模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2014年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
|
2014年 01月 31日 |
御堂筋のライトアップである「御堂筋イルミネーション2013」は、2013/12/1(日)~ 2014/1/19(日)の開催で、既に終わってしまったのですが、期間中に何度か御堂筋を歩いており、その際に撮ったものを、まとめてアップします。

それでは、冬の大阪の風物詩となった御堂筋の夜のスナップを楽しみください。
f0140054_9153042.jpg

f0140054_9155047.jpg

f0140054_916518.jpg

f0140054_9161937.jpg

f0140054_9364199.jpg

f0140054_917355.jpg

f0140054_9172033.jpg

f0140054_917342.jpg

f0140054_9174884.jpg

OM-D E-M1 は、高感度にも強くなったので、イルミ系なら夜でも問題なく撮影できるようになりました。夜景のシャドウを落とす絵づくりも改善しています。
上記の写真は、おもに ISO2000、絞り優先マイナス0.3AUTO で手持ち撮影しています。レンズはいろいろ使っています。
OM-D E-M1 の高感度画質は、私の所有機材では高感度番長の EOS 6D に比べると劣りますが、私的には十分満足できる画質です。こういう被写体ならアートフィルターでRAW現像時に遊べる分、EOSより面白いかも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
2014年 01月 29日 |
突然ですが大阪以外の方に地名読み方のクイズです。

標題の「杭全神社」ですが、いったいなんと読むでしょうか?

大阪在住なら誰も知っている名前なのですが、他県の方には難しいようなので、ちょっと考えてみてください。答えは次の写真の下です。
f0140054_211584.jpg

この読み方は「くまたじんじゃ」です。

この近辺には、この「杭全」のほかに「喜連瓜破」や「放出」といった大阪独特の難読地名があります。

ちなみに、「喜連瓜破」は「きれうりわり」、「放出」は「はなてん」と読みます。面白いですね。
f0140054_21153564.jpg

杭全神社は、平野郷の守護神として奉祀された古い神社で、862年、征夷大将軍・坂上田村麻呂の孫:坂上当道の創建と伝えられます。
後醍醐天皇から「熊野三所権現」の勅額を賜り、熊野権現社の総社とされたそうです。
f0140054_2116312.jpg

f0140054_21162349.jpg

↓お、ここにも三本足のカラスが。
f0140054_2116485.jpg

f0140054_2117892.jpg

↓やはり由緒ある神社らしく楠の巨木もあり、歴史を感じます。
f0140054_2118128.jpg

杭全神社の裏手に、環濠があります。
今はここしか環濠は残っていないのですが、かつては平野郷は環濠に取り囲まれた「環濠自治都市」だったのです。
f0140054_21183162.jpg

f0140054_21185981.jpg

平野は、大阪市に編入されるまでは「平野郷町」で、堺と並ぶ自治都市の伝統を受け継いでいました。
今はわずかにその面影を残すのみですが、次回の大阪寺社探訪では平野郷の古い街並みを掲載する予定です。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←よろしければ応援ポチお願いします。御覧いただき、ありがとうございます。
2014年 01月 28日 |
ワルシャワ中央駅から旧市街への道はいろいろあり、日によりルートを変えて歩き回りました。
その一つに、シナゴーグの近くを通るものがあります。

私は寺社教会建築の撮影が好きなので、シナゴーグも興味深く見学しました。

シナゴーグとはユダヤ教の会堂のことで、一般的にはユダヤ教会とされています。
f0140054_9144552.jpg

f0140054_9153100.jpg

f0140054_9152932.jpg

f0140054_9154949.jpg

このシナゴーグの周りでいろいろ写真を撮っていると、親切なユダヤ系のおばさんに声をかけられ、特別に中を見せてくれることになりました。日本人はめったにここに来ないのでと言っておられましたが、本当に有り難い事です。
残念ながら内部撮影はNGだったのですが、とても印象的でした。カトリック教会のように豪華な内部装飾は無いですが、シンプルかつ荘厳な雰囲気でした。
1階は男性の祈りの場で、2階が女性の祈りの場になっていました。
f0140054_917988.jpg

f0140054_9172717.jpg

ここは由緒あるシナゴーグだそうで、幾多の迫害を受けてきたユダヤ教徒の思いがこめられているかのごとく綺麗に維持されていました。
第二次世界大戦以前にはヨーロッパで最大のユダヤ人口を持っていたポーランドですが、多くの方がホロコーストの犠牲になりました。
残った人も迫害を受けたことから、イスラエルへと去って行きました・・・・いわゆるアシュケナージですね・・・・例えば女優ナタリー・ポートマンの父親もそうした帰還ポーランド系ユダヤ人のひとりです。

ここに立って、次はやはり中東聖地巡礼の旅に行きたいと痛感しました。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
2014年 01月 26日 |
昨日、御在所岳の樹氷写真をアップしたところ、大きな写真で見たいというコメントが寄せられました。

そこで、横1000ピクセルの写真をアップします。
以下の三枚の写真は、クリックすると拡大しますので、ぜひ大きな写真をお楽しみください。(特に一枚目は大きくすると吹雪の感じが分かります)

↓「吹雪の中で」
f0140054_16153971.jpg

↓「雪深きルート」
f0140054_16155680.jpg

↓「氷瀑」
f0140054_16163468.jpg

以上の写真は、ISO200で、露出はプログラムオートでF5~8あたりになるように留意して撮っています。RAW現像時に、+0.5補正で雪の白さを実際に見た感じに近づけています。

ピントはマニュアルフォーカスです。
12-40mmF2.8は、MFにするのがレンズのピントリング上下で簡単なので、カメラを見なくともファインダーを覗いたまま吹雪の中でも操作が可能で助かりました。


なお、エキサイトブログはどんな大きな写真をアップしても自動的に500KB以下に縮小されてしまいます。
そこで、価格.comに同じ記事をアップしました。

こちら を御覧ください。

価格.comの場合は、元の画像をそのまま見ることができます。
Exifデータ付き画像もダウンロードできますので、ご参考になればと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
2014年 01月 25日 |
いろいろなブログ写真シリーズが併行して走っており申し訳ないのですが、また季節もののシリーズをはじめます。

三重県と滋賀県の境にある御在所岳という樹氷で有名な山の写真です。

先般、クルマ日帰り登山で御在所岳(1,212 m)に行ってきました。下界は寒く晴れていたのでチャンスだと思い決行したのですが、御在所岳の頂上付近は雲の中で、途中から吹雪になり思ったより濡れてしまい、登頂後はロープウェイで下山しました。

カメラ機材は、OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO という強力な防塵防滴のコンビでしたので、吹雪の中でも問題なく撮影できました。
気温が低く風もあったので樹氷には好条件でした。ただ、雪舞う悪天候下でもあるので、写真自体はなかなか綺麗には撮れず、難しかったです。

それでは、今日はその樹氷写真をお楽しみください。
f0140054_21295571.jpg

f0140054_21301028.jpg

f0140054_21302762.jpg

f0140054_21304538.jpg

f0140054_2130597.jpg

f0140054_2131131.jpg

f0140054_21312949.jpg

f0140054_2131481.jpg

f0140054_2132643.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
2014年 01月 24日 |
先日、写友のKさんに案内してもらい、はじめて猫カフェに行きました。

美しい猫たちが居て、優雅な姿を見せてくれました。

静かにゆっくりと撮影を堪能しました。とても楽しかったです。

今日は大きな成猫たちの姿を御覧ください。
f0140054_20155931.jpg

f0140054_2016121.jpg

f0140054_20162665.jpg

f0140054_20163892.jpg

f0140054_20165236.jpg

f0140054_20171235.jpg

f0140054_20172783.jpg

f0140054_20174193.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
2014年 01月 22日 |
正月の大阪寺社探訪の続きは平野郷です。
平野はかつての環濠自治都市があった古い町で、いろいろな寺社や街並みが残っています。

なかでもひときわ目を引く巨大な寺院が大念仏寺です。
大念仏寺は融通念仏宗の総本山で、日本最初の念仏道場とのことです。(融通念仏宗は平安時代後期に誕生した国産仏教最初の宗派)

本堂は大阪府下で最も大きな木造建築で、国の登録有形文化財だそうで、迫力があるなあと感じました。
お参りした本堂内は撮影禁止でしたので紹介できませんが、外観等を御覧ください。
f0140054_1447914.jpg

f0140054_14473583.jpg

f0140054_14474714.jpg

f0140054_1448247.jpg

以前、平野にはチンチン電車の南海平野線があり、阪堺線の今池停留場から平野停留場までを結んでいたましたが、1980年に廃止されました。
その跡地は細長い公園になっており、線路模様の敷石や信号のオブジェなどが置かれています。
f0140054_14484896.jpg

f0140054_1449568.jpg

f0140054_14492150.jpg

f0140054_1563923.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←よろしければ応援ポチお願いします。御覧いただき、ありがとうございます。
2014年 01月 19日 |
冬の時期はイルミネーションや寺社参りも良いですが、野鳥とくに水鳥のシーズンでもあります。

水場で水鳥の観察をするのはまた楽しからずや・・・
今年もシベリアから渡って来てくれてありがとう・・・
寒さに震えながら、野鳥に癒されるひとときを過ごすのでした・・・

ということで、今日は公園の池で撮影したオナガガモの姿を御覧ください。
f0140054_155983.jpg

f0140054_14575025.jpg

f0140054_1458364.jpg

f0140054_14582085.jpg

f0140054_14583372.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←よろしければ応援ポチお願いします。御覧いただき、ありがとうございます。
2014年 01月 17日 |
大阪光の饗宴に連動して、中之島付近はライトアップされています。
今日はその中から、川面に映るイルミをアップします。

中之島はその名のとおり旧淀川の細長い中洲ですので、橋が多く架かっており水都大阪らしい場所ですね。
それでは冬の夜の川面のイルミをお楽しみください。
f0140054_1456104.jpg

f0140054_14562526.jpg

f0140054_14563932.jpg

f0140054_14565372.jpg

f0140054_1457773.jpg

f0140054_14572043.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
2014年 01月 15日 |
ワルシャワ中央駅は何度も利用しましたが、、ポーランド各地へ行く鉄道の起点です。
この中央駅付近に宿をとりポーランド各地を鉄道で行き来するとともに、ワルシャワの街を歩き回りました。ポーランドについては、しばらくそのワルシャワの街スナップを掲載して行く予定です。

↓ワルシャワ中央駅自体は地下にあり、線路も地下なので外からは駅という感じがしません。
f0140054_21372029.jpg

↓その駅地下は巨大ショッピングセンターに隣接しており、ブランド店からカルフールまであり、何でも買い物できるので便利でした。
f0140054_2138119.jpg

↓ワルシャワ中央駅を出ると、文化科学宮殿が見え、ちょうど良いランドマークになっています。ここから街歩きがはじまります。
f0140054_21382969.jpg

ポーランドは物価が安いので、駅近のスーパーでいろいろ食料品を仕入れました。
↓御菓子系は可愛いので買い込んだものを宿で記念撮影しました。デーツ(ナツメヤシ)やチョコレートは、ポーランドの街歩きで適当な昼レストランがない際の昼食になりました(笑)
f0140054_21385485.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon