模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
伊吹山の風景と登山模様  ~伊吹山の自然(1)
2017年 08月 23日 |

近場で夏に涼しくて野生の花が沢山見られる場所というのは伊吹山が随一です。まさに雲上の楽園と言えるので、私は毎年登ります。

伊吹山は滋賀県と岐阜県の県境に位置する独立峰で、雲が湧きやすく石灰岩系の岩質土壌のため山頂付近に樹林が無く、真夏に天然のお花畑が広がっています。日本のへそにあり、北日本と南日本の自然が交差し、多くの種類の植物が見られます。真夏でも20°C前後の気温で快適に自然を探勝できます。

今日は伊吹山の風景と登山模様を紹介します。


↓下から見る伊吹山。頂上付近が平らであるのが分かります・・・まさに、ここに天然のお花畑が広がっているわけです。

f0140054_08001222.jpg

↓伊吹山を詠んだ芭蕉の句碑

f0140054_08001895.jpg

「そのままの姿で月の風情も不要なほどに美しい」という意味で、伊吹山の毅然とした良さが短い言葉に詠みこまれています。さすが芭蕉ですね。


伊吹山の一般的な登山道は三つあります。

↓西登山道 最も登山者の多い道で、花が多く傾斜がなだらかです。

f0140054_08015878.jpg

↓中央登山道 距離的には一番短いのですが急傾斜で階段がずっと続きます。

f0140054_08020290.jpg

↓東登山道 もっとも人が少なく、深山の雰囲気があります。

f0140054_08020571.jpg

↓平らな頂上が見えてきました。右側の道に小さく見える多くの登山者が分かりますね。

f0140054_08034570.jpg

↓頂上が近づいてきました。景色が良いです。

f0140054_08060919.jpg

軽いリュックを背負って上る人がほとんどです。
最近はトレッキングポール(軽量登山杖)で登る人が多くなりました。(ちなみに私は写真を撮りながら登るのでトレッキングポールは使用しません。常に両手を空けておくのが私の流儀です。)

↓頂上付近で琵琶湖を見る人々

f0140054_08061818.jpg

↓頂上には神社も売店もあります。

f0140054_08071553.jpg

↓頂上のヤマトタケル像

f0140054_08072113.jpg
ヤマトタケルの最期について、古事記と日本書紀では内容が少し異なりますが大意は同じです。ヤマトタケルは伊吹山の神との対決に敗れ、ふもとの居醒めの清水(醒井の記事参照)で傷を癒すものの病の身となり、大和に帰ろうとしますが能煩野(現・三重県亀山市)で「倭は国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭し麗し」「乙女の床のべに 我が置きし 剣の大刀 その大刀はや」などの国偲び歌を詠んで死去します。
f0140054_08072556.jpg
ここは滋賀県の最高峰(1377m)です。

↓白い岩は石灰岩です。このように天気が良く琵琶湖が見える風景は高度感があり雄大ですが・・・

f0140054_08034941.jpg

↓霧が湧く天候もまた雰囲気が良いものです。幻想的であるとともに曇り空は光線が穏やかで気温が低く過ごしやすいのです。

f0140054_08035615.jpg

↓雲間の琵琶湖

f0140054_08083334.jpg

↓南西側の琵琶湖景観・・・中央右の半島の先に浮かんでいるやや大きな島が沖島で、その手前右側に豆粒のように見える島が多景島です。

f0140054_08093732.jpg

↓北西側の琵琶湖景観・・・竹生島が見えます。

f0140054_08094266.jpg

↓最後はモノクロで「雲の湧く時」

f0140054_08083777.jpg

次回から伊吹山の花を紹介します。




<たびねす記事もよろしく>




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2017-08-23 08:11 | 滋賀 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/28090100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by travelertsubotomo at 2017-08-23 18:45
頂上からの雄大な景色に癒されます。
夏の自然を楽しむとしたら、海か山かと悩むところですが、私はどちらかというと山の方が好きです。
もう足のお加減はよろしいのでしょうか?無理なさらずお大事にしてくださいね。
様々な表情を見せる雲がまた素晴らしいですね!

たびねすの記事も拝読しました。登山道でキジに出会えるのですね?!びっくりしました。
ガイド記事にありました、たくさんの美しい花や蝶について、詳細を次回のブログ記事でご紹介いただけるのか、楽しみにしています。
Commented by youshow882hh at 2017-08-24 23:24
こんばんは。ゆーしょーです。
伊吹山へ登ったのですね。
私は電車の窓から眺めただけで
伊吹山へは登ったことがないのです。
最後から5枚目の写真が私好みです。
かなり高い山ですね。
ポチ♪
Commented by Lago at 2017-08-24 23:34 x
伊吹山は琵琶湖に近いせいもあり、古より歌枕として有名で、
また今日に至るまで庶民にも愛され親しまれてきました。
私自身一度は登ってみたい憧れの山ながら、思いを果たせぬ中に体力を失ってしまいました。
今はこのブログによって、慰めを得るばかりですし、
臨場感あふれる写真によって、追体験の喜びに浸っています。

いにしへゆ愛されきたる伊吹山花・雲・風に魅せられ登る

伊吹山お花畑の宝庫にて眼下にはただ琵琶湖の絶景
Commented by youshow882hh at 2017-08-25 21:26
こんばんは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-08-26 15:56
こんにちは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-08-27 20:46
こんばんは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-08-28 17:14
こんにちは。
ポチ♪
<< シモツケソウ vs アカソ ... PageTop 滋賀県・醒井の街並みと水中花:... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon