模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
「王妃の村」を歩く ~ポルトガルのオビドス(1)
2017年 05月 25日 |
「たびねす」に、私の ~「王妃の村」ポルトガルのオビドスを完全制覇~ という記事が掲載されました。
オビドスは、ポルトガルの七不思議のひとつで「谷間の真珠」あるいは「中世の箱庭」とも称される美しい村ですので、ぜひご覧ください。
どうぞよろしくお願いします。

(46)「王妃の村」ポルトガルのオビドスを完全制覇
http://guide.travel.co.jp/article/26512/






ブログでも、上記の、たびねす記事とタイアップして、オビドスについて4回くらいに渡って詳しく紹介します。


オビドスは、ポルトガルの七不思議のひとつで「谷間の真珠」あるいは「中世の箱庭」とも称される、古い街並みを残す、城壁に囲まれた美しい村です。人口800人ほどしかないのですが、ポルトガル旅行の白眉とされ、昼間は観光客で一杯。小さな空間に凝縮された絵本のような村を散策できます。

1288年にポルトガル王ディニス1世と王妃イサベル(聖エリザベト皇后)は、新婚旅行でオビドスを訪れました。その際、王妃が大変気にいったことから、王はこの地を王妃にプレゼントしたのです。以来、オビドスは代々の皇后の直轄地となり「王妃の村」とされました。今は、中世の面影を残す小さな観光地として、ポルトガル旅行随一の人気スポットです。


リスボンのカンポ・グランデ駅バスターミナルから一時間ほどバスに乗るとオビドスに到着します。リスボンからの日帰り観光に最適です。

↓城壁の外側にあるバスの停車駅から下の駐車場方面を見ると、古い水道橋が見えます。
f0140054_75288.jpg

オビドスは城壁に囲まれた小さな町(村)です。まずバス停から、城壁に向かいます。

↓外側から見た城壁
f0140054_7525739.jpg

↓ポルタ・ダ・ヴィラという城壁の門に入ると、アーチ上部に18世紀のアズレージョ(タイル装飾)が見られます。この城門は1380年に建造されたもので、中で折れ曲がるクランク型の構造で、敵に直接攻め込まれるのを防いでいます。
f0140054_7533876.jpg


門を抜けるとメインストリートが現れ、青と白の配色が印象的です。

↓写真は城門横の城壁に登る階段から撮ったもの。ここに限らず、オビドスはどこを撮っても絵になりますので、思い切り写真撮影を楽しめます。
f0140054_7544659.jpg

このメインストリートは、ディレイタ通りといい、両側の白壁の家に挟まれた石畳の細い道で、一番奥のオビドス城まで少し上り勾配で続いています。ここには、土産物屋などが立ち並び、昼間は観光客の流れが途絶えることがありません
f0140054_7552159.jpg

城門からオビドス城まで10分ほどで行けるのですが、急がずに、ディレイタ通りを見物したり買い物したりして、ゆっくりと歩きながら楽しみましょう。
f0140054_7554044.jpg

ここでは、さくらんぼの果実酒であるジンジャ・デ・オビドス(Ginja d’Obidos)通称ジンジャが一番の名物です。 瓶の大きさやデザインは各種あり、お土産にも最適。通りのあちこちで販売されており、ほとんどの方が買って行かれます。
f0140054_756189.jpg

↓せっかくオビドスに来たのですからジンジャを一口飲んでみました。それにはチョコレート製小カップ(お猪口)に注いでくれるジンジャが最適で、通りのあちこちで売られています。1ユーロで、ジンジャとチョコを味わえます。
f0140054_7565492.jpg

ジンジャは、とても甘いリキュールで口当たりは良いのですが、アルコール度数は20度くらいあり、結構強いお酒です。

↓いろいろなジンジャ瓶があるので、それを見て回るだけでもじゅうぶん楽しめます。
f0140054_7572289.jpg

f0140054_7573931.jpg

f0140054_758850.jpg

f0140054_7582396.jpg

↑私は写真の小さなジンジャとチョコカップを買って帰りました。下戸の私には、ちょうど良いと思ったからです。
甘くて強いお酒なので、これでもちょっときつく、プレーンソーダ水に混ぜて、酎ハイのような感じで飲むと、サクランボ風味が効いて非常に美味しかったです。



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2017-05-25 07:58 | ポルトガル | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/27837979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by travelertsubotomo at 2017-05-25 10:44
王妃の村ってどんな場所なのかなと思いましたが、とても素敵な街並みですね。
城壁が圧巻です。
それにしても街(村)中、どこを切り取っても素敵で、撮影も楽しそうです!
「コルク」ってカタカナ表記もありますから、日本の旅行者にも人気の場所なのでしょうか。

ジンジャって初めて聞きました。さくらんぼの果実酒なんて、おいしそうですねぇ。
かわいらしいさくらんぼのイメージとは異なり、アルコール度数はなかなかのものですね。
ボトルも様々だから、飲む用とディスプレイ用といくつか買いたくなります。

たびねすの記事も拝読しました。写真が素敵で、行ってみたくなりました。
ブログでこの後ご紹介があるのかなと思いますが、城壁からの眺めが素晴らしいのはもちろんですが、かなりスリルがありそうですね。
私は高所恐怖症なので、登れないかも。でも興味はすごくあります。
Commented by youshow882hh at 2017-05-25 16:50
こんにちは。ゆーしょーです。
すごい城壁ですね。
城壁に圧倒されてしまいました。
ポチ♪
Commented by senad3 at 2017-05-25 22:02 x
楽し情報、ありがとうございました。

再来年に、サンチャゴ巡礼路、2回目を予定しており、その足でポルトガルへと。

とっても可愛い村ですねえ。
是非、日程に入れます。
大変ありがとうございまいました。o(^-^)o
Commented by LLサイズです at 2017-05-25 23:24 x
可愛いサクランボボトルに
ごくり!
素敵な写真に今日も乾杯ポチにきました。
Commented at 2017-05-26 19:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2017-05-26 22:55
こんばんは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-05-27 14:01
こんにちは。
ポチ♪
Commented by Lago at 2017-05-27 16:11 x
右手の不都合により、短歌のみです。

城壁の由緒ある町オビドスの白き家並の路地ゆく楽し

名物の果実酒ジンジャ歩を止めてチョコのカップで味はひ給へ
Commented by engel777engel at 2017-05-27 21:25
王妃の村 オビドス
聳えたつ城壁と辺りの景観、青のタイル張りアズレージョ、白壁の家並み、どこから撮っても画になる街の風景、写真見てるだけなのにその場にいるような楽しい気分になりました。
 長めのレンズで納めているところが効果的、さすが模糊さんです。
Commented by youshow882hh at 2017-05-28 20:10
こんばんは。
ポチ♪
Commented by 5sayori at 2017-05-28 22:34 x
ポルトガルのオドビス
素敵なところですね~
模糊さんは普通のツアーではいかないところへ行かれるので楽しみです
また来ますね~
たびねすもポチしてきましたよ
Commented by youshow882hh at 2017-05-29 20:10
こんばんは。
ポチ♪
<< オビドスの街角スナップ ~ポル... PageTop 泉州・堺で古い街並みを散策する... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon