模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
カテゴリ:岐阜( 21 )
|
2015年 09月 15日 |
平谷村からは、近くの南信州観光スポットにも行ってみました。そのひとつが馬籠です。

馬籠は、かつて中山道木曽路の一番南の宿場町として栄えました。
最近まで長野県の木曽郡山口村であったのですが、2005年の平成の大合併で、岐阜県の中津川市に越県合併しました。
以前ここに来た時は長野県でしたが、今は岐阜県になっており、不思議な気がしました。

もちろん、島崎藤村の畢生の大作『夜明け前』の舞台です。
主人公の青山半蔵は、島崎藤村の父がモデルで、馬籠の本陣・庄屋を務めました。

『夜明け前』は幕末から明治初期にかけて生きた人の姿をリアルに描いた名作で、当時の庶民の生活が活写されています。また、変革期における人間の希望と失意を描いた歴史小説でもあります。

ということで、今回は趣向を変えて、著作権切れとなった島崎藤村『夜明け前』の文章データを引用しながら馬籠の写真を紹介させていただきます。



「木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_7414913.jpg

「この道は東は板橋を経て江戸に続き、西は大津を経て京都にまで続いて行っている」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_742231.jpg

「木曾十一宿はおおよそ三つに分けられて、馬籠、妻籠、三留野、野尻を下四宿といい、須原、上松、福島を中三宿といい、宮越、藪原、奈良井、贄川を上四宿という」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_7425598.jpg

「美濃方面から十曲峠に添うて、曲がりくねった山坂をよじ登って来るものは、高い峠の上の位置にこの宿を見つける。街道の両側には一段ずつ石垣を築いてその上に民家を建てたようなところで、風雪をしのぐための石を載せた板屋根がその左右に並んでいる。」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_7434855.jpg

「梅の花匂はざりせば降る雨にぬるる旅路は行きがてましを   半蔵」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_749319.jpg

「ちょうど鳥屋のさかりのころで、木曾名物の小鳥でも焼こうと言ってくれるのもそこの主人だ。鳥居峠の鶫ツグミは名高い。鶫ばかりでなく、裏山には駒鳥、山郭公の声がきかれる。仏法僧も来て鳴く」(島崎藤村『夜明け前』第一部)

f0140054_7441667.jpg

「九つ半時に、姫君(皇女和宮)を乗せたお輿は軍旅のごときいでたちの面々に前後を護られながら、雨中の街道を通った・・・・・供奉の御同勢はいずれも陣笠、腰弁当で、供男一人ずつ連れながら、そのあとに随したがった・・・・これらの御行列が動いて行った時は、馬籠の宿場も暗くなるほどで、その日の夜に入るまで駅路に人の動きの絶えることもなかった」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_7454360.jpg

「将軍上洛の日も近いと聞く新しい年の二月には、彼は京都行きの新撰組の一隊をこの街道に迎えた。一番隊から七番隊までの列をつくった人たちが雪の道を踏んで馬籠に着いた」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_7463137.jpg

「檜木、椹、明檜、高野槇、ねずこ――これを木曾では五木ごぼくという。そういう樹木の生長する森林の方はことに山も深い」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_7474491.jpg

「元治二年の三月になった。恵那山の谷の雪が溶けはじめた季節を迎えて、山麓にある馬籠の宿場も活気づいた。伊勢参りは出発する。中津川商人はやって来る・・・・毎年の例で、長い冬ごもりの状態にあった街道の活動は彼岸過ぎのころから始まる。諸国の旅人をこの街道に迎えるのもそのころからである」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_7575888.jpg

「そうだ、われわれはどこまでも下から行こう。庄屋には庄屋の道があろう」(島崎藤村『夜明け前』第一部)
f0140054_7483051.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2012年 09月 08日 |
渓谷をさまよえば
トンボが飛び
蝶が舞い
蛾がとまる
虫たちの気配が
濃密に漂う
・・
人がいない場所にも
命が輝いている
それを
写真というノートに
密やかに
書きとどめてみよう

f0140054_22282033.jpg

f0140054_22285926.jpg

f0140054_2229246.jpg

f0140054_22294496.jpg

f0140054_2232143.jpg

f0140054_22315655.jpg

f0140054_22324555.jpg

f0140054_22324149.jpg

OLYMPUS E-520 with ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。御覧いただき、ありがとうございます。 
2012年 09月 07日 |
残暑厳しいおり
渓谷の涼しさを思い出す
仙樽の滝
・・
滝ミストが飛ぶ中
防塵防滴システムを使って
ただ
無心に
ひたすら撮った
夏の思い出

f0140054_21492439.jpg

f0140054_21493737.jpg

f0140054_2149512.jpg

f0140054_2150493.jpg

f0140054_21501968.jpg

f0140054_21503288.jpg

f0140054_21505329.jpg

f0140054_21511067.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2 SWD

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。滝ミストのマイナスイオン一杯でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2012年 08月 27日 |
この谷には
トンボが多い
渓流の雰囲気を
背景にふわりと入れようと
いろいろアングルを変えてみるのだが
なかなか難しい
それでも
ひととき我を忘れて
見つめれば
儚げなのに獰猛で
繊細で精悍な
トンボの姿に夢中

f0140054_20504461.jpg

f0140054_20505129.jpg

f0140054_20511170.jpg

f0140054_20524571.jpg

f0140054_2053463.jpg

f0140054_20531829.jpg

f0140054_2110596.jpg

f0140054_21312184.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED ED 14-35mm F2 SWD

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。楽しい撮影でした。御覧いただき、ありがとうございます。 
2012年 08月 23日 |
水に恵まれた
付知峡は
夏の滝めぐりが心地よい
不動滝を見下ろすと
涼味満点
ごうごうと流れる滝の音が凄まじい
シャッタースピードを
上げたり下げたり
いろいろ撮ってみる
防滴カメラに
感謝

f0140054_2140871.jpg

f0140054_21403243.jpg

f0140054_2144182.jpg

f0140054_21443910.jpg

f0140054_21445226.jpg

f0140054_214588.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED ED 14-35mm F2 SWD

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。涼しく撮影を楽しみました。御覧いただき、ありがとうございます。
2012年 08月 22日 |
涼しさと
マイナスイオンを求めて
美濃と木曾の国境に近い山間の谷へ
その名は付知峡
そこには
美しい渓谷が広がっていた
自然の創りだす
素晴らしさ
日本の天然の美に感謝

階調標準
f0140054_8152424.jpg

階調オート
f0140054_8154677.jpg

ドラマチックトーン
f0140054_8165492.jpg

クロスプロセス
f0140054_8171253.jpg

i-FINISH
f0140054_81825100.jpg

NATURAL
f0140054_8184637.jpg

ライトトーン
f0140054_819582.jpg

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED ED 14-35mm F2 SWD

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。爽やかな渓谷でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2012年 08月 21日 |
旅枕
koboを手元に引き寄せて
文豪の
青空文庫をひもとけば
文(ふみ)の世界は
風になる
f0140054_820350.jpg

旅は風
ハンドルを気ままに切って
走り、食い、走り、写真を撮り、温泉に入り、読み、そして寝る
カメラとkoboがあれば十分だ
旅はただ
出会いと別れの
風の音
f0140054_8204122.jpg

旅の宿
旅の中で、また旅をする
美濃の渓谷の温泉で
読みふける
名著『チベット旅行記』の中の主人公になり
さらに旅する
風の中
f0140054_821021.jpg


OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。山と渓谷と温泉の旅から帰宅しました。御覧いただき、ありがとうございます。
2009年 11月 24日 |
司馬遼太郎が『街道をゆく』で「日本で最も美しい山城」と評価しています。
f0140054_20304753.jpg

CANON EOS 5D MarkⅡ with EF24-105mm F4L IS USM

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。美しさはいかがでしょうか。ありがとうございます。
2009年 11月 19日 |
森と家、、、、この山深い雰囲気が良いですね。
f0140054_20183087.jpg

地酒、にごり、、、、今は、土産物屋も多く、大観光地になっています。
f0140054_2019372.jpg

そして、さるぼぼ、、、、
f0140054_20193896.jpg

CANON EOS 5D MarkⅡ with EF24-105mm F4L IS USM

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。同じような写真ばかりですいません。ありがとうございます。
2009年 11月 18日 |
白川郷は奇跡の集落と言われますが、僻地ゆえに、このような見事な合掌造りの家々が残ったおかげで、われわれは日本古民家を楽しむことができます。
今は、高速道路が近くまで開通し、まるで、合掌造りのテーマパークのようです。

合掌造りは、養蚕のため屋根裏の棚を確保する目的と、豪雪の雪下ろしの作業を少なくする目的で、このような形が工夫され、江戸時代から造られたそうです。
面白いのは、皆、どの家も基本的に同じ方向(東西)を向いていることです。これは、風の受ける面積を少なくするためと、屋根に満遍なく日が当たるようにするためです。
f0140054_20204560.jpg

f0140054_20212778.jpg

f0140054_202254.jpg

CANON EOS 5D MarkⅡ with EF24-105mm F4L IS USM

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。合掌造りの美しさは格別ですね。ありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon