模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
カテゴリ:京都( 66 )
|
2015年 06月 12日 |
ペルシアの記事が長く続きましたので、ちょっと中休みして、日本の日常の記事も久しぶりに載せてみます。

日本に帰ると、水と緑にあふれた日本の自然の豊かさが身にしみます。
やはり日本のフィールドに出て、野鳥や蝶や花の写真を撮りたいという気持ちになりました。

そんな折、写友の趣味人さんから、ハヤブサを撮りに行かないかとのお誘いがあり、渡りに船とばかりに喜々として行ってきました(笑)・・・なんともありがたいことです。趣味人さんには大感謝です。

先週のことですが、すべて趣味人さんの案内で、京都府南部の現地にかけつけました。
割と有名なポイントらしく、現地に到着するとすでにカメラの砲列が並んでいました。さっそく隅に入れてもらいハヤブサを観察しました。


はるか向かいの崖の上部にテラスがあり、ハヤブサが営巣しています。
非常に遠くて高い場所なのでハヤブサはこちらを気にしておらず、観察するには良いポイントです。
ただし、遠すぎて、私のカメラ機材ではとても足りません。

↓望遠端で撮影してもオリジナルサイズでは、こんな感じです。中央部の崖のテラスに左を向いて鳴いているハヤブサの仔が小さく写っていますが、お分かりになるでしょうか?
f0140054_8333847.jpg

ということで、以下のハヤブサの写真は全てトリミングして拡大しています。ずいぶん画質は落ちますが、ハヤブサ生態観察の証拠写真ということで御覧ください。


しばらく観察していると、親鳥が戻ってきました。餌を運んできたのです。

↓後ろを向いて黄色い脚が見えているのが親鳥です。
f0140054_8351119.jpg

↓右側を向いた親鳥です(雄か雌かは分かりません)。テラスの奥で、仔が羽を広げて餌を必死に食べています。
f0140054_8353929.jpg

↓親鳥はすぐに崖を飛び立ち、再び餌を獲りに行きます。
f0140054_837757.jpg

↓仔たちが親を見送っていますね。
f0140054_8375199.jpg

餌はほとんどムクドリなどの小鳥です。私が現地に居た時には親鳥は二回しか戻ってきませんでした。
なかなか餌は獲れないようです。空中スピードが凄いハヤブサとはいえ簡単にはいきません。猛禽も子育ては大変ですね・・・

雛鳥は4羽いました。だいぶ大きくなっていますが、まだ白い綿毛が羽の一部に残っています。
それぞれ巣のテラスで動き回るのですが、テラスの奥に行くと見えなくなります。
全部そろった写真はなかなか撮れません。

観察していると、しばらく親が戻ってこないのが幸いしました。親を探して崖から身を乗り出して、4羽がやっと揃ってくれました。
f0140054_8382220.jpg

「おかーさーん、おとーさーん」
f0140054_8385894.jpg

羽の黒い部分の多いのが1番仔ですね。右から二番目の4番仔が白い綿毛が最も多いですね。
f0140054_8392089.jpg

雛鳥たちは皆元気そうなので、今月中には巣立ちするかもしれませんね、


夢中になってハヤブサを撮影していると自然と一体となってしまったのか、蝶が目の前に寄ってきました。

↓横で撮影している趣味人さんの超望遠レンズにとまったヒメアカタテハ
f0140054_839503.jpg

↓三脚にとまったテングチョウ
f0140054_8401134.jpg

↓崖の手前の木にとまってくれたオオルリ
f0140054_8402980.jpg

野鳥も蝶も観察できて、とても良かったです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2013年 04月 23日 |
桜爛漫シリーズは、まだまだあります。

今日は、先月末のEOS撮影会での、醍醐寺の枝垂れ桜の続きをおおくりします。
醍醐寺には、枝垂れ桜が本当に沢山あり、なかなかすべてを撮りきることができません。
まるで桜の宇宙ですね。

それでは、説明無用の枝垂れ桜を御覧ください。
f0140054_18104993.jpg

f0140054_1811270.jpg

f0140054_18112131.jpg

f0140054_18113466.jpg

f0140054_18115232.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。見事な桜樹でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 04月 04日 |
醍醐寺のメインは霊宝館の大枝垂れ桜です。

この桜は、たった一本の木なのですが、横幅が非常に大きく、見事なものです。

これまでも何度か撮っている桜ですが、普通のレンズではとても収まらないし、超広角では寝てしまい実際の迫力がぜんぜん伝わらない手ごわい被写体です。

今回も、いろいろ撮りましたが、これぞという一枚は撮れませんでした。ただ、その絢爛たる雰囲気は味わっていただけるかと思います。

以下の写真は、クリックすると横1000ピクセルになりますので、ぜひ大きくしてお楽しみください。

↓まず、やや引いて正面より一枚。
f0140054_922257.jpg

↓次は、人混みの一番前に出て、超広角で。
f0140054_924584.jpg

↓右側から斜め気味に・・・
f0140054_93624.jpg

EOS 6D with CANON EF17-40mm F4L USM


↓本来なら、遠くから望遠系のレンズで撮れば面白いと思ったのですが、以下の写真のように人が多くてそれは無理でした。
私も含めて、皆さん必死であれこれ撮影しておられました・・・
f0140054_935056.jpg


2年前、オリンパスのZD7-14mmズームレンズで撮影した全く同じ桜の写真は、こちら です。
天候と桜開花状況が少し違いますが、今回のフルサイズより、以前のフォーサーズのほうが色が出ているような気がしますが、どうでしょうか?

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。一番人気の桜木でした。御覧いただき、ありがとうございます。
2013年 04月 03日 |
桜のシーズンインで、やはりこの素晴らしい被写体を逃すわけにはいきません。
そこで、今春の各所の桜写真を、桜爛漫シリーズとしておおくりします。

まずは先日実施されたEOS撮影会から、醍醐寺の入り口の枝垂れ桜です。
ここには、紅白2本の枝垂れ桜が、入り口の左右に見事に咲いていました。

なんとか二本の桜のコラボ写真を撮りたくて、チャレンジしてみました。

↓奥の白い枝垂れにピントを合わせて・・・
f0140054_8124166.jpg

↓手前のピンクの枝垂れをメインに・・・
f0140054_832673.jpg

↓下方を入れてみると、御覧のように沢山の人がいます・・・桜カメラマンだらけです(笑)
f0140054_841467.jpg

↓以下、3枚の横写真は、写真をクリックすると横1000ピクセルに拡大されます。
f0140054_844018.jpg

↓白枝垂れをワイドに!
f0140054_8263336.jpg

↓超広角の雰囲気を強調してみました・・ぜひクリックして大きな画をお楽しみください。
f0140054_85456.jpg

EOS 6D with CANON EF17-40mm F4L USM

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。枝垂れ桜はなんともフォトジェニックですね。御覧いただき、ありがとうございます。
2012年 01月 02日 |
古い中古カメラには、なんというか不思議な魅力があります。これまでは、それはフィルムカメラのことでしたが、デジタルカメラも該当するようになったと思います。

デジタルカメラは進化が激しく、どんどん変わってきたのですが、そろそろ一般用途としては、一定のレベルに到達したような気がします。
新型のカメラも良いですが、中古デジタルカメラもノスタルジーを感じる時代になってきました。早いものですね。

例えばオリンパスのE-410やE-420は、手振れ補正もアートフィルターもありませんが、とても優れた写りで、シンプルなカメラの良さがあります。また380g以下と非常に軽くて、ある意味フォーサーズのメリットが収斂・具現化されています。
機能を欲張らなければ、中古価格もお手頃で、まだ流通量も豊富なので、おすすめのカメラです。

ということで、今日は、私が密かに愛用している中古カメラE-420による写真をアップします。古い建築物などを撮ると、ちょっとしたレトロ感を出してくれます。

↓石垣の造形の面白さ
f0140054_7204263.jpg

↓屋根の造形の面白さ
f0140054_721125.jpg

OLYMPUS E-420 with LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm F3.8-5.6 ASPH


さて、ここはどこでしょう?

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。なぜかE-520と味が違うのですね・・・。ありがとうございます。
2011年 07月 20日 |
いよいよ明日から、写真展です。
手作りの小さな写真展ですが、心より皆様のお越しをお待ちしています。

台風ですが、当地ではなんとか直撃を避けられそうです。
今日は、写真展会場の設営日なので、作業が出来るかどうか心配したのですが、これなら問題はないようで一安心です。
しばらく、更新やコメントがとだえることがあると思いますが、ご容赦ください。


さて、断続的にお送りしてきた温泉ドライブ旅シリーズですが、今回は二日目の最後の写真です。
丹後地方にお別れということで、ちょっと古い感じの、丹後に見られる大きな日本民家を撮影してみました。
f0140054_5573584.jpg

三日目、旅は若狭の国から北へ向かいます。まだまだ続きますので、お楽しみに。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。さあ今日は、一日頑張るぞ。ありがとうございます。
2011年 07月 17日 |
宿泊した温泉ホテルのフロントの方に教えていただいた場所が、この丹後ちりめん歴史館です。
京都府与謝野町にあり、無料で工場見学ができます。

丹後地方は、昔は絹繊維と絹織物の名産地で、いわゆる「丹後ちりめん」で非常に有名でした。かつて日本を支えた産業なので、興味深く見学しました。

ノコギリ型の三角屋根が連なり、印象的です。
これは、直射日光を遮断して、西窓からだけの柔らかで安定した自然光の間接光線を取り入れ、手に影ができないように考えられた形だそうです。
f0140054_21057100.jpg

f0140054_2112475.jpg

建物内部には、縮緬織り機などがあり、生産過程が見学でき、お土産物などを売っています。
f0140054_211509.jpg

f0140054_2121649.jpg

f0140054_212386.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。伝統的地場産業を大切にしたいですね。ありがとうございます。
2011年 07月 16日 |
舞鶴引揚記念公園から宿に帰る途中、由良川の河口付近を通りましたが、景色が雄大なので、思わずクルマを止めて、撮影しました。
汽水域というのでしょうか、河口付近の美しさを感じました。

7-14mm超広角ズームを左から右へ、空の割合を変えながら撮ってみました。
f0140054_21534915.jpg

f0140054_21541694.jpg

f0140054_21545445.jpg

f0140054_21552491.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。川と空と鉄橋でした。ありがとうございます。
2011年 07月 15日 |
この日はステイで時間があったので、宮津の隣町の舞鶴に行ってみました。
いつも有名観光地と食べ歩きだけではなんなので、ちょっと真面目な場所もということで訪問したのが、ここ舞鶴引揚記念館と引揚記念公園です。

いろいろ考えさせられました。
私の父母の世代が、たいへん苦しんだ戦争が、もう二度と起こらないように、祈ります。
f0140054_20251551.jpg

f0140054_20253516.jpg

f0140054_2026722.jpg

f0140054_20264265.jpg

f0140054_2027826.jpg

f0140054_20275085.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。平和と安全の世界を!。ありがとうございます。
2011年 07月 14日 |
京都府北部;丹後の宮津、このあたりは、干物類が名産物なのですね。
天橋立観光に来る人を目当てに店屋が軒を連ね、美味しそうな干物が並べてあり、干しと販売を同時にやっていました。
f0140054_2036345.jpg

f0140054_203709.jpg

f0140054_20374217.jpg

↓クーラーボックスはクルマに積んでいるのですが、さすがに七輪や携帯コンロまでは積んでいません。
と思っていたら、「すぐ焼きます」の看板が・・・・で、ついイカを一枚焼いてもらいました。いやあ美味しかったです(笑)
f0140054_20382718.jpg

写真展やFotopus感謝祭の関係で、いろいろ割り込みがありますが、温泉ドライブ旅やルーマニア紀行のブログ記事は、まだまだ続きます。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。旅の買い食いも楽しいものですね。ありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon