模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
ニコライ教会はチャーミングで、聖レオンハルト教会は幽玄! ~フランクフルト教会めぐり(7)
2017年 02月 08日 |
カタリーネン教会から5分ほど南へ歩きレーマ―広場へ戻ってくると、南正面にチャーミングな教会が見えます。これが6番目の目的地であるニコライ教会です。

まずは夜の教会から。

↓クリスマスマーケットの賑わいの向こうにニコライ教会がそびえています。(レーマ―広場南側)
f0140054_8274418.jpg

ここは13世紀初期に創建された教会で、15世紀に後期ゴシック様式の教会として完成。その後、第二次世界大戦で被災したものの倒壊せず修復により蘇った貴重な教会です。戦後はプロテスタント教会となりました。

↓上品にライトアップされており、ツートンカラーが魅力的な外観です。教会横を夜に歩く人々も笑顔です。
f0140054_8282534.jpg

↓ニコライ教会の斜め向かい(広場西側)の旧市庁舎レーマ―、ここも、とても綺麗で、風格があります。
f0140054_8284357.jpg

↑たなびいている銀色鷲の紋章に赤白の旗がフランクフルト市旗で、その後ろがドイツ国旗です。


↓昼間のニコライ教会です。
f0140054_8261495.jpg

↓ニコライ教会をバックに公正を表す天秤を持った正義の女神像(アートフィルターを適用してメルヘンチックに)
f0140054_8292049.jpg

↓ニコライ教会に近づいて仰臥アングルで撮影
f0140054_830659.jpg

この教会は、ツートンカラーに見える白い壁と赤いレンガの組み合わせが見事で、内部も同じトーンです。戦前の美術や彫像も残されているため、プロテスタント教会としては装飾的ですが、教会が経てきた歴史の重みを感じさせるものです。日に三回奏でられる教会の鐘音楽カリヨンも有名で、レーマ―広場の風物詩となっています。

↓ニコライ教会の内部
f0140054_8303462.jpg

↓ステンドグラス(やや装飾的で、かつてカトリックだった雰囲気が残されています)
f0140054_8304934.jpg

↓主祭壇(祭壇自体はプロテスタントらしくシンプルでした)
f0140054_831980.jpg



ニコライ教会からさらに南へ3分ほど歩き、マイン川河畔に出ると、西側に小さな教会があります。これが7番目の目的地である聖レオンハルト教会。この教会は1219年にロマネスク様式で建てられ、15世紀に一部ゴシック様式に改装されました。

↓聖レオンハルト教会は、外観は元ロマネスク様式ということで、小さいながらもどっしりとして、幽玄な古い教会という感じです。
f0140054_8313392.jpg

聖レオンハルト教会の正確な場所の地図は、こちら。

この教会は、最初は聖ゲオルギウス教会でしたが、1323年、聖人レオンハルトの聖遺物を獲得。以後、聖レオンハルト教会と呼ばれるようになりました。

聖レオンハルトは、紀元500年前後に現フランス中部で活躍した聖人で、ノブラのレオンハルトと呼ばれます。数々の奇跡を起こしたとされ、ヨーロッパ各地で広く崇敬される救難聖人です。特にドイツ南部では「バイエルンの神」とも呼ばれ一部地域で「レオンハルトの騎行」という祭りが現代でも行われます。

また、ここフランクフルトの聖レオンハルト教会は、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに向かうドイツ人巡礼が旅の平安を祈る場所でもあります。

↓ちょっと斜めアングルで撮影 古色があふれて良い雰囲気でした。
f0140054_8315513.jpg

長期補修工事のため、内部拝観はできません。まだ数年はかかるような感じでした。
内部のロマネスクの雰囲気を味わいたかったのと、ホルバインによる貴重な絵画『最後の晩餐』があるので見たかったのですが、残念でした。


なお、聖レオンハルト教会や聖バルトロメウス大聖堂には「聖」という冠がついているのに対し、ニコライ教会やカタリーネン教会にはそれがついていないのは、カトリックとプロテスタントの違いです。聖者(Saint) と福者(Beato) を決めるのはあくまでカトリックの規定です。
正教会や聖公会では聖人という言い方はあるもののカトリックと扱いは異なります。プロテスタントでは聖人という制度を認めないのがほとんどで、特に改革派教会以降のプロテスタントとバプテスト系は聖人崇敬を明確に否定しています。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2017-02-08 08:26 | ドイツ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/27519658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lago at 2017-02-08 15:27 x
フランクフルトの教会巡りも7回を数える運びになりましたね。
初回に訪問教会のマップを提示なさっていたので、今回でそろそろお終いのような・・・
プロテスタントが主流なので、教会もカトリック主流の國とは
構えも内部もかなり異なっていましたが、
伝統のなせる業か、全体的に見て、結構魅力ある教会群に思えました。
簡素なようで、重厚感のある佇まいは、さすがドイツです。
建物の色合いもよかったですね。
クリスマスの時期だったのも、訪問にお国柄の彩りを添えて、より楽しい記事になったと思います。

ニコライの尖塔と高さ競ふごと女神は掲ぐ正義の秤
Commented by youshow882hh at 2017-02-08 18:25
こんばんは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-02-09 20:49
こんばんは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-02-10 20:14
こんばんは。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2017-02-11 16:11
こんにちは。
昨日に続き今日も寒いです。
ポチ♪
<< エルミタージュ美術館でヴェネツ... PageTop エルミタージュ美術館でルネサン... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon