模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
|
2011年 01月 31日 |
昨日の日曜日は、咲くやこの花館で、撮影会を実施しました。

前回はオリンパス機でしたが、今回はキヤノン機ユーザーということで、いくつかの機材をお互いに交換して撮影してみました。カメラ好き仲間ならではの企画です(笑)もちろんブログ連動企画でもあります。

鶴見緑地の野鳥はインフルエンザ問題で断念しましたが、温室の植物を存分に撮影しました。
私は写真しか能のないカメラ馬鹿のオッサンですが、こんなオッサンの相手をして一緒に撮影企画に参加していただいた皆さんに深く感謝いたします。ありがとうございました。
とても楽しい撮影会でした。

まずは、お約束の機材撮影です。
↓キヤノン機4台。なかなか壮観です。左から、EOS60D、EOS7D、EOS60D、EOS5Dmark2 です。レンズはお分かりになるでしょうか?
f0140054_2051436.jpg

上記の機材を撮影したカメラは、CANON PowerShot S95 です。


咲くやこの花館の一周目、私はフクロウままさんの、EOS7DとEF24-70mmF2.8Lをお借りしました。
その中から、今日は少しアンダー目に濃厚に撮った蘭の花の写真です。

EF24-70mmF2.8Lは、いわゆる大三元レンズの中心であり、キヤノンの看板レンズだけあって、やはり良いですね。
シャープな解像感があり、色乗りもさすがです。
f0140054_209174.jpg

↓7Dで使うと1.6倍の画角になるので、マクロとしても威力を発揮します。ボケも良いですね。
f0140054_2010623.jpg

CANON EOS 7D with EF24-70mm F2.8L USM

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。写りは素晴らしいレンズでした。ありがとうございます。
2011年 01月 30日 |
本日未明、カタールのドーハにて日本代表がオーストラリア代表に勝利し、サッカーアジア杯を優勝で飾りました。

思えば18年前、「ドーハの悲劇」の因縁の地で、今回は負けなしの完全優勝を果たし、「ドーハの歓喜」に変えてくれました。いや、カタール全土で日本のサッカーの素晴らしさをドラマチックに見せてくれましたので、「カタールの輝き」といえるでしょう。
なにはともあれ、おめでとう!
f0140054_22243141.jpg

そこで、蔵出し在庫から、カタールの写真をアップしてみます。
なお、「ドーハの悲劇」の舞台となったアルアリスタジアムについては こちら をご覧ください。
f0140054_2228687.jpg

f0140054_22285124.jpg

f0140054_22295081.jpg

今日は「咲くやこの花館」でキヤノン機による撮影会を行い、とても楽しいひとときを過ごしました。それについては、明日、載せる予定です。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。今日は良い日でした。シュクラン。
2011年 01月 29日 |
今冬の大阪城公園の野鳥シリーズ最終回です。

大都会のど真ん中ですが、結構野鳥が観察できるのには驚きました。
大阪という町は、緑が少ない大都市なので、中央部に唯一緑の面積の大きな大阪城公園に、いろんな野鳥が集まってくるのかも知れませんね。

鳥の種類の同定に関しましては、hiro_cloverさんに御教示いただきました。この場を借りて、深く御礼申し上げますm(_ _)m

まとめて載せてみますので、お好きな鳥がありましたらコメントいただければ幸いです。

↓アオジ
f0140054_22535634.jpg

↓ヤマガラ
f0140054_2255166.jpg

↓ツグミ
f0140054_22554793.jpg

↓ルリビタキ
f0140054_22563722.jpg

↓ハクセキレイ
f0140054_22573324.jpg

↓シロハラ
f0140054_2321308.jpg


OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital 70-300mm F4.0-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。昨日、アクセス数が55万件を突破いたしました。皆様の御愛顧のおかげです。ありがとうございます。
2011年 01月 28日 |
トラツグミを見つけました。
私は、はじめて見た鳥なので、ちょっと興奮しました(笑)

ツグミより大きくて、まだらの模様が印象的です。
また、ツグミのように頭を高く上げて周囲をみるような仕草はせず、ひたすら低い姿勢で歩き回り、餌をあさっていました。

トラツグミは冬に、北日本や山岳地帯から、平地の森林に降りて来るそうです。いわゆる鵺(ぬえ)と呼ばれる鳥でもあります。
まさか大都会のど真ん中の大阪城公園で見られるとは思わなかったので、嬉しいです。
f0140054_2013367.jpg

f0140054_20154867.jpg

f0140054_20165355.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital 70-300mm F4.0-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。一羽だけでした。ありがとうございます。
2011年 01月 27日 |
鳥インフルエンザが広がり、伊丹市の昆陽池でも野鳥観察が禁止になりました。海遊館のペンギンパレードも中止になったみたいですね。

濃厚接触をしない限り人間にうつらないらしいですが、今は冬の渡り鳥のシーズンなので、とても残念なことです。

私も、今冬は少し野鳥の撮影に力を注いでみようと思っていたのですが、用心してしばらくは野鳥撮影を控えます。次の日曜日も撮影会で野鳥を撮ってみようかという話もあったのですが、これも中止です。また来シーズン以降に期待しましょう。

そこで、すでに今冬シーズン撮ってきた野鳥の写真を数回にわたって載せていきます。
今日は大阪城公園のジョウビタキです。

ジョウビタキは普通種ですが、とてもきれいな小鳥で特に雄の胸下の黒と茶の配色が美麗です。典型的な渡り鳥で、シベリアから中国で繁殖し秋以降になると日本に渡ってきます。

「梅にジョウビタキ」
f0140054_1811722.jpg

f0140054_18112928.jpg

f0140054_18122735.jpg

↓用心しながら近づいてきた一羽にエサをやっている人がいました。それを横から撮らせてもらいました。
f0140054_1813095.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital 70-300mm F4.0-5.6

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ジョウビタキは好きな鳥のひとつです。ありがとうございます。
2011年 01月 26日 |
モルダウ川(ヴルタヴァ川)は、プラハの町の真ん中を流れています。
現在は多くの橋が架かっていますが、昔は一本の橋しかなく、それがカレル橋でした。
カフカやリルケもドヴォルザークもスメタナも、この橋を渡って生活していたのでしょう。

カレル橋は、14世紀末に建設され、19世紀中ごろまでプラハ旧市街に至る唯一の橋でした。
ヨーロッパに現存する最古の石橋でもあり、世界遺産/観光スポットでもあります。

旧市街側からカペル橋を渡ります。中央右奥にプラハ城が小さく見えています。

↓「カレル橋を渡る」 (ライトトーン適用)
f0140054_204465.jpg

カレル橋の欄干には両側それぞれに15体ずつの彫刻が並んでいます。これは聖人たちの像です。

その中で最も日本人に親しみのある像を紹介します。
それが下の聖フランシスコ・ザビエルの像です。ザビエルを担いでいる下の人の頭にちょん髷があり刀を差しているのがお分かりでしょうか? これは日本人という風評があったのですが、実際は「中国人、タタール人、ムーア人、インド人」を表しているそうです。現地でガイドをしておられた、池田 宏 さんという方から、御指摘を受けました。深く御礼申し上げます。

↓「フランシスコ・ザビエル像」 (ドラマチックトーン適用)
f0140054_205850.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ザビエルは、チェコでも有名なのですね。ジェクイ。
2011年 01月 25日 |
花の文化園では、年中温室の花が咲いていますが、厳冬期は丁度温度的に快適です。外は花が少く寒いので、温室の花を改めてじっくり撮ってみました。

温室の花の中でも、極楽鳥花(ストレリチア)は、温室の女王とも言える豪華な花ですね。

今日は、この花を撮った同じRAWデータを、違うソフトで現像してみました。
両方ともスタンダードな現像パラメータで、露出・WB等は撮影時の設定を使い、特殊なことは何もしていません。

↓最初は、オリンパスの純正現像ソフトの、OLYMPUS Viewer 2 です。
f0140054_2324227.jpg

↓次は、今回、改めて導入したAdobe社の、Photoshop Elements 9 です。
f0140054_233575.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED50mm F2 Macro


いかがでしょうか?

OLYMPUS Viewer 2は、純正ソフトであり、E-5でRAW撮影すればファインディテール処理が行われます。E-5の高画質感は、このファインディテール処理によるところも大きいと言われています。
RAW撮影後の、いわゆる「あとからアートフィルター」も、このソフトでのみ適用可能です。

Photoshop Elements 9 は、一昨日書きましたように旧バージョンがインストールできなくなったので、矢も盾もたまらず本日最新完全版を導入しました。
もともと私は、Photoshop4~6などを使っていた経験があるのですが、Photoshop CSシリーズになってからは、あまりにも巨大ソフト化したので、アマチュア向けのPhotoshop Elementsシリーズに乗り換えました。
Adobe社の共通プラグインであるCamera Rawは気に入っており、各社のRAWを同時に扱えるので、何社ものデジカメを使う私のようなカメラ馬鹿には最適で、愛用してきました。
ただ、E-5をゲットしてからは、あとからアートフィルターやファインディテール処理が、原則的に他社ソフトで使えないので、Viewer 2のほうが使用頻度が高くなりました。

画像加工に関しては、Photoshop系に慣れているので、依然としてPhotoshop Elementsは手放せません。
それに、私自身の楽しみとして、最近はデジカメのRAW現像に費やす時間が多くなってきました(笑)パソコンで写真画像をさわるのは撮影とはまた少し違った面白さがあります。泥沼に陥ってしまう可能性もありますので、ほどほどの趣味にしておこうと思いますが(汗)・・


あまり、現像処理やフォトショップ加工にはまると、あーでもないこーでもないと時間ばかり経過し、写真とは別の世界にハマりこんでしまいます。それは、私のような写真撮影が好きな者にとって本末転倒です。


てなわけで、やまいこうこう、二種類の現像ソフトで比較してみました。
私的には、Viewer 2のほうが若干高精細に見えますがブログサイズでは、そんなに違うようには思えません。それより、明らかに色合いが違い、こちらはElements 9のほうが好みのように思えるのですが、モニターの発色の特性・相性かも知れません・・・
皆様のご意見をお聞かせいただければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。温室の花シリーズも続きます。ありがとうございます。
2011年 01月 24日 |
昨日の写真が好評だったので、調子に乗って今日も聖ヴィート大聖堂内部をアップしてみます。
皆様の温かいコメントに感謝いたします。

今日は、高い場所にあるステンドグラスです。
フランスのシャルトル大聖堂で感動して以来、ステンドグラス・ファンになりました。
窓が少なく暗い壁構造だったロマネスク様式から、ゴシック建築では柱による重さの分散が可能になり、その柱の間にステンドグラスが嵌め込まれました。
まさに大聖堂は光と色彩のあふれる空間になったのです。

そんな中世の建築革命を彷彿とさせるステンドグラスがありました。
こんな高いところに美しいステンドグラスが!と感嘆したので、頑張って撮りました。明るめに撮るために、E-5の手振れ補正機能プラス根性手振れ補正です(笑)
f0140054_21201468.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4


パソコンの性能は確かに飛躍的に上がりサクサク感があります。
ソフトの問題を別にすれば、もっと早く買い替えるべきだったかなと実感しています。

ただ、夜はメール等の各種設定や旧ソフトのインストール、外付けHDに退避させていたデータ移転、属性の関連付けなど大変です。
フリーウェアなどで、64ビット環境で使えないものもありますね。パソコン入れ替えはめったにやらないので、固くなりつつある頭で必死に対応しております。

ということで、皆さんのブログへの訪問もここ数日間は無理なようです。申し訳ありませんが、ご容赦ください。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ステンドグラスはやはり美しいです。ジェクイ。
2011年 01月 23日 |
聖ヴィート大聖堂の内部に入ります。

まず驚くのは、その巨大な内部空間であり、特に天井の高さです。
頭を上にして首が痛くなるほど見上げ続けてしまいました・・・

一切鉄骨を使わず、石組みと漆喰だけこんな大聖堂を造った、中世の技術に敬服するばかりです。

↓単純に真上を撮った写真ですが、そのほうが迫力が伝わると思います。
7mm超広角でも収まりきれない大きさです。
f0140054_1813205.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED 7-14mm F4


パソコンをとうとう買い替えました。
昨日は、悪戦苦闘しOSの再インストールまでやったのですが、結局動かず、今日は疲れたので早々に戦線から撤退し、近くの量販店に新パソコンを買いに行きました(笑)

私の場合、カメラにはこだわりがありますが、パソコンは単なる道具と割り切っていますので、スタンダードタイプの安売りモデルで十分です。
RAW現像やブログ作成にすぐ使いたいので、Windows7、Corei5の4GBメモリーのノートブックにしました。

もともとRAW現像が遅いので苦労しており、そろそろ買い替えねばと考えていましたので、まあこれが潮時だと、あまりじたばたせず決断しました。

まだ、今日使い始めたばかりで、よく分かりませんが、LED省電力バックライト液晶ということで、以前の高輝度液晶に比べると、少し地味な発色になった印象です。

今、困っているのは、使い慣れた旧ソフトの対応です。
実は、フォトショップ系は、従来から乗り換え版ということで、安く更新してきたのですが、今回は64ビットになったせいか最初の完全版フォトショップE2がインストールできません。そのため、それ以降の乗り換え更新版もインストールが拒否されます。うーん、どうしよう・・・

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ゴシック建築の神髄ですね。ジェクイ。
2011年 01月 21日 |
花の文化園では、厳寒期でも薔薇の花が咲いています。
手入れをすれば、長く咲く花なのですね。

薔薇は完成度の高い花で、逆に言えば整いすぎている面もあります。
被写体としては、個性を出しにくいのですが、そこが薔薇らしいのかも知れません。
f0140054_22104156.jpg

f0140054_22112429.jpg

f0140054_2212846.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO Digital ED50mm F2 Macro


最近、パソコンの調子が悪くて、難儀しています。
WindowsXPで長く頑張ってきたのですが、酷使してきたのも事実で、そろそろ買い替え時かなあ・・・
この週末はパソコンと格闘してみますが、多分ブログの更新等ができないと思います。
皆さんのブログにも行けませんが、どうかご容赦ください。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。花の女王でしょうか。ありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon