模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
アンタルヤのリゾートホテルでの美味な夕食など ~トルコ再訪(9)
2016年 04月 17日 |
熊本で大きな地震がありました。一昨日の夜は、TVをつけながら徹夜仕事をしていたのですが、何度も余震の情報が報道され続けたことから、これは甚大な災害だと思い、午前2時半ころ前回のブログ記事をアップしました。
その後、昨日未明に、さらに大きな地震があり被害が広がりました。
前回記事に、【追記】【再追記】【再々追記】を加え、地震関連情報を簡単にフォローしています。
この熊本地震は、1995年の阪神淡路大震災と同じ規模だそうです。本当に、被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。




さて、今日は明るい話題もと考え、アンタルヤで宿泊したホテルの食事などを紹介します。

コンヤアルトゥ・ビーチの背後の崖の上にある「アンタルヤ・ダウンタウン」というリゾートホテルに宿泊しました。
今回のトルコ旅行では一番高級なホテルでした。私にしては珍しい良いホテルなので(汗)、ここは記念にとホテルの外観や夕食風景などもたくさん撮影しました・・・

↓夕刻、海岸の公園散歩から帰ってくると、ホテルのフジの花が盛りで綺麗でした。3月中旬開花とは日本より時期的に早いですね。
f0140054_1358233.jpg

↓ホテルの屋外プールもアンタルヤの海賊船をイメージ
f0140054_8542540.jpg

↓な、なんと夕闇迫るの寒い中、冷たい屋外プールで泳いでいる人がいました。
f0140054_8545826.jpg

この時期、晴れた昼間は暖かいものの、夜ははけっこう寒く、私などは温水プールでないと、とても泳げません。

↓私の部屋はオーシャンビューではないのですが、エレベーターで最上階に上がって、海側テラスを撮影。
f0140054_8555016.jpg

↓いよいよ高級ホテルの夕食を体験します。ビュッフェ形式(バイキング)です。奥まで料理が並んでいます。
f0140054_8562335.jpg

↓うーん、メインデッシュもデザートも種類が多くて、なかなか決めきれません。
f0140054_8564796.jpg

f0140054_857999.jpg

f0140054_8574854.jpg

迷ったすえに、せっかくなので珍しいものをと、なるべく食べた経験のないものをセレクトしました。

↓ということで、私の一回目のメニュー。まずはメイン、パン系、サラダ類と三皿取ってきました。
f0140054_8583484.jpg

↑右大皿上部にドーンと乗っているのが、私の選んだメインディッシュ高級魚:フエダイです。
同じ皿の魚の左下の四角いのは、珍しい具がいろいろ入ったトルコピザ各種です。魚の右下はパプリカの肉詰め(ドルマ)です。どれも美味!

メインのフエダイは白身で素晴らしい味。トルコでこんな美味しい魚が食べられるとは思わなかった・・・
ちなみに、フエダイの仲間は種類が多いですが、どれも美味な魚として知られ、日本でも千年鯛とも呼ばれ、千年に一度しか食する機会がないと表現されるくらいです。
沖縄でも超高級魚とされ、細かい種類によってイクナー、サンバナー、ビタローなどと呼ばれます。

↓更に数皿食べた後に、デザートを・・
f0140054_8594987.jpg

↑左上の茶色容器に入っているのが豆やナッツ&フルーツたっぷりで、日本の善哉(ぜんざい)蜜豆のようなもの。大麦等各種穀物、各種豆類、各種ベリー類、杏、レーズン・無花果等各種ドライフルーツ、へーゼルナッツ、胡桃、アーモンド等々・・・数え切れないほどいろいろなものが入っており、とても美味でした。

これはアシュレあるいは「ノアの方舟」と呼ばれるデザートの一種です。
旧約聖書で、ノアの方舟が大洪水の後に、現在のトルコ東部にあるアララト山に漂着し、船に残ったドライフルーツなど食材すべてにより作った祝い菓子に由来します。
アシュレはペルシア語ではアーシュラーで、(スンニ派とシーア派では意味合いが大きく異なりますが)イスラム圏ではユダヤ教時代から伝わる重要な日または祭りのことです。以前、イランのヤズドの記事で少しだけ紹介しました

トルコのデザート・菓子類は蜜風味が多くとても美味しいのですが、、、、糖分の摂り過ぎになりそう(汗)


このホテルの厨房には有名な賞を受けたシェフがいるとのことで、どの料理も素晴らしかったです。今回のトルコ旅行の中では一番美味な夕食でした。
世界三大料理のひとつとされるトルコ料理ですが、この夕食をいただいて、なるほどと納得しました。


トルコ料理というのは、いささか調理過剰気味で、シンプルに食材の風味を大切にする日本料理とは方向性が違いますが、トルコの料理やデザートのあり方というのは、これはこれで大いに評価できると感じました。
とにかくトルコの食は手が込んでいて、とても奥が深いです。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2016-04-17 09:00 | トルコ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/25138145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youshow882hh at 2016-04-17 09:23
おはようございます。
藤といえば4月下旬~5月上旬が浮かびますが、
ここの藤は早いですね。
早咲きの藤でしょうね。
ポチ♪
Commented by Lago at 2016-04-17 14:28 x
アンタルヤではほんとに素敵なホテルをお取りでしたのね。
外観や設備もいいけれど、食事が色とりどりで美味しそう!
それにしても、模糊の旅人さんは割と大食い(失礼!)なんですね。
説明を読んでびっくりしましたが、男性ならこれが普通かもしれませんね。
ホテルライフを満喫出来てよかったです。

紫の色濃き藤は思ふまま蔓を延ばしてホテル華やぐ

地中海の豊けき幸に旅人は酔ひしれゆきぬトルコの晩餐

Commented by youshow882hh at 2016-04-18 10:30
おはようございます。
ポチ♪
<< ハチジョウツグミを撮影! PageTop 熊本県を中心に強い地震 <追記... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon