模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
アンタルヤ観光(中編)旧市街カレイチを歩く ~トルコ再訪(6)
2016年 04月 07日 |
温泉にゆっくり入り疲れをとってきました。また、トルコの写真アップを再開しますので、よろしくお願いします。


カラアリオウル公園からアタチュルク通りを北へ戻り、ハドリアヌス門を海側に曲がり旧市街を観光します。

↓ハドリアヌス門
f0140054_1504793.jpg

ハドリアヌス門は、130年にローマ帝国のハドリアヌス帝がここを統治した記念に建てられたものです。
三つのアーチを持つことからユチュ・カプラル(三つの門)とも呼ばれています。

↓ハドリアヌス門を外側(東側)より
f0140054_1512340.jpg

↓ハドリアヌス門を内側(西側)より
f0140054_151461.jpg

↓ハドリアヌス門のアーチを下から
f0140054_1521279.jpg

↓旧市街カレイチが見えてきました。
f0140054_1523562.jpg

カレイチとはトルコ語で城内を意味し、城壁に囲まれた場所であったことが分かります。
古い木造の家々が立ち並び、土産物屋もたくさん軒を連ねています。

↓狭い道に二階が突き出した木造家屋が印象的なカレイチのメインストリート
f0140054_153477.jpg

↓魅力的なディスプレイで様々なものが売られています。
f0140054_1533583.jpg

f0140054_1535545.jpg

f0140054_15419100.jpg

↓ストリートスナップ
f0140054_1544644.jpg

f0140054_155938.jpg

↓プチホテルの庭
f0140054_1553760.jpg

そして、ブロークン・ミナレットと書かれた古い遺跡のような塔を見学したら、そこを右に折れ、細く曲がりくねった通りを海側に下っていきます。

↓なんとも雰囲気のあるブロークン・ミナレット(ケシッキ・ミナーレ)
f0140054_156172.jpg

【ケシッキ・ミナーレ説明追記】
ここは、非常に古くからの聖地で、もとはギリシア・ローマ神殿(女神ティケ神殿)でしたが、キリスト教化したビザンチン時代に聖母マリア教会となりました(古代の女神信仰が聖母マリア信仰に置き換えられていく経緯については、こちら)。この聖母マリア教会は、7世紀のアラブの襲撃で破壊されたそうです。
さらに、13世紀になるとセルジュク朝トルコによりイスラム教のモスクが建設されましたが、14世紀にキプロスに征服されキリスト教の教会となり、15世紀に再度イスラム教のモスクになりミナレット(塔)が建てられました。
最終的には、1896年に焼失し、再建されていないとのことです。
宗教的パワースポットとして幾多の歴史を刻んできた遺跡は、不思議な存在感がありました。

↓内部はこんな感じです。バシリカ様式なのが見て取れます。
f0140054_1562970.jpg

↓港へと急坂を下ります。
f0140054_1565470.jpg

↓港へ道すがらのショットです。
f0140054_1572191.jpg

f0140054_1574862.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2016-04-07 15:09 | トルコ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/25113414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by engel777engel at 2016-04-08 10:09
歴史的遺構ハドリアヌス門に目を奪われましたが、続く現在の街並みストリートスナップも素敵です。。旅は良いものですね。。
応援ポチッ!!!
Commented by youshow882hh at 2016-04-08 11:19
おはようございます。ゆーしょーです。
白浜温泉で海外旅行の疲れを取ってきたのですね。
温泉はいいです。好きです。
昨日の暴風までに帰ってきましたか?
ポチ♪
Commented by Lago at 2016-04-08 23:59 x
アンタルヤの旧市街の散策、旅の醍醐味ですね。
石畳がいかにも歴史ある昔をしのばせて、雰囲気があります。
ホテルは治安を考えて、ご自身はかなり上質なホテルに泊まられたのですよね。
このプチホテルはスナップだけ?でも何となく感じがよくて、興をそそられます。
お店もこじんまりしていて、庶民の暮らしが見えてきます。

旧市街石壁はみな古めきて売らるる品のトルコの匂ひ

壊れたる古式ゆかしきミナレット今も愛されゐるがに見えて
Commented at 2016-04-09 14:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2016-04-09 22:56
ポチ♪
<< アンタルヤ観光(後編)港にて ... PageTop アンタルヤ観光(前編)カラアリ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon