模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
ラファエロ【エルミタージュ美術館5】 ~ロシア二都物語(12)
2015年 12月 26日 |
ラファエロの間には、16世紀イタリアの陶器(マジョリカ焼)が大切に飾られており、その中に、ラファエロの2作品があります。

↓ラファエロの間
f0140054_9245267.jpg

↓まずは、二重のガラスに守られたラファエロの『コネスタビレの聖母』です。
f0140054_9255480.jpg

ラファエロの最初の円形型母子画(ドント)とされています。
この作品は、ラファエロが若き日に修行したイタリアのペルージャに住むコネスタビレ伯爵が所有していたもので、ペルージャの至宝と呼ばれていました。伯爵は経済的困窮からこの絵をロシア帝国に売却しました。

額縁もラファエロ自身のスケッチを元に作成されたもので、絵が描かれていた板と同じ材質だそうです。

↓『コネスタビレの聖母』は、小さな作品なので、ちょっと近づいて、大き目に撮影してみました。
f0140054_9264112.jpg

『コネスタビレの聖母』は、ペルージャ派の画風がまだ濃厚ですが、それから数年して描かれたのが、下のエルミタージュ二枚目のラファエロ作品『聖家族』です。

↓『聖家族』
f0140054_9271612.jpg

この作品は『髭の無い聖ヨセフのいる聖家族』あるいは『聖母子と髭のない聖ヨセフ』とも呼ばれています。
ラファエロがペルージャ風を脱して、フィレンツエなどで巨匠たちの影響を受けて画風を変えていく時期に描かれたものです。

ラファエロとしては数少ない「風景が覗き見える窓が描かれた作品」でもあります。


ラファエロは、究極の聖母の画家であり、その優雅で調和に満ちた作品は、ルネサンスの古典的様式の頂点を体現しています。37歳でラファエロが夭折すると、安定感を脱したマニエリスム様式が主流となり、ラファエロの穏やかな世界から遠ざかっていきます。


かつて、ラファエロ作品はエルミタージュに5点あったそうですが、スターリンによって売られてしまい、現在は上記の2点のみが展示されているとのことです。


↓ロ・スパーニャ『聖母子』
f0140054_929932.jpg

この小さな作品もラファエロの間にあり、二重ガラスで保護展示されていました。
日本では全く注目されない作品ですが、ロシアではとても大切にされているようです。

これは、ルネサンス期ペルージャ派の作品のひとつです。
このロ・スパーニャをはじめ、ペルジーノ、ピントゥリッキオ、ラファエロ初期作品は、やはり割と似ています。
ラファエロは、ここからフィレンツェ、ローマへと移って行き、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの巨匠の影響を受けながら独自の世界を切り開いてゆくのです。


ラファエロの間に隣接してラファエロの回廊(開廊とも書く)があります。

↓ラファエロの回廊
f0140054_9303170.jpg

エカテリーナ2世は、ヴァチカン宮殿の回廊に描かれたラファエロのフレスコ画を気に入り、その複製を注文し、それから、エルミタージュにヴァチカンを模した回廊をわざわざ造り複製絵画を完璧にはめこんだのです。
今ではヴァチカンのラファエロのフレスコ画の原画は部分的に失われてしまったので、非常に貴重なものとなっています。

実際に見てみると、ラファエロの回廊は、とても美しい見事な空間でした。

↓ラファエロの回廊の天井
f0140054_932670.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2015-12-26 09:32 | ロシア | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/24803497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-02-19 08:25
タイトル : ボッティチェリの初期から晩年までの画風の変遷と魅力
ウフィツィ美術館展Uffizi Gallery & Sandro Botticelli  東京都美術館で、初めてのウフィツィ美術館展が開かれました。フィツィ美術館に所蔵されている作品に加え、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、捨て子養育院美術館などフィレンツェを代表する美術館からの作品が展示されていました。その中でボッティチェリの作品を追って、彼の作品の変遷と魅力をレポートしてみました。... more
Commented by youshow882hh at 2015-12-26 10:51
おはようございます。ゆーしょーです。
素晴らしいところですね。
感動しました。
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2015-12-27 11:20
ポチ♪
Commented by Lago at 2015-12-27 19:30 x
ラファエロの間、すごい豪勢さでびっくりしました。やはり大事にされているのですね。
ラフォエロはその温かみのある画法から「聖母の画家」と称されてきました。
聖母子像は多くの画家達により五万と描かれてきましたが、ラファエロのそれは確かに
処女(おとめ)マリアの清らかさと母なる慈愛深さを兼ね備えた
奇跡の人の雰囲気を描き出し得た画家だと思います。
「コネスタビレの聖母」は勿論未見ですが、光線の具合か色がやや淡く、
それが一種の雰囲気を醸し出しているように思われます。
また回廊はバチカンのそれを模したものとのこと。デジャヴュを感じたのも尤もでした。
初めてバチカンムゼオを訪れて時、度肝を抜かれたことを思い出します。
贅沢さゆえに虫けらのように嫌悪され追放されていった貴族たち。
しかし彼らが華咲かせ、遺したこれらの文化の華は永遠です。
××主義からどんな文化が産まれたでしょうか?私はいつもその事に思いを馳せます。
日本においても平安貴族が生み出した文化遺産は、今や世界に誇れるものです。
それは時代の流れでもあり、産物ですから、今の世に貴族が必要という訳では全くありません。
誤解なきように・・・

絢爛たるラファエロの間よ黄金(こがね)色に彩られつつ永遠(とは)を誇れり

ラファエロは Love & Peace の世界なりされどかすかな憂ひただよふ
Commented by youshow882hh at 2015-12-28 19:57
こんばんは。
今年もあと三日となりました。
ポチ♪
<< カザン聖堂 ~ロシア二都物語(13) PageTop メリークリスマス! >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon