模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2011年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧
|
2011年 12月 30日 |
本年最後の記事になります。いろいろありまして、時間が無く申し訳ありません。

東日本大震災をはじめ、今年は大変な年でした。プライベートな面でもいろいろありました。
しかし、人々の温かさや、自然の美しさを、改めて知った年でもありました。
旅、写真展、撮影会、ブログ友との交流、、、その他、いろいろなことに幅を広げることが出来ました。
とても思い出深い年にもなりました。

皆様方には、拙ブログを御愛顧いただき、心より感謝いたします。
本当にいろいろありがとうございました。


この忘れられない2011年の最後に、忘れられない小さな被写体を上奏して、今年のラストエントリーとさせていただきます。

ということで、ルーマニアの至宝ペレシュ城の、心に残った美しいステンドグラスの逸品を御覧ください。
(写真をクリックすれば、横1000ピクセルに大きく高画質になります)
f0140054_6575186.jpg

「忘れがたきステンドグラスの美」

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4


それでは皆様、良いお年を!
また新年にお会いしましょう! 

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。地には平安を! ありがとうございます。
2011年 12月 28日 |
今年もあとわずかです。そこで、今年の総決算ということで、hiro_cloverさんのトラックバック企画に参加します。

昨日載せました11~20位に引き続きまして、今日は、2011年お気に入り写真ベスト10です。

私の場合、現像下手と撮影枚数の関係で、撮ってから年月を経過してやっと現像して陽の目を見るというケースが多々あります。そこで、あくまで撮影年ではなく、今年ブログに掲載した写真のベスト10ということになります。

私自身のお気に入り写真ですので、ブログを御覧になった皆様の評価とは違うと思われます。またそれも楽しからずやということで、いろいろ御意見やトラックバックをいただければ幸いです。


まずは10位から順にどうぞ!


↓【10位】
f0140054_1719512.jpg

「謹賀新年」

↑滋賀県の白髭神社です。
この写真は1月1日にブログにアップして、謹賀新年の御挨拶にしたものです。
オリンパスの投稿サイトFotoPusでは、私の写真の中では一番人気があり、お気に入り登録数202票を獲得しました。
私自身のお気に入り順位とは違うところが微妙なのですが(汗)、国内旅行・モノクロ写真・加工写真も選定したいという気持ちもあり、10位とします。


↓【9位】
f0140054_1795623.jpg

「樹林の宝石」

↑ルリビタキです。
今年撮った野鳥の中で、一番愛らしい鳥です。この雄のルリビタキ君は、私を認識しており、早朝散歩で会いに行くと、必ず飛んで来てくれました。
野生なのに馴れてくれたので、いろいろなポーズを撮影できました。その中で、特にルリビタキの可愛さがあふれている気がするこの写真を9位に選定しました。残念ながら、このルリビタキ君との逢瀬の場所は、今は工事現場となってしまいました(泣)


↓【8位】
f0140054_1720177.jpg

「雲が湧く摩天楼」

↑大阪ステーションシティーから撮影しました。
大阪の街のスナップは、以前から温めているテーマです。庶民的で下世話・泥臭いイメージのある大阪ですが、最近はなかなかお洒落な町に変貌しつつあります。ブログ友とも楽しく大阪を撮影したのは今年の良い思い出です。
その新しい大阪のスナップから、ドラマチックトーンがうまく効いた作品を選んでみました。


↓【7位】
f0140054_17104815.jpg

「桜キラキラ」

↑東京の千鳥ヶ淵で撮影しました。
花・植物は、私が日常一番多く撮影する被写体です。中でも春の桜は、大好きで数多く撮るのですが、なかなか良い作品が撮れません・・・
この作品は、私の一番好きなアートフィルターであるライトトーンを適用したものですが、なんとかうまくキラキラ感が出ましたので、7位に選定しました。


↓【6位】
f0140054_17112193.jpg

「求愛のプレゼント」

↑カワセミの求愛給餌を撮影しました。
野鳥写真も、今年本格的に挑戦しようと心に決め頑張ったのですが、機材が重く途中で肩痛を発症してしまいました(涙)
肩痛までは、青い宝石:ルリビタキと、青い稲妻:カワセミに、熱中しました。その中で、一番気に入っているのはこの写真なので、6位に選定しました。


↓【5位】 (写真をクリックすると横1200ピクセルに拡大します)
f0140054_17114595.jpg

「眠れる森の美女のような街」

↑チェコのチェスキー・クルムロフで撮影しました。
私のメインテーマは旅ですので、やはり上位になります。
この写真の光景は、美しい雪の街が、モルダウ川に囲まれ森の中に浮かんでおり、まさに「眠れる森の美女」のような雰囲気だと感動しました。
ZD7-14mmレンズのおかげで撮れた作品で、なんとか実際の美しさを再現できたかなと思います。


↓【4位】
f0140054_17121829.jpg

「牧歌的な世界」

↑ルーマニアのトランシルヴァニアで撮影しました。
この作品は、今年実施した温故斬新の写真展で展示したものです。
画質は悪いのですが、非常に思い入れがあり、自分では大好きな作品です。FotoPusマイセレクト写真集のロゴにもしています。
ヨーロッパ最後の中世と言われるルーマニアの原風景が見れたような気がしました。この一枚が撮れただけで、ルーマニア旅行は価値があったと、自分では勝手に思い込んでいます(笑)


↓【3位】 (写真をクリックすると横1000ピクセルに拡大します)
f0140054_17125327.jpg

「ノラ ~新しい生命」

↑近所で生まれた野良猫の子を撮影しました。
この作品は、FotoPusグランプリで、作品賞にノミネートされたものです。ブログでも皆さんの好評を得ました。
猫写真というのは、そんなに熱心に撮影してきたわけではないのですが、犬猫を飼ってきた経験もあり、好きな被写体ではあります。
この写真は、子猫の野性的な目の雰囲気を狙って撮りました。自分の評価と、外部の評価が一致した珍しい作品でもあり、3位に選定しました。


↓【2位】 (写真をクリックすると横1000ピクセルに拡大します)
f0140054_17131920.jpg

「ハンカチの ひとひら落ちて 光射す」

↑花の文化園のコンテストで、フルル花と福祉の応援ネット理事長賞を受賞した作品です。
思いがけず高く評価していただいて嬉しかった作品であるとともに、ZD14-35mm松レンズで、はじめて納得のいく撮影ができた作品でした。
また、通い続けてホームグラウンドとなった花の文化園で、ようやく良い写真が撮れたという意味でも、素直に喜びたいと思います。


↓【1位】 (写真をクリックすると横750ピクセルに拡大します)
f0140054_1715591.jpg

「美しき天然」

↑クロアチアのプリトヴィツェ湖群国立公園で撮影しました。
この写真が、自分の中で今年のベストであることには、まったく迷いがありませんでした。
この絶景に接したとき、感激のあまりちょっと涙が出ました。夢中で無念無想で撮影しました。
写真技術的には何の工夫も無く、全く普通に撮っているだけであり、ひとえに被写体の美しさに拠っています。この美観は、私の人生の中でもベストスリーに入ると思います。
旅の感動を残したいというのが私の写真撮影の原点であり、技術・機材云々より「美しい景色を撮りたいんだ」という単純なことを再認識しました。旅を続けてきて良かったと思います。



どの写真にも思い入れがあり、私的な物語があります。
特にベスト選定となると、写真というより、被写体に対する自分の強い感動・印象が残った作品が優先するようです。私自身は、あまり凝ったものより、雄大な景観や美しい自然を普通に撮影したものが好きなのだと思います。

これからも、写真撮影という趣味を生かして、楽しく夢を持って、みずみずしい感性を忘れず、しなやかに生きて行きたいものです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。感想などをいただければ嬉しいです。ありがとうございます。 
2011年 12月 27日 |
hiro_cloverさんの呼びかけで始まった、今年ブログに掲載した写真のベスト10を選ぶという企画ですが、予想通り難航しました(笑)
でも、振り返って今年の写真を反省しけじめをつけるという意味では、非常に良かったです。

ベスト40くらいまでは簡単に選定できたのですが、そこから10枚というのは大変です。

私の場合、いろいろなジャンルを撮影しますので、なかなか比較しにくいのですね。部門別ベスト10というのも考えたのですが、その部門というのが、私の中でそれぞれ重みが違うので、並行して選ぶのは違うなあと感じました。

ということで、全体として各種ジャンルに配慮して、なんとか20枚の写真を選定し、そこから直感的に10枚を抜きました。

今日は、ベスト10には惜しくも選ばれなかったものの、自分としては好きな写真たちということで、11位~20位のものを、掲載してみます。
明日が、ベスト10ということで、本番トラックバック企画になります。

今日の写真では、順位にはあまり意味は無いのですが、参考ということでご理解ください。

それでは20位から、以下、楽しんで見ていただければ幸いです。


↓【20位】
f0140054_821344.jpg

「最も小さくて最適化された交換レンズ」

↑機材の写真です。
カメラ馬鹿にとっては、機材ネタというのは避けて通れません。そして結局、そのカメラを撮影して自己満足に浸るわけですね・・・そしてこういうポートフォリオにも載せたくなる(笑)
今年は、左肩を痛めた際、小さいミラーレス機にさらに極小の古い110レンズをつけて、撮影を楽しみブログにアップしました。皆様のポチ応援のおかげで、PEN STYLE コンテストで商品をいただいた作品でもあり、20位に選定してみました。


↓【19位】
f0140054_824047.jpg

「大人の”LOVE”」

↑唯一の人物メインのスナップ選定です。スロベニアで撮影しました。
私の一番苦手とするのはポートレートや人物スナップです。
今年もいろいろ挑戦してみたのですが、思うように撮れず、いけると感じだものはプライバシー関係でブログに発表できないものでした。
ということで、旅をからませたこの一枚を、19位としてあげておきます。海外でないと撮れない写真かも知れません。


↓【18位】
f0140054_835631.jpg

「紋白蝶のランデヴー」

↑唯一の蝶・昆虫系写真選定です。
子どもの頃から撮ってきた蝶・昆虫写真ですが、今年はなかなか良いものが撮れませんでした。
この写真は、モンシロチョウの雄と雌の白い色の違いが、紫外線効果か、出ているように思えます。
来年は、蝶・昆虫系写真をもう少し頑張って、ベスト10に入れるものを載せたいです。


↓【17位】
f0140054_844837.jpg

「女王の風格」

↑プラナー85mmF1.4MMGでマニュアル撮影した花写真です。
花の写真は撮る機会が一番多く、ブログにも沢山載せました。撮影しながら癒されるのですね。
ただ、一歩抜けた写真は無く、選ぶとなると非常に難しいです。マクロレンズで撮ったのが特に多いのですが、自分的には、花は少し引いた感じのほうが好きなのですね。
ということで、今年は、マイブームとなったオールドレンズ作品という意味も込めて、この花写真を18位とします。
来年は、なんとかクローズアップで花写真の良いものを撮りたいです。


↓【16位】
f0140054_853022.jpg

「ほっと一息」

↑奈良公園の鹿さんです。
今年はブログ友のおかげで、鹿写真にも親しみました。
それから、組写真というのにも挑戦してみました。この「ほっと一息」という写真はブログに発表後、別のサイトで組写真のメインとして使わせてもらいました。その組写真は、こちら
唯一の動物写真・組写真ということで、16位とします。


↓【15位】
f0140054_861732.jpg

「ステンドグラスと和の物語」

↑島根県の津和野での撮影です。
今年は国内旅行もあちこち行ったので、なんとかそこから一枚と思い、選定しました。
思い入れのある沖縄や、機材を満載で行った北陸、それに宮島、東京、長野などいろいろ候補はあり迷いましたが、結局ごく最近アップしたこの写真にしました。
国内の旅は、温泉もあり気楽でのんびりできるのですが、写真としては個性を出すのが難しいです。


↓【14位】
f0140054_871226.jpg

「冬の旅路」

↑チェコの写真です。
雪の中に人の歩く道だけが黒く続いており、とてもフォトジェニックでした。
冬の旅路を象徴しているかのように思え、気合を込めて撮影した愛着のある一枚です。チェコの写真は別にベスト10に入れたものがあるので、この写真は14位としましたが、見方によっては今年のベストかも知れないという思いもあります。


↓【13位】
f0140054_874678.jpg

「石畳の田舎道」

↑ルーマニアの写真です。
ルーマニアでは、見知らぬ田舎街を歩くのを楽しみました。
この写真は、中世的な町風景の建物、真ん中に排水くぼみのある石畳、そして古めのクルマという情景が気に入って撮影したものです。
温故斬新の写真展に出品したものであり、プリントするとフィルムライクな色が出て気に入りましたので、13位とします。


↓【12位】
f0140054_89567.jpg

「アドリア海の思い出」

↑クロアチアの写真です。
今年は、念願のクロアチア旅行が実現しました。
目的地のひとつであったドブロクニクでは思い切り撮影しまくったのですが、ドブロクニク写真の中でどれを選定するか悩みました。
スナップや街並みや夜景や城壁の写真も良いのですが、結局、この海を臨む写真が好きなので、12位として選びました。


↓【11位】
f0140054_895259.jpg

「旅の予感」

↑神戸・異人館で撮影しました。
レトロ系・室内フォトというのも今年、割と力を入れて撮影したテーマです。なかなか難しいものですが、その中から一枚選定してみました。
ソファーにカヴァーをかけ、帽子やスカーフが置かれており、隅にクラシックなトランクが・・・。貴婦人がこれから長い旅に出るというイメージで、私は好きな作品なのですが、あまり反響はなかったです(笑)


さて、明日のベスト10は、どんな写真でしょうか?

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。お好きな写真が、ありましたでしょうか? ありがとうございます。 
2011年 12月 26日 |
一部で好評の、模糊の素人料理教室です(笑)

しばらく前に報告させていただいた、カードのポイントでゲットしたホームベーカリーですが、順調に愛用しています。

↓ブリオッシュ食パン フランスにあるバターと卵を入れるパンですが、うまく出来ました。バター風味が美味いです。
f0140054_8562336.jpg

↓セサミレーズンパン 干しブドウとゴマを具材として入れて作りました。私のオリジナルですが大成功です。
f0140054_8564888.jpg

その他にも、カボチャパン、干しイチジク入りパン、干し杏入りパンも作りました。
カボチャなどは、電子レンジで温めて荒くつぶして粉に混ぜます。
ドライフルーツ類は、細かく切って、具入れ容器に入れセットするだけです。
いやあ、ホームベーカリーによるパン作りは、簡単で面白いですね。


さて、昨日のクリスマスの日曜日には、応用編にチャレンジしてみようと、ナンを作ってみました。
ホームベーカリーで、焼き上げるのではなく、生地を作るもので、アレンジメニューのひとつです。

ナンは、応用といっても、オーブンを使わないので、実は、生地コースで一番簡単なアレンジメニューなのです(笑)

取扱説明書どおりに、材料をホームベーカリーにセットして、ボタンを押すだけで、コネ~寝かし~コネ~発酵まで自動でやってくれます。
あとは、その出来上がった生地を取りり出し、6個に分けて、少し休ませてから、めん棒で薄くのばします。

↓そして油をひかずに、フライパンで焼くだけです!!
f0140054_924058.jpg

↓焼きあがりました。(一昨日はカレーを作ったので、その残りを温めてセットします)
f0140054_8583695.jpg

ちょっと整形が下手で、フォカッチャかエジプトパンのようになりましたが、食べてみると間違いなくナンの味でした。
いやあ、我ながら美味しかったですよ。
少しだけ生地を厚めにのばすと、ぷっくり太目に焼けるので、ナンを割って間にカレーを入れて食べても美味しいです。お好みですが、薄いのと厚めのものを両方作ってみると面白いです。
ナンは、誰でもできる簡単な料理です。カレー好きの方、インド料理好きの方は、ぜひ作りましょう!


ホームベーカリーによるパン作りは、拙ブログにコメントいただく BOOCHANさん から刺激を受けてはじめたのですが、同じく engel777engelさん も、はじめられたそうです。
ホームベーカリーによるパン作りの輪が広がっています。これもブログというコミュニケーション手段のおかげですね。とても嬉しいことです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。粉もの好きには、ぴったりの料理家電です(笑)。ありがとうございます。
2011年 12月 25日 |
f0140054_7332785.jpg

先ほど、所用で外へ出たのですが、北風がピューピューと吹いていました。日本も寒いクリスマスになりましたね。
こちらは、朝の段階では、まだ雪は降っていないです。

さて、昨冬のヨーロッパは寒波襲来で大雪でした。
ただ、アドベント(待降節:クリスマス前4週間)に見事に冠雪し、クリスマス装飾とあいまって、とても綺麗でした。

町の広場では必ずクリスマスマーケットが開かれ、野外コンサートや合唱などとても賑やかで、冬季の長い夜を、皆さんで楽しんでいました。

冬至や新年を、ツリーを飾ったりして祝うのは、キリスト教起源ではなく、もっとはるか古代から世界中にある習俗ですね。詳しくは、こちら
そんな、コンサバな古い歴史と、寒い冬の長い夜を楽しむ工夫が随所に見られました

それでは、美しいプラハの夜をお楽しみください。
f0140054_7362797.jpg

f0140054_7364354.jpg

f0140054_7365920.jpg

f0140054_7573420.jpg

f0140054_7371612.jpg

f0140054_7373382.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。なにはともあれ、メリークリスマス。ジェクイ。
2011年 12月 24日 |
メリークリスマス!
今日と明日は、クリスマス特集ということで、ヨーロッパの聖夜の雰囲気を楽しんでいただければ幸いです。

昨冬の中欧旅行は、予約していた航空会社がストライキになり、すったもんだして、結局、伊丹→成田へ、そしてKLMオランダ航空で、アムステルダムに飛び、そこからまたプラハに飛ぶという長いコースになりました。(帰りは、パリ経由のエールフランス)

急遽決めたので、便の連絡が悪く、アムステルダムでも中途半端に時間が余ります。そこで、空港やその周辺を少々散策したのですが、クリスマス前ということで、結構イルミネーションや装飾が綺麗でした。

それでは、アムステルダムのスキポール空港とその近辺での、クリスマス装飾を御覧ください。
f0140054_22165786.jpg

f0140054_22171389.jpg

f0140054_22172973.jpg


f0140054_22215398.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。少し日本とは色使いなどが違いますね。ダンキュー。
2011年 12月 23日 |
もう、クリスマスイブイブなんですね。月日の経つのは早いものです。
しばらく旅に出られないので、在庫写真を鋭意アップしてきましたが、なかなか進みません。日本の中国地方をめぐる旅もまだ3回目ですが、忘れたわけではありません(笑)

クリスマスということで、カラフルな写真が良いと思い、中国地方をめぐる旅から、島根県の津和野カトリック教会のステンドグラスの光が落ちた光景を掲載します。

ここは外観は洋風の教会なのですが、中に入ると和風で、畳が敷いてあり、そこにステンドグラスからの光が落ちて、綺麗でした。
しばらくすると日が陰り、このカラフルな映写は消えてしまいました。

洋風と和風の素敵なコラボをお楽しみください。
(画面をクリックすれば、横1000ピクセルに大きく高画質になります)

f0140054_22253723.jpg

「ステンドグラスと和の物語」

f0140054_22261699.jpg

OLYMPUS PEN E-P3 with M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ひとときの美しい空間でした。ありがとうございます。 
2011年 12月 22日 |
hiro_cloverさんが、今年の写真ベスト10のトラックバック企画を実施されるそうです。

皆さんも、自分が今年ブログにアップした写真のベスト10を選んでみませんか?

セレクトが大変だと思いますので、今、予告しておきます。
私は、まだ選定できていませんが、これから頑張り、12月28日~29日あたりにアップする予定です。
皆さん、楽しく自分のベスト10を選び、相互にトラックバックしましょう!
f0140054_23333889.jpg

「俺たちは何処へ向かうのか?」

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。今年を振り返って整理してみるのも良いと思います。ありがとうございます。 
2011年 12月 21日 |
ちょうど昨年の今頃、雪のハンガリーを旅しておりました。そこで、今日は、その時の写真です。

ハンガリー北部のドナウ川が屈曲するところにあるのが、ドナウベント地方です。
その中でも、もっとも歴史のあるのが、エステルゴムです。

1000年頃、ここの大聖堂でイシュトヴァーン1世が正式にハンガリー王として戴冠し、ハンガリー王国が成立したのです。

まさにハンガリーの古都ですね。現在でもエステルゴム大聖堂は、ハンガリー・カトリック教会の総本山です。

ということで、そのエステルゴム大聖堂のストレートな写真を御覧ください。
(画面をクリックすれば、横1000ピクセルに大きく高画質になります)

↓エステルゴム大聖堂は雪の中・・・
f0140054_2145319.jpg

↓近くから見上げると、大きくて大迫力です。
f0140054_21455763.jpg

↓エステルゴム大聖堂の内部天井を見上げる。
f0140054_21461816.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。圧倒的な存在感の大聖堂でした。クスヌム セーペン。 
2011年 12月 20日 |
どうも最近拙ブログは、日替わりで「世界あちこち・日本あれこれ」になっていますが、それもまた個性ということで、楽しんでいただければ幸いです。今日はトルコです。

イスタンブール中心部にある古代競馬場跡(ヒッポドローム)は、今は立派な公園になっています。イベント広場として利用されています。
競馬と言っても、古代ローマの映画やドラマでご覧になったことがあると思いますが、戦車競技ですね。

↓古代競馬場跡の広い景観
f0140054_6452296.jpg

↓三日月と泉亭  ドイツから友好の印として贈られた8角形の泉亭です。三日月が輝いて印象的でした。高画質で大きな画は、こちら
f0140054_6455535.jpg

↓「テオドシウス1世のオベリスク」(手前)と「切石積みのオベリスク」(後方) 手前のオベリスクはエジプトのカルナック神殿からローマ皇帝によって運ばれたものです。 <トイフォト>
f0140054_6463699.jpg

↓2本のオベリスクの間にある青銅製の「蛇の柱」 ギリシアのアポロン神殿からコンスタンティヌス1世が持ってきたもの。8mの高さで折られています。
f0140054_6471759.jpg

↓ここは、イスタンブールのデートスポットでもあり、カップルが多いです。ということで、トルコの大人のLOVE。 <ライトトーン>
f0140054_6474531.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD  ISO2000、手持ち撮影

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。イスタンブールはムード満点でした。テシェキュレデリム。 
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon