模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
カテゴリ:モンテネグロ( 5 )
|
2013年 11月 02日 |
モンテネグロには、わずか一日滞在しただけなのですが、印象深い国でした。

荒涼たる大地と山々、切れ込んだ海岸地帯の変化に富んだ景観、複雑な歴史を反映した落ち着いた街並みと穏やかな人々、そしてなかなか美味しい料理・・・・小さな国ですが、興味深く観光しました。

物価が安く、通貨はユーロでした。これは、モンテネグロが欧州連合に加盟しているわけではなく、自国独自の通貨を発行するだけの余裕がないのと、政治的にセルビアから独立する以前からセルビアの通貨ディナールから離れて経済を運営する目的があったからです。今のユーロが流通する前は、モンテネグロではドイツマルクを流通させていたそうです。


モンテネグロに素敵なレストランがあったので、撮影を兼ねて食事をしてみました。

内装がレトロ調で面白く、いろいろ撮ってみました。
f0140054_7585849.jpg

f0140054_759144.jpg

f0140054_759358.jpg

f0140054_80357.jpg

モンテネグロのアドリア海に面した地域では、魚介類が美味しいとのこと。

↓そこで、まずはムール貝を頼みました。これは間違いなく美味しかったです。
f0140054_802428.jpg

↓さらに、海鮮リゾット。日本人はお米料理には点数が辛くなりますが、これは外国の米料理としては及第点で、海老とムール貝の風味が効いていて良かったです。
f0140054_804580.jpg

↓ビールも安くてとてもうまい!
f0140054_81585.jpg

↓デザートは独特のベリーのゼリーで楽しみました。うーん、まあまあの味でした。
f0140054_812627.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展開催のお知らせ!
2013年 10月 30日 |
モンテネグロは小さな国で、福島県くらいの面積しかありません。人口も60万人位で世界の国の中では165番目です。
アドリア海に面した地域は風光明媚ですが、内陸地帯は荒涼とした感じです。山岳が黒っぽくて、そこから国名のモンテネグロ=黒い山、が由来しています。

街並みは落ち着いた雰囲気で、物価が安く住みやすいところから、ロシア人の別荘が多いようです。

私は、モンテネグロでは、スラブ世界の果てにやってきたという感じを受けました。
南隣のアルバニアはスラブ系ではなく古代イリュリア人の子孫ですし、その南はギリシャです。さらにその向こうはアジアから進出してきたトルコのイスラム世界が広がっているのです・・・

今日はそのモンテネグロの街角スナップを御覧ください。
f0140054_7391776.jpg

f0140054_7394585.jpg

f0140054_718166.jpg

f0140054_7183477.jpg

f0140054_7185017.jpg

f0140054_7191596.jpg

f0140054_7405814.jpg

f0140054_7193014.jpg

f0140054_7201177.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展開催のお知らせ!
2013年 10月 28日 |
写真展まであと半月になり、少々あせっています。
昨年までは、数枚の写真を大きくプリントして展示する方式だったのですが、今年は小さいプリントで写真を多めに展示する方式でやってみようと目論んでいます。

私のテーマは、ここ何年来取り組んできた「東欧諸国の旅」にすることは決めたのですが、どの写真を出展するか迷いに迷っています。
本格的に旅したポーランドやルーマニア等だけでなく、短期間で通過訪問したモンテネグロやブルガリア等からもセレクトしたいのですが、これが難しくなかなか選定できません・・

今日はモンテネグロの在庫写真データを選定のために検討していたのですが、写真を見ると様々な思い出がよみがえって来ました。。。。古いアルバムを見ると思い出に浸り込んでしまう感じです(笑)
考えてみればモンテネグロの写真を見直してブログに掲載する良い機会なので、自分的に懐かしい写真をアップしてみることにします。

ということで、今日はモンテネグロ(=黒い山)という国の、荒涼とした風景写真をお楽しみください。
f0140054_8332446.jpg

f0140054_8333629.jpg

f0140054_8334997.jpg

f0140054_83425.jpg

f0140054_8341694.jpg

f0140054_834355.jpg

f0140054_835798.jpg

↑今のところ、写真展に展示するモンテネグロの一枚は、最後の山の写真になりそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展開催のお知らせ!
2012年 01月 15日 |
コトルは、古代ローマの属州として紀元前より記録があり、535年のユスティニアヌス1世の時代に、要塞都市となりました。
以降、複雑な歴史を経て、現在はモンテネグロ共和国の観光都市として発展しています。
文化遺産としては、モンテネグロ唯一の世界遺産であり、後背地の崖の城壁や美しい湾に面した風光明媚な景観を誇ります。

空路到着したモンテネグロの首都ポドゴリツァから、アドリア海に出た最初の町でしたので、胸をときめかせて、コトルの旧市街を、あちこち歩いてみました。
コトルの旧市街は、要塞化された城壁の内側に石造りの建物が建ち並び、狭い迷路のよう道が交差する街並みでしたが、彷徨い歩いても小さい町なので迷うことはなかったです。

ということで、崖をバックの、レトロでシックな街並みをお楽しみください。

なお、以下今日の写真はすべて、ライトトーンを適用しています。
(写真をクリックすれば、大きく高画質になります)
f0140054_826512.jpg

f0140054_8251724.jpg

f0140054_8263010.jpg

f0140054_8264857.jpg

f0140054_82773.jpg

f0140054_8272840.jpg

f0140054_8274592.jpg

f0140054_828101.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。小さくて素敵な街並みでした。フバラ。
2012年 01月 14日 |
モンテネグロの観光地として最も人気のあるのが古い歴史の町コトルです。
深い圏谷の切れ込んだ湾の最奥にあり、町の後背地は絶壁です。

この天然の要害の地に、さらに城壁がつくられ町を守っています。北側の城壁は切り立った山も越え、万里の長城のような景観を見せています。
(写真をクリックすれば、大きく高画質になります)
f0140054_756177.jpg

f0140054_7564139.jpg

f0140054_7565891.jpg

OLYMPUS E-P3 with LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm F4-5.6 ASPH. POWER O.I.S.

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。とても迫力ある景観でした。フバラ。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon