模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
ああ、エフェスの地にて・・(その五)円形大劇場など ~トルコ再訪(17)
2016年 05月 30日 |
今日は、エフェス一帯の観光スポットのうち、世界遺産として指定されている部分の最終回となります。(非世界遺産の「マリアの家」については後日掲載予定)



ケルスス図書館から大理石通りを歩き円形大劇場に至り、港通り(アルカディア通り)を見学して、北ゲートへ抜けるというコースです。

↓名残り惜しいですが、再度、裏側(内部)を撮影して、ケルスス図書館を後にします。
f0140054_8502975.jpg

↓大理石通りを進みます。
f0140054_851147.jpg

↓このあたりはエフェスの下町でした。
f0140054_8512846.jpg

↓大理石通りの中ほどにある敷石のひとつ。娼館への案内石とされていますが、諸説あるようです。
f0140054_8515694.jpg

↓柱頭のアップ
f0140054_85213100.jpg

大理石通りを下っていくと、左側に巨大マーケットというべき商業アゴラ跡があります。

↓商業アゴラ(下のアゴラ)跡 
f0140054_8525471.jpg

↓大理石通りの突き当たり右側にある巨大な円形大劇場跡
f0140054_8533493.jpg

この円形大劇場(アンフィテアトルム)は、直径154mあり、25000人の収容能力を誇っていたそうです。
クラディウス帝の時に着工され、トラヤヌス帝の時代に完成したとされています。多分AD50年頃です。

中に入ってみます。
f0140054_8542317.jpg

f0140054_953539.jpg

f0140054_8551736.jpg

エフェスに長期滞在した聖パウロは、この大劇場でも説教しキリスト教の布教に努めました。
ただここは、アルテミス像やアルテミス神殿模型を作っていた銀細工師達が営業妨害だとして、説教中の聖パウロに対して暴動を起こした舞台でもあります。
アルテミス信仰を基盤とする古い多神教側の抵抗もあったことが伺われます。

↓アルカディア通り(突き当たりに当時の港がありました)
f0140054_8561554.jpg

アルカディア通りは当時の港に近いところから、港通りとも呼ばれていました。
幅が広く、祭りや記念式典も行われました。
アントニウスとクレオパトラも、ここでパレードしたそうです。

↓アルカディア通り横にある観光客用トイレ付近から円形大劇場を望む(ビュースポット)
f0140054_8571099.jpg

↓北ゲート付近の遺跡
f0140054_8575279.jpg

↓北ゲート近くの休憩所で売っていた像
f0140054_8582180.jpg

↓石棺群
f0140054_8584350.jpg

上記で、大劇場で起きた暴動について書きましたが、キリスト教側はその後、アルテミス信仰を聖母マリア信仰に置き換えていく作戦をとります。
女神信仰の盛んな土地柄から、エフェスは聖母マリア信仰の中心地となっていきます。
したがって、エフェス遺跡に残るキリスト教会の名前も「聖母マリア教会」で、北ゲート近くにあります。

↓聖母マリア教会跡
f0140054_8592666.jpg

↓聖母マリア教会跡の説明看板
f0140054_8594926.jpg

↑説明看板によると、ここで Ecumenical Council = キリスト教の公会議 が開かれたとあります。
すなわち、ネストリウス派を異端と定めた431年のエフェソス公会議が開かれた場所です。(一連の公会議の内容については、こちら を参照してください)
さらに449年の第二回エフェソス公会議(西側からは強盗会議とされた)もここで開かれたのですから、キリスト教の歴史にとっては、非常に重要な教会遺跡なのです。

第一回エフェソス公会議では、人性においてキリストを生んだマリアを「神の母ではない」とするネストリウス派を、異端としました。
公会議の行われた5世紀当時、エフェスは、すでに女神信仰から置き換えられた聖母マリア信仰の盛んな場所となっていました。
私見ですが、そうした雰囲気を背景に、マリアを神の母とするキリスト教主流派は、あえてここエフェソスを公会議の場所として選んだのではないでしょうか。



さて、エフェスの地で、私が一番衝撃を受けたのは、壊れかけたアーチ門でした。
大理石通りにある、なにげないアーチ門なのですが、見上げた途端、しばらく動けませんでした。
先を急ぐのですが、ああ・・ここを去りたくない・・・という強い思いにとらわれたのです。

そこで、エフェス記事の掉尾を飾るものとして、そのアーチ門の短歌と写真を掲載します。


大空を制するエフェスのアーチ門こころに響き立ち去りがたし
f0140054_901650.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2016-05-30 09:00 | トルコ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/25279668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youshow882hh at 2016-05-30 12:07
こんにちは。ゆーしょーです。
大きいスタジアムですね。
何と直径150mもあり、
25,000人の収容能力があるのですね。
はるか昔にこれだけのものを造ったことに
驚きました。
ポチ♪
Commented by Lago at 2016-05-30 17:59 x
エフェス世界遺産の紹介もいよいよ大詰めですね。
どこに於いても、遺跡巡りのメインには円形劇場があります。
ここのもきれいに残っていて頼もしい。
あとは短歌で所感をまとめたいと思います。

☆ 4枚目に寄せて( ゆ =より、から の意)
いにしへゆ色売る館はありしかなこなたへと誘ふ足型あはれ

☆ 本歌取りにて詠める
喝采の湧き上がりたる大劇場昔を今になすよしもがな

☆ 模糊の旅人の歌に唱和して
鋼 (はがね)のごと空を限れるアーチ門そをば見んとて訪ね行かばや
Commented by youshow882hh at 2016-05-31 11:10
おはようございます。
ポチ♪
Commented by engel777engel at 2016-05-31 21:44
娼館への案内石を面白く拝見しました。。裸足の足跡に何か意味があるのでしょうね。。沢山の貴重な遺跡のなかからこの敷石に目をひかれるとは申し訳ないことです。。何か生活感のようなもの感じました。。最後のエフェスのアーチ門、いまにも崩れそうでよくぞ形を保っているものです。。応援ポチッ!!!
Commented by youshow882hh at 2016-06-01 09:48
おはようございます。
六月に入りました。
このところ毎日湿度が高いです。
ポチ♪
<< マミジロ、クロツグミなど夏鳥と... PageTop ああ、エフェスの地にて・・(そ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon