模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
トルコの魚料理とサバサンド  ~トルコ再訪(27)
2016年 11月 08日 |
トルコ記事では遺跡案内が続きましたので、今日はトルコの食べ物の話を。

私は魚介が好きなので、世界各国でよくシーフード料理を食べます。
トルコでも、いろいろ食べましたので、まとめて紹介してみます。

日本人なので世界の魚料理にはどうしても辛口評価になりがちですが、トルコは中近東ではベターというか、まずまず魚料理がいけると感じました。

↓トルコで一番美味しかった魚料理。アンタルヤの豪華ホテルのバイキングスタイルの夕食 で食したフエダイ
f0140054_7252640.jpg

↑これは料理が秀逸というよりフエダイという魚自体が非常に美味なので、素材の良さが出ていると思いました。
とはいえ。ここは評判のシェフがいるだけあって全般的に水準が高く、例えば、フエダイの左下がトルコピザで、右下がパプリカの肉詰め(ドルマ)ですが、ともに文句なく非常に美味でした。

↓アンタルヤで味をしめてパムッカレで注文した魚料理・・・うーんいまいち。身が柔らか過ぎうまみが出ていません。
f0140054_7261533.jpg

イスタンブールでは、ちょっと高級なレストランにも一度だけ行ってみたのですが・・・

↓前菜は豪華でした。
f0140054_7264345.jpg

↓メインはサバなんですが・・・・残念、期待外れ。揚げ過ぎパサパサ感・・・
f0140054_72775.jpg

そこで、別の小さなレストランで再挑戦。

↓ここの前菜サラダはマリーネ風で美味でした。
f0140054_7273393.jpg

↓メインの魚は・・・うーんまあまあ普通でした。
f0140054_727489.jpg

レストランの魚料理はあきらめて、安いサバサンドを食べてみると・・・

↓自撮りサバサンド。これは行ける!
f0140054_7281026.jpg

結局、イスタンブールの魚料理では、一番安いサバサンドが一番美味しかったという結果でした(汗)

もちろん味は人それぞれの好みに左右されますので、以上の結果はあくまで私の個人的な評価です。

私には全般的に、トルコでは調理過剰気味で、肉類は非常に良いのですが魚はいまいちに感じます。これは、日本人の私は魚の素材の味の良さを知っているので、シンプルな味付けを欲してしまうからでしょう。
あえて言わせてもらえれば、サバはシンプルな塩焼きが一番です(笑)


<補遺>

↓トルコの魚屋さんの店先ディスプレイ。なかなか綺麗です。
f0140054_7284899.jpg

↓これはオコゼ系だと思いますが、何もここまでしなくともと思ってしまいました。
f0140054_729892.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。




More 写真展のお知らせ


=================================================================


第6回 グループ温故斬新 写真展


場所:オリンパスプラザ大阪 オープンフォトスペース
            (大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル 1階)

開催日:2016年11月11日(金)~11月17日(木) <但し日曜は休み>

開催時:午前10時~午後6時  <但し最終日は午後3時まで>


場所の 地図は こちら  

地下鉄本町22・23番出口すぐです。(四つ橋線本町駅が便利です)




4人の仲間による個性豊かな手作りの写真展です。

温故知新ではなく温故斬新ですよ(笑)。
古いものをリスペクトするとともに、現代の斬新な感覚も大切する意です。

皆さまのお越しを心よりお持ち申し上げています。



===============================================================
by mokonotabibito | 2016-11-08 07:29 | トルコ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/26786553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lago at 2016-11-08 17:53 x
トルコの旅でのシーフード料理の紹介ですね。
嘗ての海外の旅を思い出しながら、私もまた旅人さん同様
魚料理は日本が一番と思います。
そんな次第で、今回私が最も関心を抱いたのは、「補遺」の2枚でした。
店頭のこの魚のディスプレイにはほんとにびっくりしました。
トルコのお魚屋さんに、こんな美意識があったとは!
それと最後のオコゼのフォト、旅人さんは「何もここまでしなくても・・・」とビビリ気味ですが、
私はこれが一番気に入りました。
面白い!日本人の発想には先ずないユーモアが楽しい。
今日のブログは最後の2枚で勝負あったり!でかした!でした。
そこで、短歌もこの2枚に寄せて・・・

魚店 (うをだな ) の魚整然と並べられ客待つトルコの心意気よし

怪魚なるオコゼは鰭を突き上げてその大口にレモンのユーモア
Commented by youshow882hh at 2016-11-08 19:35
こんばんは。ゆーしょーです。
フエダイという鯛を初めて知りました。
それもそのはず、南方系の魚で水揚げも少なく、
あまり近畿にはいってこないそうです。
模糊さんが食べたのは焼いたフエダイですね。
とにかくこの魚は美味しいのですね。
ポチ♪

二首目のユーモアの短歌が好きです。
Commented by youshow882hh at 2016-11-09 21:46
こんばんは。
ポチ♪
<< 写真展開始のお知らせなど PageTop ウラギンシジミ ~秋の蝶など~ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon