模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
2017年 03月 24日 |
サラマンカは、スペイン西部の美しい町で、大学都市として知られています。町の中心には、世界遺産の教会や修道院そして大学の各学部の建物が散らばって建てられています。

この町で最大の建物はサラマンカ大聖堂で、新旧のカテドラルが並んで一体化して建っています。

↓南側から見た大聖堂の複雑な全景観です。
f0140054_0102994.jpg

↓東側からの大聖堂上部
f0140054_0104841.jpg

↓西側から。写真の右側の低い三角屋根が12世紀の旧カテドラルでロマネスク様式、左側の高いドームが16世紀から18世紀にかけて建造された新カテドラルでゴシック様式。いずれもサラマンカのシンボルとして比類なき美しさで佇立しています。
f0140054_0111311.jpg

↓サラマンカ大学前広場から見た大聖堂
f0140054_0113764.jpg

↓北側の通りからの大聖堂
f0140054_0115421.jpg

↓大聖堂の壁の装飾
f0140054_0123024.jpg

↓大聖堂上部
f0140054_013349.jpg

複合的な巨大建築物であるサラマンカ大聖堂は、近くで見るより、少し遠くから見ると綺麗です。下の写真は、サラマンカの南側を流れるトルメス川の河岸から、夕刻に大聖堂を撮ったものですが、夕日を浴びて立体的に赤く輝いています。このように、視点を変えていろいろな角度から見て、大聖堂の景観を楽しめます。
f0140054_0132523.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 03月 19日 |
今回の旅では、あちこちでコウノトリを見かけました。
ヨーロッパ種コウノトリ(Stork)は、ヨーロッパで春~秋に繁殖し、アフリカ方面で越冬する渡り鳥です。


昨年は、3月に トルコで 大空を飛翔するコウノトリを撮影 したのですが、今年のスペインは、2月に渡ってきているかどうか難しいところだと考えていました。実際に行って見ると、幸い多くのコウノトリがすでに渡ってきており巣作りに励んでいました。

中でも、サラマンカのコウノトリは印象的でした。
サン・エステバン修道院など、世界遺産の建物の屋根上にコウノトリが営巣しているのです!
f0140054_8424353.jpg

修道院の屋根の上には、何組ものコウノトリの夫婦が巣を守っており、その巣が落ちないように保護している人工的な籠状の構造物もあります。
f0140054_8342415.jpg

f0140054_8344685.jpg

世界遺産の建物の上でコウノトリが営巣するのを大切にしている光景は非常に感動的で、日本ではとても考えらません。
f0140054_835331.jpg

↓巣作りの材料を運ぶコウノトリの飛翔姿のシルエット
f0140054_8352912.jpg


西ヨーロッパのコウノトリは、冬はアフリカで越冬し、初春に地中海を渡ってきて、高い建造物か大木の樹冠に巣をつくり子育てをします。
スペインやポルトガルで見られるコウノトリは、多分、ジブラルタル海峡を渡ってきたものでしょう。

まだ、巣作りの時期で、雛の姿は見られませんでしたが、これから抱卵し子育てをするようです。

日本でのコウノトリ絶滅要因の一つは、巣を架ける木の伐採だと言われています。ヨーロッパでも、大木は少なくなってきていますが、建物の屋根や煙突を提供し、コウノトリとの共存を図っているのは素晴らしいことですね。



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 03月 14日 |
「たびねす」に、私の「歴史ある世界遺産の大学都市!スペイン・サラマンカ」という記事が掲載されました。

スペイン西部にある治安のよい大学都市サラマンカを紹介したものですので、ぜひご覧ください。
どうぞよろしくお願いします。

(43)歴史ある世界遺産の大学都市!スペイン・サラマンカ
http://guide.travel.co.jp/article/25066/






ブログでも、上記の、たびねす記事とタイアップして、サラマンカについて紹介していきます。

今日は、私がサラマンカの建造物として一番衝撃を受けたサン・エステバン修道院です。

サラマンカの旧市街の主な建物は世界遺産に指定されていますが、このサン・エステバン修道院も世界遺産の筆頭の建造物です。
f0140054_1537770.jpg

ご覧のように圧巻の装飾を施された見事な建物です。

このサン・エステバン修道院は、ドミニコ会による修道院で、百年かけて17世紀初に建造されました。
f0140054_1539102.jpg

ファサードは、プラテレスコ様式の大傑作で、まさに圧巻です。酸化鉄を含有した赤っぽい石に、おびただしい装飾が施され見る者を驚嘆させます。

プラテレスコ様式とは、ルネサンス様式をイスラム的空間感覚により再構成したスペイン特有の建築様式で、その細かい装飾が銀細工(プラテリーア)を連想させることからきています。

確かにルネサンス様式というより、偶像のある形であるにもかかわらず、イスラム的な雰囲気が見て取れます。レコンキスタの本場スペインに花咲いた存在感のある建造物です。


↓門の装飾
f0140054_15393399.jpg

↓門の装飾部分をアップで拡大撮影
f0140054_1539587.jpg

↓上部に覆いかぶさるアーチの姿は、イスラムのイーワンの上部にあるムカルナスに少し似ています。
f0140054_15402370.jpg

f0140054_1540381.jpg

↓夕方に再訪問すると西日を浴びてサン・エステバン修道院が輝いていました。
f0140054_154119.jpg

この修道院は、クリストファー・コロンブスがサラマンカ大学で天文学を研究した際、滞在していた場所で、やがてここで女王イザベル1世がコロンブスへの航海支援を決める検討会を開いたそうです。スペインが海洋国家として発展するきっかけをつくった場所といえるでしょう。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 03月 10日 |
帰国後、予想通り確定申告でジタバタしております(笑)、、、この時期、フリーランスは辛い・・・なかなか時間がとれません。
写真の現像が全く進まないので、ブログ更新は今日も一枚もの写真での記事になりますので、お許しください。


「トラムに乗ってトラムを撮る」
f0140054_8571847.jpg

リスボンの路面電車にはモダンで大きな最新型のタイプもあるのですが、旧市街の狭い道のコース(12番線や28番線など)を走るのには古い改修車が使われています。細い路地や坂道をゆっくり走るトラムの姿は絵になり、レトロな雰囲気は観光客にも好評です。

上の写真は、トラムに乗って、運転席前窓越しに、先を行く別のトラムを撮影したものです。右側に窓枠を額縁のように入れています。バイクのブレーキランプが光る瞬間を狙いました。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 03月 06日 |
皆さん、元気でお過ごしでしょうか?
私は元気で無事、帰国しました。

まだ写真の整理・現像が出来ていませんので、今日は一枚だけアップします。

↓スペインの城塞都市アビラの風景です。高さ平均12mの城壁がとても印象的でした。〔世界遺産〕
f0140054_17355649.jpg

今回のコースとしては、スペインの無名の田舎を回った後、トレド ~ アビラ ~ サラマンカ とスペイン西部の古都をめぐってポルトガルに入り、いろいろ観光しました。


ブログや、たびねす記事を再開しますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2017年 03月 01日 |
Ima PORTUGAL no LISBON ni IMASU.

GENKIDESU.
f0140054_836857.jpg



I'm stil now in LISBON.

Soon, I'll leave PORTUGAL for JAPAN.

Many thanks for your concern!




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ <- Please click the button , thank you !
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon