模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
クガイソウ と ルリトラノオ、イブキトラノオ  ~伊吹山の自然(3)
2017年 09月 04日 |

伊吹山には、綺麗だけれども同定が難しい花があります。それが、クガイソウ と ルリトラノオ です
どちらも青紫系の細長い花でとても素敵なのですが、花だけ見ると私には区別がつきません。葉の付き方でなんとか区別します。

↓スジグロシロチョウを撮影したのですが、その止まっている花がクガイソウなのかルリトラノオなのか・・・

f0140054_08165693.jpg

↓少し角度/構図を変えて、葉も入れて撮影すると分かります。葉が輪生なので、これはクガイソウです。

f0140054_08182932.jpg

↓伊吹山のクガイソウは、イブキクガイソウとしてクガイソウから独立した種類(亜種)とする考え方もあります。

f0140054_08185553.jpg
↓こちらは、ルリトラノオ
f0140054_08192779.jpg

ルリトラノオは、伊吹山と岐阜県揖斐川町(伊吹山の東側すぐ)にしか分布しない珍しい植物ですが、瑠璃色の花がクガイソウそっくりなので、花だけでは区別しにくいです。

ルリトラノオは、葉が対生なので、そこで区別できます。

↓これは分かりやすい写真で、明らかに葉が対生なので、ルリトラノオです。

f0140054_08202115.jpg

↓ちょっと発色が青に寄りましたが、これもルリトラノオです。

f0140054_08205669.jpg
写真のように、クガイソウよりルリトラノオのほうが真っすぐ咲くような気がしますが、斜めによれて咲くルリトラノオもあるので、やはり葉の付き方で区別するのが正解です。


私自身は、昆虫とくに蝶がたくさん寄ってくるクガイソウのほうが好きなのですが、ルリトラノオの凛とした雰囲気も良いものです。

以下、5枚の写真はすべてクガイソウで、蝶や昆虫、カタツムリがいるものです。

f0140054_08221569.jpg
f0140054_08222127.jpg
f0140054_08222512.jpg

↓小さなカタツムリがいます。これは、ヒメボタルの餌になり、伊吹山頂の山小屋に宿泊すれば、夜に蛍の輝きを観察できます。

f0140054_08232589.jpg

f0140054_08242418.jpg
↑周りをアカソが取り囲んでいますね。クガイソウも負けずに頑張って生きてほしいものです。



もうひとつ、名前的にややこしいのですが、イブキトラノオという白い花があります。

↓イブキトラノオ。これは、白い花とはいえ、やはり細長い虎の尾状の形をしています。

f0140054_08255515.jpg

↓シモツケソウの群落の中に咲くイブキトラノオの花たち。少し弱弱しい風情がなんとも個性的です。

f0140054_08255923.jpg
このイブキトラノオをはじめ、イブキフウロソウ、イブキトリカブト、イブキジャコウソウ、コイブキアザミなど、伊吹山にはイブキ~~と伊吹を冠した植物が30種近く自生しています。これは、伊吹山には花が多く植物研究のメッカであり、ここで発見命名された植物が多いからです。






<たびねす記事もよろしく>




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2017-09-04 08:27 | 滋賀 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/28119354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lago at 2017-09-04 16:34 x
伊吹山の花の紹介第二段は、クガイソウ(九蓋草)とルリトラノオ(瑠璃虎の尾)。
何となく見た事があるような気もしますが、紫系でこのような花型のものはありがちなので、
実際は、本物を見ていない公算大です。

花で区別がつかない時は葉で判断するというのは、樹木の花などで経験済みですが、
今回の野草の葉序の「輪生」「対生」(「互生」)の説明は、大変明快で、勉強になりました。

伊吹山はほんとにお花畑の宝庫なんですね。
最期の写真などを見ると、益々この場に立ってみたい思いに駆られてきます。
高山植物、山野草というのは、園芸種とはまるで違う魅力がありますね。
更なる紹介を楽しみにしています。

クガイサウしなりがちなる紫の細き花房蝶の遊べり
Commented by youshow882hh at 2017-09-04 21:47
こんばんは。ゆーしょーです。
素晴らしい花と蝶の写真ですね。
それにカタツムリまでいるのですね。
そういえば、森進一の歌に「花と蝶」と
いうのがありました。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-09-05 11:13
こんにちは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-09-06 17:10
こんにちは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-09-07 15:04
こんにちは。
ポチ♪
Commented by travelertsubotomo at 2017-09-08 16:44
クガイソウとルリトラノオは、花だけ見たらどちらなのかが全く分かりませんが、葉っぱを見ると区別できますね。
クガイソウの方が昆虫が集まるのは、花から虫が好きな香りか、甘い蜜があるからなのでしょうか。
同じように見える花だけれど、虫たちには違いが分かるのですね。面白いです。
ホタルは小さなイメージがありますが、こんなカタツムリを食べてしまうなんて意外でした。
夜の伊吹山も神秘的で見応えありそうです。

たびねすのクリスマスマーケットの記事拝読しました。
マーケットの活気と華やかさが伝わる素敵な写真と文章でした!
顔が胡桃のお人形は一体一体表情が違うから、ぜひ自分のお気に入りの人形を選んで持ち帰りたいです。
やっぱり煙突掃除屋さんが人気なのですね。
ローテンブルグのクリスマスピラミッド、モダンなデザインで欲しいなって思いました。
Commented by youshow882hh at 2017-09-08 21:00
こんばんは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-09-09 13:57
こんにちは。
ポチ♪
Commented by pyonn at 2017-09-18 08:16 x
伊吹山は何回か登りました♪
以前はアサギマダラをたくさん見ましたが。
<< たびねす「ドイツ・クリスマスマ... PageTop シモツケソウ vs アカソ ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon