模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
2017年 05月 25日 |
「たびねす」に、私の ~「王妃の村」ポルトガルのオビドスを完全制覇~ という記事が掲載されました。
オビドスは、ポルトガルの七不思議のひとつで「谷間の真珠」あるいは「中世の箱庭」とも称される美しい村ですので、ぜひご覧ください。
どうぞよろしくお願いします。

(46)「王妃の村」ポルトガルのオビドスを完全制覇
http://guide.travel.co.jp/article/26512/






ブログでも、上記の、たびねす記事とタイアップして、オビドスについて4回くらいに渡って詳しく紹介します。


オビドスは、ポルトガルの七不思議のひとつで「谷間の真珠」あるいは「中世の箱庭」とも称される、古い街並みを残す、城壁に囲まれた美しい村です。人口800人ほどしかないのですが、ポルトガル旅行の白眉とされ、昼間は観光客で一杯。小さな空間に凝縮された絵本のような村を散策できます。

1288年にポルトガル王ディニス1世と王妃イサベル(聖エリザベト皇后)は、新婚旅行でオビドスを訪れました。その際、王妃が大変気にいったことから、王はこの地を王妃にプレゼントしたのです。以来、オビドスは代々の皇后の直轄地となり「王妃の村」とされました。今は、中世の面影を残す小さな観光地として、ポルトガル旅行随一の人気スポットです。


リスボンのカンポ・グランデ駅バスターミナルから一時間ほどバスに乗るとオビドスに到着します。リスボンからの日帰り観光に最適です。

↓城壁の外側にあるバスの停車駅から下の駐車場方面を見ると、古い水道橋が見えます。
f0140054_75288.jpg

オビドスは城壁に囲まれた小さな町(村)です。まずバス停から、城壁に向かいます。

↓外側から見た城壁
f0140054_7525739.jpg

↓ポルタ・ダ・ヴィラという城壁の門に入ると、アーチ上部に18世紀のアズレージョ(タイル装飾)が見られます。この城門は1380年に建造されたもので、中で折れ曲がるクランク型の構造で、敵に直接攻め込まれるのを防いでいます。
f0140054_7533876.jpg


門を抜けるとメインストリートが現れ、青と白の配色が印象的です。

↓写真は城門横の城壁に登る階段から撮ったもの。ここに限らず、オビドスはどこを撮っても絵になりますので、思い切り写真撮影を楽しめます。
f0140054_7544659.jpg

このメインストリートは、ディレイタ通りといい、両側の白壁の家に挟まれた石畳の細い道で、一番奥のオビドス城まで少し上り勾配で続いています。ここには、土産物屋などが立ち並び、昼間は観光客の流れが途絶えることがありません
f0140054_7552159.jpg

城門からオビドス城まで10分ほどで行けるのですが、急がずに、ディレイタ通りを見物したり買い物したりして、ゆっくりと歩きながら楽しみましょう。
f0140054_7554044.jpg

ここでは、さくらんぼの果実酒であるジンジャ・デ・オビドス(Ginja d’Obidos)通称ジンジャが一番の名物です。 瓶の大きさやデザインは各種あり、お土産にも最適。通りのあちこちで販売されており、ほとんどの方が買って行かれます。
f0140054_756189.jpg

↓せっかくオビドスに来たのですからジンジャを一口飲んでみました。それにはチョコレート製小カップ(お猪口)に注いでくれるジンジャが最適で、通りのあちこちで売られています。1ユーロで、ジンジャとチョコを味わえます。
f0140054_7565492.jpg

ジンジャは、とても甘いリキュールで口当たりは良いのですが、アルコール度数は20度くらいあり、結構強いお酒です。

↓いろいろなジンジャ瓶があるので、それを見て回るだけでもじゅうぶん楽しめます。
f0140054_7572289.jpg

f0140054_7573931.jpg

f0140054_758850.jpg

f0140054_7582396.jpg

↑私は写真の小さなジンジャとチョコカップを買って帰りました。下戸の私には、ちょうど良いと思ったからです。
甘くて強いお酒なので、これでもちょっときつく、プレーンソーダ水に混ぜて、酎ハイのような感じで飲むと、サクランボ風味が効いて非常に美味しかったです。



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 05月 20日 |
「たびねす」掲載された、私の 「河口慧海の足跡も!泉州・堺で古い街並み散策」 という記事とのコラボ企画の後編です。

今日は、堺の古い街並みの紹介と堺鉄砲の話です。


↓清学院の一筋東側に、鉄砲鍛冶屋敷跡があります。堺市の指定有形文化財ですが、住居として使われているため、内部非公開で外観だけの見学になります。
f0140054_741184.jpg

安土桃山時代から江戸時代にかけて、技術力のある堺は日本一の鉄砲生産地として栄えました。第二次世界大戦の空襲で堺の中心部は焼失しましたが、この一画は奇跡的に戦災を免れました。鉄砲鍛冶屋敷跡は、江戸時代の鉄砲鍛冶井上関右衛門の居宅兼店舗であったもの。往時の面影を残す堺で唯一の貴重な建築物で、日本の町家建築としても最古級です。

↓鉄砲鍛冶屋敷跡を引いた画角で周辺の街並みと一緒に撮影
f0140054_7414578.jpg

1543年、種子島の門倉岬西村の小浦に漂着したポルトガル人より、初めて日本に南蛮式鉄砲がもたらされました。島主:種子島時堯が、二挺の鉄砲をポルトガル人から買い取ったのです。

当時、琉球との貿易に従事していた堺の貿易商・橘屋又三郎は、種子島に立ち寄り、その鉄砲製造技術を持ち帰り、堺の桜之町に鉄砲工場をつくりました。堺の職人たちは対応できる高い技能を持っていたからです。

また、紀州根来寺(現・和歌山県岩出市根来)でも、堺の刀工・芝辻清右衛門が種子島銃の複製に成功します。
さらに足利将軍義晴に島津経由で献上された鉄砲をもとに、近江国・国友村(現・滋賀県長浜市国友町)の刀工・善兵衛も種子島銃の複製に成功。

すなわち、ほぼ同時期に、日本の三か所で、鉄砲製造に成功し、そのうち二か所で、堺の人間が製造したのです。

戦場の様相を一変させる武器でしたので、戦国大名は競ってこの鉄砲を入手しようとしました。
中でも「尾張の大うつけ」といわれた織田信長は、1553年、舅である美濃の斎藤道三と初対面した際、足軽に500挺もの新兵器の鉄砲を持たせて行進し、驚かせたとのことです。

まさに、この時、鉄砲伝来からわずか10年後なのです!
f0140054_742378.jpg

上記の堺の橘屋又三郎(鉄砲又)と芝辻清右衛門一族は、堺で本格的な鉄砲生産に乗り出し、堺は日本における鉄砲製造の中心地となりました。(信長が長篠の戦いで使用した3000挺の鉄砲のうち2500挺が堺の製品)

鉄砲の弾丸の鉛や火薬原料の硝石は輸入に頼らざるを得なかったので、海に面した貿易港である堺は鉄砲製造の立地条件としては最適でした。さらに職人の技術力の高い堺では、品質管理による「部品互換方式」の製作システムを確立して大量生産に乗り出しました。
いっぽう、原材料輸入貿易や鉄砲販売をする有力堺商人は、会合衆として堺の都市自治を推し進め、現代でいう商社的役割を果たし、鉄砲のバイヤーかつブローカーとして活躍しました。


織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の天下人は、鉄砲を重視し、堺を支配下に治めるべく努力しました。これらの天下人と結んだ堺商人は、財力を蓄え文化をも育成しました。

今井宗久や千利休・津田宗及らは、鉄砲の販売や硝石の貿易で活躍した堺商人で、その経済力の上に、茶の湯という高度な文化を生み出しました。彼らは、単なる武器商人ではなく、日本人の美意識を創り出した優れた文化のプロデューサーでもあったのです。千利休に至っては茶の湯を大成するとともに、「御茶湯御政道」の担い手として秀吉政治のフィクサーにまでなりました。(秀吉の弟:豊臣秀長の言葉「公儀のことは私に、内々のことは宗易【=千利休】に」)
f0140054_7454253.jpg

その結果、鉄砲生産の最盛期:1600年ころには、10万挺近い鉄砲が日本にあったと推測されます。当時、日本の鉄砲の数は、ヨーロッパ全体の量を超えていたそうです。

この鉄砲普及の驚異的なスピードと国産鉄砲の品質の高さは、日本だけで、ヨーロッパ人が銃を持ち込んだ世界のどの地域にも見られないものです。


有力な説によると、ポルトガル・スペインが日本の植民地化をあきらめた大きな要因は、この日本における鉄砲の普及にあったとされます。

「堺鉄砲が日本を守った」とは言いすぎかも知れませんが、少なくとも「歴史を変えた堺鉄砲」と言えるでしょう。


模倣から出発して、品質を向上させ本家を超えた良いものを大量生産する.....なんだか、現代日本の自動車産業やカメラ産業の話に似ていますね。
f0140054_7461745.jpg

江戸時代に、鎖国して天下泰平になると鉄砲の需要は減りますが、鉄砲鍛冶の伝統が途絶えることはなく、タバコ包丁や打ち刃物でも堺の高度な技術は連綿と受け継がれ、とりわけ高級なプロ用包丁である「堺包丁」は現在でも世界一の切れ味を誇ります。


↓このあたりには多くの鉄砲鍛冶が住んでいたのです。
f0140054_7463871.jpg

そうした、現代に堺鍛冶の伝統を受け継ぐ老舗が、水野鍛錬所です。

↓鉄砲鍛冶屋敷跡から二筋東に紀州街道があります。ここを南に150mほど歩くと水野鍛錬所があります。
f0140054_747321.jpg

ここは、現在も営業している老舗の鍛冶屋で、伝統の古式鍛錬にのっとりプロ用の和包丁から日本刀に至る極めて優れた刃物を鍛造しています。奈良の法隆寺大改修の際には、国宝五重塔九輪の四方魔除け鎌をを鍛え奉納しました。
f0140054_7473516.jpg

↓水野鍛錬所の門横には、与謝野晶子の歌碑があります。2010年に水野鍛錬所により建立されたもので、鍛冶屋らしく庖丁の形をしています。
f0140054_748265.jpg

 「住の江や和泉の街の七まちの鍛冶の音きく菜の花の路

「七まち」とは堺の鍛冶屋用語で、堺製のタバコ庖丁が江戸幕府公認となった際、北旅籠町、桜之町など七つの町に住んでいた37軒の鍛冶屋が指定されたことに由来します。このあたりは、堺の鉄砲製造の伝統を引く鍛冶屋の街区だったのです。

また「菜の花」は、江戸時代から明治時代にかけての堺では、菜種が多く栽培されていたことによります。河口慧海や与謝野晶子が、堺で幼少期を過ごした際、菜の花を見て育った情景が浮かびます。

この歌碑は、最近つくられたものですが、与謝野晶子のふるさとですので、堺には晶子の歌碑・顕彰碑は多く建立されてきており、現在は23基もあります。

なお、堺の与謝野晶子の歌碑については、
 「与謝野晶子のふるさと堺市で歌碑巡り 生家跡などで晶子を偲ぶ」
 「堺市で与謝野晶子の歌碑を辿り歴史ロマン散歩 大仙公園から晶子立像へ」
の記事をお読みください。


↓このあたりは刃物の店が多いです。
f0140054_7483788.jpg

f0140054_7485189.jpg

↓紀州街道
f0140054_74949.jpg

与謝野晶子歌碑の前の紀州街道を南に下り、阪堺線(路面電車)と合流してから次の筋を東に入ると山口家住宅があります。

↓山口家住宅
f0140054_7492219.jpg

山口家住宅は、大坂夏の陣の戦火直後(1615年)に建てられた貴重な建物で、江戸時代初期の町家として重要文化財に指定されています。内部は整備され、堺の伝統的な町家暮らしを感じることが出来る展示があります。

ここは、前回記事で紹介した「清学院」との共通入場券も発行され、連動して見学できます。「慧海と堺展」というイベントが実施された際は、山口家住宅もメイン会場の一つとなり、河口慧海と交流のあった堺の人々の関連資料が展示されました。


<たびねす記事もよろしく>
f0140054_1803958.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 05月 15日 |
「たびねす」に、私の「河口慧海の足跡も!泉州・堺で古い街並み散策」という記事が掲載されました。
堺が生んだ偉人: 河口慧海と、堺の古い街並み散策について書いていますので、ぜひご覧ください。
どうぞよろしくお願いします。

(45)河口慧海の足跡も!泉州・堺で古い街並み散策
http://guide.travel.co.jp/article/26260/






ブログでも、上記の、たびねす記事とタイアップして、河口慧海について詳しく紹介します。


↓大阪府堺市の南海本線七道駅前の西側ロータリーの中心に河口慧海の銅像があります。これは、1983年に堺ライオンズクラブの創立25周年記念事業として建立されたもので、ヒマラヤの岩場を行く慧海の姿がリアルに再現されています。彫刻家・田村務によって制作されたものです。
f0140054_7503282.jpg

河口慧海は、日本の仏教の在り方にあきたらず、求道者として梵語・チベット語の仏典を求めて、艱難辛苦の末、日本人として初めてヒマラヤを越え、鎖国していたチベットに入国を果たしました。

多くの梵語仏典やチベット語仏典を持ち帰り、民俗関係資料や植物標本なども蒐集し、大きな成果をあげました。当時の状況から非常に困難な旅でしたが、仏教の原点を究めるという強い意志により成し遂げたのです。その慧海の不撓不屈の精神が感じられる銅像ですね。


↓七道駅前を東に歩くと、河口慧海生家跡周辺マップ看板があり、その後ろに堺の環濠跡が見られます。
f0140054_7511378.jpg

f0140054_7514980.jpg

↑ここは、中世に自由な自治都市として栄えた堺の町を取り囲んでいた環濠の一部で、貴重な遺構です。堺環濠の東側は埋め立てられ土居川公園という細長い公園になっています。いっぽう、西側は内川として残されているのですが、現在はこの七道駅前の丸い環濠跡が起点となっています。


↓環濠跡から東へ三筋目の角を南へ曲がって50mほど歩くと、河口慧海の生家跡の碑があります。現在は住宅地の中にあるブロック塀に囲まれた小さな一角です。
f0140054_7521650.jpg

↓正家跡にある説明書き(写真をクリックすると横1200ピクセルに拡大表示されます。大きくしてご覧ください)
f0140054_7524539.jpg

河口慧海は、1866年(慶応2年)に堺山伏町(現・堺市堺区北旅籠町西)で、樽製造業者の長男として生まれました。向学心が旺盛であったため、各所で勉学を重ね仏教へ傾倒します。

懸命に修行し五百羅漢寺の住職にまでなりましたがあきたらず、その地位を捨て、仏陀本来の教えが残る仏典を求めチベット行を決行します。帰国後、チベット仏典研究と一般人への仏教の普及に邁進し、多くの著書を残しました。晩年には還俗し、在家仏教の道を提唱しました。


河口慧海の考え方は、仏陀の道=原始仏教の本来の姿を追求したわけですから、形骸化した現在の仏教の在り方に疑問を持ったのは当然でした。やがて自ら僧籍を捨て、在家仏教こそが真の仏陀の道であると喝破したのです。


あくまで私の独自の考えですが、原始キリスト教や原始仏教の在り方は非常に似ていると思います。したがって慧海の考え方は正しい宗教を究めようする者には当然の結論です。慧海の姿には、すべての優れた宗教家に共通する聖性があると感じます。



また、慧海の思想は別にしても、ヒマラヤを越えチベットに至る記録は素晴らしいもので、慧海の『チベット旅行記』は探検記・紀行・冒険としても、とても面白く素晴らしい著作ですので、ぜひお読みください。一本筋の通ったノンフィクションの名作です。

文庫本もありますし、ネット上で無料で読める青空文庫もあります。ぜひとも、こちら、をご覧ください。


『チベット旅行記』については、私は15年ほど前に感想文を書いて、ホームページに発表したことがあります。それを、下の More に載せてみましたので、ご興味のある方はお読みいただければ幸いです。
f0140054_7582663.jpg



↓河口慧海の生家跡から東へ二筋のところに清学院があります。
f0140054_7562435.jpg

↑ここは、もとは修験道の道場で、江戸後期から明治初期にかけては寺子屋として使われ、町人たちの学習の場でした。

河口慧海もここで、読み書き算盤を学びました。現在は「堺市立町家歴史館 清学院」として保存修理され、河口慧海に関連するパネル展示をはじめ寺子屋の歴史に関する資料を公開しています。

↓清学院前にある説明書き(写真をクリックすると横1200ピクセルに拡大表示されます。大きくしてご覧ください)
f0140054_7564942.jpg

河口慧海は幕末に生まれ、明治維新の激動の時代に堺で幼少期を過ごしたわけですが、当時、堺の旧市街には、22件もの寺子屋があり、約2000名の町民子弟が通っていました。寺子屋は、読み書き算盤を教えるとともに、人の道である道徳や宗教も教えていました。

堺は本格的な商工業者の町ですから、算術は当然必須ですし、商品経済の発展に伴って、証文や手形などの取引に文字教育は必要とされたのです。また商取引には人と人との信頼関係が前提となり、倫理的な教育も施されたのです。

堺の寺子屋の特徴は、教える側の師匠が、すべて町人系か医者で、士族すなわち侍がいなかった点です。いかにも堺らしいですね。
国語系の教科書は「往来物」といわれる往復書簡、地名紹介本、千字文などで、清学院で見ることができます。


寺子屋はいわば初等教育ですが、もう少し上のレベルの教育を行った、郷学所や私塾もありました。経学(四書五経)や詩文(漢詩)を教える中等教育ですね。

河口慧海は勉学熱心で、清学院の寺子屋を出た後も、儒学者・土屋弘の私塾である晩晴塾(現・堺市戎之町)で学びました。慧海は、ここで漢籍・詩文・修身を学び、漢学の素養を身につけるとともに、読書力・文章力に磨きをかけたのです。



かつて自治都市であった堺には清学院のような寺子屋をはじめとして、郷学所や私塾が多く存在し、商工業者の子弟が通っていました。千利休以来の町衆の文化の程度が高く、他所に先駆け鉄砲鍛冶に代表される高度な技術者や優秀な人材を育んだのです。河口慧海と与謝野晶子は、そうした堺の文化的土壌が生んだ偉人といえるでしょう。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。

More 『チベット旅行記』について
2017年 05月 10日 |
恐竜博物館の記事が続きましたので、少し巻き戻して、桜と野鳥の写真をアップしてみます。

今春は足の調子が悪く、本格的なフィールド撮影ができませんでした。とはいえ、近所の公園散歩くらいは出来ますので、桜の時期は、おなじみの小さな野鳥をからめた写真を撮影しました。
重い撮影機材を持ち歩けないので、あまり大きく撮れなかったですが、なんとか今年も出会えて嬉しかったです。


↓メジロ
f0140054_8244690.jpg

↓ヒヨドリ
f0140054_825132.jpg

↓エナガ2景
f0140054_826129.jpg

f0140054_826193.jpg

↓ヤマガラ
f0140054_8263875.jpg

↓シジュウカラ
f0140054_8265094.jpg

↓桜まつり
f0140054_827850.jpg

↓紅枝垂れ2景
f0140054_8272771.jpg

f0140054_8274393.jpg

↓落桜有情
f0140054_828725.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 05月 05日 |
福井県立恐竜博物館の最終回です。

春から秋にかけての期間限定ですが、化石発掘体験という有料イベントが恐竜博物館のすぐ近くで実施されており、大きな話題になっています。勝山は中生代の化石の里であり、恐竜博物館を中心とした「かつやま恐竜の森」の町おこし施策の一環として実施されていますが、とても良い所に目を付けたものです。

非常に重要な化石を発掘した場合以外は、発見した化石を持ち帰ることが可能とのことなので、私も体験してみることにしました・

↓化石発掘体験の行われる施設
f0140054_9125539.jpg

↑写真のように雨天でも可能な屋根付きの場所が設えられており、現場では専門家の方が指導してくれます。

ここに置かれている岩石は、すべて約1億年前の恐竜のいた中生代地層の発掘現場から運ばれてきたもの。化石を発掘するという貴重な体験は、とても良い思い出となります。


↓化石発掘体験
f0140054_9131763.jpg

↑写真は実際の化石発掘体験の情景です。配布されるゴーグルを装着し、ハンマー、タガネを使って、石を割っていくという作業になります。軍手だけは参加者が自分で用意する必要があります。もし化石らしいものを見つけたら、待機している専門家に聞いて確かめます。

化石発掘体験をするためには、あらかじめ予約が必要ですので、「かつやま恐竜の森化石発掘体験公式サイト」より開催日程と時間を確かめて予約し、当日は公園管理事務所の受付に行ってゴーグルなどの道具の貸与を受けてください。


石を割っていくわけですが、なかなか見つかりません。それでも私は頑張って以下の三つの化石を見つけました。

↓(1)下部の濃い楔形の模様のように見えるのが、植物化石です。
f0140054_1331923.jpg

↓(2)中央部を斜めに横切っている太くて黒い筋が、植物の葉の化石です。
f0140054_914942.jpg

↓(3)中央右下部の黒い点々のようなものが小さな巻貝の化石です。
f0140054_13475721.jpg

いずれも約1億年前の化石です。実際に恐竜が闊歩していた時代の化石ですので、見つけると嬉しいものです。
なかなか一目で判然としないのですが、「ん!これは?」というものがあれば、待機している専門家の方の所に持っていき鑑定してもらいます。

このように植物化石が見つかることが多く、巻貝などの小動物化石も見つかります。ごくまれに恐竜などの大型動物の骨の一部が見つかることがあり、夢が広がります。


最後に、「かつやま恐竜の森」から見た周辺の山の写真を掲載します。白山周辺になりますが、まだまだ雪が残っていました。
f0140054_9144277.jpg

f0140054_9145438.jpg

f0140054_91556.jpg

<たびねす記事もよろしく>
f0140054_1316810.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon