模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
特急サプサン号でペテルブルグからモスクワへ(前編)駅と車両外観  ~ロシア二都物語(9)
2015年 12月 12日 |
「たびねす」に、私の特急サプサン号の紹介記事がアップされました。
サプサン号は、ロシア版新幹線といえる新鋭高速列車ですので、ぜひ、ご覧ください。
どうぞよろしくお願いします。

(25)ロシア夢の超特急サプサン号で、ペテルブルグとモスクワ間を駆け抜けよう!
http://guide.travel.co.jp/article/14632/





上記の、たびねす記事とタイアップして、当ブログでも特急サプサン号について三回に渡って紹介することにしました。
「たびねす」では一記事について5枚しか写真を載せることができません。ブログなら自由に写真をアップできますので、サプサン号関連写真を全部で30枚以上お見せします。

本日は、出発駅やサプサン号の外観などを中心にお送りします。

↓サンクトペテルブルグのモスクワ駅
f0140054_7123082.jpg

ヨーロッパに多い方式ですが、ロシアでは鉄道始発駅に関しては、出発地ではなく目的地が駅名になっています。
したがって、サンクトペテルブルグからサプサン号に乗車する場合、サンクトペテルブルグのモスクワ駅から出発し、モスクワのレニングラード(サンクトペテルブルグの旧名)駅に到着します。

サンクトペテルブルグのモスクワ駅 ←<サプサン号>→ モスクワのレニングラード駅

何故このような方式が取られているかといいますと、モスクワのような大都会では、沢山の鉄道始発駅があるので、目的地方面の名前がつけてあるのです。

ロシアの二都を結ぶ駅名が、それぞれ相手の都市名を名乗るとは、ややこしいですね(笑)
ただし、チケットや時刻表は、日本と同じ方式なので、このあたりを混乱しないようにしてください。

↓駅構内(中央の銅像はピョートル大帝です)
f0140054_7133739.jpg

↓ロシアの鉄道の説明図
f0140054_714227.jpg

↓電光掲示板 3時と3時10分にサプサン号が発車すると表示されています。
f0140054_7142878.jpg

サプサン号のホームには特別改札があり手荷物検査もあります。最近は世界中でテロが多いので、このほうが良いと思います。少し手間ですが、安心して乗車できますね。
今後、ロシアの鉄道は全てこのような手荷物検査改札型になっていくようです。

↓これがサプサン号です!
f0140054_7153691.jpg

サプサンとは、ユーラシアの広い地域に生息し地球上最速の肉食鳥であるハヤブサを意味します。まさに世界最大の国土を誇るロシアの大地を駆け抜ける超特急にふさわしい名前です。

↓10分後に発車する、もうひとつのサプサン号
f0140054_716478.jpg

サプサン号は、ロシアの新進気鋭の速く美しい超特急です。
サンクトペテルブルグとモスクワ間は、640kmあるのですが、この距離を、従来よりも50分短縮の最短3時間40分で結びます。
日本の新幹線でいえば距離的には東京―岡山間に相当し、ほぼ同じような時間で到着するので、そのスピードが分かります。
実際は時速350kmで走行可能ですが、現在はロシアの最高法定速度である250kmに抑えているそうです。今後はさらに時間短縮されるかも知れませんね。

↓正面から見たサプサン号
f0140054_7171085.jpg

ドイツのシーメンス社製のヴェラロシリーズをロシアの広軌規格に合わせて幅を広げた高速型のスマートな車両で、なかなか美しいシルエットです。

1編成あたり定員は600名の10両編成で、全体の長さは250mです。

↓各車両のドアには女性車掌が立っています。 10両編成なので10名の車掌がいるわけです。
f0140054_7174015.jpg

f0140054_718268.jpg

↓連結部分
f0140054_7185590.jpg

↓やっと自分の指定席にたどりつきました。進行方向席で窓も見られる席なのでほっとしました。
f0140054_719577.jpg

なかなか、綺麗な座席でした。


なお、エルミタージュ美術館などサンクトペテルブルグの写真はまだまだ沢山ありますので、サプサン号のブログ記事が終わればまた再開する予定です。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2015-12-12 07:20 | ロシア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/24760093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youshow882hh at 2015-12-12 12:08
こんにちは。ゆーしょーです。
大都会で、沢山の鉄道始発駅があるのであれば、
それぞれ目的地方面の名前がつけておけば
観光客などがよくわかり親切です。
日本ではそのような発想がありませんね。
ポチ♪
Commented at 2015-12-12 16:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2015-12-13 10:43
おはようございます。ゆーしょーです。
モスクワを中心とするロシアの鉄道は
すごく複雑ですね。
ポチ♪
Commented by Lago at 2015-12-13 18:14 x
サプサン号の紹介、たびねす共々楽しく拝見いたしました。
飛行機の時代になったとはいえ、
列車(汽車はもう死語かしら?)はやはり旅の王道って感じですものね。
このような記事・フォトには、鉄道マニアならずともわくわく感があります。
ロシアもさすがに進んでいて、快適な旅が出来そう。
実際に利用なさっただけあって、車両や駅のフォトに臨場感があります。
ただ記事を見ますと、システムが日本と異なる点があり、旅行者は要注意ですね。

サプサン号ロシアの誇る列車なりハヤブサのごと颯爽として
Commented by youshow882hh at 2015-12-14 19:44
ポチ♪
Commented by のぶっち at 2015-12-15 09:45 x
ずいぶんご無沙汰になっちゃってしまいまいました。
素晴らしいモスクワの旅いいですねー。特にサプサン号、車両がカッコよすぎ!!こりゃ日本の車両も負けてられませんね^^
旅の素晴らしさを、写真と共に感じさせていただきました。ありがとうございます。 
<< 特急サプサン号でペテルブルグか... PageTop レンブラント【エルミタージュ美... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon