模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2009年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
|
2009年 06月 30日 |
住吉大社からの帰路、また住宅街の中を通り、市井の花々を写しました。
薔薇、ペチュニアやランタナなど、珍しい花ではないですが、そこに住む人たちが心をこめて育てておられるのが感じられて、なかなか素敵でした。
住吉シリーズ最終回ですが、花の写真をお楽しみください。
f0140054_18552313.jpg

f0140054_18561374.jpg

f0140054_18565526.jpg

f0140054_18573583.jpg

f0140054_1858266.jpg

f0140054_1859891.jpg

OLYMPUS E-1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。住吉シリーズをこれで終わります。おおきに。
2009年 06月 28日 |
金剛組は、現存する日本最古かつ世界最古の企業だそうです。
578年、四天王寺建立のため聖徳太子によって百済より招かれた宮大工が創業しました。
寺社仏閣建築を主としており、宮大工を100人以上抱えています。住吉大社も補修中で、金剛組が手がけていました。
f0140054_2264340.jpg

金剛組が改修した本殿です。
f0140054_2272347.jpg

大海神社(おおわたつみじんじゃ)
住吉大社の境内摂社です。
古事記によると、綿津見神(わたつみのかみ)は、イザナギ・イザナミが産んだ、最初の神々の一人で、海の神です。住吉三神も、その時生まれた海の神で兄弟神です。
いずれも、大和から瀬戸内海を通って大陸へ向かうルートに関係の神社が分布しており、当時は危険だった航海の無事をお願いする神であったようです。
f0140054_2284048.jpg

大海神社の内陣です。
f0140054_2292190.jpg

初辰まいりの幟が、はためいていました。
初辰とは、毎月最初の辰の日のことで、この日に参拝すれば御りやくがあると信仰されています。
住吉大社といえば商売発達「はったっさん」と親しまれてきました。48回参拝すれば、四十八辰、つまり始終発達するそうです。
f0140054_22105782.jpg

OLYMPUS E-1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。世界最古の企業が日本にあるのですね。おおきに。
2009年 06月 27日 |
住吉大社の境内をうろうろしていると、いろいろな被写体に出会いました。
このマクロレンズは換算100mmF2望遠レンズとしても使えるので、なかな面白かったです。
ズームレンズは便利ではありますが、単レンズもまた制限の中で撮影する楽しさがありますね。

「池を這う」
f0140054_1705428.jpg

「初夏の落ち葉」
f0140054_1721385.jpg

「幹模様」
f0140054_1731556.jpg

「至る道」
f0140054_1741967.jpg

「穴の中のピント」(最初「鏡の中のピント」としてアップしましたが、鏡ではなく神明穴と呼ばれる穴であることが判明しましたので、訂正いたします。詳しくは、こちら
f0140054_1755933.jpg

OLYMPUS E-1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。神社の中の、なにげない被写体も面白いですね。おおきに。
2009年 06月 26日 |
歩いていると、やはりここに行き着いてしまいました。
住吉大社は、日本でも有数の古い神社です。

神功皇后が三韓遠征より帰還した際、ここで神命を受け創建されたと伝えられます。
古墳で有名な仁徳天皇や応神天皇とも関係が深く、住吉大神は河内王朝の守護神とされます。

近くの住吉津は、古代の国際港でもあり、シルクロードの日本の玄関でした。
ここは、古代大和王権の外交・航海に関連した神社であることは間違いないです。

摂津国の一の宮、住吉神社の総本宮でもありますが、地元大阪では「すみよっさん」と呼ばれ、毎年初詣の参拝者が大阪で一番多い神社です。
f0140054_194842100.jpg

このマクロレンズ、歪曲がないので、結構建築物を撮っても面白いです。
f0140054_19493148.jpg

住吉大社駅前通り
f0140054_19504010.jpg

反橋(太鼓橋) 最大傾斜は約48度の純木造の橋です。地上と天上を結ぶ虹に例えられています。
今では、住吉神社の象徴ですが、これは慶長年間(16世紀末~17世紀初頭)に淀殿が寄進したものです。下の池は当時の入り江の名残りで、海岸線がここにあったようです。
f0140054_19532412.jpg

f0140054_19543521.jpg

OLYMPUS E-1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。日本最古級の神社をお楽しみください。おおきに。
2009年 06月 24日 |
この界隈は、古い歴史があるのですが、今は、神社仏閣以外は、住宅街となっています。
この近くに住んでいる友人の話では、バブル崩壊以来、古い屋敷は新興住宅街に変貌してしまったそうです。

季節的なものかもしれませんが、住宅街に花が多く飾られていました。
家を撮るのは気が引けるので、もっぱら花を撮らせていただきました。
f0140054_20341357.jpg

f0140054_2035650.jpg

f0140054_2036139.jpg

f0140054_20364181.jpg

f0140054_20421178.jpg

OLYMPUS E-1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。市井の人々が飾る花も良いですね。おおきに。
2009年 06月 23日 |
ちょっと植物園関係が続きましたので、街撮りがしたくなって大阪の住吉界隈を散策してみました。
住宅街の花でも撮ってみようかという気持ちだったので、E-1に50mmマクロをつけて徘徊しました。

まずは駅を降りて歩いていると、雰囲気の良いお寺があり、紫陽花などが咲いていました。東福寺という小さなお寺でした。
後で調べてみると、京都の有名な東福寺(臨済宗)とは関係なく、楠正成の千早城における念持佛を本尊とする真言宗の古いお寺だそうです。楠木正行は、四条畷の戦いに出陣する際、ここに戦勝祈願したとのことです。
f0140054_195119.jpg

f0140054_196192.jpg

f0140054_202165.jpg

f0140054_1974288.jpg

f0140054_1983051.jpg

OLYMPUS E-1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。古いお寺に咲く花たちをお楽しみください。おおきに。
2009年 06月 22日 |
古い銀塩写真が意外に好評だったので、調子に乗ってもう一枚(笑)

私の初期の銀塩写真です。
当時、昆虫採集少年だった私は、父にペンタックスSPというカメラを使わせてもらい、蝶を追いかけていました。
なかなか良い写真は撮れませんでしたが、この写真だけは、亡き父に褒めてもらったので、嬉しくて自分のアルバムに貼りました。おかげで今までプリントが残っています。
傷があり、褪色して画像も不鮮明になっていますが、それがまたソフトっぽいかなと(笑)
花と蝶。アザミとアサギマダラです。金剛山で撮ったと思います。

「競艶」
f0140054_18501559.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。古い銀塩プリントは懐かしいです。おおきに。
2009年 06月 21日 |
昔の銀塩写真の蔵出しです。
香港で海岸沿いを散策していると、可愛いペキニーズに出会いました。
あまりに可愛いので写真を撮らせていただきました。カメラを向けるとポーズをとってくれました。
f0140054_12533230.jpg

ペキニーズは、中国の宮廷で門外不出とされ、愛玩犬として飼育されていたそうですね。シーズーやパグの祖先でもあるそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。たまには犬の写真でもいかがですか。シィェシェ。
2009年 06月 20日 |
花をパキッと撮るならE-300、まろやかに撮るならE-520ですが、花を繊細に撮るのならE-1というのが実感です。
そこで、今日は、E-1で撮った思い切り繊細な花「シモツケ」を御覧ください。
f0140054_1543017.jpg

f0140054_15441341.jpg

f0140054_15453271.jpg

OLYMPUS E-1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。小さな花の生命感をどうぞ。おおきに。
2009年 06月 18日 |
6月は花菖蒲の季節でもありますね。
定番ですが、この花を撮らないと梅雨を越せない気がして、長居植物園で写しました。
E-1の繊細な表現には適しているようでした。
f0140054_20471389.jpg

f0140054_20482764.jpg

f0140054_20492267.jpg

f0140054_20501765.jpg

f0140054_20512369.jpg

OLYMPUS E-1 with ZUIKO Digital 50mmF2 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。花菖蒲の風情をお楽しみください。おおきに。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon