模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
カテゴリ:カタール( 16 )
|
2015年 01月 10日 |
旅の空
f0140054_1345971.jpg

私のブログは、もう7年以上、同じスキンで続けてきました。
このスタイルにした当初は、横600ピクセルもあれば、パソコン画面に対してじゅうぶんな大きさでした。
出来るだけシンプルで見やすいスタイルをと考えて作成・使用してきたスキンですが、さすがに7年以上経過すると、いささか陳腐化してきました。
カテゴリーやタグ、お気に入りといった左欄のメニューもどんどん増えて記事とのバランスが悪くなりました。もっと大きな写真を見たいという御意見も頂戴していました。

また、このたび、旅ライターとしての仕事をネットで公開していくことになり、それとの連携も必要になり、思い切って大きな画面のスキンに変更することにしました。

レイアウトを三列、写真も横800ピクセル表示にして、お読みの皆様にクリックして画像を大きくする手間を省くことにしました。
三列表示にすると少し見にくくなりますが、ワイドなパソコン画面を活かせます。そこで、いただいたコメントを右欄トップに表示させ最新の書き込みも簡単にわかるようにしました。
シンプルさと色味は以前のブログと同じような感じにしましたので全体雰囲気は変わらないかと思います。

これまでと同じように、当ブログを御愛顧たまわれば幸いです。

なお、この新スキン作成に関しましては、hiro_clover さんに専門的な御指導をいただきました。この場を借りて深く御礼申し上げます。



さて、前回のエントリーでお知らせしました旅ライターとしての記事ですが、五番目の記事が公開されました。
↓の下線部をクリックして是非ご覧下さい。

(5)聖書逸話の舞台!ペテロが三度否認したエルサレム「鶏鳴教会」

イスラエルに関しては、あと数本書くつもりですが、時期は未定です。
他の地域や国内についても、書きたい材料や構想はたくさん頭の中にあるのですが、それを適切な文章にして表現できるかが問題です(笑)

今後は、ブログともども「たびねす」の拙記事も、御愛顧たまわりますよう、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2014年 12月 08日 |
今回のヨーロッパ往還には、ドーハ経由のカタール航空を利用しました。

カタール航空は関空を深夜出発なので寝ておれば良いのですが、長時間のフライトになるので、TVモニターで好きな映画を選択して見たり、窓の外の写真を撮影をしたりして過ごしました。

↓今回、ドーハまでは割とすいており、非常口前席を確保できましたので。窓の景色を楽しみながらも足を伸ばして楽に休めました。ただしこの席は、離着陸時は目前でキャビンアテンダントさんと向かい合わせになるので、ちょっと気恥しかったです(笑)
f0140054_8123598.jpg

↓映画鑑賞後ぐっすり寝て起きると暗い窓から明かりが見えました。TVモニター位置情報によるとUAE上空なので、深夜にこれだけ明るい町は多分アブダビかドバイだと思われます。
f0140054_8132460.jpg

↓ようやく真夜中のドーハに到着です。
f0140054_8142732.jpg

ドーハの基幹空港は、2014年5月27日の発着便から、ドーハ国際空港からハマド国際空港に移転しました。

↓以前、何度も利用した分かりやすい構造の旧ドーハ国際空港は、ドバイに負けない無機質で超巨大な新ハマド国際空港に変貌していました。
f0140054_8153485.jpg

このハマド国際空港には、王室専用ターミナルや、500人以上が利用できるモスクも建設されたそうです。
ただ、あまりにも巨大すぎて、構造も複雑で、A01区画からE20区画への移動は大変です・・・・

残念ながら以前の旧ドーハ国際空港のように飛行機などを自由に撮れる構造ではなくなっており、窓はドット・マスクスクリーンで覆われていました。以前の旧ドーハ国際空港の様子は、 こちら をご覧下さい

↓仕方なく待合室スナップです。
f0140054_8191879.jpg

数時間待って、ヨーロッパへ向けて乗り換えです。

↓朝になり、再び機上の人となると、眼下にカタールの建設中の街が見えました。
f0140054_820121.jpg

↓空の景色を存分に楽しみました。
f0140054_821297.jpg

↓主翼に尾翼の影が落ちて模様のようです。
f0140054_8213040.jpg

↓雲海にもいろいろな表情があり、様々な空の景色を撮影しました。
f0140054_8215440.jpg

↓おっ、丸い虹が見えます!!
f0140054_822147.jpg

これはサークルレインボーと言われ、太陽の反対側に雲がある時に飛行機から見える一種のブロッケン現象です。
↓記憶色に近づけようと現像時に色強調したサークルレインボーです。
f0140054_8231271.jpg

↓雲海上の夕焼け空の三重のグラデーション
f0140054_8242255.jpg

↓陽が落ちて主翼が光に浮かびます。
f0140054_8244942.jpg

↓オマケ(今回、全般的に機内食は私の口に合いませんでしたが、唯一美味しかったブルーベリーパンケーキです)
f0140054_8251556.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチしていただければ幸いです。御覧いただき、ありがとうございます。

More 写真展のお知らせ!
2011年 01月 30日 |
本日未明、カタールのドーハにて日本代表がオーストラリア代表に勝利し、サッカーアジア杯を優勝で飾りました。

思えば18年前、「ドーハの悲劇」の因縁の地で、今回は負けなしの完全優勝を果たし、「ドーハの歓喜」に変えてくれました。いや、カタール全土で日本のサッカーの素晴らしさをドラマチックに見せてくれましたので、「カタールの輝き」といえるでしょう。
なにはともあれ、おめでとう!
f0140054_22243141.jpg

そこで、蔵出し在庫から、カタールの写真をアップしてみます。
なお、「ドーハの悲劇」の舞台となったアルアリスタジアムについては こちら をご覧ください。
f0140054_2228687.jpg

f0140054_22285124.jpg

f0140054_22295081.jpg

今日は「咲くやこの花館」でキヤノン機による撮影会を行い、とても楽しいひとときを過ごしました。それについては、明日、載せる予定です。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。今日は良い日でした。シュクラン。
2010年 08月 21日 |
今日は、高校野球、夏の甲子園の決勝があり、沖縄の興南高校が優勝しました。
沖縄フリークとしては、たいへん嬉しいです。
興南高校は、甲子園の春夏連覇です。もともと本命のチームでしたが、期待にこたえ沖縄の高校野球の黄金時代を実現しましたね。

1958年、戦後初めて夏の甲子園に出場した首里高校は、一回戦で破れ甲子園の土を持ち帰ろうとしましたが、琉球政府の検疫の問題上持ち帰れないということで処分されました。それから、52年・・・・・沖縄県の新しい歴史を作ったとも言えるのではないでしょうか。


さて、沖縄つながりということで、在庫写真から、カタールのゴーヤを紹介させていただきます。
なんとカタールでゴーヤを売っていたのです! これには驚きました。
もともとゴーヤは南アジア原産ですが、世界に広がっているようで嬉しかったです。英語では、bitter melon ですが、どのように料理して食べているのでしょうね。
f0140054_15171994.jpg

カタールの市場です。ほとんどが輸入品で、売り手もインド系の男性です。
f0140054_1517476.jpg

昼食もフードコートでよければ、無料のクーポン券がもらえました。
↓マトンマサラカレーです。
このカレー見かけは安っぽいですが、意外にスパイスが効いてとても美味しかったです。きっとインド系の人が作っているのでしょうね。
f0140054_15182127.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。お米はパサパサでした(笑)。シュクラン。
2010年 08月 20日 |
本当に暑いですね。
先日、当地で37度を突破しました。それに夕立も無いのでたまりませんね。

暑い国に行ったことはありますが、これだけ蒸し暑いのもあまり記憶にありません・・・
東南アジアでは、暑いですが結構スコールがあり、涼しい時間もあります。

温度だけでしたら、エジプトとカタールが40度くらいありました。(砂漠は温度は高いですが湿度は低いです。)
エジプトは銀塩時代でしたので、すぐに引っ張り出せるカタールの蔵出し写真をおおくりします。
カタールは暑いですが、金持ちの国なので、見て回る施設では空調が効いており快適な思い出ばかりで、酷暑という感じはしませんでした。

カタールのドーハで、馬場と馬房を見学しました。
白馬(葦毛)が散歩する姿は、とても美しく感じました。
f0140054_20383276.jpg

この白馬が気に入りましたので、触らせてもらいました。とても人懐っこい馬でした。UV手袋をしているのが私の手です。
f0140054_20385322.jpg

綺麗で豪華な馬房は、空調完備で馬も快適そうでした(笑)

↓これは、とても広い、屋根つき室内馬場です。屋根があるのは、雨を避けるためではありません、太陽を避けるためです(笑)
f0140054_20453578.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。美しい馬でした。シュクラン。
2009年 09月 30日 |
アラビア半島東部から突き出したカタール半島にあるのがカタール国ですが、ここでは石油と天然ガスのおかげで大規模開発が進行中です。
そんな光景が空から撮れました。

砂漠から海に突き出して、ビル群を建設中でした。
ドバイではバブルが崩壊して建設ラッシュが止ったというニュースもあるのですが、このカタールの建設現場は、どうなったのでしょうね。
f0140054_19181616.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。砂漠は海近くまで砂漠ですね。シュクラン。
2009年 07月 03日 |
カタールのドーハの街のスナップです。
「世界一退屈な都市」と言われるドーハですが、「飲む打つ買う」禁止で、歴史も浅く、郊外は砂漠が広がるばかりで、観光地もないので、そう表現されるようです。この街の男性の楽しみは、クルマのようでした。。。
f0140054_19354397.jpg

二年前ですが、クルマはトヨタ・カムリが一番多かったです。
余談ですが、カタールでは潤沢な石油・天然ガス収入により、所得税が無く、医療・教育が無償、社会保障制度も完備しています。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。暑くなってきたのでカタールを思い出しました。シュクラン。
2008年 02月 02日 |
カタールの暑い昼間は、外国人労働者と外国人観光客しか街を歩いていません。
人気(ひとけ)の無い不思議な街並の写真が撮れます。。。。
f0140054_1822152.jpg
f0140054_1823613.jpg
f0140054_1825043.jpg
f0140054_1834165.jpg

ヨーロッパからの帰途にカタールでゆっくり骨休めをしました。
ひとつ嬉しかったのは、ここドーハのある場所で、元サッカー日本代表DFの名選手であった井原正巳氏に会えたことです。アジアの壁と言われ、日本代表のキャプテンも務めた方ですね。
井原氏は、ドーハで行われたカタール対サウジアラビア戦の視察のために訪れたそうです。
写真は載せられませんが、サインをいただきましたので、それをアップしておきますね。
f0140054_184389.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。現在2位です。皆様のご協力と応援を感謝いたします。
2008年 02月 01日 |
ドーハにあるオールドマーケットです。
主にスパイスや香料(お香)などを売っています。
f0140054_20465283.jpg

f0140054_2184253.jpg

f0140054_20472518.jpg
f0140054_20502664.jpg
f0140054_20503990.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。現在2~3位を行ったり来たりです。皆様のご協力と応援のおかげです。
2007年 09月 11日 |
一昨日、畏友のKさんと飲んで話していて、私のブログはテーマが旅なのに「少し旅情が足りない」と注意されました。「たどり着く道程の写真が必要」とも言われました。
なるほどと思い今日はロマンチックに・・・といっても旅情ある写真なんて空港くらいしか思いつきませんので再びドーハです。

カタール航空の尾翼を飾るイメージキャラクターは、オリックス。いいなあ。
アラビアンオリックスは、角の長い格好の良い鹿みたいな動物で、「砂漠の妖精」と呼ばれていましが、野生種としては絶滅しました・・・
f0140054_1936261.jpg

f0140054_1764956.jpg

ダマスカス、クウェート、アブダビ、バーレーン、ペシャワール、イスラマバード、カラチ、ハイデラバード
ああ、なんか見慣れない異国の都市の名前を見ているだけで、本当に遠くへ来たんだという実感がわいてくるなあ・・・
f0140054_1937433.jpg

ドーハ国際空港は、私がこれまで経験した中で、最も国際色豊かな場所でした。
欧米各国人はもちろん、私には見分けのつかない多くのアラブ各国の人々やアフリカ各国の人々、そして多少区別のつくアジアの人々~ペルシャ人、パキスタン人、インド人、タイ人、インドネシア人、マレー人、フィリピン人、中国人、韓国人そしてもちろん日本人・・・まるで人種の展覧会・・・・

それぞれの人の旅と人生が、ここで偶然、交差し出会うのです・・・さまざまな服装、肌、荷物、言葉、化粧、目、足音、におい・・・ヒューマン・ウオッチングをしていると、全然飽きないです。
これが旅情というものでしょうか?
ふと、自分は故郷を遠く離れていったい何処にいるのかという喪失感にも似た感覚に襲われます。

GX100を膝の上に置いて、天井に向けてノーファインダーで撮ります。何が写っているかは気にしません・・・
f0140054_19394545.jpg

夜の果ての旅・・・
f0140054_19402619.jpg

ああ、翼よ、もうお前に身をまかせたぞ!
遠くへ、遠くへ、世界の果てまで連れて行ってくれ!!・・・
f0140054_19405762.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon