模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
カテゴリ:三重( 21 )
|
2014年 01月 26日 |
昨日、御在所岳の樹氷写真をアップしたところ、大きな写真で見たいというコメントが寄せられました。

そこで、横1000ピクセルの写真をアップします。
以下の三枚の写真は、クリックすると拡大しますので、ぜひ大きな写真をお楽しみください。(特に一枚目は大きくすると吹雪の感じが分かります)

↓「吹雪の中で」
f0140054_16153971.jpg

↓「雪深きルート」
f0140054_16155680.jpg

↓「氷瀑」
f0140054_16163468.jpg

以上の写真は、ISO200で、露出はプログラムオートでF5~8あたりになるように留意して撮っています。RAW現像時に、+0.5補正で雪の白さを実際に見た感じに近づけています。

ピントはマニュアルフォーカスです。
12-40mmF2.8は、MFにするのがレンズのピントリング上下で簡単なので、カメラを見なくともファインダーを覗いたまま吹雪の中でも操作が可能で助かりました。


なお、エキサイトブログはどんな大きな写真をアップしても自動的に500KB以下に縮小されてしまいます。
そこで、価格.comに同じ記事をアップしました。

こちら を御覧ください。

価格.comの場合は、元の画像をそのまま見ることができます。
Exifデータ付き画像もダウンロードできますので、ご参考になればと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
2014年 01月 25日 |
いろいろなブログ写真シリーズが併行して走っており申し訳ないのですが、また季節もののシリーズをはじめます。

三重県と滋賀県の境にある御在所岳という樹氷で有名な山の写真です。

先般、クルマ日帰り登山で御在所岳(1,212 m)に行ってきました。下界は寒く晴れていたのでチャンスだと思い決行したのですが、御在所岳の頂上付近は雲の中で、途中から吹雪になり思ったより濡れてしまい、登頂後はロープウェイで下山しました。

カメラ機材は、OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO という強力な防塵防滴のコンビでしたので、吹雪の中でも問題なく撮影できました。
気温が低く風もあったので樹氷には好条件でした。ただ、雪舞う悪天候下でもあるので、写真自体はなかなか綺麗には撮れず、難しかったです。

それでは、今日はその樹氷写真をお楽しみください。
f0140054_21295571.jpg

f0140054_21301028.jpg

f0140054_21302762.jpg

f0140054_21304538.jpg

f0140054_2130597.jpg

f0140054_2131131.jpg

f0140054_21312949.jpg

f0140054_2131481.jpg

f0140054_2132643.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただきありがとうございます。
2013年 06月 11日 |
伊勢路の旅の帰りには、三重県中部をいろいろ回ったので在庫写真が多数あるのですが、次の長旅が迫ってきました。
そこで、とりあえず今回でいったん伊勢路の旅シリーズを終了します。

ということで、帰路で一番良かった松阪の武家長屋(御城番屋敷)を紹介します。

ここは、武士の組屋敷がほぼ当時のまま住居として継続使用されてきた貴重な建屋です。
他に類例の少ない近世武士の長屋建築として重要文化財に指定されています。

なんと、現在も、ほとんどの家が借家として貸し出され、実際に人が住んでいるのです!
今も生きている4LDKの江戸時代マンションいや武家長屋ですね・・・
(明治維新後は士族授産を元手に住民士族が維持管理してきたそうです)

松阪城址にも行きましたが、その搦め手の三の丸に造られた組屋敷です。
f0140054_865772.jpg

↓土蔵も綺麗に残されています。
f0140054_872546.jpg

↓石畳の道に、槇の前庭生垣が綺麗に手入れされており、両側に二棟で約20戸ほどの長屋形式の家がずらっと並び、まるで時代劇のセットのようでした・・・
f0140054_881548.jpg

↓1戸だけは、松阪市が借用して創建当時の姿に復元維持して、一般公開されています。以下、その内部の様子を御覧ください。
f0140054_884090.jpg

f0140054_89939.jpg

f0140054_893144.jpg

f0140054_895174.jpg

f0140054_8101126.jpg

f0140054_8102837.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。とても雰囲気のある武家長屋でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 06月 10日 |
へんば餅~外宮近辺を歩き回った後、宮川の河口へとクルマを走らせました。
雄大な海の景色を満喫し、気分爽快になって宿に戻り、またまた温泉に浸かりました(笑)

↓宮川河口から伊勢湾方面を望む
f0140054_10112398.jpg

↓宮川河口から伊勢市方面を望む
f0140054_101146100.jpg

↓河原にはその名のとおりカワラヒワがいました・・・
f0140054_10115868.jpg

f0140054_10121515.jpg

↓キンクロハジロ
f0140054_10123299.jpg

↓ベニカミキリ
f0140054_10124959.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。広々とした景色でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 06月 08日 |
外宮参道で、ひときわ目立つ、二つの建屋に注目してみました。

まずは、参道の真ん中に堂々たる三層楼として建つ旅館の山田館です。
f0140054_1761788.jpg

山田館は創業100年の歴史ある老舗名旅館だそうです。
創業当時のたたずまいをあまり手を加えずにそのままにしているのが素晴らしいですね。

創業者が宮大工であり自分で建築した旅館だったそうで、それを大切に維持しおられるとのことです。
f0140054_176929.jpg

f0140054_1765797.jpg

f0140054_176516.jpg


↓蘇民将来子孫家の注連縄
f0140054_1774585.jpg

↑山田館の玄関の注連縄の護符に「蘇民将来子孫家」とあるのが分かるでしょうか?
伊勢の旧家では1年中注連縄を飾り、そこに「蘇民将来の子孫の家です」という旨を表示しているのです。(祇園社の祭神でもある荒ぶる神:牛頭天王は宿を貸した蘇民将来の縁者だけには災厄を及ぼさないという伝説によります)


蘇民将来」とは、日本各地に伝わる説話、およびそれを起源とする民間信仰です。
蘇民将来の護符は、日本各地の出雲・国津神系の神(スサノオ)を祀る神社で提供されています。これは本地垂迹説でスサノオ=薬師如来とされる信仰によるものです。
災厄を払い、疫病を除いて、福を招く神として信仰されているのです。

日本神話では、大国主の国譲りに代表されるように、ニニギを筆頭とする天津神に対する移管を国津神が受け入れたと描かれています。つまり、ヤマト王権によって平定された地域の人々が信仰していた神が国津神になったのです。
「蘇民将来」に近いスサノオや、外宮の祭神である豊受大神も、出雲・国津神系の神様である点がとても興味深いですね・・・


↓次に注目したのが、菊一文字の刃物店です。
f0140054_1774032.jpg

外宮参道で最も古い建物だそうで、100年以上の歴史があります。
鋼にこだわった刃物屋として、神宮司庁・宮内庁御用達の名店だったそうですが、オーナーが老齢になたっため一時閉店していたところ、「外宮参道 菊一」として再誕生したとのことです。
f0140054_1784271.jpg

f0140054_1782284.jpg

f0140054_1711892.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。レトロで素敵な建物でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 06月 07日 |
JRと近鉄の伊勢市駅から外宮にかけて、参道があり、いろいろな店が並んでいます。

石張り舗装、雰囲気のある照明灯などによる修景整備が実施されています。

なかなか良い感じでしたので、いろいろ写真を撮ってみました。
f0140054_1821046.jpg

f0140054_18221128.jpg

f0140054_18214584.jpg

f0140054_18225669.jpg

f0140054_18222380.jpg

f0140054_18232539.jpg

f0140054_18225393.jpg

f0140054_1824335.jpg

f0140054_18233316.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。新しいスポットになりそうですね。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 06月 06日 |
昨日、NHKの「歴史秘話ヒストリア」という番組で、伊勢神宮~日本の始まりへの旅~が放映されました。
内容は、海から朝日が昇る伊勢の風致から、太陽神・天照大神を奉じる大和朝廷が、聖地・伊勢の神々を取り込み伊勢神宮をかたちづくっていったというものです。

その伊勢の聖地だった場所が外宮(げくう):正式名が豊受大神宮(とようけだいじんぐう)なのです。
外宮境内の高倉山古墳には、かつて天岩戸として参拝の対象となった全長18.5mの巨大な横穴式石室があり、古代から有力な豪族の地盤で聖地だったことが偲ばれます。(現在高倉山は神域で入山禁止)
伊勢(山田)という町は、この外宮の門前町として発展してきました。
f0140054_1349122.jpg

以前、ブログに載せた丹後宮津の籠神社 は元伊勢と言われていますが、まさに外宮の神様である豊受大神が租神です。
天照大神の食事を司る神として、雄略天皇がここへ招いたとされています。
f0140054_13501356.jpg

↓パワースポットに手をかざす人々
f0140054_13503037.jpg

外宮には沢山の社があります。別宮と呼ばれていますが、さまざまな神を祭る日本の信仰の典型がここにあるようですね。
f0140054_1350552.jpg

f0140054_1351967.jpg

f0140054_13512229.jpg

f0140054_1351364.jpg

f0140054_13514999.jpg

f0140054_13521280.jpg

f0140054_13523297.jpg


脱線余談ですが、天照大神も豊受大神も女性の神様なので、内宮の天照大神に邪馬台国女王卑弥呼を、外宮の豊受大神に卑弥呼の後を継いだ女王台与(トヨ)を連想するのは、私の妄想でしょうか・・・・

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。古代ロマンにワクワクする場所ですね。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 06月 05日 |
伊勢神宮の内宮は何度も訪問していますが、実は外宮(げくう)には行ったことがありませんでした。
そこで、今回、温泉滞在中の中日に外宮にお参りしました。

↓外宮にある「せんぐう館」  勾玉池の満開アヤメの上に浮いているようでした。
f0140054_7502562.jpg

↓外宮の森で満開だった「なんじゃもんじゃの木」(ヒトツバタゴ)
f0140054_7552462.jpg

外宮の森では、オオルリとイソヒヨドリの美しいさえずりが聞こえてきました。
オオルリは高いところで鳴いていましたのでうまく撮れませんでしたが、イソヒヨドリのほうは低いところを飛んでいました。

↓伊勢神宮ならではの場所に止まってくれたイソヒヨドリの雄
f0140054_7545878.jpg

↓イソヒヨドリの雌がトカゲを捕まえていましたので、ちょっと追いかけて何枚か撮影させてもらいました。今は繁殖期なので、雛に餌を運んでいるのかも知れません。
f0140054_7553233.jpg

f0140054_755481.jpg

f0140054_7561087.jpg

↓勾玉池ではウが羽根を広げて休んでいました。口元の黄色い部分が尖っているように見えるのでウミウのようですね。
f0140054_7562845.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。外宮の森は生命にあふれていますね。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 06月 01日 |
温泉滞在の中日は、のんびり湯に浸かり、クルマで伊勢市付近をいろいろ回って楽しみました。

おかげ横丁近辺はこれまで何度も行っているので、それ以外の、ちょっとひなびた場所ということで、へんば餅の本店を訪ねてみました。
近鉄明野駅付近の田んぼの真ん中に、へんば餅本店がありました。
f0140054_1832973.jpg

f0140054_1825894.jpg

↓作り立ての「へんば餅」は皮がしっとりもちもちで、素朴な味ながらとても美味しかったです。お茶付きで一盆140円の至福のひとときです。
f0140054_184641.jpg

f0140054_1833255.jpg

本店の店内は、まさに茶店で、とても雰囲気が良くて、江戸時代そのもののようでした。
f0140054_1844648.jpg

↑奥に見えるものは何かお分かりでしょうか?

これは、「三宝荒神」と言って、馬上に三つの鞍を置いたものです。真ん中の鞍には大人が乗って、両側の鞍には荷物や子供を載せました。
f0140054_1842323.jpg

この「三宝荒神」は、広重の浮世絵↓にも出てきますね。江戸時代に流行したようです。
f0140054_1895469.jpg

f0140054_185346.jpg

「へんば餅」という名前の由来ですが、この「三宝荒神」にも関係しています。
二百余年前、伊勢参宮街道である宮川のほとりに茶店があり美味しい餅を手作りして売っていました。
当時、「三宝荒神」などで伊勢神宮に参る人達がこの店に憩われて、ここから馬を返し参宮されたため何時しか「へんば(返馬)餅」と名づけられたとのことです。

とても気に入ったので、お店をいろいろ撮らせていただきました。
f0140054_1851324.jpg

f0140054_1862114.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。とても良い感じの店でした。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展出品中のお知らせ
2013年 05月 31日 |
伊勢路の旅に戻ります。

伊勢本街道を寄り道しながらスロードライブして、無事、伊勢の鳥羽温泉郷に到着し、ゆっくり湯に浸かりました。

海の見える温泉に入り、まったりしながら野鳥や景色を満喫できるのは、日本の旅の素晴らしいところですね。

宿から見た景色や野鳥の姿を御覧ください。

↓海上遥か、トビが飛ぶむこうに、鳥羽温泉郷の建物が点在しています。いい景観でした・・・
f0140054_7491729.jpg

↓港の波止では釣りをしている人がいました。
f0140054_749389.jpg

↓波止の向こう側の消波ブロックには、アオサギが羽根を広げています。
f0140054_7495575.jpg

↓海に伸びた木々の上をツバメが飛びます。
f0140054_7501158.jpg

↓やはり一番多いのはトビです。
f0140054_7503032.jpg

↓温泉宿の窓に止まっていた美しい蛾:オオミズアオ
f0140054_7505294.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。何度も温泉に浸かりました(笑)。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展出品中のお知らせ
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon