模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
2017年 01月 31日 ( 1 )
|
2017年 01月 31日 |
レンブラントの『夜警』は、アムステルダム国立美術館の看板作品です。したがって人気があり、観覧者が非常に多く、なかなか人のいない絵の写真が撮れません。
そこで、開き直って「絵画とそれを見学する人たち」というモチーフで写真を撮ってみようと思いたちました。
以下、その写真をご覧ください。

↓フェルメール作品などがある名誉の間の風景です。奥正面にレンブラント『夜警』が見えています。いわば「遠くに『夜警』の見える部屋」
f0140054_9173820.jpg

↓名誉の間を額縁的に入れて、夜警の部屋をスナップ。題して「恋人たちの見る夜警」ですかね。
f0140054_9194331.jpg

↓「ご婦人と夜警」
f0140054_920412.jpg

↓「夜警の前に整列した人たち」
f0140054_9202060.jpg

↓「夜警見学の小学生たち」 小さい頃から行儀良く優れた美術品を見ており、好ましくも、とても羨ましいですね。
f0140054_9203820.jpg

この『夜警』という作品は、市民自警団が出動する様子を描いたもので、明暗法により主要な人物を浮き上がらせ、さらに集団肖像画でありながら動きの要素を取り入れることで肖像画にドラマチックな趣を加えました。

実物を近くでじっくりみると非常に緻密に描かれていることが分かります。

そこで部分拡大写真を三枚お見せします。

↓中心部拡大。隊長が何か言っているようですね。
f0140054_9211858.jpg

↑隊長のバニング・コック家に保管されていた素描には「隊長の若きプルメレント領主(バニング・コック)が副隊長のフラールディンゲン領主(ファン・ラウテンブルフ)に市民隊の行進を命令する」とあるそうです。


↓異様なのは紅一点の女性が描かれていること。そこを拡大・・・明暗対照のためとかマスコット少女を描いたとか諸説あります。
f0140054_9215293.jpg

↑一説によれば、レンブラントの妻サスキアを描いたとも言われています。そこで、こちら の二枚目の『フローラに扮したサスキア』をぜひご覧ください(エルミタージュ美術館で撮影したもの)。比較して、確かにふっくらとした顔立ちは、サスキアさんに似ていますね。


↓隊長の手が影となって写っている部分を超拡大撮影。非常に細かく描き込まれていることが分かりますね。
f0140054_9221824.jpg

↓夜警の展示してある部屋の上部の柱も素敵なので撮影してみました。
f0140054_9223771.jpg

↓このマーク、どこかで見たような・・・・日本の某ホテルチェーンのほうが真似をしたのでしょうね。
f0140054_9225520.jpg

↓最後に、『夜警』が描かれた直近に描かれた小さな模写作品も展示されていましたので撮影してみました。
f0140054_9232487.jpg

↑これを見ると現在の『夜警』は左側部分が相当カットされてしまっていることが分かりますね。

史実では、この絵は、1715年に火縄銃手組合集会所からアムステルダム市役所に移された際に上下左右が切り詰められてしまったとのことです。
さらに、悲しいことですが、この『夜警』はこれまでに三度も観客に傷つけられた歴史を持ちます。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon