前の折れた石柱にも注目ください。三光神社は第二次世界大戦で被災し、鳥居も折れたのですが、その戦災の教訓を後の世に伝えるべく、古い鳥居の基礎部分が残されています。

↓三光神社へのルートの地図

f0140054_06341842.jpg

この神社は反正天皇の御世に創建されたと伝わり、大阪七福神の一つでもあります。現在は、真田信繁が大坂冬の陣で真田丸に拠って、圧倒的大軍の徳川軍に勝利したことから、「勝利のお守り」が人気の神社となり、大河ドラマの放送以降は全国から歴史ファンが押しかけています。

↓真田六文銭の旗が林立する三光神社境内

f0140054_06345158.jpg

↓三光神社拝殿

f0140054_06352064.jpg

↓大阪七福神巡り寿老加味の旗

f0140054_06354424.jpg

↓摂津名所図会より引用の歌と句の碑

f0140054_06360655.jpg

境内の社殿下側には勇壮な真田信繁像があり、その左側に「真田の抜け穴」跡と伝承される岩穴があります。この銅像は、1987年、大阪真田山ライオンズクラブ15周年に建立されたもので、信繁は鹿角の兜をかぶり、采配を振るっています。なお、台座の石は真田家の菩提寺である信州上田の長谷寺から送られた真田石とのことです。

↓真田信繁像と抜け穴跡

f0140054_06363430.jpg

↓抜け穴跡

f0140054_06370063.jpg

「真田の抜け穴」は鉄格子で閉じられていますが、一年に一度「真田まつり」の日には内部開放されます。もっとも、普段でも鉄格子なので入り口付近を覗くことが可能(下の写真参照)。

f0140054_06373917.jpg

↑なかなか頑丈な造りですので、ここから大坂城へ抜け道が繋がっていたという伝説について、さもありなんと思わせます。

諸説ありますが、もし真田丸が顕彰碑のある大阪明星学園敷地とすれば、この穴は前田軍などの徳川方が掘った跡である可能性が高くなります。

↓私が帰ろうとすると数人の見学者が来て、熱心に抜け穴跡を覗いておられました。歴女さんでしょうか。

f0140054_06385100.jpg

真田信繁像のある場所からさらに上部へ階段があり、横を石垣で固められた高台があります。高台の西側は真田山陸軍墓地に繋がっていました。

↓その高台から下の公園を撮影。

f0140054_06392074.jpg
三光神社は高い丘陵の中腹にあり、東側に低い玉造駅方面を望みます。東側階段を降りると下から神社を見上げる形になり、立派な石垣が見て取れます。この高台にある事と丘陵上部へかけて何階層にも高く積まれた城塁のような石垣、さらに抜け穴もあることから、真田丸の故地とされてきたのは当然。雰囲気はピッタリです。

↓東側階段を降りた場所から三光神社側を撮影

f0140054_06403155.jpg

実は、この神社から真田山陸軍墓地を挟んで前回に述べた心眼寺へは、高い丘陵でつながっています。この高台一帯全部が真田丸であったとしても不思議はない地形です。本当は真田丸はどこにあったのか? ここに立って、真田伝説ロマンに浸ってみるのも一興です。




<たびねす記事もよろしく>
f0140054_1803958.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 06月 29日 |
前回紹介しました聖マリア大聖堂から南へ歩くと、空堀町交差点があり、そこをさらに南へ行くと信号が二つ連続しています。そこを左折すると、どんどろ大師、心眼時、大阪明星学園のある場所へ至ります。この付近が真田丸の跡地の最有力候補です。

↓ルートの途中にあるイタリア料理店

f0140054_08140384.jpg

真田丸は、真田信繁(幸村)により築かれ、大坂冬の陣で寄せ手の徳川軍に大打撃を与えた有名な場所。大坂城惣構えの外側に造られた出城で、大坂城の唯一の弱点である南側の防御能力を高め、さらには敵を引きつけ攻撃する拠点ともなりました。

正確な真田丸の場所については諸説ありますが、現在、最も有力な場所とされるのが、大阪明星学園の敷地です。この学園のグラウンド東側には2016年、大河ドラマ「真田丸」のスタートとほぼ同時に「真田丸顕彰碑」が設置されました。

↓真田丸顕彰碑の全体と周辺(後方が大阪明星学園のグラウンドです)

f0140054_08151834.jpg

↓アップで撮影(クリックすると横120ピクセルに拡大表示されます)

f0140054_08153881.jpg

↓大阪明星学園の壁には真田丸放映中は真田信繁(幸村)の絵が掲げられていました。

f0140054_08161335.jpg

現在でも真田丸顕彰碑から北へは下り坂で、真田丸が大坂城に接続した出丸ではなく、大坂城との間に深い谷を有する独立した出城であったことが偲ばれます。確かにここは、真田丸のあった場所として、説得力があります。背後の谷は、空堀町から空堀通りへ続く一帯で、上町台地の天然の侵食谷を利用して広げた大坂城の南側の空堀であったようです。

↓地図の紫のラインが大坂城惣構えの南側の空堀のあった低地です。

f0140054_08184473.jpg
真田丸顕彰碑の道を挟んだ向かい側に「心眼寺」があります。1622年に白牟和尚が真田信繁(幸村)・大助親子の冥福を祈るべく真田丸跡地に建てた堂宇を起源とする寺で、その定紋は六文銭とされ山号は真田山です。正門外側の階段横には「真田幸村 出丸城跡」の碑が立っています。

↓心眼寺の正門

f0140054_08193031.jpg

↓「真田幸村 出丸城跡」の碑

f0140054_08195312.jpg

さすがに江戸時代は徳川家に逆らった真田信繁の墓を建てられなかったようですが、2014年、400回忌に際して心眼寺の境内に信繁の墓が建立されました。

↓真田信繁(幸村)の墓

f0140054_08202977.jpg

↓墓の説明看板

f0140054_08205208.jpg

信繁の墓の横に小さな堂宇「まんなおし地蔵尊」があります。

↓まんなおし地蔵尊

f0140054_08212601.jpg

↑まんなおし地蔵尊は、真田信繁(幸村)が開運の祈願をしたと伝承され、かつて庶民の信仰が篤く参詣者が絶えなかったそうです。
「まんなおし」とは、間直し・運直し・縁起直し・げん直しのことです。まんの悪い時、うまくまん良く行きますようにと、まんなおし地蔵尊に願いをかけたとのことです。

↓地蔵尊の姿

f0140054_08221866.jpg

↓地蔵尊に貼られていあった真田丸ポスター

f0140054_08224595.jpg

真田丸顕彰碑や心眼寺から北へ坂を下った角に「どんどろ大師 善福寺」があります。ここには、大坂の陣の戦死者を弔うべく建てられた鏡如庵大師堂がありましたが明治初期に廃絶。その後、系列の善福寺が移転してきました。

↓「どんどろ大師 善福寺」正門

f0140054_08235530.jpg

通称の「どんどろ大師」は、江戸時代に大坂城代だった土井大炊頭利位が、ここで祀られていた弘法大師を深く信仰し参拝を欠かさなかったことから「土井殿の大師さん」と呼ばれ、それがなまって「どんどろ大師」となったと伝わります。

↓どんどろ大師の本堂

f0140054_08243087.jpg

↓本堂の横にある勝軍地蔵尊

f0140054_08245596.jpg

真田丸跡地としては、もうひとつ有力な候補地があります。それが三光神社で、次回、紹介します。



<たびねす記事もよろしく>
f0140054_1803958.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon