模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
ブリュッセルのサンミッシェル大聖堂(後編)  ~フランドル紀行(18)
2015年 04月 06日 |
前回、載せましたサンミッシェル大聖堂の薄明のマジックアワー写真が好評でしたので、もう一枚アップしておきます。
前回の写真は、現像時わずかにWBを触って記憶色に近づけただけの単純な写真でしたが、今日のは現像時にピクチャースタイル・トワイライトを適用しました。
f0140054_2123119.jpg

ご質問もありましたので、簡単に説明しておきます。
太陽が地平線下にある朝夕のマジックアワーは刻々と空の色が変化します。
特に雲がなく空気が澄んでいる場合が綺麗で、いわゆるトワイライトと呼ばれる光景です。
人間の眼とカメラの発色は微妙に違うので、トワイライトの限界状況では(センサーの種類にもよりますが)興味深い写真が撮れます。普通に撮影しても前回ラスト写真のように、人間の眼より少し緑に転ぶ場合があるのです。

また、現像時にわざと空を紫系にするピクチャースタイル・トワイライトというのもあり、これはカメラの積極的な仕掛けというべきものです。それが今日の一枚目の写真です。
皆さんは、前回最後と今回最初では、どちらがお好きでしょうか?


さて次は、サンミッシェル大聖堂の内部です。

↓大聖堂内部は、大きいものの、意外にシンプルですっきりしていました。
f0140054_21235872.jpg

↓内部で唯一装飾過剰な説教壇、ベルギー有数の芸術品ださそうです。(これはバロック様式です)、
f0140054_21242362.jpg

↓祭壇絵画も見事なものです。
f0140054_212538.jpg

↓ステンドグラスは外がまだ暗闇なので、太陽光で輝いていませんでした。これはやむを得ません。
f0140054_2125408.jpg

↓ちょうどアドベントの季節だったので、世界各国のキリスト誕生の模様が民族衣装豊かに展示されていました。
f0140054_21261817.jpg

f0140054_21263767.jpg

f0140054_21265456.jpg

f0140054_21272120.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
by mokonotabibito | 2015-04-06 21:27 | ベルギー | Trackback(1) | Comments(9)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/23871900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-06-25 10:01
タイトル : 既成概念から絵画の解放に挑戦したシュルレアリスムの巨匠
ルネ・マグリットRené Magritt 20世紀を代表するシューリアリスムの巨匠・ルネ・マグリットの大規模な回顧展が、東京の国立新美術館で開催されました。ブリュッセルのマグリット美術館の全面的な協力を経て世界各地から初期から晩年までマグリット芸術の変遷をたどる130点の作品が集結し、マグリット芸術の変遷と全貌をたどることができました。... more
Commented at 2015-04-07 18:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2015-04-07 20:27
こんばんは。 ゆーしょーです。
昨日まで暖かかったですが、今日は寒の戻りで寒くなりました。
それだけの意味ですが、今日の写真の方が好きです。
真夏に見れば、きのうの方がいいと思うかも。
ポチ♪
Commented by Lago at 2015-04-07 22:57 x
昨日のトワイライトのご説明を有難うございました。
分かったような、なお疑問が多少残るような・・・、自分の目で見てみたい思いが更に募りました。
今日は聖堂内部ですね。確かにすっきりした造りながら、品格が感じられて、
しばし祈りを捧げていたい気分になります。
ところで、4種ものプレゼピオにびっくりしました。
自国の物以外、世界各国のも飾るなんてあまりないのでは?
プレゼピオは多分イタリアが発祥地ではと思うのですが、3番目のが最もポピュラーで、
子供が喜びそうですよね。
日本のは初めて見ました。日本の教会にもないのでは?
富士山とお城があって、ガラシア夫人めいた方もいらして、ほんとに驚きました。
よくぞ撮ってらしたわ。とっても貴重。でも立体人形ではないようですね。
日本のはさすがに制作が難しいのでしょう。このようなもどきにしても、教会の日本に寄せる気持が嬉しいです。

クリスマス祝ふ気持のプレゼピオとりどりの国のありて嬉しき
Commented by kogarasumaru6 at 2015-04-08 07:18
陽の落ちてからの僅かな時間にレンズをとおして撮影すると、空がブルーに・・・私はその空の色が好きなんで、よく私も撮ったりはしています。

以前、三谷幸喜監督の『ザ・マジックアワー』という映画がありましたが、その映画中でも「一日に一回・・・」なんて、マジックアワーを指すセリフがありました。
確かにマジックアワーは、陽は沈んでいるのですけど、残光に照らされたその僅かな時間に刻々と変わる夕刻から夜に変わる美しい光を表したことばなんですが、私はそのセリフを聞きながら「一日に二回」と訂正したく思いました・・・朝の陽が昇来るその僅かな時もマジックアワーなんじゃないかと思っております(^-^)/
Commented at 2015-04-08 07:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-04-08 08:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2015-04-08 10:23
ポチ♪
Commented at 2015-04-08 19:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-04-08 20:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 岸和田城の桜 PageTop ブリュッセルのサンミッシェル大... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon